ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823967 全員に公開 山滑走北陸

大辻山〜ショウガ山 (深瀬〜 石川県)

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー socks
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間55分
休憩
1時間9分
合計
7時間4分
S深瀬大橋09:0511:18大辻山12:49ショウガ山13:5715:12大辻山15:1316:09深瀬大橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
深瀬大橋〜大辻山〜ショウガ山〜大辻山〜深瀬大橋

滋賀からの遠征第4弾は、土曜日は大辻山〜ショウガ山、日曜日はしかり場〜ハライ谷に
行って来ました♪
両日とも期待以上の好展望に恵まれ、素晴らしい山行となりました☆

土曜早朝に深瀬大橋に着くと小雨が降っていて先行きが不安でしたが、大辻山を過ぎると
青空が広がり始め、ショウガ山からは待望の白山を望むことが出来ました♪
帰路もアップダウンをこなしつつ雰囲気の良い森林ハイクを楽しめて、大満足でした♪
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

前日に白山砂防のライブカメラを見て来ましたが、朝7時に着くと小雨が。
二度寝して9時前に起きたら止んだのでGo!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日に白山砂防のライブカメラを見て来ましたが、朝7時に着くと小雨が。
二度寝して9時前に起きたら止んだのでGo!
2
いつもの谷から取り付きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの谷から取り付きます
1
高温と雨で雪が緩んでシールが良く効き、結構な斜度の最短コース?を直登して行きます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高温と雨で雪が緩んでシールが良く効き、結構な斜度の最短コース?を直登して行きます!
2
標高1160mの尾根に乗るとスノーシューのトレースが。
帰宅してヤマレコを見るとwindnaoさんのようです♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1160mの尾根に乗るとスノーシューのトレースが。
帰宅してヤマレコを見るとwindnaoさんのようです♪
2
大辻山に到着すると、スノーシューのトレースがいきなりスキーに代わって北尾根へ滑って行ったので「え?どこ行くの!?」とビックリでした♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大辻山に到着すると、スノーシューのトレースがいきなりスキーに代わって北尾根へ滑って行ったので「え?どこ行くの!?」とビックリでした♪
3
ショウガ山方面は曇ってますが、補給をしていると西から青空が広がって来たので天気回復を信じて出発します!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウガ山方面は曇ってますが、補給をしていると西から青空が広がって来たので天気回復を信じて出発します!
アップダウンは疲れますが雰囲気・見晴らしが良いので楽しんで歩けます♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンは疲れますが雰囲気・見晴らしが良いので楽しんで歩けます♪
さあショウガ山へ最後の登りです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあショウガ山へ最後の登りです!
2
これを越えると山頂部に乗ります☆
朝、小雨が降っていたことを思うとホント来て良かったと思いました♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを越えると山頂部に乗ります☆
朝、小雨が降っていたことを思うとホント来て良かったと思いました♪
4
ショウガ山に到着です♪
すると反対側から登山者が現れ、この山では人に会ったことが無かったのでビックリ!
お話した時は気付きませんでしたが帰宅してヤマレコを見るとsouさんでした♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウガ山に到着です♪
すると反対側から登山者が現れ、この山では人に会ったことが無かったのでビックリ!
お話した時は気付きませんでしたが帰宅してヤマレコを見るとsouさんでした♪
5
小嵐山以下は雪が少ないとお聞きし、時間も遅いし藪の細尾根で途方に暮れるのは勘弁と周回は諦めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小嵐山以下は雪が少ないとお聞きし、時間も遅いし藪の細尾根で途方に暮れるのは勘弁と周回は諦めます
3
待った甲斐があり、やがて雲が流れて四塚山が姿を見せてくれました♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待った甲斐があり、やがて雲が流れて四塚山が姿を見せてくれました♪
5
時間も遅いし距離もあるので出発です
souさんは小嵐山へ、自分は大辻山です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間も遅いし距離もあるので出発です
souさんは小嵐山へ、自分は大辻山です
3
今回は余力があり、帰路のアップダウンも楽しんで歩けました♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は余力があり、帰路のアップダウンも楽しんで歩けました♪
3
大辻山で再度補給
白山ともお別れです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大辻山で再度補給
白山ともお別れです
1
あまり望ましくありませんが標高1160mからいつもの谷を降ります
雪は多くなく崩れるべき雪はすでに崩れたとの希望的観測です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり望ましくありませんが標高1160mからいつもの谷を降ります
雪は多くなく崩れるべき雪はすでに崩れたとの希望的観測です
1
雪は下部まで繋がっていて、登りの谷に無事着地です♪
今日も大満足の一日でした☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は下部まで繋がっていて、登りの谷に無事着地です♪
今日も大満足の一日でした☆
1
訪問者数:283人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/2/17
投稿数: 668
2016/3/7 20:55
 お疲れ様でした。
こんばんは、小雪で谷の砂防堰堤が出ているから今年は厳しいと思って見ていましたが、スキーで登り、ショウガ山まで往復するのは流石ですね(^^)/
谷の雪具合からするとツボだと落とし穴に落ちそうですね(´・ω・`)
登録日: 2010/3/2
投稿数: 60
2016/3/7 22:19
 Re: お疲れ様でした。
こんばんわ
大辻山〜ショウガ山はhakusan319さんと初めてお会いした山でしたね、カメラのズーム
レンズ越しでしたが

当日の時点では雪の切れ目はほぼありませんでしたが、落とし穴はあったかもしれません
また雪・雪山の状況の多様さということなんでしょうが、例年のようなデブリ・凍結が
無いぶん、スキー登行では今までで一番登りやすく、むしろラッキーでした
sou
登録日: 2012/5/27
投稿数: 668
2016/3/7 22:22
 山頂で待った甲斐がありましたね
こんばんは。
ショウガ山のスキーヤーさんはsocksさんだったのですね 9時発で大辻経由で登ってこられて早いなぁと思ってましたが納得です。
一人だったら白山のガスが取れるまで待たなかったと思います。人に合わない山域なのでなんだかほっとしたところがありました。ありがとうございました
登録日: 2013/9/18
投稿数: 645
2016/3/7 22:24
 スキーヤーはsocksさんでしたか!
socksさん、こんばんわ〜。
souさんがスキーヤーさんにお会いしたと言われ、
すぐにsocksさんを思い浮かべていました。
まさか、本当にsocksさんだったとは驚きです。

「そのスキーヤーさんはどこから登って行ったのだろう?」
「今の時期にルンゼ直登はできるのだろうか?」
めちゃくちゃ聞きたかったんです。

あのズボズボの雪の中、スキーで登って来られるなんて驚きです。
以前のレコから担いでじゃないかと思っていたのですが、
逆にあの雪では、スキーじゃないと埋まって登れないということなんでしょうか?

「雪は下部まで繋がっていて」
それが知りたかったんです!

まあ、それを知ったとしても、、、僕には真似できないんだろうな〜

(引っ越されたんだ〜とちょっと残念に思っていたけど、どんどん遠征していただき嬉しいです。)
登録日: 2010/3/2
投稿数: 60
2016/3/8 21:28
 Re: スキーヤーはsocksさんでしたか!
windnaoさん、こんばんわ
熱いコメントありがとうございます

深瀬大橋〜標高1160mの尾根までのルート・登り方は毎回難しいなあと思います
今回は雪が緩んでいたので板を履かないと沈むし、急勾配でもシールが効いたので
時間短縮を狙って最短ルートを登りました (筋力はかなり使いますが)

スキーを履くか担ぐかも、装備・体力・行程・自然条件によって違うと思いますので、
実地に試されて自分に合ったスタイルを見つけるのが良いと思いますよ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

スノーシュー 直登 山行 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ