ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 824776 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

御座山

日程 2016年03月04日(金) [日帰り]
メンバー gakukyourou
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

長者の森キャンプ場5:45ー鉄塔8:25ー白岩コース合流点8:40ー見晴台9:45〜10:15ー前衛峰11:05〜11:20ー避難小屋12:15〜12:20ー御座山頂上12:25〜13:10ー前衛峰14:05ー見晴台14:45〜15:00ー白岩コース分岐15:45ー鉄塔15:55〜16:15ーキャンプ場駐車場17:30
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

1.北麓の山口付近から見た御座山。中央の岩山の右端が頂上
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1.北麓の山口付近から見た御座山。中央の岩山の右端が頂上
2.長者の森キャンプ場の広い駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2.長者の森キャンプ場の広い駐車場
3.「御座山入口」の標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3.「御座山入口」の標識
4.工事中のキャビンエリアを通って御座山へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4.工事中のキャビンエリアを通って御座山へ
5.この道標から山道になる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5.この道標から山道になる
6.北斜面は気持ちが良い雪道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6.北斜面は気持ちが良い雪道
7.南面に出ると夏道同然
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7.南面に出ると夏道同然
8.御座山の頂上を望む。左から3つ目が頂上
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8.御座山の頂上を望む。左から3つ目が頂上
9.100万V送電用の巨大な鉄塔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9.100万V送電用の巨大な鉄塔
10.鉄塔下のコル。のどかだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10.鉄塔下のコル。のどかだ
11.明るい落葉松林を進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11.明るい落葉松林を進む
12.白岩コースとの合流点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12.白岩コースとの合流点
13.なだらかな主稜線。強い西風に雪は吹き飛ばされて西側(左)は全く雪がない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13.なだらかな主稜線。強い西風に雪は吹き飛ばされて西側(左)は全く雪がない
14.大岩とのコルに突き上げる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14.大岩とのコルに突き上げる
15.急な北斜面をジグザグに登る(上から見下ろす)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15.急な北斜面をジグザグに登る(上から見下ろす)
16.岩稜っぽい尾根筋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16.岩稜っぽい尾根筋
17.岩や木の根で階段状となった急斜面をよじ登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17.岩や木の根で階段状となった急斜面をよじ登る
18.「見晴台」の看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18.「見晴台」の看板
19.浅間山を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19.浅間山を望む
20.左に北八ヶ岳、遠く北アルプス(奥穂高〜白馬)、手前に茂来山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20.左に北八ヶ岳、遠く北アルプス(奥穂高〜白馬)、手前に茂来山
21.藪の中の狭い道をすり抜ける
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
21.藪の中の狭い道をすり抜ける
22.岩混じりの急登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
22.岩混じりの急登
23.石楠花林を進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
23.石楠花林を進む
24.「前衛峰」の看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
24.「前衛峰」の看板
25.御座山の頂上部を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
25.御座山の頂上部を望む
26.前衛峰直下にある最初の岩場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
26.前衛峰直下にある最初の岩場
27.2番目の岩場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
27.2番目の岩場
28.3番目の岩場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
28.3番目の岩場
29.3番目の岩場の降り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
29.3番目の岩場の降り口
30.樹林中の登りを上から見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30.樹林中の登りを上から見下ろす
31.階段状の急登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
31.階段状の急登
32.樹林が明るくなると小屋も近い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
32.樹林が明るくなると小屋も近い
34.小屋の内部。広くてこぎれいだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
34.小屋の内部。広くてこぎれいだ
35.頂上部最南端の岩峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
35.頂上部最南端の岩峰
36.頂上岩峰を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
36.頂上岩峰を望む
37.御座山頂上
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
37.御座山頂上
38.北隣の岩峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
38.北隣の岩峰
39.八ヶ岳(編笠山〜天狗岳)を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
39.八ヶ岳(編笠山〜天狗岳)を望む
40.中央が男山(右)と天狗山(左)。遠くに南アルプス(北岳付近)を望めるが霞んで写っていない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
40.中央が男山(右)と天狗山(左)。遠くに南アルプス(北岳付近)を望めるが霞んで写っていない

感想/記録

雪の御座山に登りたくなって3月初めに出かけた。しかし、麓から見ると全く雪が無い(写真1)。がっかり。でも、これなら楽な白岩コースが採れるかも、と期待して、三寸木集落から白岩登山口へ向かう。しかし、急で狭い農道は雪で覆われ、FFの乗用車ではとても無理。諦めて、確実に登山口まで入れる長者の森コースへ回る。北相木村営「長者の森」キャンプ場の駐車場は広く、安心して駐車できる(写真2)。
翌朝5:45に歩き出す。テニスコート先に「御座山入口」の標識あり(写真3)。「頂上まで3時間半」と書いてあったが、さて何時間かかることやら。キャビンエリア内で標識に従って左折する(写真4)。ここまでは工事の車のために除雪してあったが、この先は雪道。積雪は十数cm程度。古いトレースがあるようだが、数日前に降ったらしい雪に覆われ判然としない。車道らしい緩やかな道を谷沿いに進むと道標(写真5)から山道となる。ワカンを履き、1680m峰東尾根の北斜面を登る(写真6)。雪の下は所々凍っているが、ワカンの爪が効果的。しかし、さほど潜らないので途中でアイゼンに履き替え、ワカンはデポする。
東尾根を乗り越えて南斜面に出た途端に雪は無くなり、夏道同然(写真7)。風もなくポカポカ陽気。途中で御座山の頂上部が望まれた(写真8)。ずいぶん遠い、辿り着けるだろうか。1680m峰の南面を巻きながら下ると巨大な送電線鉄塔に着く(写真9)。コル状のなだらかな尾根を進み(写真10)、主稜線の東斜面を巻き気味(写真11)に登って行くと、白岩コースとの合流点に出た(写真12)。
この先はしばらくなだらかな尾根筋が続き(写真13)、天気も良く、気分ものんびり。しかし、1720m付近の大岩とのコル(写真14)を南側から越えて北斜面に出ると様相は一変。急斜面をジグザグに突き上げていくが(写真15)、雪の下には石や氷が隠れているので緊張する。ここまではストックで済ませてきたが、この斜面の通過には念のためにピッケルを使用する(特に下山時には注意)。ここを越えて再び岩稜っぽい尾根筋に出て(写真16)、さらに岩や木の根で階段状となった急斜面をよじ登ると(写真17)岩頭に立つ。少し左に進むと「見晴台」の小さな看板が立っていた(写真18)。ここからは浅間山(写真19)や遠く北アルプス(写真20)が望めて、まさに見晴台である。しかし、看板には標高1750mと書いてあったが、手元の高度計では1800mを指していた。ほかの地点ではほぼ正確だったのに、この場所だけ何でこんなに違うのかしら?
この先は藪の中をすり抜けたり(写真21)、岩混じりの急登(写真22)、さらに石楠花林(写真23)が続き、少し緩やかになると1992mの前衛峰に着く(写真24)。高度計もほぼ同じ値を指している。ここから御座山の頂がまじかに見えるが(写真24)、最後の急登を強いられそうだ。
しかしその前に前衛峰からコル(うだの沢のトーミ)まで標高差60mほどの下りに、小さいながら3つ岩場が控えている。まず7. 8m(写真25)、続いて4, 5m(写真26)の岩場。共に傾斜も緩く、足場も多いし、雪は全く付いていないので簡単に降りられるが、アイゼンをガリガリさせながら下るのは不安定である。最後の岩場がいやらしかった。全体では10m近くあるが(写真27)、上部は巻けるので下部の4, 5mだけ下ればよい。しかし1段降りると、足場のない2m程の岩の上に出る。たまたま、直径5cm、長さ2m程の灌木が左側の岩の上に置いてあった(写真28)。掴んでみると上部はしっかり固定されているので、これに捕まりながら降りることができた。どなたがこの木を据え付けてくれたのか知らないが、感謝! この灌木がなければかなり厳しい下りとなっただろう。
コルからは標高差180mの最後の登り。薄暗い針葉樹林中を急登し(写真30, 31)、広葉樹混じりになれば傾斜も緩まり(写真32)、やがて避難小屋が見えてきた(写真33)。中は広く、2, 30人は泊まれそうだ(写真34)。
この小屋から山頂はすぐ。樹林を抜けるといきなり岩場となり、目の前に岩峰がそそり立つ(写真35)。この岩頭に立つと30mほど先に少し高めで何やら標識の立っている岩峰が見えた(写真36)。岩に着いた雪に滑らないように気を付けながらそちらに行くと、ここが頂上で、「御座山」と標高の「2112」を示した標識が立ち、小さな社が祀られていた(写真37)。その先には一段下がって別の岩峰が見られたが(写真38)、写真1に写っていた北隣の岩峰のようだ。
頂上着12:25。淹れたてのコーヒーを飲み、紫煙をくゆらせながら、360度の眺望を楽しむ。南西に八ヶ岳(写真39)、南には近くに男山と天狗山、遠く南アルプス(写真40)が望まれるが、霞んでいるのが残念。
13:10下山開始。全く同じルートを下り、17:30に駐車場に戻った。
        ***
雪山登山というには寂しいほどの積雪であったが、そのおかげで日帰りができたのかもしれない。もしラッセルするほどの積雪があったら日帰りは無理だろう。夏道同然の箇所もあったが、9割は雪を踏みしめながら歩けたので良しとしよう。
日の出前から歩き出したのに車に戻ったのは日没直前。11時間45分の行動時間であった。休憩を差し引いた歩行時間は9時間10分。73歳の老体にはきつかった。体力が落ちたせいか、はたまた雪道のせいか、ずいぶん時間がかかったものだ。さらに下山後、厚木の自宅まで180kmを3時間半ほど運転して帰ったが、長い道のりだった。
訪問者数:374人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ