ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 824897 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

飯縄山 (一の鳥居) 十三仏縁起の石仏

日程 2016年03月08日(火) [日帰り]
メンバー dan_photrek
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:35一の鳥居苑地駐車場→ 8:48登山口8:53→ 9:55駒つなぎの場10:00→ 11:38飯縄山12:00→ 12:49駒つなぎの場→ 13:16登山口13:20→ 13:30一の鳥居苑地駐車場
コース状況/
危険箇所等
・3月にしては、暖かい日が続いていましたので、駒つなぎの場あたりまでは、深いところでも20cmもなく、歩きやすい状況です。また駒つなぎの場からは、例年であれば直登ですが、雪はないため、夏道へ回るしかありません。実際、夏道側の斜面も、ほとんど雪が解けてしまっていて、雪崩に合う危険はありませんでした。
・西登山道との合流地点あたりまで登ると、残雪量がいっきに増え、一歩一歩膝あたりまでズボズボ沈み、歩きにくくなります。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

南登山道の登山口、飯縄神社の鳥居をくぐります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南登山道の登山口、飯縄神社の鳥居をくぐります
1
第一 不動明王の石仏と、十三佛縁起説明の立て札
石仏が雪に埋もれている様子を残そうと撮り始めました・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一 不動明王の石仏と、十三佛縁起説明の立て札
石仏が雪に埋もれている様子を残そうと撮り始めました・・・
3
第二 釈迦如来の石仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二 釈迦如来の石仏
1
第三 文殊菩薩の石仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三 文殊菩薩の石仏
1
第四 普賢菩薩の石仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第四 普賢菩薩の石仏
1
第五 地蔵菩薩の石仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第五 地蔵菩薩の石仏
2
第六 弥勒菩薩の石仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第六 弥勒菩薩の石仏
1
第七 薬師如来の石仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第七 薬師如来の石仏
1
第八 観音菩薩の石仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第八 観音菩薩の石仏
1
第九 勢至菩薩の石仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第九 勢至菩薩の石仏
1
第十 阿弥陀如来の石仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第十 阿弥陀如来の石仏
2
馬頭観音の石仏 (これは十三佛には含まれないようです。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬頭観音の石仏 (これは十三佛には含まれないようです。)
3
第十一 阿ゆら如来の石仏と、駒つなぎの場
例年はここから真上に向かって直登しますが、雪がありませんので、夏道通行止めを無視して、夏道をゆきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第十一 阿ゆら如来の石仏と、駒つなぎの場
例年はここから真上に向かって直登しますが、雪がありませんので、夏道通行止めを無視して、夏道をゆきます。
2
第十二 大日如来の石仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第十二 大日如来の石仏
2
第十三 虚空蔵菩薩の石仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第十三 虚空蔵菩薩の石仏
1
戸隠の西岳から高妻までの山塊、北アルプスはもやっていてよく見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠の西岳から高妻までの山塊、北アルプスはもやっていてよく見えません。
9
飯縄神社です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯縄神社です
3
この飯縄神社から、写真奥の山頂までは、もう少し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この飯縄神社から、写真奥の山頂までは、もう少し
8
北側(写真左側)には、黒姫山と妙高山が重なって見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側(写真左側)には、黒姫山と妙高山が重なって見えます。
7
西側には、戸隠山、高妻山のつながりが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側には、戸隠山、高妻山のつながりが見えます。
8
飯縄山の山頂にも、石仏があります。
この石仏は1mほどの高さの大きな石の上に乗っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯縄山の山頂にも、石仏があります。
この石仏は1mほどの高さの大きな石の上に乗っています
7

感想/記録

天気が良さそうなので、近場の飯縄山に出かけました。
 みなさんのレコでほとんど残雪がないとわかっていたので、最初の頃は順調でしたが、さすがに山頂に近くになると、ズボズボと沈み、一歩一歩がたいへんになりました。冬のなまけ癖のついた体には、だいぶきつかったです。しかし、久しぶりの登山ができて、すっきりしました。
 石仏は、登山者の方々が雪を払ってくれるのか、積雪量の多い頂上にある石仏まで、雪に埋もれていませんでした。
 ところで、登っている時に、左手の中指の第一関節に力がかからなくなり、ストックを握っていても、カメラを構えていても、違和感がありましたが、家に帰ってから見てみると、第一関節が曲がったままになっていました。ネットで調べたところ、槌指(つちゆび)になってしまったことがわかりました。
 翌日、整形外科の診察を受け、これから切れた腱がつながるまでの6週間ほど、ギブスをつけて、曲げないようにしていないといけないそうです・・・。
 昨年の50肩は1年かかりました、どうも老化はいろいろなところに出てきます。
訪問者数:485人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ストック 雪崩 直登 馬頭観音 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ