ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 824654 全員に公開 山滑走東北

三岩岳スキー

日程 2016年03月04日(金) [日帰り]
メンバー asama1964, その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
下大戸沢スノーシェッド脇 除雪跡へ2、3台
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間21分
休憩
1時間38分
合計
6時間59分
S下大戸沢スノーシェッド08:1408:34下大戸沢渡渉09:11桑場小沢付近09:1810:16尾根途中10:2611:25ピーク手前尾根11:3912:14三岩岳山頂12:4513:04ピーク手前尾根13:2614:04下大戸沢14:1815:13下大戸沢スノーシェッドG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下大戸沢は渡渉が必要
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

朝の下大戸沢スノーシェッド、昨年の雪の壁が嘘のようだ。
2016年03月04日 08:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の下大戸沢スノーシェッド、昨年の雪の壁が嘘のようだ。
下大戸沢の雪は少ない。
2016年03月04日 08:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下大戸沢の雪は少ない。
1
沢沿いの雪付は切れているので、左岸に渡渉した。
2016年03月04日 08:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの雪付は切れているので、左岸に渡渉した。
1
左岸を進むと三岩岳西の稜線が見えてくる。
2016年03月04日 08:56撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸を進むと三岩岳西の稜線が見えてくる。
左岸の台地が下がる箇所はズリズリ下がる。
2016年03月04日 09:13撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸の台地が下がる箇所はズリズリ下がる。
その先、右岸には渡渉するしかないので、先行者にならって
左岸のわずかな雪付を進む。
2016年03月04日 09:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先、右岸には渡渉するしかないので、先行者にならって
左岸のわずかな雪付を進む。
1
下大戸沢が広くなる川洲上で、先行者3名に追いつき、
トレースのお礼をいう。トレースがなければルートを
探すのに30分は余計に時間がかかったと思われる。
2016年03月04日 09:51撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下大戸沢が広くなる川洲上で、先行者3名に追いつき、
トレースのお礼をいう。トレースがなければルートを
探すのに30分は余計に時間がかかったと思われる。
山頂も見える広い沢から右の尾根に取り付く。沢からプチラッセルとなる。最初は広いブナの二次登り。途中から尾根を登っていく。天気良く、ここの登りが暑くて汗をかいた。
2016年03月04日 10:02撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂も見える広い沢から右の尾根に取り付く。沢からプチラッセルとなる。最初は広いブナの二次登り。途中から尾根を登っていく。天気良く、ここの登りが暑くて汗をかいた。
1
尾根を進むと部分的にやや脹脛ラッセル。場所により雪付に
違いがあるので、滑るときには参考になる。
2016年03月04日 10:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を進むと部分的にやや脹脛ラッセル。場所により雪付に
違いがあるので、滑るときには参考になる。
天気よく、標高を上げると素晴らしい展望となる。
2016年03月04日 10:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気よく、標高を上げると素晴らしい展望となる。
休憩した尾根辺りになると三岩岳山頂が見えてくる。手前の
尖がりではなく真ん中のこんもりしたのが山頂だろう。
2016年03月04日 11:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩した尾根辺りになると三岩岳山頂が見えてくる。手前の
尖がりではなく真ん中のこんもりしたのが山頂だろう。
2
日光白根や男体山、女峰の山頂が見えている。
2016年03月04日 11:44撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光白根や男体山、女峰の山頂が見えている。
1
最後の休憩から、最後は山頂を目指す。
2016年03月04日 12:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の休憩から、最後は山頂を目指す。
1
この日は条件が良かったので尖がりの上を通過したが
雪によっては北を巻いた方が良さそうだ。
2016年03月04日 12:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は条件が良かったので尖がりの上を通過したが
雪によっては北を巻いた方が良さそうだ。
2
尖がりを越えると山頂が近い。
2016年03月04日 12:14撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尖がりを越えると山頂が近い。
1
山頂からは越後駒ヶ岳などの眺めがある。
2016年03月04日 12:28撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは越後駒ヶ岳などの眺めがある。
3
山頂から翌日の目標の会津駒ヶ岳、そして左には
昨年楽しんだ大戸沢岳の景色
2016年03月04日 12:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から翌日の目標の会津駒ヶ岳、そして左には
昨年楽しんだ大戸沢岳の景色
2
やや風があるので、シールを取ってひと滑り。
この後、別グループの3人が山頂に到着。山頂から
直に下大戸沢へ滑るようだ。
2016年03月04日 12:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや風があるので、シールを取ってひと滑り。
この後、別グループの3人が山頂に到着。山頂から
直に下大戸沢へ滑るようだ。
1
やや締まった雪だが、天気よく気持ちいい。
2016年03月04日 12:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや締まった雪だが、天気よく気持ちいい。
2
景色を眺めながらは楽しい。
2016年03月04日 12:57撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色を眺めながらは楽しい。
2
場所によってはパウダーを楽しめた。
2016年03月04日 13:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
場所によってはパウダーを楽しめた。
2
少し北東面を楽しんだら、自分達は登った尾根に戻る。
2016年03月04日 13:01撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し北東面を楽しんだら、自分達は登った尾根に戻る。
1
尾根に出たら、もうひと滑り。
雪は重くなるが、まだまだ楽しめる。
2016年03月04日 13:04撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出たら、もうひと滑り。
雪は重くなるが、まだまだ楽しめる。
尾根途中で昼休憩、大戸沢などの景色を見ながらが
いい感じ。
2016年03月04日 13:24撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根途中で昼休憩、大戸沢などの景色を見ながらが
いい感じ。
1
取り付き尾根は雪も重くなり、場所によって、雪玉になるので
停まる場所に注意していく。
2016年03月04日 13:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付き尾根は雪も重くなり、場所によって、雪玉になるので
停まる場所に注意していく。
重い雪を滑ってやっとブナの二次林へ
2016年03月04日 14:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重い雪を滑ってやっとブナの二次林へ
下大戸沢へ滑り込んでひと安心。
山頂から別グループが滑った跡が見えていた。
この後、トップの方が沢を滑ってきた。
2016年03月04日 14:14撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下大戸沢へ滑り込んでひと安心。
山頂から別グループが滑った跡が見えていた。
この後、トップの方が沢を滑ってきた。
1
帰りの沢は1回余分に渡渉、朝は繋がっていた場所も帰りは
雪がとけ土が見えている。
2016年03月04日 14:48撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの沢は1回余分に渡渉、朝は繋がっていた場所も帰りは
雪がとけ土が見えている。
最後の渡渉をすればゴールは近い。
2016年03月04日 15:08撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の渡渉をすればゴールは近い。
無事に帰着
2016年03月04日 15:22撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に帰着

感想/記録

今年の少雪で、下大戸沢は往路1回渡渉、帰りは2回渡渉。
先行者のトレースに助けられ、取付尾根までのロスは少なかった。
登りはそれほどきつくないラッセルがあったが、天気よく登るほどに
素晴らしい展望が待っていた。
山頂付近は前日までの降雪でパウダーも楽しめたが、登った尾根を
下り始めると雪も重くなり、自分で崩した雪がゴロゴロ雪玉に成長
するのでストップする場所は注意だ。
訪問者数:251人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

渡渉 右岸 左岸 ブナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ