ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 824349 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大山・蒜山

伯耆大山 一ノ沢右岸陵〜大ノ沢左俣

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー glaybe2
天候晴れた。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場
桝水高原スキー場 駐車料金無料
その他駐車場情報
http://web.sanin.jp/p/daisenking/daisendrive/ski_parking/

■交通情報
大山ドライブナビ:http://daisen-drive.tottori.net/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間29分
休憩
16分
合計
4時間45分
S桝水高原スキー場11:0011:52大山一ノ沢 治山林道口14:08大山頂上碑14:1014:12大山14:1414:16大山頂上碑14:2815:45桝水高原スキー場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
冬季ヴァリエーションルートです。
冬山登山の技術、知識及び装備が必須です。
雪崩、落石、滑落に十分に注意してください。

■桝水高原スキー場〜一ノ沢入口
大山環状道路(冬季閉鎖)を進む。積雪は20cm程度。緩んでいて重たい。ツボ足だったが、途中でショートカットのためスノーシューを履いた。
一ノ沢の脇にある治山道路に入る。
当初は治山道路を辿る予定だったが、一ノ沢が安定してたので沢を直登することにした。堤防は雪が付いていて巻くか登るかできた。

■一ノ沢治山道路終点〜山頂
雪崩れる雪質ではなかったが、早めに右岸稜に取り付く。(治山道路の途中で樹林帯を抜けたほうが楽かも。。。)
途中雪が融けて地面が露出していたので、ツボ足に戻る。
一ノ沢ドームはすでに岩山に戻っていた。
次第に細尾根になり、一ノ沢ドーム裏手の尾根と合流する所で、壁が迫る。この壁を登ると頂上台地。凍結時はちょっと怖い。(落ちると横手道沢)
一ノ沢ドームの南面(右手)は切れているので注意!

■山頂台地
頂上碑付近の木道は見えていた。
山頂小屋の温度は2℃

■大ノ沢
雪が安定していたので、大ノ沢源頭からスノーシューでドロップ。けっこう滑る。谷を抜けると小尖塔の横に出る。
岩が多いので落石に注意
下部の堤防は右岸の堤防を巻いたり樹林帯に入ったりした。

■横手道〜桝水高原スキー場
横手道を辿ろうと思ったが、スキー場を下るのがめんどくさかったので、適当に大山環状道路にダウンした。
その他周辺情報■温泉
中山温泉館「ゆーゆー倶楽部NASPAL」
http://www.sanbg.com/naspal/index.html
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 グローブ 予備手袋 防寒着 ゲイター ダブルポール(ブレード付き) ヘルメット スノーシュー
備考 サングラスと日焼け止めを忘れた・・・

写真

桝水高原スキー場
先週は滑れたのに…
2016年03月05日 11:01撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桝水高原スキー場
先週は滑れたのに…
2
mont-bellスノーポール
blackdiamondカーボンウィペット
mont-bellスノーポン
2016年03月05日 11:35撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
mont-bellスノーポール
blackdiamondカーボンウィペット
mont-bellスノーポン
1
横手道沢
2016年03月05日 11:39撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横手道沢
横手道沢の上流が見える。
2016年03月05日 11:40撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横手道沢の上流が見える。
治山道路起点
2016年03月05日 11:51撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
治山道路起点
2
一ノ沢
2016年03月05日 11:59撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ沢
一ノ沢ドームが凛々しい!
2016年03月05日 12:07撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ沢ドームが凛々しい!
2
陽気で雪がいっきに融けた…
2016年03月05日 12:25撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽気で雪がいっきに融けた…
1
右岸稜の取り付く
2016年03月05日 12:41撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸稜の取り付く
いい天気
少し雲が迫ってる。
風は強いが冷たくはない。
2016年03月05日 12:41撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気
少し雲が迫ってる。
風は強いが冷たくはない。
1
キノコ!
2016年03月05日 13:11撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ!
左俣枝の源頭
2016年03月05日 13:13撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣枝の源頭
1
左俣の本流。少しクラックがありそう。
2016年03月05日 13:17撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣の本流。少しクラックがありそう。
一ノ沢ドームがだいぶ迫ってきた!
2016年03月05日 13:17撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ沢ドームがだいぶ迫ってきた!
1
横手道沢上部
2016年03月05日 13:30撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横手道沢上部
1
一ノ沢ドームを横から。
この岩が大山の崩壊を止めてくれていそう。
2016年03月05日 13:30撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ沢ドームを横から。
この岩が大山の崩壊を止めてくれていそう。
雪がないところもちらほら。
2016年03月05日 13:31撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪がないところもちらほら。
横手道沢上部
岩が面白い
2016年03月05日 13:34撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横手道沢上部
岩が面白い
右岸陵と一ノ沢ドームの尾根が合流するところが頂上台地
2016年03月05日 13:35撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸陵と一ノ沢ドームの尾根が合流するところが頂上台地
もうちょっと。
2016年03月05日 13:52撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょっと。
1
雪の壁が現る。
ガスってるときはちょっと絶望的な感じだったけど、見えると感じがよくわかる。
2016年03月05日 13:52撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の壁が現る。
ガスってるときはちょっと絶望的な感じだったけど、見えると感じがよくわかる。
一ノ沢ドーム尾根の直上
2016年03月05日 13:56撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ沢ドーム尾根の直上
1
最後の登り
前回は、ピッケルが刺さらないくらいカリカリだったから、右の谷に滑って落ちるのを避けて、左にトラバして壁にぶちあたった感じだった。
2016年03月05日 13:56撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り
前回は、ピッケルが刺さらないくらいカリカリだったから、右の谷に滑って落ちるのを避けて、左にトラバして壁にぶちあたった感じだった。
右側はいい感じの崖
2016年03月05日 13:58撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側はいい感じの崖
2
頂上台地に到着
2016年03月05日 14:01撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上台地に到着
2
横手道右岸と大ノ沢左岸の尾根
2016年03月05日 14:01撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横手道右岸と大ノ沢左岸の尾根
1
頂上小屋
2016年03月05日 14:08撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上小屋
2
山頂碑が顔を出してる。
2016年03月05日 14:08撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂碑が顔を出してる。
3
三角点方面
2016年03月05日 14:09撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点方面
2
三角点から剣ヶ峰
2016年03月05日 14:12撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点から剣ヶ峰
2
大ノ沢源頭
ここを降りる。
2016年03月05日 14:37撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ノ沢源頭
ここを降りる。
2
アイゼンの足跡があった。
2016年03月05日 14:42撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンの足跡があった。
小尖塔の真横に出た。
2016年03月05日 14:45撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小尖塔の真横に出た。
1
頂上台地
2016年03月05日 14:49撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上台地
右俣側
2016年03月05日 14:49撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣側
小尖塔を近くで。
2016年03月05日 14:50撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小尖塔を近くで。
2
小尖塔少し離れて。
2016年03月05日 14:54撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小尖塔少し離れて。
1
尻セードで落ちる。
2016年03月05日 14:57撮影 by GR DIGITAL 3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尻セードで落ちる。
撮影機材:

感想/記録

前回行った一ノ沢( http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-261480.html )はガスっていてイメージが掴めなかったので、横手道沢と合わせて、今回全貌が掴めた。
大ノ沢も源頭部から下降に挑戦して、右岸側の様子がおおよそ把握できた。
訪問者数:284人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ