ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823983 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

幻想の釈迦ヶ岳(中尾根〜山頂〜ハト峰そして砂防学習)

日程 2016年03月06日(日) [日帰り]
メンバー zouzuki, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
[駐車場]朝明渓谷大駐車場(@500)
[車]四日市ICから20分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間58分
休憩
27分
合計
4時間25分
S朝明駐車場08:1009:02鳴滝コバ09:43釈迦の白毫09:5110:05大蔭10:0610:10釈迦ヶ岳10:1210:15大蔭10:1710:35猫岳10:4511:15白滝谷分岐11:1811:39羽鳥峰11:4011:42ハト峰峠12:35朝明駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
白滝谷分岐で西に迷い込んだため、登山道から外れています。
コース状況/
危険箇所等
道案内もしっかりしていてわかりやすいです。
その他周辺情報[お風呂]アクアイグニス 片岡温泉(https://aquaignis.jp/)
※三休の湯は3/12からのため断念(http://33thank-you.com/)
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

天気予報は雨に向かう模様。幻想的というか、魔法の世界というか。
2016年03月06日 09:01撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気予報は雨に向かう模様。幻想的というか、魔法の世界というか。
1
鳴滝コバ
2016年03月06日 09:02撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳴滝コバ
1
春はそこまで来ています。マンサクでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春はそこまで来ています。マンサクでしょうか。
2
一枚岩のため迂回ルートへ。岩から木がニョキニョキ生えています!
2016年03月06日 09:35撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一枚岩のため迂回ルートへ。岩から木がニョキニョキ生えています!
1
またもや魔法の世界へ。
2016年03月06日 09:38撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またもや魔法の世界へ。
釈迦の白毫から西に目をやる。
妄想します。あちらの方は釈迦ヶ岳でしょうか。
2016年03月06日 09:45撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦の白毫から西に目をやる。
妄想します。あちらの方は釈迦ヶ岳でしょうか。
山頂へ向かう道。なかなか細身です。
2016年03月06日 09:53撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ向かう道。なかなか細身です。
2
西に目をやる。
妄想します。大きな岩の向こうに御在所岳が…見えるはず。
2016年03月06日 09:57撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西に目をやる。
妄想します。大きな岩の向こうに御在所岳が…見えるはず。
大蔭から釈迦ヶ岳へ。吸い込まれそうです。
2016年03月06日 10:06撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蔭から釈迦ヶ岳へ。吸い込まれそうです。
1
山頂見えたり!
2016年03月06日 10:09撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂見えたり!
2
三角点到着。何も見えないので、そそくさと先に進みます。
2016年03月06日 10:09撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点到着。何も見えないので、そそくさと先に進みます。
3
大蔭へ戻ってハト峰へ。
2016年03月06日 10:16撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蔭へ戻ってハト峰へ。
1
鹿さんでしょうか。可愛らしい足跡♪
2016年03月06日 10:19撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿さんでしょうか。可愛らしい足跡♪
1
唯一といっていいほどの鮮やかな緑!
2016年03月06日 10:36撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一といっていいほどの鮮やかな緑!
1
猫岳到着。お腹がすいたので、軽い昼食タイム!
2016年03月06日 10:38撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫岳到着。お腹がすいたので、軽い昼食タイム!
2
私たちにとって魔の白滝谷分岐。
2016年03月06日 11:16撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私たちにとって魔の白滝谷分岐。
白滝谷分岐からこの案内通りに「朝明渓谷」に下ればよいところ、ピンクのマーカーにつられて直進(西へ)。よく見ると、木でとうせんぼしてあるではないですか|д゜)
2016年03月06日 11:17撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白滝谷分岐からこの案内通りに「朝明渓谷」に下ればよいところ、ピンクのマーカーにつられて直進(西へ)。よく見ると、木でとうせんぼしてあるではないですか|д゜)
10分くらい登山道から外れてしまいましたが(-_-;)。気を取り直して朝明渓谷方面へ参りましょう。
2016年03月06日 11:31撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分くらい登山道から外れてしまいましたが(-_-;)。気を取り直して朝明渓谷方面へ参りましょう。
ハト峰へ向かいます。
2016年03月06日 11:34撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハト峰へ向かいます。
1
遠くに見えるはハト峰!
2016年03月06日 11:37撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに見えるはハト峰!
ハト峰って「羽鳥峰」だったのね。
2016年03月06日 11:38撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハト峰って「羽鳥峰」だったのね。
3
ハト峰峠に向かう。風の通り道が見えます。
2016年03月06日 11:40撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハト峰峠に向かう。風の通り道が見えます。
1
ハト峰峠を朝明渓谷へ下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハト峰峠を朝明渓谷へ下ります。
なわだるみ堰堤というそうです。
2016年03月06日 11:53撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なわだるみ堰堤というそうです。
1
オランダ人技師「ヨハネス・デ・レーケ」指導による堰堤だそう。調べてみると、滋賀の「オランダ堰堤」の指導もこの方でした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オランダ人技師「ヨハネス・デ・レーケ」指導による堰堤だそう。調べてみると、滋賀の「オランダ堰堤」の指導もこの方でした!
1
綺麗なキャンプ場は、砂防学習ゾーンとなっているそうです。
2016年03月06日 12:20撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗なキャンプ場は、砂防学習ゾーンとなっているそうです。
砂防用の堰堤と道路がクロスしています!
2016年03月06日 12:22撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防用の堰堤と道路がクロスしています!
1
撮影機材:

感想/記録

鈴鹿セブンマウンテンの1つ「釈迦ヶ岳」。ヒルが出没する前に参ろう計画でやってきました。

天気予報では生憎夕方から雨。早めの下山を目指して車で向かうも、頂上は全く見えないガス模様。すべての景色が幻想的で、魔法の世界に迷い込んだようでした。
中尾根ルートは思っていた以上に起伏に富んで楽しい道でした。
展望が開けていたら…と妄想しながら登り、最高高度地点も、三角点もさらっとした通過点になってしまいました。
白滝谷分岐で登山道から外れてしまうハプニングはありましたが、ハト峰は、ほかの場所と印象が異なっていたせいか、達成感がありました。そして、ハト峰峠は風の通り道を目で確かめることができ、いろんな登山ルートの分岐となっているので、きっとまたくるぞ!と思い奮わす感覚がありました。

朝明渓谷は堰堤の横を下る谷ルートになっており、きれいなキャンプ場にたどり着きます。そこは、砂防学習ゾーンとなっていて、駐車場へ向かいながら、堰堤を見ることができました。
何が驚きかというと、砂防用の堰堤と道路がクロスしていることです。川も堰堤があれば道の一部として渡すことができる、堰堤と共にある、ということを歩きながら学びました。

今回の釈迦ヶ岳でセブンマウンテン制覇です!
ただ、天候のせいかそのことすら忘れてしまっていました。
今度来るときは、ルートを変えて、お天気の良い時に来てみたいと思います。
訪問者数:401人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/16
投稿数: 6
2016/3/7 21:02
 Re: 参考になりました(^O^)
rwatanabeさん、コメントありがとうございました。
私たちは叶いませんでしたが、ぜひ、お天気の良いときを狙って攻めてください!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ