ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823847 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲 荒地山ボルダー群をひたすら巻く

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー chikah
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JR芦屋駅
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
15分
合計
4時間14分
S登山口茶屋11:4812:15キャッスルウォール基部12:43岩梯子12:50テーブルロック13:0513:14サンデーモーニング13:25ブラックフェース天辺13:47プロペラ岩14:00黒岩14:22アカシヤ尾根14:53万物相15:17A懸垂尾根15:35地獄谷16:02登山口茶屋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイムは目安程度で見てください。
コース状況/
危険箇所等
風化した花崗岩なので滑りやすいです。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

高座谷からスタートです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高座谷からスタートです。
1
よく踏まれている静かな道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく踏まれている静かな道。
1
小滝。
あれ、石像がおる・・・?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝。
あれ、石像がおる・・・?
本日イノシシは不在。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日イノシシは不在。
キャッスルウォールへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャッスルウォールへ
おぉ、キャッスルウォールが
見えてきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おぉ、キャッスルウォールが
見えてきた!
3
ここら辺までは看板が
ありますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここら辺までは看板が
ありますね。
1
ど〜んとキャッスルウォール
登場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ど〜んとキャッスルウォール
登場。
3
左を巻きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左を巻きます。
5
巻き道は途中休憩ポイントが
いくつかあります。
見晴らしよろし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道は途中休憩ポイントが
いくつかあります。
見晴らしよろし。
3
良いお天気です♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良いお天気です♪
1
ブラックフェースでクライマーを発見。この時のクライマーは後ほど出会うHさんだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブラックフェースでクライマーを発見。この時のクライマーは後ほど出会うHさんだった。
キャッスルウォールを登りきり、荒地山へのルートに合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャッスルウォールを登りきり、荒地山へのルートに合流。
1
岩梯子を登る。
本日ニャンコ不在。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩梯子を登る。
本日ニャンコ不在。
1
テーブルロック(チーズロック)。
岩梯子を登って直進せず、左に
トラバースしてみたら現れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テーブルロック(チーズロック)。
岩梯子を登って直進せず、左に
トラバースしてみたら現れました。
4
テーブルロック:約8畳・日当たり良好。ここで小休止。
絶好の昼寝ポイントです♪

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テーブルロック:約8畳・日当たり良好。ここで小休止。
絶好の昼寝ポイントです♪

2
途中こんな岩も。
名前はわからない。
(^_^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中こんな岩も。
名前はわからない。
(^_^;)
2
サンデーモーニング。
テーブルロックから少し斜め上に登ると現れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンデーモーニング。
テーブルロックから少し斜め上に登ると現れます。
1
ブラックフェースの天辺から
見下ろす。
サンデーモーニング基部から
10m程下降すると天辺に
到着します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブラックフェースの天辺から
見下ろす。
サンデーモーニング基部から
10m程下降すると天辺に
到着します。
最強助っ人、Hさん。
ブラックフェース以降、道案内をして頂く♪
岩場もひょいひょいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最強助っ人、Hさん。
ブラックフェース以降、道案内をして頂く♪
岩場もひょいひょいです。
ブラックフェイスを見上げる。
基部から左手が巻き道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブラックフェイスを見上げる。
基部から左手が巻き道です。
プロペラ岩。
想像していたより でかい!
基部から左手が巻き道です。
ブラックフェース基部を少し降り、北西に登り返すと現れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プロペラ岩。
想像していたより でかい!
基部から左手が巻き道です。
ブラックフェース基部を少し降り、北西に登り返すと現れます。
2
黒岩。
松の木がそびえています。
プロペラ岩上部から踏み跡を辿り少し登る。
1つ目の分岐を左へ。5分足らずで現れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岩。
松の木がそびえています。
プロペラ岩上部から踏み跡を辿り少し登る。
1つ目の分岐を左へ。5分足らずで現れます。
2
高座の滝方面へ。
アカシヤ尾根へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高座の滝方面へ。
アカシヤ尾根へ向かう。
イタリアンリッジ。
画像中央にうっすら岩肌が見えてます。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イタリアンリッジ。
画像中央にうっすら岩肌が見えてます。

Hさんお気に入りの
アカシヤ尾根。
荒地山ボルダーが見渡せます。
私もお気に入りに登録です♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Hさんお気に入りの
アカシヤ尾根。
荒地山ボルダーが見渡せます。
私もお気に入りに登録です♪
1
ルート確認図。
サンデーモーニングでかい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート確認図。
サンデーモーニングでかい!
キャッスルウォールの巻き道。
こう見ると怖いかも・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャッスルウォールの巻き道。
こう見ると怖いかも・・・。
2
B懸尾根方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
B懸尾根方面へ
1
万物相。
何度見てもかっこよい
眺めです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万物相。
何度見てもかっこよい
眺めです。
1
スヌーピー岩。
Hさんに教えてもらいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スヌーピー岩。
Hさんに教えてもらいました。
4
A懸尾根。
今回は天辺から南へ降る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A懸尾根。
今回は天辺から南へ降る。
1
本日の小便滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の小便滝。
1
地獄谷を経て登山口へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷を経て登山口へ
1

感想/記録
by chikah

荒地山ボルダー群の岩場を巻きながら歩いてみた。
下調べから おおよその見当をつけて いざ徘徊です。

本日はポカポカ陽気。
テーブルロックで寝転んでいると、ちょうど良い塩梅の
風が吹いていてとても心地がよかった。
至福のひとときだったなぁ。
(※寝相の悪い人は熟睡注意だ)

ブラックフェース上部で休憩されていた方(以降Hさん)に、
ルートのことを伺っていたら、案内しようかと言ってくださった。
ありがたい申し出に即 すがりつく。ヽヽ(^o^)
どこどこに行きたいとリクエストまでしてしまった。
強力な助っ人の登場です。ヽ(^。^)ノ

Hさんお気に入りのアカシヤ尾根を歩いた。
ここからはボルダー群が一望できる。
クライマーがいると岩の巨大さがわかり全体のスケール感がUPする。
自分が歩いてきたルートを眺めるのはいいなぁ。
私もこの尾根道が好きになってしまった。

ここからB懸尾根を地獄谷経由で下山。
A懸尾根を南に降るルートを教わった。
自分がイメージしていた降りのルートをHさんに話すと、
行けないこともないがちょっと厄介かもとのことだった。
〜ルートは多岐にわたっている。
ものすごく痛い目に遭わない程度に色々行ってみたいと思う。

今日は色々なポイントを回ることができて、楽しかった。
自分一人だとプロペラ岩さえも辿り着けなかったかもしれない。
Hさん、ありがとうございました!!

六甲のここら辺は、ほんと面白い。
枝道が多くて未だルートは ぼんやりしているので
近々また徘徊せねば!
よっしゃ〜ヽ(^。^)ノ

訪問者数:243人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

枝道 イノシシ 巻き道 花崗岩
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ