ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 824181 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

霞沢岳西尾根

日程 2016年03月04日(金) 〜 2016年03月05日(土)
メンバー Ukkiee
天候1日目:快晴 2日目:未明から曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
電車バス
往:梅田(阪急バス)松本(特急バス)中の湯
復:中の湯(特急バス)松本(JR 青春18キップ)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間10分
休憩
1時間0分
合計
6時間10分
S中の湯バス停10:0010:45国交省小屋11:0512:00テン場12:1013:40岩峰14:00霞沢岳14:2014:30岩峰14:4016:10国交省小屋
2日目
山行
40分
休憩
0分
合計
40分
国交省小屋07:3008:10中の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘルメット

写真

中の湯で計画書を提出
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の湯で計画書を提出
釜トンネルは車が通ると轟音で耳が痛い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜トンネルは車が通ると轟音で耳が痛い
1
もうすぐ出口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ出口
給水ポイント!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
給水ポイント!?
岳沢と穂高吊尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢と穂高吊尾根
6
ここから入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから入る
1
ここから登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登る
テント装備をデポして
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント装備をデポして
1
けっこうな急斜面を登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこうな急斜面を登る
1
見下ろすと大正池が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見下ろすと大正池が
1
稜線が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が見えた
1
所々に赤テープあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々に赤テープあり
森林限界から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界から
4
岩峰を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩峰を見下ろす
4
キレイな雪紋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレイな雪紋
3
んっ、鳥の足跡!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
んっ、鳥の足跡!?
2
ライチョウかな?
穴が2個だから2羽いたのだろう!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウかな?
穴が2個だから2羽いたのだろう!?
5
穴を覗くとウンチが、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴を覗くとウンチが、、、
5
セルフタイマーで自撮り
前穂と被ったので撮り直すと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セルフタイマーで自撮り
前穂と被ったので撮り直すと
12
またピンボケ!!
残念っ!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またピンボケ!!
残念っ!!!
4
笠から前穂まで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠から前穂まで
7
足元はこんなカンジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元はこんなカンジ
3
名残惜しくて何度も振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しくて何度も振り返る
2
かなりの急斜面で滑って落ちた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの急斜面で滑って落ちた
1
明るいうちに見納め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るいうちに見納め
3
国交省の小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国交省の小屋
工事中のトンネル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
工事中のトンネル
フリーズドライの晩ごはん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フリーズドライの晩ごはん
1
モーニングコーヒー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モーニングコーヒー
1
朝ごはんはそば&ライス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝ごはんはそば&ライス
1
ガスに霞む焼岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに霞む焼岳
2

感想/記録
by Ukkiee

先週末の荒天で行きそびれた霞沢岳西尾根
今週はどうも天気が良さそうなので、1週遅らせて行ってきた
相棒は休みの都合がつかず、今回は久しぶりの単独行!
当初の計画では‘目はテン場まで、日目にアタックして下山の予定だったが、
日帰りでピストンした記録があったので、倣って計画書を2枚作成しておいた
阪急夜行バスと特急バスで中の湯に到着、1泊の計画書を提出して歩き始める
釜トンネルを抜けると、快晴が広がり焼岳がドーンと迎えてくれた
だが、暑い!予報で分かっていたのだが、まるで春の陽気だ
松本で着込んだウールシャツを脱いで、ハードシェルと共にザックに仕舞い
サングラスをかけて歩き出すと、すぐに国交省小屋に着いた
アプローチが短いのもこのルートのいいところだ
送電線下の笹道を登ると新しいトレースが2個もあった
明日の天気は下り坂だし、荷物をデポして日帰りでピストンしよう
テン場まで時間が掛かってしまったら、一旦下山してまた登り返せばいい
テント装備一式をデポ、アイゼンを履いてヘルメットを被りすぐに出発
雪はグズついていたが、トレースを頼りに何とかフツーに歩けた
西尾根は記録通り急登が続き、岩場や凍りついた急斜面が何度か出てきた
プロトレックの標高・時間とにらめっこ、どうやら15分で100mを登っているようだ
このペースで行けたら頂上までピストンしてもじゅうぶん間に合うはず
テントは2張りあった、恐らくトレースの主であろう
トレース泥棒にちょっと心が痛むが、こんなにありがたいことはない
お二方と途中ですれ違ったので、上の岩峰の状況を聞いてみた
岩登りの心得があればロープ無しでも行けるようだ
トレースのお礼を言って別れ、その後もガンガン登り続ける
森林限界に出るとすぐに岩峰が見え、近づくにつれ岩の状況が分かってきた
手前のナイフリッジを通って岩峰下に到着
基部から見上げると、フツーに登れそうだしクライムダウンで下りられそうだ
お助けロープが下がっていたが使わずに登ってみた
雪の状況で随分と変わるだろうが、難なくクリアしてしまったカンジだ、、、
その後、緩やかな斜面を登るとすぐに霞沢岳ピークに到着した
天気は快晴!!!
真っ青な空と白い山、黒い木々のコントラストが美しい
まずは記念撮影だが、誰もいないのでセルフタイマーで自撮り
4枚撮ったがどうやらうまく撮れなかったようだ、、、
奥穂・吊尾根・前穂、常念、乗鞍、焼、笠と360度の景色を堪能して下山
岩峰、ナイフリッジ、急斜面を駆け下りて国交省小屋まで下りてきた
ヘッデン歩行を覚悟していたのだが、明るいうちに下りてこられて良かった
デポを回収し工事中トンネル出口の小川で水を汲んで、小屋付近にテントを設営
ビールを飲みながら明日の天気を確認する
午前中は霧、午後から降雪があるかもと猪熊予報は下り坂だ
焼岳ピストンは諦めて下山することにした
晩ごはんはフリーズドライのビーフシチューと香る野菜カレーを食べた
テントから顔を出して空を見上げると満天の☆星空☆
うっきーでも判別できる見慣れた星座はオリオン座だ!
一人だとやることがないので、シュラフに潜り込んで早々に寝た
翌朝、空を見上げると早くも白い雲に覆われていた
さらに時折り雪が舞っている
バスの遅い出発時刻まで時間が余るので、ゆっくりのんびりテント撤収&パッキング
中の湯まで歩いて待ち時間をもてあそび
特急バスで松本まで、青春18キップを使ってJRで神戸に帰ってきた

今回は弾丸ピストン山行となってしまったが、天気・雪の状態・トレースなど好条件に恵まれたので、無事に帰ってこられたのだと思う(おススメしません)
次は雪深くノートレース時にテントを担いで泊まりで行ってみたい
訪問者数:494人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/11/4
投稿数: 3
2016/3/10 8:10
 無事で何よりです
現地判断がうまく行って、無事登攀できてよかったね!そういうところ、すごいなって思う。今度は、私も連れて行ってね!笑

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ