ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 825680 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

まさかの雪山で扇山、百蔵山断念 和見〜高指山〜雨降山〜二本杉〜和見

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー latency
天候曇りのち雪・雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間57分
休憩
3分
合計
3時間0分
Sスタート地点06:0307:12高指山07:1307:22ゴウド山07:30和見峠07:55雨降山07:5608:08寺ノ入山08:14ニツクラ山08:21二本杉山08:30御林峠08:3109:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標高500mくらいから雪景色、1000m以上では登山道も雪に埋もれています。
気温も氷点下となっています。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

和見(わみ)の道路脇の広い駐車スペースからスタート。
2016年03月12日 06:01撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和見(わみ)の道路脇の広い駐車スペースからスタート。
え。。。
お山は雪模様???え???
明るくなってきて初めて見えました。
どうする?
2016年03月12日 06:21撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
え。。。
お山は雪模様???え???
明るくなってきて初めて見えました。
どうする?
とりあえず行けるところまで。
2016年03月12日 06:25撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず行けるところまで。
このあたりは快適な登山道。
2016年03月12日 06:39撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは快適な登山道。
高指山へ。
2016年03月12日 06:41撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高指山へ。
だんだん雪模様。
この辺りはまだ登山道は明瞭です。
2016年03月12日 06:48撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん雪模様。
この辺りはまだ登山道は明瞭です。
標高があがるにつれ、だんだん雪山状態。
どこまで行けるか?
2016年03月12日 07:00撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高があがるにつれ、だんだん雪山状態。
どこまで行けるか?
2
高指山(たかさすやま)山頂。
うん、まだ行けそうです。
2016年03月12日 07:11撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高指山(たかさすやま)山頂。
うん、まだ行けそうです。
2
権現山方面へ。
2016年03月12日 07:23撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山方面へ。
案内はしっかりです。
2016年03月12日 07:26撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内はしっかりです。
標高1000mを越えてくると、登山道も雪に埋もれてきます
2016年03月12日 07:35撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1000mを越えてくると、登山道も雪に埋もれてきます
3
プチエビのしっぽ。
2016年03月12日 07:42撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プチエビのしっぽ。
3
雨降山近道とありますが、わからん。
このあたり、昨日でしょうか、一人の方の踏み跡が往復であったので、それおをたよりに進みます。
2016年03月12日 07:45撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨降山近道とありますが、わからん。
このあたり、昨日でしょうか、一人の方の踏み跡が往復であったので、それおをたよりに進みます。
1
雨降山にようやっと。
完全に雪山登山です。
ハイドレーションのホース凍結と、手袋が春山仕様のため、10本の指全部がかじかんでしまっているため、ここで勇気ある撤退を決断。
2016年03月12日 07:54撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨降山にようやっと。
完全に雪山登山です。
ハイドレーションのホース凍結と、手袋が春山仕様のため、10本の指全部がかじかんでしまっているため、ここで勇気ある撤退を決断。
5
たよりにしていた足跡は電波塔へ続いていました。
職員の方の足跡だったのですね。
こんな雪の中、物好きがいるなー(おまえも)と思ってましたが納得です。
2016年03月12日 07:56撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たよりにしていた足跡は電波塔へ続いていました。
職員の方の足跡だったのですね。
こんな雪の中、物好きがいるなー(おまえも)と思ってましたが納得です。
2
ここからはバージンスノーを一気にダウンヒル。
2016年03月12日 07:52撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはバージンスノーを一気にダウンヒル。
3
ウサギ?の足跡がずっと登山道に続いていました。
それを頼りに一気に下ります。
気温はおそらく氷点下。
春山登山仕様では寒すぎます。
2016年03月12日 08:04撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウサギ?の足跡がずっと登山道に続いていました。
それを頼りに一気に下ります。
気温はおそらく氷点下。
春山登山仕様では寒すぎます。
3
ここで尾根から外れて最後の下り。
2016年03月12日 08:20撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで尾根から外れて最後の下り。
里が見えました。
お山の上の方はチラホラと雪でしたが、お里はパラっと雨でした。
2016年03月12日 08:47撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
里が見えました。
お山の上の方はチラホラと雪でしたが、お里はパラっと雨でした。
1
ここに出てきます。
下り道は快適。
2016年03月12日 08:49撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに出てきます。
下り道は快適。
稲荷社。
2016年03月12日 08:49撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲荷社。
車道もしばし歩きゴール。
想定外の雪山。
春山モードでうかれていましたが、みごとにカウンターをくらってしまいました。
2016年03月12日 09:02撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道もしばし歩きゴール。
想定外の雪山。
春山モードでうかれていましたが、みごとにカウンターをくらってしまいました。
3

感想/記録

先週の山行で見た扇山と百蔵山(ももくらやま)に魅せられて、今回は和見(わみ)から往復をと計画していましたが、スタート地点に到着後明るくなってきた山を見上げたら、雪かぶってるっじゃないですか!まじですか。。。このところの寒さの中の雨はおやまでは雪となってしまったようです。
どこまでいけるかわかりませんが、せっかくここまで来たので行けるところまで行ってみようということで、いざ出発!
標高があがるにつれ雪が現れます。はじめ法は木々だけ雪をかぶって、登山道ははっきりとわかりましたが、標高1000mを越えてくると、もはや雪山状態。登山道もなんとかわかる状態です。
合わせて、ハイドレーションのホースの中の水が凍ってしまって、水が飲めません。
気温は氷点下ということですね。ちゃんと露出しているホースの水は吹き戻しておかなければいけないのに、雪に圧倒されて忘れていました。
さらにー、先週のポカポカ登山にうかれて、装備も春山仕様。天気予報は曇りということで油断していました。
雨降山頂上付近では、10本の指さきがもはや感覚なし。写真を撮るのも一苦労状態です。
なので、当初の目的扇山、百蔵山は今回は断念。撤退となりました。
雨降山からは予定通りの帰り道。なかなか快適な雪道ダウンヒルで楽しめました。
春山モードでうかれていましたが、もののみごとに雪山カウンターをくらってしまいました。
山は厳しいっす。
いつかリベンジ!
訪問者数:191人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

撤退 山行 近道 ハイドレーション
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ