ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 824138 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

草津白根山(万座温泉〜本白根山ピストン)

日程 2016年03月06日(日) [日帰り]
メンバー azumingmiss-T, その他メンバー2人
天候晴れのち曇り、夕方少雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
万座温泉バスターミナル駐車場
(かなり広い、無料、トイレあり)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.0〜2.1(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間56分
休憩
54分
合計
7時間50分
S万座バスターミナル駐車場09:1009:11本白根探勝歩道入口09:2311:15休憩(1927m付近)11:2513:40本白根遊歩道最高地点13:4213:54草津白根山14:0414:11本白根遊歩道最高地点14:25昼食(2135m付近の展望エリア)14:4516:58本白根探勝歩道入口17:00万座バスターミナル駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
標準コースタイム(無雪期)
白根探勝歩道入口 -80- 2011.5m地点 -40- 白根探勝歩道最高点 -10?- 本白根山山頂 -5?- 白根探勝歩道最高点 -30- 2011.5m地点 -60- 白根探勝歩道入口
コース状況/
危険箇所等
トイレは駐車場のみ。

登山届けポストはなかったが、携帯でのオンライン登録を促す掲示板があった。

無雪期であればルートの明瞭な遊歩道であるせいなのか、道標もテープもほとんどない。積雪期は道がまったくわからないので、ルートファインディングができることが必要。地図+コンパスのほか、GPS機能のある電子地図と予備バッテリー必携。行く人がほとんどいないので、トレースは期待できないし、あってもトレースが正しいコースを示しているとは限らない(私たちのつけたトレースのように(^_^;))。
積雪期はどこを歩いてもいいような気分になるが、このコースは、ぴったり夏道どおりに歩かないとスノーシューを履いていても壮絶な踏み抜き地獄にはまる場所も多く(道をはずれると笹や低木が生えていてそこに雪の空洞ができて落とし穴のようになるようだ)、積雪の少ない今年でも、場所によっては胸まで埋まる。
その他周辺情報草津-万座間の道路(292号線)は冬季閉鎖。嬬恋のほうから有料道路万座ハイウェー(片道1050円)を経由して入る。

近隣にお店などはない様子だった。少なくとも、万座ハイウェー方面から駐車場の間にはない。

温泉はいくつかのホテルの日帰り入浴を利用できる。
万座プリンスホテル
日帰り入浴 1200円(ホテル公式サイトのクーポンで900円)
男湯は内湯+露天+混浴露天のある「こまくさの湯」のみ。
女湯は露天のみの「しゃくなげの湯」と内湯+露天+混浴露天のある「こまくさの湯」がある。いったん服を着て移動することが必要だが、その時間と手間を気にしなければどちらも自由に入れる。どちらかしか入らないなら、混浴をしないのであれば、しゃくなげの湯のほうが景観が良く、新しくきれいで洗い場も化粧スペースも多いのでおすすめ。混浴利用の場合、使い捨ての湯浴み着を売店で購入して着用できる(男女とも)。
浴室内-シャンプー、リンス、ボディソープ、ピーリングソープ、石鹸
脱衣所-基礎化粧品、ヘアトリートメント、ドライヤー、タオル用脱水機、貴重品ロッカー
脱衣所に荷物ロッカーがあるのはのみ。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

愛妻の鐘のところから見た浅間山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛妻の鐘のところから見た浅間山
駐車場横の斜面から湯煙もくもく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場横の斜面から湯煙もくもく
1
遊歩道の入口
遊歩道はすっかり雪に埋まってて、取り付きが大変(>_<)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道の入口
遊歩道はすっかり雪に埋まってて、取り付きが大変(>_<)
1
万座スキー場方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万座スキー場方面
1
樹林帯に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ります
階段があった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段があった
だいぶ登ってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきた
稜線上の、遊歩道最高点への分岐付近からの本白根山
さっき、ルートを外れてしまって、すりばちの反対側に出てしまったのでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上の、遊歩道最高点への分岐付近からの本白根山
さっき、ルートを外れてしまって、すりばちの反対側に出てしまったのでした。
1
まずは遊歩道最高点へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは遊歩道最高点へ
1
こちらが、無雪期に行ける最高地点みたい
「ほん」白根山だと思ってたら、「もと」白根山なんだ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが、無雪期に行ける最高地点みたい
「ほん」白根山だと思ってたら、「もと」白根山なんだ!
1
展望台のほう
山頂付近はもうあまり雪がありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台のほう
山頂付近はもうあまり雪がありません。
1
本白根山山頂はあちら
高山植物保護のため、積雪期でないと行けません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本白根山山頂はあちら
高山植物保護のため、積雪期でないと行けません。
2
山頂
何の標識もありません。三角点はあるのかもしれないけど、埋まっててわからない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂
何の標識もありません。三角点はあるのかもしれないけど、埋まっててわからない。
2
山頂から浅間山方面
雪をかぶっている遠くの山が浅間。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から浅間山方面
雪をかぶっている遠くの山が浅間。
さて、下山開始
さっきは変なところから来たので、今度はちゃんとしたルートを探してそちらへ向かいます。
もう薮はイヤ(>_<)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、下山開始
さっきは変なところから来たので、今度はちゃんとしたルートを探してそちらへ向かいます。
もう薮はイヤ(>_<)
こちらは薮でなくちゃんと道になってる
(^_^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは薮でなくちゃんと道になってる
(^_^;)
この日みかけた道標は、登山口と最高地点周辺とこれだけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日みかけた道標は、登山口と最高地点周辺とこれだけ
眺めの良い木道の脇にベンチがあったので、ランチ
これは辛すぎた! 麺も太めなので、山専のお湯で作るとアルデンテになってしまう。山食には向かないわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めの良い木道の脇にベンチがあったので、ランチ
これは辛すぎた! 麺も太めなので、山専のお湯で作るとアルデンテになってしまう。山食には向かないわ。
こんな感じでベンチがあった
木道のあるところは雪がなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じでベンチがあった
木道のあるところは雪がなかった。
1
あと一息!
ルートファインディングと踏み抜き地獄との戦いに忙しくて、昼食後から下山まで、ほとんど写真が無かった(^_^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと一息!
ルートファインディングと踏み抜き地獄との戦いに忙しくて、昼食後から下山まで、ほとんど写真が無かった(^_^;)
2
いろいろ時間が無くて、夕食は上里PAでさくっと天丼
一応赤城鶏の天ぷらです(^-^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろいろ時間が無くて、夕食は上里PAでさくっと天丼
一応赤城鶏の天ぷらです(^-^)
3
今回の功労者
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の功労者
3

感想/記録
by miss-T

楽しみにしていた山行なのに、天気予報は気圧の谷の通過で荒れ模様と...
相当効くというウワサの「ゴルゴてるてる坊主」を作って天候回復を願いつつ、前夜出発し、仮眠時に雨が降り出してますます不安になったわけだけれど。

目が覚めてみると、すっきり晴れ!\(^o^)/

というわけで、8時半過ぎに万座バスターミナルの駐車場入り。
準備を整えて、9時10分ごろ本白根探勝歩道に取りつく。
今日の構成は、ワカン2名、スノーシュー2名。
入口も遊歩道もすっかり雪に埋もれていて、先行者もなく、道路わきの雪の斜面をよじのぼりトラバースしていくのがのっけからなかなか怖い(^_^;)
でも、ここを登ってしまえば、気持ちの良いスノーシュー向けの雪原がしばし続く。

トレースがないのと、道標もテープもないのとで、道がさっぱりわからない。
GPS と地図でたしかめながら進む。
暖冬で雪が少ないとはいえ、湿り気味の雪のラッセルはきつい。
雪になれたワカンの男性とスノーシューの女性が交代でラッセルを担当してくれる。

樹林帯に入ると、適当に歩いているとときどき踏み抜く。立ち木のそばは危険。また、どうやら、遊歩道からはずれると脇が笹薮になってたり低木があったりして、そのせいで雪に空洞が出来て、踏むとはまってしまうみたい。
雪がもっとたっぷりあって、下のほうがしまって詰まっていればいいのかもしれないけど、小雪のためか、量も締まりも足りず、場所によってはスノーシューをはいていても踏み抜いてしまい、スノーシューやワカンがうまっている木にひっかかって抜け出すのが大変(>_<) 胸まで埋まってしまうこともあった。
なるべく遊歩道を外れないように歩く。でも、どこが遊歩道なのかさっぱりわからないのだけど。GPSで確認するといっても、誤差もあるし。。。

小腹が空いて、11時15分ごろ立ち休憩。
雪との格闘で、だいぶ遅れている。

ここからも道がわからず、でも、前半戦の気楽さもあって、それほど神経質にならずに適当に進んでいたら、尾根を1つ間違えてものすごい薮こぎになってしまい、気がつくと本白根遊歩道最高地点と本白根山山頂の間にあるくぼみの北側(本白根山側、本来出るべき場所の正反対側)に出てしまった。

くぼみの縁をぐるっと回って、1時40分ごろやっと本白根遊歩道最高地点到着。
だいぶ遅くなってしまったので、ちょっと焦る。空もずいぶん曇ってしまい、風も強い。そろそろ食事を取りたいところだけど、とにかくとりあえず、積雪期でないと行けない本白根山山頂に行ってしまうことに。
見るとそこそこ距離があるのだけど、雪があってもさして時間はかからず、12分ほどで着く。標識を探したり、写真を撮ったり、休憩を入れたりして、10分ほど過ごしてから2時すぎに下山開始。

正しいルートで下りる。トレースがついていたので、ついていくと、こちらはちゃんと道になっていて、道標もあった。
道標をすぎると雪がなく、木道になっていて、展望が良い。ベンチもあったので、2時25分ごろここで昼食。時間が押しているので20分ほどで済ませる。

のぼりで、道をはずれると薮と踏み抜きでたいへんなことになり、時間がやたらとかかることがわかっているので、なるべく短時間で下山できるように、下りはGPSを常時確認しながらルートをはずれないように歩く。それでも、どうしてもいくらかははずれてしまうので、薮と踏み抜きからは逃れられない運命(^◇^;) でもなんかもう慣れてきて、はまっては大笑い、という感じ(笑)

目印も踏み跡もない雪山を歩いていて気がついたのだけど、
のぼりでは無意識に高いほうへ高いほうへとそれて行き、
下りでは無意識に低いほうへ低いほうへとそれていくようだ。
また、その傾向は、斜面をゆるやかにカーブしながらトラバースしていく部分で顕著になり、その際に道をどんどん外れていく感じ。
雪で真っ白だと、方向感覚が少々おかしくなってきて、カーブにそってまっすぐ進むのが難しいのかな?

あと、面白いなと思ったのは、踏み抜いて雪に埋まったときに、
冷静に考えれば斜面の谷側に向かって抜け出そうとするほうが楽なのに、
谷側に抜けようとすると滑落するような斜面ならともかく、普通の緩斜面でもなぜか山側に向かってよじのぼって抜け出そうとするのでうまくいかないことだ。

今回はいろいろ勉強になったなあ。

そんなこんなで、5時前の何とか明るいうちに本白根探勝歩道入口に下山できた。
着いたころに小雨がぱらつきだした。セーフ!
ルートファインディングと踏み抜き地獄との戦いに忙しくて、昼食後から下山まで、ほとんど写真が無かった(^_^;)

このあと、装備解除して、すぐ近くの万座プリンスホテルで入浴。
日帰り入浴は6時まで(6時退舘)なのだけど、この日は宿泊客が少ないということで特別に7時まで延長してくださいました。
やや白濁したお湯で、あたたまって気持ちがいい!ここのお湯は露天がメインで、混浴もあるんだよ〜。勇気ある方はどうぞ!もっとも、使い捨ての湯浴み着も売ってるので、中途半端な勇気でも大丈夫(^-^)b カップルやご家族連れはぜひ〜

終電が気になるので、この日はのんびり名物をいただく時間が無く、上里PAのフードコートでさくっと夕食になってしまった。赤城鶏の天ぷら、ふっくらしてて美味しかった♪



訪問者数:777人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/2/20
投稿数: 8
2016/3/10 7:54
 お疲れ様でした
詳細なレコありがとうございます!!今回はこちらでコメントしますネ。テープやリボンがまったく無いとは思いませんでしたねー。お天気良くて暖かかったのでアドベンチャーなロングウォークとっても楽しかったです
積雪期限定の本白根山頂に立てて
登録日: 2012/5/6
投稿数: 31
2016/3/10 12:18
 Re: お疲れ様でした
azumingさんもお疲れさまでした〜
ラッセル担当ありがとうございました
ほんと、いまどきはバリルートでもテープあるので、テープすらないなんて思いもしませんでしたねえ
でも、なかなか楽しいアドベンチャーでした。

万座の湯もよかったね〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ