ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 825789 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

雪の大山 下りはバリルート経由

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー zuppy1519
天候曇り、山頂はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
伊勢原市ふれあいキャンプ場駐車場。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち35%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間37分
休憩
34分
合計
5時間11分
Sスタート地点09:1210:06見晴台10:0710:30阿夫利神社下社10:3211:39大山12:0712:21不動尻分岐12:2212:50矢草ノ頭12:5113:27大沢分岐13:2814:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大山の中腹より上は積雪でした。下りはチェーンスパイク使用、梅ノ木尾根はバリエーションルートです。

装備

個人装備 チェーンスパイク

写真

駐車場から少し下って、ふれあい学習センター横からスタート。標高310m。
2016年03月12日 09:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から少し下って、ふれあい学習センター横からスタート。標高310m。
林道を横切り、整備された登山道を登って行く。標高420m。
2016年03月12日 09:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横切り、整備された登山道を登って行く。標高420m。
日向越(雷峠)から先は雪が積もっていた。杉林をくぐって見晴台に向かう。標高680m。
2016年03月12日 09:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向越(雷峠)から先は雪が積もっていた。杉林をくぐって見晴台に向かう。標高680m。
見晴台に到着。一瞬、青空が見えた。ここから一旦下社を経由した。標高760m。
2016年03月12日 10:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台に到着。一瞬、青空が見えた。ここから一旦下社を経由した。標高760m。
3
下社の階段付近は積雪なし。観光客も多い。標高670m。
2016年03月12日 10:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下社の階段付近は積雪なし。観光客も多い。標高670m。
久々に訪れた下社。今後の安全祈願にお守りを頂きました。標高690m。
2016年03月12日 10:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々に訪れた下社。今後の安全祈願にお守りを頂きました。標高690m。
1
この門から山頂への登山道。いきなり急な石段ですが、、、
2016年03月12日 10:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この門から山頂への登山道。いきなり急な石段ですが、、、
1
登山道は雪景色。標高910m。
2016年03月12日 10:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は雪景色。標高910m。
1
さらに雪が深く、すばらしい雨氷の景色が続く。標高1150m。
2016年03月12日 11:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに雪が深く、すばらしい雨氷の景色が続く。標高1150m。
2
ヤビツ峠分岐。ヤビツ方向は踏み跡も少なくフカフカの道です。標高1170m。
2016年03月12日 11:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠分岐。ヤビツ方向は踏み跡も少なくフカフカの道です。標高1170m。
1
大山山頂。標高1250m。
2016年03月12日 11:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山山頂。標高1250m。
3
奥ノ院。風が無かったのは幸いでした。
2016年03月12日 11:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥ノ院。風が無かったのは幸いでした。
電波塔。
2016年03月12日 12:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔。
下山は見晴台方向へ。標高1180m。富士見台コースより、さらに雪が深い。
2016年03月12日 12:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は見晴台方向へ。標高1180m。富士見台コースより、さらに雪が深い。
1
雨氷が固まっていて、触っても固まっていて取れない。あちこちで枝が垂れ下がって、枝をくぐりながら下山していく。
2016年03月12日 12:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨氷が固まっていて、触っても固まっていて取れない。あちこちで枝が垂れ下がって、枝をくぐりながら下山していく。
4
不動尻分岐から、唐沢峠方向へ。倒木が多く迂回部分多数。標高1120m。
2016年03月12日 12:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動尻分岐から、唐沢峠方向へ。倒木が多く迂回部分多数。標高1120m。
1
唐沢峠への稜線。とても3月とは思えない。
2016年03月12日 12:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢峠への稜線。とても3月とは思えない。
3
矢草の頭から梅ノ木尾根ルートへ右折。ここからはバリエーションルートです。今更ながら「矢草」と標高点893mは関係してるのかな?誰が名前をつけたのだろう?
2016年03月12日 12:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢草の頭から梅ノ木尾根ルートへ右折。ここからはバリエーションルートです。今更ながら「矢草」と標高点893mは関係してるのかな?誰が名前をつけたのだろう?
2
標高778mピーク。ここまで雪が多かったが、踏跡もしっかりついていて歩きにくくは無かった。
2016年03月12日 13:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高778mピーク。ここまで雪が多かったが、踏跡もしっかりついていて歩きにくくは無かった。
大沢分岐。かわいい雪だるまあり、GoodJobです。ここから下は雪は積もっていない。標高770m。
2016年03月12日 13:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢分岐。かわいい雪だるまあり、GoodJobです。ここから下は雪は積もっていない。標高770m。
1
梅ノ木尾根のヤセ尾根部分。標高690m。
2016年03月12日 13:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅ノ木尾根のヤセ尾根部分。標高690m。
2
二の沢の頭に到着。ここから、東丹沢詳細図にない、三ノ沢右岸尾根を下降してみる。標高670m。
2016年03月12日 13:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の沢の頭に到着。ここから、東丹沢詳細図にない、三ノ沢右岸尾根を下降してみる。標高670m。
尾根の出発点。途中の尾根分岐は判りづらいが、GPSで確認しながら下降。
2016年03月12日 13:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の出発点。途中の尾根分岐は判りづらいが、GPSで確認しながら下降。
1
地形図では標高510mの平坦部分。実際はわずかに小ピークあり。
2016年03月12日 14:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図では標高510mの平坦部分。実際はわずかに小ピークあり。
1
南東方向に曲がり、尾根に乗る。割と明るい杉林で歩きやすい。標高480m。(以前、南西方向に下りたら急斜面で苦労したことがある。)
2016年03月12日 14:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東方向に曲がり、尾根に乗る。割と明るい杉林で歩きやすい。標高480m。(以前、南西方向に下りたら急斜面で苦労したことがある。)
1
しかーし、尾根の先端は日向川へ落ち込み、急斜面に取り囲まれてしまう。
2016年03月12日 14:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかーし、尾根の先端は日向川へ落ち込み、急斜面に取り囲まれてしまう。
1
少し戻って、三ノ沢を渡り、東側の尾根に移る。振り返って撮影、正面の尾根から下りてきた。石のところが三ノ沢だが、すぐ下流はミニゴルジュとなって日向川に落ち込んでいる。
2016年03月12日 14:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し戻って、三ノ沢を渡り、東側の尾根に移る。振り返って撮影、正面の尾根から下りてきた。石のところが三ノ沢だが、すぐ下流はミニゴルジュとなって日向川に落ち込んでいる。
1
なんとか日向川へ下りられる所を探して渡渉し、斜面を登って直接駐車場所に帰還完了。
2016年03月12日 14:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか日向川へ下りられる所を探して渡渉し、斜面を登って直接駐車場所に帰還完了。
2

感想/記録

今日は難コースの三峰境界尾根に挑戦するつもりでしたが、山を見たら真っ白!
難コースは有り得ないので、計画変更して大山を周回してきました。
大山は思いのほか雪が深く3月とは思えない雪景色でした。アイゼン装着の方が多かったですが、アイゼンなしの若者グループなども多かったです。ただチェーンスパイクは、湿った雪で雪がダマになって足底に付着し危険だったので慎重に下りました。最後の三ノ沢右岸尾根末端から対岸の駐車場へ渡るのに少し行きつ戻りつしたが、もう少し上流側の方が簡単に渡渉場所に下りられそうでした。ただし駐車場下のノリ面は草藪も多いので、普通の人が歩く場所ではありません。
訪問者数:285人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ