ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 825559 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

半僧坊前BS〜経ヶ岳〜仏果山〜仏果山登山口BS

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー sengokudake9yamayama1103
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:本厚木駅(09:20)ー>半僧坊前BS(09:56)
帰り:仏果山登山口BS(14:54)ー>穴口橋BSー>本厚木駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
49分
合計
4時間49分
S半僧像坊前BS09:5710:59大沢ノ頭11:24経ヶ岳11:3912:02半原越12:0312:40革籠石山12:4212:56熊古谷山13:0613:30仏果山13:4814:04宮ヶ瀬越14:0714:46仏果山登山口BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前夜の雪で道がぬかるんでいる箇所あり。
仏果山手前の狭い岩場の尾根は注意が必要でしょう。
その他周辺情報穴口橋BSで途中下車して天然温泉湯花楽へ立ち寄りしました。
BS間のコース上にトイレはありません。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

本厚木駅から半原行きバスに乗車
1時間に2,3本あります
2016年03月12日 09:07撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本厚木駅から半原行きバスに乗車
1時間に2,3本あります
半僧坊前BS
登山客は7人乗っていましたが、ここで下りたのは2人のみ
2016年03月12日 09:56撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半僧坊前BS
登山客は7人乗っていましたが、ここで下りたのは2人のみ
バス停から下りて周囲の山を見渡すと雪景色
全くこの状況は想定外でした
2016年03月12日 09:59撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停から下りて周囲の山を見渡すと雪景色
全くこの状況は想定外でした
2
ハイキングコース入口到着
2016年03月12日 10:05撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイキングコース入口到着
今日最初の階段を登ります
コース全体を通して階段が多い印象でした
2016年03月12日 10:14撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日最初の階段を登ります
コース全体を通して階段が多い印象でした
渡渉もどき
2016年03月12日 10:20撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉もどき
向こう側から歩いてきて渡渉してここに戻ります
2016年03月12日 10:21撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こう側から歩いてきて渡渉してここに戻ります
一端車道に出ますが、向かい側の階段を登ります
2016年03月12日 10:50撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一端車道に出ますが、向かい側の階段を登ります
この辺りまでは、まだ雪はありません
2016年03月12日 10:59撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りまでは、まだ雪はありません
だんだんと雪をかぶった木が出てきます
2016年03月12日 11:10撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんと雪をかぶった木が出てきます
ベンチが多いですが雪で利用しづらいです
2016年03月12日 11:12撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチが多いですが雪で利用しづらいです
1
経ヶ岳山頂手前はすっかり雪景色
ここまで結構急登でした
2016年03月12日 11:22撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経ヶ岳山頂手前はすっかり雪景色
ここまで結構急登でした
1
経ヶ岳山頂に到着
華厳山方面から登られた2人づれと一緒でした
2016年03月12日 11:23撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経ヶ岳山頂に到着
華厳山方面から登られた2人づれと一緒でした
5
山頂からの眺望は、ちょっと失望
2016年03月12日 11:23撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望は、ちょっと失望
経石
反対方向から歩いてきたので見落としやすいです
2016年03月12日 11:42撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経石
反対方向から歩いてきたので見落としやすいです
経ヶ岳からの下りは急です
下った後、下から見上げています
2016年03月12日 11:45撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経ヶ岳からの下りは急です
下った後、下から見上げています
整備された木の階段が多いです
2016年03月12日 11:57撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された木の階段が多いです
半原越
一端車道に出ます
2016年03月12日 12:01撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半原越
一端車道に出ます
土山峠分岐
2016年03月12日 12:23撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土山峠分岐
この辺りは雪は残っていません
2016年03月12日 12:23撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは雪は残っていません
革籠石山
640mなので経ヶ岳より標高は高いです
山頂は狭く、通過地点といった感じです
2016年03月12日 12:40撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
革籠石山
640mなので経ヶ岳より標高は高いです
山頂は狭く、通過地点といった感じです
1
革籠石山からの眺望
2016年03月12日 12:40撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
革籠石山からの眺望
確かにここからは注意が必要です
2016年03月12日 12:57撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かにここからは注意が必要です
1
ここでちょっと休憩します
2016年03月12日 13:06撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでちょっと休憩します
幸い登山道には雪がなく助かりました
2016年03月12日 13:06撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幸い登山道には雪がなく助かりました
痩せ尾根が続きます
2016年03月12日 13:12撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根が続きます
2
宮ヶ瀬湖が見えてきました
下界には雪はありません
2016年03月12日 13:18撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮ヶ瀬湖が見えてきました
下界には雪はありません
コース一番の難所
ここを登りますが、距離は短いです
また鎖が低い位置なので持ちづらいです
2016年03月12日 13:23撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース一番の難所
ここを登りますが、距離は短いです
また鎖が低い位置なので持ちづらいです
2
鎖場を登り切って振り返ります
2016年03月12日 13:24撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を登り切って振り返ります
3
仏果山山頂に到着
誰もいません
2016年03月12日 13:30撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仏果山山頂に到着
誰もいません
2
雪化粧の中の展望台
2016年03月12日 13:31撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪化粧の中の展望台
1
展望台からの宮ケ瀬湖方面の眺望
2016年03月12日 13:34撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの宮ケ瀬湖方面の眺望
高取山方面も雪化粧です
2016年03月12日 13:34撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高取山方面も雪化粧です
3
残念ながら遠望はかないません
2016年03月12日 13:34撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら遠望はかないません
下山途中で右側を見上げると、仏果山の見晴らし台が見えます
2016年03月12日 13:58撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中で右側を見上げると、仏果山の見晴らし台が見えます
宮ケ瀬越
当初はここから高取山を往復する予定でしたが雪のため中止して仏果山登山口BSに向かいます
2016年03月12日 14:06撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮ケ瀬越
当初はここから高取山を往復する予定でしたが雪のため中止して仏果山登山口BSに向かいます
こちらも雪が残っています
2016年03月12日 14:06撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも雪が残っています
急な下りが続きます
下から見上げています
2016年03月12日 14:22撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な下りが続きます
下から見上げています
バス停は登山道の降り口にあります
2016年03月12日 14:46撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停は登山道の降り口にあります
仏果山登山口BS
本日のゴールです
ここからのバスは1時間に1本です
2016年03月12日 14:46撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仏果山登山口BS
本日のゴールです
ここからのバスは1時間に1本です
2

感想/記録

まさかの雪景色の中での山行きとなりました。
本厚木駅でバスを待つ時に地元の方が昨日雪が降ったので山頂は雪だと言われていましたが半信半疑でした。しかし半像坊前バス停について周囲の山の頂を見て状況を把握しました。

コース自体は良く整備された登山道が続いて歩きやすかったです。しかし、雪をかぶった登山道やベンチ休憩所では、木の葉や枝についた雪が頻繁に落ちてきて体に当たるのでテンションが下がりました。ベンチもたくさんありましたが、雪が残っていて利用しにくい状況でした。快適な天候ならより楽しめるコースでしょう。

悪天候、雪道の中20人以上とすれ違い、結構歩かれているコースだと思いました。
訪問者数:239人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 鎖場 渡渉 テン 山行 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ