ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826075 全員に公開 ハイキング京都・北摂

桟敷ヶ岳、魚谷山など5つの山と8つの峠を繋いで

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー yjin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き バス(もくもく号、9人乗り)北大路駅から岩屋橋 
帰り 叡電 二ノ瀬駅から出町柳駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間3分
休憩
2分
合計
7時間5分
S薬師峠10:0210:45岩茸山11:15桟敷ヶ岳11:37ナベクロ峠11:51祖父谷峠13:08狼峠14:11魚谷峠14:23魚谷山14:32柳谷峠15:35滝谷峠16:01貴船山16:08三角点二ノ瀬16:11樋ノ水峠17:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な所は無いがルートは不明瞭で何度かミスをしてしまった。
おかげで1時間余りロスした。
内容は
1.林道の橋が流され、無かったため入り口がわからなかった。・・・1カ所
2.踏み跡が薄く曲がる所を直進してしまった・・・2カ所
3.分岐の所で近道と勘違いし違う道に入った・・・1カ所
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

もくもく号。一日二便、9人乗りなので帰りを利用する人はダイヤを注意の事。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もくもく号。一日二便、9人乗りなので帰りを利用する人はダイヤを注意の事。
2
ハイカーのための地図。一寸大雑把すぎてわからない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイカーのための地図。一寸大雑把すぎてわからない。
最初はここから薬師峠へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はここから薬師峠へ
岩屋山志明院。青空も綺麗だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋山志明院。青空も綺麗だ。
1
ついつい真っ直ぐ行きたくなるが、やがて道は無くなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついつい真っ直ぐ行きたくなるが、やがて道は無くなる。
雨で谷は前より荒れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨で谷は前より荒れてきた。
薬師峠に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師峠に到着
1
反対側にも一体だけの地蔵さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側にも一体だけの地蔵さん
これから行く尾根道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く尾根道
道の側にお墓がある。志明院と刻まれているお墓もあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の側にお墓がある。志明院と刻まれているお墓もあった。
文政11と刻まれている。1828年の事らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文政11と刻まれている。1828年の事らしい。
藪歩きする者にとって高速道路にも見える良い道だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪歩きする者にとって高速道路にも見える良い道だ。
優しい感じの谷である。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
優しい感じの谷である。
頂上を巻く道(多分)は直進だが左に上に行く道がある。何も書いてないがこちらに進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上を巻く道(多分)は直進だが左に上に行く道がある。何も書いてないがこちらに進む。
1
なかなかの勾配が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの勾配が続く。
頂上が近くなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上が近くなってきた。
残念ピークに着いたが何の表示も無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ピークに着いたが何の表示も無い。
1
岩茸山は隣のピークだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩茸山は隣のピークだった。
1
忘れ物らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忘れ物らしい。
進んで行くと下から林道が近付いてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進んで行くと下から林道が近付いてきた。
林道は続いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は続いている。
反射板がある。林道はこの工事用だったのかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反射板がある。林道はこの工事用だったのかな。
道端には霜柱が沢山ある。白い物も時々落ちてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端には霜柱が沢山ある。白い物も時々落ちてくる。
この辺のものは全く咲いてない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺のものは全く咲いてない。
またまた霜柱が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた霜柱が続く。
道路は下に降りて行く。尾根道は右上に続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路は下に降りて行く。尾根道は右上に続く。
木の根元には昨日のものか雪が残っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根元には昨日のものか雪が残っている。
明るく開けた尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るく開けた尾根道。
蓬莱山が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱山が見える
3
鴨川から何時も見る花脊峠近くの鉄塔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鴨川から何時も見る花脊峠近くの鉄塔
京都市内も見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都市内も見える。
1
先程は蕾だったがこの辺りでは咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先程は蕾だったがこの辺りでは咲いていた。
こんなに日が照っているのに時々白い物が落ちてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに日が照っているのに時々白い物が落ちてくる。
桟敷ヶ岳手前の鉄塔。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桟敷ヶ岳手前の鉄塔。
ナベクロ峠方面を眺める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナベクロ峠方面を眺める
北の山はまだまだ白い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の山はまだまだ白い。
遠くまで続く鉄塔の景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くまで続く鉄塔の景色。
頂上には記念のプレートが置いてあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上には記念のプレートが置いてあった。
山名プレート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名プレート
道端のキツツキの穴
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端のキツツキの穴
馬酔木の間を通って行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬酔木の間を通って行く
峠らしからぬ風情
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠らしからぬ風情
武奈ヶ岳方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳方向
2
花脊峠近くの鉄塔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花脊峠近くの鉄塔
蓬莱山のズーム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱山のズーム
1
武奈ヶ岳のズーム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳のズーム
1
峠に降りてきた。沢山ある苗木は何を育てているんだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠に降りてきた。沢山ある苗木は何を育てているんだろう。
祖父谷峠に着いた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父谷峠に着いた
1
西の鯖街道って言うのか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の鯖街道って言うのか。
手前の大きな杉、下から眺める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の大きな杉、下から眺める。
溝のようなこれから降りる道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
溝のようなこれから降りる道。
ここにも霜柱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも霜柱
完全に谷と化した道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に谷と化した道
一旦下に下ったが、狼峠に行く林道を見つけられずここまで引き返した。この林道を魚谷峠に続くと思われる尾根にまで行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下に下ったが、狼峠に行く林道を見つけられずここまで引き返した。この林道を魚谷峠に続くと思われる尾根にまで行く。
1
その尾根を辿る。踏み跡ははっきりしない。地形図にもこの道は載っていないからこんなものだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その尾根を辿る。踏み跡ははっきりしない。地形図にもこの道は載っていないからこんなものだろう。
行き着いた先は狼峠だった。林道もあった。帰ってGPSの軌跡を見るとちゃんと取り付きの場所まで行っていた。どうも橋が流されている事を気付かなかったみたいだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行き着いた先は狼峠だった。林道もあった。帰ってGPSの軌跡を見るとちゃんと取り付きの場所まで行っていた。どうも橋が流されている事を気付かなかったみたいだ。
1
狼峠。林道との交差部分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼峠。林道との交差部分。
プレートがあって一安心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プレートがあって一安心。
所々消えかかった林道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々消えかかった林道。
林道終点と先に続く道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点と先に続く道。
尾根道を進む。地形図通りにはっきりしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道を進む。地形図通りにはっきりしている。
1
適度にテープが付けられている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
適度にテープが付けられている。
テープがあると安心する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープがあると安心する。
手書きながら標識を付けてくれている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手書きながら標識を付けてくれている。
1
まほら谷?初めて聞く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まほら谷?初めて聞く
いまの所ルートを外してない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いまの所ルートを外してない。
下に魚谷峠に続く林道も見えてきた。もう近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に魚谷峠に続く林道も見えてきた。もう近い。
1
尾根道を歩いていると山の中でオートバイのエンジン音がした。これだったのだ。出合わなかったから途中で諦めたかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道を歩いていると山の中でオートバイのエンジン音がした。これだったのだ。出合わなかったから途中で諦めたかな?
魚谷峠に着いた。これで野宿しないで済みそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚谷峠に着いた。これで野宿しないで済みそうだ。
1
今降りてきた方向から峠の写真
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今降りてきた方向から峠の写真
親切に山の方向まで付けてくれている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親切に山の方向まで付けてくれている。
1
魚谷山三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚谷山三角点
1
こんなのも付いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなのも付いている。
緩やかな谷を降りて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな谷を降りて行く。
柳谷峠から荒れた谷道でなく尾根道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柳谷峠から荒れた谷道でなく尾根道に入る。
1
網越しに芹生峠を通る道路が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
網越しに芹生峠を通る道路が見えてきた。
1
尾根道の松に芹生峠のプレートがあった。ここもそう呼ばれていたのかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道の松に芹生峠のプレートがあった。ここもそう呼ばれていたのかな。
滝谷峠への尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷峠への尾根道。
1
馬酔木の林のある尾根。ここは少し見晴らしが良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬酔木の林のある尾根。ここは少し見晴らしが良い。
相当長くある忘れ物
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相当長くある忘れ物
1
峠に着いた。貴船に降りる道は良くないので二ノ瀬に降りる事にした。ここまで来れば時間が読める。ヘッドランプも使わずに済む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠に着いた。貴船に降りる道は良くないので二ノ瀬に降りる事にした。ここまで来れば時間が読める。ヘッドランプも使わずに済む。
1
この辺が地形図にある貴船山と思われる。
昔はここにプレートが付いていたが今は無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺が地形図にある貴船山と思われる。
昔はここにプレートが付いていたが今は無い。
三角点下の緩やかな谷
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点下の緩やかな谷
1
ここはいつ来ても癒やされる場所だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはいつ来ても癒やされる場所だ。
三角点 点名は二ノ瀬と言う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点 点名は二ノ瀬と言う。
1
しかしここが貴船山派が優勢だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしここが貴船山派が優勢だ。
1
三角点から降りるとすぐ樋ノ水峠
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点から降りるとすぐ樋ノ水峠
三角点から降りてきた方向を見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点から降りてきた方向を見る。
1
後は駅に行くだけ。でも駅はここから50分程かかった。帰宅は6時過ぎになった。何とか明るい内に終わった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は駅に行くだけ。でも駅はここから50分程かかった。帰宅は6時過ぎになった。何とか明るい内に終わった。
1

感想/記録
by yjin

今回の範囲を3枚の地図を出力し、持参したが、その倍の詳しさが必要だった。小さすぎて細かい間違いを見つけられなかった事が反省点として残る。結果オーライだが、一時はひょっとして山で一泊かとの思いが頭をよぎった。いくら事前にシュミレーションしても初めての所が多いと難しい。何しろ見覚えが無いのが致命傷で間違いにも気付きにくい。
訪問者数:411人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 三角点 GPS 霜柱 近道 出合 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ