ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 824853 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走紀泉高原

千本杉峠(父鬼〜御光滝谷) 16010

日程 2016年03月08日(火) [日帰り]
メンバー fukuchi36
天候曇り時々晴、一時ガス
風:ほぼ無風
気温:出発時・9℃、下山時・18℃
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:平井 7:04 発(南海バス@250円)槇尾中学校前 7:10 着
   槇尾中学校前 7:18 発(父鬼行き維持バス@350円)父鬼 7:32 着
     父鬼行き直通南海バス料金(平井〜父鬼)420円
     但し、平井 10:12 が初発となる。
復路:滝畑ダム 12:00 発(南海バス@530円)河内長野駅前 12:46 着
   河内長野駅前 13:35 発(南海バス@620円)光明池駅前 14:31 着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7:37 父鬼バス停出発 ー(10分)ー 宮ノ谷・大岩林道分岐 7:49 ー(48分)ー 下ノ肩 8:50 ー(7分)ー 千本杉峠 9:00 ー(8分)ー ヘイシ谷林道出合 9:11 ー(19分)ー 御光滝林道出合 9:34 ー(16分)ー 夫婦滝 9:57 ー(16分)ー 御光滝 10:15 ー(12分)ー キャンプ場入口・R61出合 10:30 ー(19分)ー 新関屋橋公衆便所 10:53 ー(5分)ー 滝畑ダムバス停帰着 10:58

歩行時間:2時間40分(7:37〜10:58)
歩行距離:11.0km
コース状況/
危険箇所等
道の状況:
 危険個所はありません。
宮ノ谷ルートでは消防標識【I−1】〜【I−11】間はほぼコンクリート舗装された林道歩きですが、一部急坂があります。舗装林道終点の橋を渡ると【I−11】標識があり山道に入ります。数回の徒渉を繰り返して標識【I−14】で左岸へ徒渉後はツヅラ折れの急登が続きます。ガレているところが多いので歩き難い登山道です。【I−20】付近で谷が涸れてきます。左から登り尾が合流する【I−23】まで急登・ガレ道が連続します。少し傾斜が緩やかになると程なく【I−25】下ノ肩に到着します。左から側川ルートが合流し消防標識【K−30】が併設されています。【K−30】〜【K−38】千本杉峠は比較的アップダウンが少ない登山道に変わりますが、道幅が狭く北方面に切れているので注意が必要です。中間部に一部崩落地がありますがフィックスロープを利用して歩行可能です。
下山路のヘイシ谷林道は舗装面の苔や水分で滑り易くなっている個所が多々あるので、傾斜に応じた歩幅で歩行して下さい。

登山ポスト:なし
その他周辺情報温泉・飲食店・宿泊施設等:
 新関屋橋そばに茶店・公衆便所・有料駐車場があります。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

7:37 父鬼バス停を出発。
直ぐにクサリ場が???
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:37 父鬼バス停を出発。
直ぐにクサリ場が???
1
左・宮ノ谷林道、右・大岩林道の分岐点ではトンネル工事が続いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左・宮ノ谷林道、右・大岩林道の分岐点ではトンネル工事が続いています。
1
消防標識【I−1】で小父折(コチオリ)谷林道を右に分けて左へ進むと・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
消防標識【I−1】で小父折(コチオリ)谷林道を右に分けて左へ進むと・・・
・・・シイタケ栽培地が点在しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・シイタケ栽培地が点在しています。
採らずに撮りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
採らずに撮りました。
コンクリート舗装林道終点で橋を渡り山道に取付くところが【I−11】標識です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンクリート舗装林道終点で橋を渡り山道に取付くところが【I−11】標識です。
【I−14】を過ぎて右へ徒渉しツヅラ折れの道を・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【I−14】を過ぎて右へ徒渉しツヅラ折れの道を・・・。
【I−20】付近で谷が涸れてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【I−20】付近で谷が涸れてきます。
【I−23】で左から登り尾が合流します。
【I−16】から続いた急登・ガレ道はここから緩やかになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【I−23】で左から登り尾が合流します。
【I−16】から続いた急登・ガレ道はここから緩やかになります。
【I−25】下ノ肩で左から側川ルートが合流します。
消防標識【K−30】が併設されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【I−25】下ノ肩で左から側川ルートが合流します。
消防標識【K−30】が併設されています。
ここから千本杉峠までは消防標識の表示が【K− 】になり、緩やかだけど狭い道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから千本杉峠までは消防標識の表示が【K− 】になり、緩やかだけど狭い道が続きます。
途中に崩落個所があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中に崩落個所があります。
【K−38】千本杉峠が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【K−38】千本杉峠が見えてきました。
三十丁石地蔵です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三十丁石地蔵です。
右の宮ノ谷ルートから千本杉峠の西国巡礼旧道を跨いで左のヘイシ谷林道方面へ下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の宮ノ谷ルートから千本杉峠の西国巡礼旧道を跨いで左のヘイシ谷林道方面へ下ります。
ヘイシ谷林道出合です。
逆方向に歩いた先週はこの標識を見落として林道を詰めてしまい、上山分岐付近まで行くルートミスを犯した地点です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘイシ谷林道出合です。
逆方向に歩いた先週はこの標識を見落として林道を詰めてしまい、上山分岐付近まで行くルートミスを犯した地点です。
標識テープが沢山ありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識テープが沢山ありました。
ヘイシ谷林道では冠水した橋が数個所あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘイシ谷林道では冠水した橋が数個所あります。
御光滝林道出合です。
左前方は御光滝上部の休憩舎です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御光滝林道出合です。
左前方は御光滝上部の休憩舎です。
小さな双子滝の直ぐ上流に・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな双子滝の直ぐ上流に・・・
・・・少し大きめの双子滝が現れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・少し大きめの双子滝が現れました。
噂の夫婦は・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂の夫婦は・・・
・・・中肉中背です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・中肉中背です。
2
御光滝を林道から見下ろして・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御光滝を林道から見下ろして・・・。
1
キャンプ場出口で右からR61が合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場出口で右からR61が合流。
10:58 滝畑ダムバス停に帰着しました。
バス待ち1時間です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:58 滝畑ダムバス停に帰着しました。
バス待ち1時間です。
1
ご褒美のビールのおつまみは賞味期限が前日に切れていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご褒美のビールのおつまみは賞味期限が前日に切れていました。
2

感想/記録

 先週の山行でルートミスを犯したヘイシ谷林道から千本杉峠への分岐を確認するために、父鬼〜宮ノ谷林道〜千本杉峠〜ヘイシ谷林道〜 と逆向きに歩いてみた。宮ノ谷ルートは6年前に下りで歩いたことがあるが、登りは初歩きであった。山道に取付いてからは急登・ガレ道の連続でアゴが出そうであったが、南横山小学校6年生が三国山登山で付けた標識の『がんばれ・・・』『もう少し・・・』に叱咤されて千本杉峠に約1時間で到着できた。千本杉峠で西国巡礼旧道を跨いでヘイシ谷へと下った。急坂を下り沢音が聞こえ始めると直ぐに分岐点のヘイシ谷林道と出合った。この出合(分岐点)には古くなってはいるが標識テープが数個所あった。先週は歩いてきた林道が更に先に延びていたために、大きな道に気を取られて入るべき取付きの標識テープを見落としてしまったことがルートミスの原因であった。
                            fukuchi36
訪問者数:205人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ