ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826107 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

【初の雪山】冬の八ヶ岳、縞枯山

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山tats26, その他メンバー3人
アクセス
利用交通機関
車・バイク
☆北八ヶ岳ロープウェイ
無料駐車場あり
www.kitayatu.jp/access/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間17分
休憩
1時間30分
合計
3時間47分
S北八ヶ岳ロープウエイ山麓駅10:2010:27北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅10:2810:28坪庭10:5411:20縞枯山荘11:2312:06縞枯山12:2313:00縞枯山荘13:3113:48北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅14:0014:07北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
☆スノーシュー、アイゼン初使用及び雪山初登山なので、コースタイムを意識するより写真を撮ったり、雪に慣れたりするなど楽しむことを優先した。
☆北八ヶ岳ロープウェイは10分置きで発車するので、特に時間を意識する必要はなく、また出発前にアナウンスが入る
コース状況/
危険箇所等
☆3日ほど前の雪により、新たに30cmほど積もっていた。恐らく昨日も少し積もったのもあって雪はフカフカ

☆縞枯山山頂直前の直登は登り下り共に雪が柔らかく危険。しっかり足元に意識を向ける。
その他周辺情報☆北八ヶ岳ロープウェイでスノーシューをレンタルすることができる、スノーシューがあるとより楽しめる

☆北八ヶ岳ロープウェイレストラン
www.kitayatu.jp/restaurant/
☆縞枯山荘(宿泊は要予約)
www.lcv.ne.jp/~simagare/
コーヒーが美味しかった(後々ネットで調べたら、名物だと分かりちょっとラッキー)
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

北八ヶ岳ロープウェイ、実は2週間前に来ようと思っていたが(雪不足により)断念していた
2016年03月12日 09:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳ロープウェイ、実は2週間前に来ようと思っていたが(雪不足により)断念していた
ロープウェイ、スキー客と一緒にロープウェイに乗るため結構混む
2016年03月12日 10:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ、スキー客と一緒にロープウェイに乗るため結構混む
坪庭に到着。雪が新しくて本当に良かった。フカフカでとても気持ちいい!
2016年03月12日 10:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坪庭に到着。雪が新しくて本当に良かった。フカフカでとても気持ちいい!
3
これから目指す縞枯山、天気がちょっと良くなってより楽しみになってきてた
2016年03月12日 10:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから目指す縞枯山、天気がちょっと良くなってより楽しみになってきてた
1
写真でよく見るキツツキ、坪庭と言ったらコレ
2016年03月12日 10:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真でよく見るキツツキ、坪庭と言ったらコレ
例年に比べたら雪は少ないらしいけど、それでも積もってくれた雪には感謝、とても綺麗
2016年03月12日 11:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例年に比べたら雪は少ないらしいけど、それでも積もってくれた雪には感謝、とても綺麗
2
結構な急登を越えて縞枯山、山頂だけど展望なし、特に山頂らしい物もなし。
2016年03月12日 12:06撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な急登を越えて縞枯山、山頂だけど展望なし、特に山頂らしい物もなし。
下山後、冷えた体を温め、休憩するために縞枯山荘に入ってみる。
2016年03月12日 13:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、冷えた体を温め、休憩するために縞枯山荘に入ってみる。
名物のコーヒー、薪ストーブに当たりながら飲むコーヒーは美味しい。400円。
2016年03月12日 13:14撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物のコーヒー、薪ストーブに当たりながら飲むコーヒーは美味しい。400円。
2
スノーシューと6本爪の軽アイゼンで縞枯山、坪庭を回った。
2016年03月12日 13:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーシューと6本爪の軽アイゼンで縞枯山、坪庭を回った。
2
ロープウェイで下山中、蓼科山が少し見える。雲が頂上にあるため、今日登っていたら大変そう
2016年03月12日 14:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイで下山中、蓼科山が少し見える。雲が頂上にあるため、今日登っていたら大変そう
霧ヶ峰、美ヶ原方面も見える。他に御嶽山が見えたが、写真はなし。
2016年03月12日 14:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧ヶ峰、美ヶ原方面も見える。他に御嶽山が見えたが、写真はなし。
帰りの中央道で八ヶ岳を見ることができた、登山中は雲に覆われて眺めることができなかったので嬉しい。やっぱ美しい
2016年03月12日 15:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの中央道で八ヶ岳を見ることができた、登山中は雲に覆われて眺めることができなかったので嬉しい。やっぱ美しい
1

感想/記録
by tats26

☆ゲーター、アイゼンを3月頭に購入し、雪山に挑戦しようと考えていた。候補として赤城山、大菩薩嶺、丹沢山、飯盛山を考えていたが、赤城山はいきなり単独行は無理と判断、大菩薩嶺はバスの時間上無理、丹沢山は暖冬のせいか雪が全くない。ので、清里駅から往復5時間ほどで行け、八ヶ岳を眺められるとして飯盛山に絞っていた。しかし、前日3/11に急遽帰省したところ、2月後半に行く予定であった北八ヶ岳へ行くことになった。
☆帰省していた2月後半に行く予定であった北八ヶ岳であるが、山レコの情報、ロープウェイへの電話で雪がないと判断し、一度諦め帰京していた。しかし、今回運良く3日前に雪が降ったらしく、突然であるが雪山デビューを果たすことができた。
☆スノーシューをレンタルしたところ、坪庭だけでなく縞枯山、北横岳まで行けることが分かったので、北横岳よりは難易度の低い縞枯山へ向かうこととなった。しかし、スノーシューの装着に手こずることが起きたりするなど、多少山頂駅からの出発が遅れてしまった。
☆今回、本当に突然の雪山デビューであったため、雪山のグローブを所持しておらず、ウインドストッパーのブラックダイヤモンドの手袋オンリーで強行した(スキーのグローブは持って行ったが、意地でも薄くても登山用のグローブを使いたかった)。また、トレッキングシューズも3シーズン対応のものであるため、指先がすぐ冷えた感覚がした。いくらゴアテックスであっても、雪山には雪山用のシューズが必要であることを痛感した。しかし、縞枯山へはそこまで大した苦はなく登ることができた。
☆スノーシューは思ったよりも使いやすく、非常に役立った。縞枯山山頂直前の直登はアイゼン、チェーンスパイクでは厳しいと感じた。また、その場面ではストックは使用しないほうが手に余計な力をかけないのでラクであるかなと感じた。
☆グローブをつけたままでの軽アイゼンの装着を実際に雪山で行うことができたのはとても価値があったと思う。もう少し手際よくできるようになりたいと思った。
☆雪山はとても楽しいものであったが、装備に莫大な費用が必要で、そこまでの余裕はないため、恐らく社会人になるまで本格的な登山は行わないであろう。しかし、そそまで難易度の高くない山であるなら、機会があれば何度でも行きたい。
訪問者数:275人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ