ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826158 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

廃村保月からフクジュソウ咲く鍋尻山

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
保月・脇ヶ畑小学校跡に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
◆鍋尻山の前に登った赤坂山・大谷山
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-826140.html
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

赤坂山・大谷山に続く本日2つ目のお山は、フクジュソウ目当てに鍋尻山に登ることとします。地蔵杉がそびえ立つ地蔵峠を越えて辿り着いた、
2016年03月12日 16:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤坂山・大谷山に続く本日2つ目のお山は、フクジュソウ目当てに鍋尻山に登ることとします。地蔵杉がそびえ立つ地蔵峠を越えて辿り着いた、
1
近江カルストのただ中に位置する保月が起点となります。冬季は無人となるためひと気はありませんが、家屋や社寺は手入れが行き届いている様子。八幡神社を訪れ、
2016年03月12日 16:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近江カルストのただ中に位置する保月が起点となります。冬季は無人となるためひと気はありませんが、家屋や社寺は手入れが行き届いている様子。八幡神社を訪れ、
1
家並みを横目にしながら、神社の左手から登り始めます。
2016年03月12日 16:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
家並みを横目にしながら、神社の左手から登り始めます。
ほどなく植林の中を通り抜けて、
2016年03月12日 16:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく植林の中を通り抜けて、
1
苔むした石灰岩の露岩がにょきにょきと生えたカレンフェルトの斜面を進みます。
2016年03月12日 16:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした石灰岩の露岩がにょきにょきと生えたカレンフェルトの斜面を進みます。
傾斜はしだいにきつくなり、
2016年03月12日 16:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜はしだいにきつくなり、
1
再び石灰岩の露岩に行き当たると、そこはフクジュソウ群生地。
2016年03月12日 16:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び石灰岩の露岩に行き当たると、そこはフクジュソウ群生地。
1
岩陰のそこかしこにフクジュソウの黄金色の花が咲き、
2016年03月12日 16:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩陰のそこかしこにフクジュソウの黄金色の花が咲き、
5
光沢を伴った気品ある花姿は、
2016年03月12日 16:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光沢を伴った気品ある花姿は、
5
しだいに薄暗くなりゆく夕方にあっても、ひと際華やかな雰囲気を漂わせ、魅了されます。
2016年03月12日 17:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しだいに薄暗くなりゆく夕方にあっても、ひと際華やかな雰囲気を漂わせ、魅了されます。
3
フクジュソウ群生地を過ぎると、ロープを頼りに脆く崩れやすいザレた急斜面を登り切り、
2016年03月12日 17:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フクジュソウ群生地を過ぎると、ロープを頼りに脆く崩れやすいザレた急斜面を登り切り、
4
頂稜部の一角に達すると展望が開け、振り返って南側には、鈴鹿山脈の主稜線。正面に対峙する御池岳が存在感を見せています。
2016年03月12日 17:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂稜部の一角に達すると展望が開け、振り返って南側には、鈴鹿山脈の主稜線。正面に対峙する御池岳が存在感を見せています。
3
平坦な道を進むことわずかで、鍋尻山の頂上に到着します。
2016年03月12日 17:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦な道を進むことわずかで、鍋尻山の頂上に到着します。
1
北側に迫るのは霊仙山。その左肩からは伊吹山が見え隠れしています。
2016年03月12日 17:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側に迫るのは霊仙山。その左肩からは伊吹山が見え隠れしています。
2
灌木が茂りすっきりとした眺めとはいきませんが、石灰岩の露岩の上に立つと、夕方の日差しを浴びて輝く琵琶湖の湖面が見渡せます。
2016年03月12日 17:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木が茂りすっきりとした眺めとはいきませんが、石灰岩の露岩の上に立つと、夕方の日差しを浴びて輝く琵琶湖の湖面が見渡せます。
2
御池岳を眺めながら急斜面を下り始めると、
2016年03月12日 17:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳を眺めながら急斜面を下り始めると、
2
フクジュソウの前ではやはり足が止まってしまいます。
2016年03月12日 17:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フクジュソウの前ではやはり足が止まってしまいます。
4
しだいに赤く染まりゆく御池岳の山肌を眺めながら、
2016年03月12日 17:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しだいに赤く染まりゆく御池岳の山肌を眺めながら、
夕陽に背中を後押しされるようにして、来た道を下ります。
2016年03月12日 17:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕陽に背中を後押しされるようにして、来た道を下ります。
3
保月では、火消しリスさんが到着を待ってくれていました。
2016年03月12日 17:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
保月では、火消しリスさんが到着を待ってくれていました。
1
旧脇ヶ畑村の中心集落として、最盛期には約300人の人口を抱えていたというのが信じられないほどにひっそりと静まりかえった保月集落。主を失い、朽ち果てた廃屋の傍らでは、
2016年03月12日 17:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧脇ヶ畑村の中心集落として、最盛期には約300人の人口を抱えていたというのが信じられないほどにひっそりと静まりかえった保月集落。主を失い、朽ち果てた廃屋の傍らでは、
2
そんな集落の盛衰を知ってか知らずか、フクジュソウが咲くのでした。
2016年03月12日 17:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そんな集落の盛衰を知ってか知らずか、フクジュソウが咲くのでした。
4
撮影機材:
訪問者数:383人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

フクジュソウ ザレ 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ