ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826082 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

平標山(二居↑ヤカイ沢↓ STCスキーベンチャー実戦投入)

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー marui
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宿場の湯の向かいの駐車場に駐車
行き:自宅0450 ⇒ 月夜野IC ⇒ 駐車場0730(2.40)
帰り:宿場の湯1830 ⇒ 月夜野IC ⇒ 自宅2145(3.15 途中食事)
往復とも渋滞なし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

二居    0755
登山案内図 0840    0.45
林道    0920/0925 0.40 1.25
林道終点  0930    0.05 1.30
松手山   1120/1125 1.50 3.20
1700m付近 1155/1205 0.30 3.50
一ノ肩   1255    0.50 4.40
平標山   1345/1355 0.50 5.30
林道    1520    1.25 6.55
元橋    1540/1550 0.20 7.15
二居    1645    0.55 8.10
コース状況/
危険箇所等
3/12現在
麓の積雪はほとんどなし
山の中に入ると30cm〜50cm位
標高1000m以上は50cm〜1m位
当日含め新雪が20cm〜50cm、ショートスキーでも膝下ラッセルとなる場所もあり。クラストしている部分もある。
松手山〜平標山の間はトレースなし。
下山のヤカイ沢ルートは積雪期限定。
二居〜松手山への尾根に上がる夏道は全く不明、トレースも期待できず、積雪期は地形図見て歩けることが条件。
その他周辺情報温泉:宿場の湯 \600
http://yuzawaonsen.com/05shuku.html

装備

個人装備 35Lザック ハードシェル オーバーズボン 帽子 手袋 ロングスパッツ 冬靴 アイゼン ストック サングラス ペットボトル(0.5L×2) 昼食 スマフォ(地図&GPS) 5万図 カメラ ヘルメット ショートスキー 以下は使わなかったもの 薄手ダウン 目出帽 オーバー手袋 ピッケル 山専テルモス モバイルバッテリー 携帯電話 磁石 ヘッデン ツェルト 非常食

写真

宿場の湯の前の駐車場から出発です。
雪は舞っていましたが、その内良くなると期待。
2016年03月12日 07:56撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿場の湯の前の駐車場から出発です。
雪は舞っていましたが、その内良くなると期待。
3
今日はここを右折。
松手山〜平標山、行ければ日白山までという周回を目指してみます。
2016年03月12日 07:59撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここを右折。
松手山〜平標山、行ければ日白山までという周回を目指してみます。
1
かわいい雪だるまがありました。
2016年03月12日 08:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわいい雪だるまがありました。
8
車道の散水終了。
ここから雪道ですが、残雪は数10cm位。
去年は4/12で残雪が60cm位たっぷりありました。
2016年03月12日 08:02撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道の散水終了。
ここから雪道ですが、残雪は数10cm位。
去年は4/12で残雪が60cm位たっぷりありました。
2
つぼ足だと踏み抜くようになったので、STCスキーベンチャー装着。
2016年03月12日 08:16撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つぼ足だと踏み抜くようになったので、STCスキーベンチャー装着。
5
快適にハイクアップしていきます。
こういう緩い斜度のハイクアップには実にいい!
後の方は日白山へ向かうとのこと。何パーティーか日白山には入っていたようです。
2016年03月12日 08:19撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適にハイクアップしていきます。
こういう緩い斜度のハイクアップには実にいい!
後の方は日白山へ向かうとのこと。何パーティーか日白山には入っていたようです。
2
ここを右折。
ワカンのトレースがありました。
2016年03月12日 08:20撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを右折。
ワカンのトレースがありました。
1
すいすいと登る。快適です。
2016年03月12日 08:25撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すいすいと登る。快適です。
1
車道コースはノートレース。
一旦左に行ってみます。
2016年03月12日 08:36撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道コースはノートレース。
一旦左に行ってみます。
1
すぐに案内板あり。
ワカントレースはここで左に、二居俣ノ頭方面のようです。
松手山方面はノートレース。
2016年03月12日 08:38撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに案内板あり。
ワカントレースはここで左に、二居俣ノ頭方面のようです。
松手山方面はノートレース。
2
夏道全く分かりません。
地形図見ながら進んでいきます。
ちなみに帰宅してから、みんなの足跡で過去レコを調べると夏道も藪で迷うそうです。冬のレコは見つかりませんでした。
2016年03月12日 08:46撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道全く分かりません。
地形図見ながら進んでいきます。
ちなみに帰宅してから、みんなの足跡で過去レコを調べると夏道も藪で迷うそうです。冬のレコは見つかりませんでした。
3
開けた伐採地に出ました。
右の斜面に取り付きます。
2016年03月12日 08:52撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた伐採地に出ました。
右の斜面に取り付きます。
1
相変わらず雪。
後の日白山も雲の中です。
2016年03月12日 08:55撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず雪。
後の日白山も雲の中です。
1
やはり夏道は不明なので沢を詰めることにしました。
2016年03月12日 08:55撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり夏道は不明なので沢を詰めることにしました。
2
途中の急登、さすがにスキーでは無理でつぼ足で登る。
2016年03月12日 09:10撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の急登、さすがにスキーでは無理でつぼ足で登る。
1
林道に出ました。
林道分岐から42分かかりました。林道だったらここまで1.6km、30分あれば来れそう。最初から林道で来れば良かったか?
2016年03月12日 09:18撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
林道分岐から42分かかりました。林道だったらここまで1.6km、30分あれば来れそう。最初から林道で来れば良かったか?
2
新雪がありスキーでもこの位潜りましたが、快適に進めます。
こういうスノーハイクにはスキーベンチャーは最適。
2016年03月12日 09:29撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新雪がありスキーでもこの位潜りましたが、快適に進めます。
こういうスノーハイクにはスキーベンチャーは最適。
4
林道終点。
道標ありますが、夏道は相変わらず不明。
リボンも見当たらず、読図しながら進みます。
2016年03月12日 09:30撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点。
道標ありますが、夏道は相変わらず不明。
リボンも見当たらず、読図しながら進みます。
3
急登を越えた先。
林道終点からここまでつぼ足で登り、ここからまたスキーで。
スキーベンチャーは短く軽く、ちょっと背負う時も楽で良いです。
2016年03月12日 10:01撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を越えた先。
林道終点からここまでつぼ足で登り、ここからまたスキーで。
スキーベンチャーは短く軽く、ちょっと背負う時も楽で良いです。
2
途中、痩せた所も。
2016年03月12日 10:14撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、痩せた所も。
これは熊棚?鳥の巣?
熊はまだ冬眠していますように。
2016年03月12日 10:19撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは熊棚?鳥の巣?
熊はまだ冬眠していますように。
1
トレースが現れました。
途中違うルートですれ違っていたようです。
2016年03月12日 10:27撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースが現れました。
途中違うルートですれ違っていたようです。
1
スキーでじぐざぐに進んでいきます。
この尾根はきついわ。
2016年03月12日 11:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーでじぐざぐに進んでいきます。
この尾根はきついわ。
松手山に近付くと待望の太陽が!
2016年03月12日 11:04撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松手山に近付くと待望の太陽が!
2
でもまた陰る(T_T)
モノトーンの世界。
2016年03月12日 11:12撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもまた陰る(T_T)
モノトーンの世界。
うさぎさんの足跡。
2016年03月12日 11:14撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うさぎさんの足跡。

ストックの長さは120cmなので積雪は80cm位。
2016年03月12日 11:15撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す

ストックの長さは120cmなので積雪は80cm位。
3
日が射してきた!
2016年03月12日 11:18撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が射してきた!
4
ついに松手山に到着!
長い尾根だった。
2016年03月12日 11:21撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに松手山に到着!
長い尾根だった。
4
これはスバラ!
2016年03月12日 11:21撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはスバラ!
10
ど〜んと平標山!
計画では松手山10:30着、既に50分位遅れており天気も今一つなので日白山方向へ進むのは止め。
14時をリミットに平標を目指し、元橋へ下山することにします。
2016年03月12日 11:23撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ど〜んと平標山!
計画では松手山10:30着、既に50分位遅れており天気も今一つなので日白山方向へ進むのは止め。
14時をリミットに平標を目指し、元橋へ下山することにします。
8
この辺りの雪庇はなかなかのボリュームでした。
2016年03月12日 11:30撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの雪庇はなかなかのボリュームでした。
2
松手山から先はノートレースでした。
こういう所はスキーが威力を発揮。
2016年03月12日 11:38撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松手山から先はノートレースでした。
こういう所はスキーが威力を発揮。
3
雪の模様。
2016年03月12日 11:42撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の模様。
5
いよいよ平標への登り。
2016年03月12日 11:50撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ平標への登り。
6
時々クラストした部分もあり、スキーアイゼンを付けて登ります。
2016年03月12日 11:53撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々クラストした部分もあり、スキーアイゼンを付けて登ります。
5
天気回復しません(T_T)
途中からアイゼンに換装してつぼ足で登りました。
2016年03月12日 12:21撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気回復しません(T_T)
途中からアイゼンに換装してつぼ足で登りました。
階段が現れました。
この辺りが一番きつい所。
吹き溜まりでは腰までの所も。
2016年03月12日 12:30撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が現れました。
この辺りが一番きつい所。
吹き溜まりでは腰までの所も。
1
見晴らしが利いたのはここまで。
右下がヤカイ沢です。
2016年03月12日 12:38撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしが利いたのはここまで。
右下がヤカイ沢です。
吹き溜まりとクラストが交互に現れました。
クラストしている所はこんな感じです。
2016年03月12日 12:54撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹き溜まりとクラストが交互に現れました。
クラストしている所はこんな感じです。
日白山方面への尾根の分岐点近くです。
とても進む気しませんね。
2016年03月12日 12:55撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日白山方面への尾根の分岐点近くです。
とても進む気しませんね。
急斜面も終わりまたスキーに換装。
この辺り、スキーでも20cm〜30cm位潜りました。
2016年03月12日 13:15撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面も終わりまたスキーに換装。
この辺り、スキーでも20cm〜30cm位潜りました。
1
目の前に平標の頂上が見えるはずなのですが...
GPSで位置を確認しながら進みます。
2016年03月12日 13:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前に平標の頂上が見えるはずなのですが...
GPSで位置を確認しながら進みます。
ようやく平標山頂上に到着!
'13/11に来た時は松手山から夏道で1時間5分でしたが、今日は2時間15分かかりました。スキーがなかったら途中で断念していたと思います。
2016年03月12日 13:45撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく平標山頂上に到着!
'13/11に来た時は松手山から夏道で1時間5分でしたが、今日は2時間15分かかりました。スキーがなかったら途中で断念していたと思います。
5
誰もいない山頂で自撮り。
平標は3回目ですが、いずれも展望なし。
どうもこの山は相性が悪い...
2016年03月12日 13:46撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいない山頂で自撮り。
平標は3回目ですが、いずれも展望なし。
どうもこの山は相性が悪い...
17
頂上にトレースなかったら松手山に引き返して元橋へ下りるつもりでしたが、トレースあったので南面に下ることとしました。
こんな天気でも人気の南面ルートは登る方がいたようですね。
2016年03月12日 14:03撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上にトレースなかったら松手山に引き返して元橋へ下りるつもりでしたが、トレースあったので南面に下ることとしました。
こんな天気でも人気の南面ルートは登る方がいたようですね。
2
せっかくの大斜面ですが、部分的にクラスト&視界が悪いため安全のためスキーは担いでアイゼンで下ります。
2016年03月12日 14:03撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくの大斜面ですが、部分的にクラスト&視界が悪いため安全のためスキーは担いでアイゼンで下ります。
1
ヤカイ沢へ向かう尾根に入りました。
昨年滑っていて良く分かっているので平標山の家へ向かうコースではなくこちらを選択。
2016年03月12日 14:06撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤカイ沢へ向かう尾根に入りました。
昨年滑っていて良く分かっているので平標山の家へ向かうコースではなくこちらを選択。
1
滑れそうな斜面が出てきました。
2016年03月12日 14:15撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑れそうな斜面が出てきました。
ということでシールを剥がして滑走!
2016年03月12日 14:15撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ということでシールを剥がして滑走!
4
この辺り新雪が20〜30cm。
まともに滑れるセットなら楽しそうな斜面ですが、登山靴にスキーベンチャーではかなり厳しい。
こんな日にこんな所で足を挫いたら即遭難、安全最優先で歩いて下りました。
2016年03月12日 14:29撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺り新雪が20〜30cm。
まともに滑れるセットなら楽しそうな斜面ですが、登山靴にスキーベンチャーではかなり厳しい。
こんな日にこんな所で足を挫いたら即遭難、安全最優先で歩いて下りました。
2
昨年4/4と比べると藪だらけ。
2016年03月12日 14:38撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年4/4と比べると藪だらけ。
2
途中、沢も出ているし。
2016年03月12日 14:43撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、沢も出ているし。
途中、緩やかになってから、シールを付けて歩き滑りました。
2016年03月12日 15:14撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、緩やかになってから、シールを付けて歩き滑りました。
無事林道に出ました。もう安心。
日白山の道から右折してからはずっと一人でした。
2016年03月12日 15:23撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事林道に出ました。もう安心。
日白山の道から右折してからはずっと一人でした。
車道脇もシールですいすいと。
2016年03月12日 15:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道脇もシールですいすいと。
ここまでスキーで下り、ここから二居まで約4km歩きます。
2016年03月12日 15:42撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでスキーで下り、ここから二居まで約4km歩きます。
1
地図見ないで歩いていたら行き止まり
2016年03月12日 15:56撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図見ないで歩いていたら行き止まり
1
右は二居まで歩こうと思っていた遊歩道ですが、雪の時期は通行禁止のようです。
2016年03月12日 16:10撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は二居まで歩こうと思っていた遊歩道ですが、雪の時期は通行禁止のようです。
1
という訳で延々国道を歩きました。
きつ〜(-_-;
2016年03月12日 16:15撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
という訳で延々国道を歩きました。
きつ〜(-_-;
1
土管
2016年03月12日 16:30撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土管
2
ようやく宿場の湯へ。
2016年03月12日 16:42撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく宿場の湯へ。
2
無事に戻りました。
結局、松手山付近以外は終日雪。
久しぶりに自分的にはガチな冬山だった
2016年03月12日 16:44撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に戻りました。
結局、松手山付近以外は終日雪。
久しぶりに自分的にはガチな冬山だった
5
15時頃の気圧配置です。
高気圧の範囲のようにも見えますが...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15時頃の気圧配置です。
高気圧の範囲のようにも見えますが...
1
寒気は入ってくる予報だったので、その影響が大きかったようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒気は入ってくる予報だったので、その影響が大きかったようです。
1
撮影機材:

感想/記録
by marui

この土曜日は当初パーティー登山で唐松岳へ行く予定としていましたが、天気が今一つのため延期に。しかし、この冬は雪が少なく上越の雪山も長くは楽しめそうもないことや、STCスキーベンチャーの本格実戦投入をしてみたかったため、ソロで出かけることにしました。

向かった先は二居。ここから松手山〜平標山に登り、行ければ日白山を目指すルートで計画しました。日も長くなっており、雪の条件が良く天気も良ければ可能性あり、行けなくても途中の二居俣ノ頭辺りで下りれば良いと考えていましたが、現地に着いてみると雪が舞う天気。しかも新雪が積もっており、平標まで行くのがやっとでした。途中、松手山への尾根に上がる部分と、松手山〜平標まではノートレース、視界も悪く、ルーファイしながら慎重に進みました。下山は安全のため最短で元橋へ。結局、山の中では誰とも会わない緊張感のある一日となりました。積雪期の二居〜松手山〜平標はヤマレコでは初レコとなったようです。

今回、STCスキーベンチャーは主に登りで使用、これはなかなか良かったです。ワカンに比べると歩きやすい。スキーとしては長さが短いので狭い場所で取り回しも良い。松手山への長い尾根、平標までのラッセルで威力を発揮しました。これがなかったら平標へは行けなかったと思います。下りは登山靴では難しい雪の状態だったため大半は歩いて下りましたが、本格実戦投入としては十分な結果でした。今後は兼用靴を入手し、下りの滑りも追求していきます。

今回はほとんど滑っていないので、ジャンルは積雪期PHとしました。
訪問者数:491人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/12/14
投稿数: 2352
2016/3/14 6:04
 適材適所
マルイサン、おはようございます。

今回はちょっとアドベンチャー的な雰囲気が漂っていいですね。
道具は適材適所。
ツボ足アイゼンがいいのか、スキーがいいのか考えながら、更にルーファイしながら登って下るってのはハラハラドキドキで楽しかったのではないでしょうか。
夏道期待ではなく地形図を片手にルートを探りながら歩くってのも冬山の醍醐味ですね。
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1464
2016/3/14 23:03
 Re: 適材適所
Sanちゃん、どもども遅くなりました

今回は将に適材適所、こういう山登りには向いていますね。
今年は藪も多くて、短い板は取り回し良かったです。
あとは滑りが良ければ機動力最高なんですが、登山靴での滑りは64cmショートに及ばず。二つ担ぎ上げるのも何なので、早く兼用靴入手せねば。

地形図見ながら山に登るのは冬山ならではですね。
特に今回の二居〜松手山間は夏道も知らないルートだったので、久しぶりに楽しみましたよ。
松手山から平標までが予想以上に時間かかり、日没前に余裕を持って下山するにはどう進むかが特にハラハラドキドキでした
登録日: 2013/9/28
投稿数: 2367
2016/3/15 11:15
 兄者ならではのレコですね〜♪(^-^)v
兄マル〜♪ こんぬつは〜♪ 延着ご容赦願います〜<(^-^)>

二居から入られましたか〜 ・・流石は兄者よのう〜(p^-^)p♪
二居〜松手山間は無雪期でもタイトですし、
松手山〜平標一ノ肩へは相当な急登ですよね!
残雪期のこの間は雪庇が凄かったし いやいや兄者ならではのコース取手でつね
日白山なくとも十二分に孔の空くほど拝見させて頂きました〜<(^-^)>
スキーがなければ行けない!・・将にクロスカントリーですかね〜
ハラハラドキドキ感! ・・常に緊張を保つ!
そのスタンスに乾杯だんねん〜♪ お疲れ様でした〜♪ (^-^)/~~
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1464
2016/3/15 22:17
 Re: 兄者ならではのレコですね〜♪(^-^)v
タロ殿〜、どもどもいつもコメントありがとうございます
おおっ、レインボー鳩になっていますね

いや今回は久しぶりにガチな山でしたよ。
松手山までも結構時間かかり、さらに平標までがきついきつい
ガスってもいる広い山の中に独りだけというのは、さすがに心細かった

一ノ肩からがまた厳しくて、頂上まではすぐのようで実は標高差まだ100mあるんですよね。
しかも何も見えず、雪もクラストにラッセルにと変化して。
わずかな視界と地形図から判断して進むのは楽しかったですよ。
今はGPSもあるので比較的安心ですね。

マイナールートを行く場合は、いつも事前に「みんなの足跡」を印刷して行くんですが、この二居からのコースは足跡はないわ、積雪期のレコもないわで、ぶっつけ本番でした。
幻の(無謀な?)計画に終わった平標〜日白山日帰り縦走、いつか天気と雪質の良い時にやり遂げたいです

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ