ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826165 全員に公開 ハイキング東海

【ロングコースにチャレンジ】 岐阜 金華山〜各務原アルプス“KA”スルーハイク《岐阜駅→坂祝駅》

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー 3120m
天候快晴☀
微風
日向はポカポカ、日陰はひんやり
やや冬型か
アクセス
利用交通機関
電車
●スタート
 JR岐阜駅(東海道本線・高山本線)

●ゴール
 JR坂祝駅(高山本線)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間53分
休憩
47分
合計
9時間40分
S岐阜駅06:5707:41水道山07:53七曲峠07:5408:06ぎふ金華山ロープウェイ山頂駅08:0708:11岐阜城08:1708:26東坂・唐釜分岐08:45鷹巣山09:00洞山09:0109:15野一色権現山09:1710:02尾崎三峰山10:1310:55六所神社10:5711:35各務原権現山11:4011:45北山11:4611:55老洞峠12:04岐阜権現山12:1312:45桐谷坂13:09向山13:19向山見晴台13:2013:26須衛13:58岩坂峠14:0214:26金山14:40大岩見晴台14:4115:08多賀坂峠15:1015:24迫間山15:28迫間不動 奥の院15:42明王山16:17猿啄城16:26猿啄城駐車場16:37坂祝駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●全般
・標高200〜300m級の低山の連なり
 途中、下界に降りること2回
 幾多のアップダウンを乗り越え進んで行きます
・一部、登山口・山の中の分岐点は、
 特に標識がなく分かりにくい場所もあります
 土地勘がない場合、下調べをしておくといいかと思います
・山の中は、良く整備され明瞭な快適トレイル
 ただし、急坂、岩場混じりの箇所、ザレ場等多数

※山の中の安全な場所とロードはスロージョグで進んでいます
その他周辺情報●下山後の温泉
・「イトシン浴場」 料金420円
 http://itosin.web.fc2.com/ohuro.html
 帰りにJR岐阜駅で途中下車し、立ち寄りました
・駅から徒歩10分以内
・昔ながらの素朴な銭湯です
 シャンプー、ボディーソープ等の備付はなし

写真

今回はロングコースの片道旅にチャレンジ
岐阜〜各務ヶ原アルプス(KA)踏破を目指します
JR岐阜駅を出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はロングコースの片道旅にチャレンジ
岐阜〜各務ヶ原アルプス(KA)踏破を目指します
JR岐阜駅を出発
2
名鉄岐阜駅前のすき家で朝食をとり、岐阜の町を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名鉄岐阜駅前のすき家で朝食をとり、岐阜の町を進みます
1
橿森神社から山に入ります
ロングコースでは毎回思う
果たして目的地まで行けるのだろうか?
やってみないと分からないよね
まずはとりあえず
いざ、行かん!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橿森神社から山に入ります
ロングコースでは毎回思う
果たして目的地まで行けるのだろうか?
やってみないと分からないよね
まずはとりあえず
いざ、行かん!?
1
遊歩道を進み展望台へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道を進み展望台へ
ここは、いい眺めです
岐阜市街地の向こうに
おお、伊吹さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、いい眺めです
岐阜市街地の向こうに
おお、伊吹さん
4
養老山脈と霊仙山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
養老山脈と霊仙山
2
岐阜・福井県境、能郷白山かな
キーンと冷え込んだ、静かで爽やかな朝です
気持ちいいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岐阜・福井県境、能郷白山かな
キーンと冷え込んだ、静かで爽やかな朝です
気持ちいいですね
4
ドライブウェイ沿いに進んで行きます
飛び出した感じの2つ目の展望台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドライブウェイ沿いに進んで行きます
飛び出した感じの2つ目の展望台
名古屋の名駅ビル群までよく見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名古屋の名駅ビル群までよく見えます
1
ドライブウェイから金華山の七曲登山道にスイッチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドライブウェイから金華山の七曲登山道にスイッチ
ドS階段地獄の七曲登山道
金華山は大好きですが、ここだけは苦手なタイプの道です
ここで鍛えたら強くなりそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドS階段地獄の七曲登山道
金華山は大好きですが、ここだけは苦手なタイプの道です
ここで鍛えたら強くなりそう
1
ひと踏ん張りでリス村のあるロープウェイ駅
まだ開いていないから、餌やりできませんね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひと踏ん張りでリス村のあるロープウェイ駅
まだ開いていないから、餌やりできませんね
そして岐阜城へ
天守閣もまだ開いてません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして岐阜城へ
天守閣もまだ開いてません
1
金華山は、近所の方々の朝のお散歩コースになっています
皆さん楽しそうにお喋り
聞いていると漫才のようで・・・
いいなあ、近くにいいお山があって
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金華山は、近所の方々の朝のお散歩コースになっています
皆さん楽しそうにお喋り
聞いていると漫才のようで・・・
いいなあ、近くにいいお山があって
下りは東坂コースに入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは東坂コースに入ります
途中の崖っぷちビュースポット
今日も鷹の写真を狙う人々
進む方向の山々も見えますが、あまりにも果てしないので、見ないようにします(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の崖っぷちビュースポット
今日も鷹の写真を狙う人々
進む方向の山々も見えますが、あまりにも果てしないので、見ないようにします(笑)
1
妙見峠
ここから先、道筋は明瞭なものの、分岐が続き、知らないと進路が分かりにくい区間に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙見峠
ここから先、道筋は明瞭なものの、分岐が続き、知らないと進路が分かりにくい区間に入ります
次のピーク、鷹巣山への登り
これがなかなか、岩混じりの急登で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のピーク、鷹巣山への登り
これがなかなか、岩混じりの急登で
ロックな鷹巣山頂上からの眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロックな鷹巣山頂上からの眺め
2
遠くには御嶽山も見えています
今日は晴天に恵まれ、何よりです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くには御嶽山も見えています
今日は晴天に恵まれ、何よりです
2
この先縦走していく山々をチラ見
あまり見ないように(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先縦走していく山々をチラ見
あまり見ないように(笑)
1
洞山を通過
三角点のある大人しめの山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞山を通過
三角点のある大人しめの山頂
1
続いて、野一色権現山
ここは下の神社の奥の院
濃尾平野の眺めは、整然としていて圧巻です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて、野一色権現山
ここは下の神社の奥の院
濃尾平野の眺めは、整然としていて圧巻です
3
前方、次に目指す三峰山が近くなってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方、次に目指す三峰山が近くなってきました
下って行くと神社があり、
この階段でいったん下界に降ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って行くと神社があり、
この階段でいったん下界に降ります
1
この辺りは、未踏区間
ロードを少々走って三峰山の登山口を探します
近くにセブンイレブンがあり、補給可能
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは、未踏区間
ロードを少々走って三峰山の登山口を探します
近くにセブンイレブンがあり、補給可能
東海学院という学校の裏手、住宅街から山に入ります
これは勘で左へ
(当たり!)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海学院という学校の裏手、住宅街から山に入ります
これは勘で左へ
(当たり!)
やがて階段状の登山道に
岩場もありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて階段状の登山道に
岩場もありました
なかなかの急登をこなし、
山上でもアップダウンあり
三峰山は独立峰っぽいですが、ここから各務原アルプス(KA)の領域に入るようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの急登をこなし、
山上でもアップダウンあり
三峰山は独立峰っぽいですが、ここから各務原アルプス(KA)の領域に入るようです
360度の展望をもつ三峰山山頂
今回のルートでは横道に入った先にありますが、とてもいい山頂なので寄り道しました
最高です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
360度の展望をもつ三峰山山頂
今回のルートでは横道に入った先にありますが、とてもいい山頂なので寄り道しました
最高です
1
伊吹山と金華山のツーショット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹山と金華山のツーショット
3
なんと、白山も見えるのです
一際白いですね
この時間、御嶽山は雲に隠れていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと、白山も見えるのです
一際白いですね
この時間、御嶽山は雲に隠れていました
3
標識はオフィシャルなものからお手製のものまで充実
とても愛されている感じの三峰山です
こんなお山が近所にあったらな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識はオフィシャルなものからお手製のものまで充実
とても愛されている感じの三峰山です
こんなお山が近所にあったらな
1
三峰山から再び下界に降ります
東口へ下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰山から再び下界に降ります
東口へ下山
ロードを走り、次なる山、KAの本体へ
途中ミニストップで補給します
近くにセブンもあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロードを走り、次なる山、KAの本体へ
途中ミニストップで補給します
近くにセブンもあります
山際に寄り、地元の公民館から山に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山際に寄り、地元の公民館から山に入ります
すぐに、左手に六所神社
左裏の登山道に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに、左手に六所神社
左裏の登山道に入ります
階段状の急登を登ると山上に白山神社
立派な社殿があります
右手のトレイルに入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段状の急登を登ると山上に白山神社
立派な社殿があります
右手のトレイルに入ります
伊吹の滝からの登山道と合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹の滝からの登山道と合流
北山展望台より眺める濃尾平野
航空自衛隊の基地の遙か向こうに、名古屋の名駅ビル群
地球が丸いのを感じます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北山展望台より眺める濃尾平野
航空自衛隊の基地の遙か向こうに、名古屋の名駅ビル群
地球が丸いのを感じます
この辺り、快適極上トレイルが続いています
斜度が緩くて安全で、これなら私でも走れますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺り、快適極上トレイルが続いています
斜度が緩くて安全で、これなら私でも走れますね
次のピーク各務原権現山へ
仕上げのドS階段
段差が大きく、石の形も配置もいびつ
これがキツイのです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のピーク各務原権現山へ
仕上げのドS階段
段差が大きく、石の形も配置もいびつ
これがキツイのです
4
なかなか進まない・・・
ただ足を交互に出すのみです
ようやく近づいて来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか進まない・・・
ただ足を交互に出すのみです
ようやく近づいて来ました
各務原権現山山頂
ハイカーで賑わっていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
各務原権現山山頂
ハイカーで賑わっていました
1
東屋の鐘
周りには人がたくさん
鳴らす勇気はなかったです(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋の鐘
周りには人がたくさん
鳴らす勇気はなかったです(笑)
1
進んできた方角を振り返る
金華山が遠くなりました
遠方には鈴鹿山脈も分かります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進んできた方角を振り返る
金華山が遠くなりました
遠方には鈴鹿山脈も分かります
1
次のピーク芥見権現山(岐阜権現山)
急降下の後、残酷な登り返しが待っています
ゾッとするね(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のピーク芥見権現山(岐阜権現山)
急降下の後、残酷な登り返しが待っています
ゾッとするね(笑)
少し進んで諏訪山?を通過
ここで初級・上級と下りが2ルートに別れ、下で合流します
昨年、上級コースでつまづき、顔面から転んだので、今日は初級コースへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進んで諏訪山?を通過
ここで初級・上級と下りが2ルートに別れ、下で合流します
昨年、上級コースでつまづき、顔面から転んだので、今日は初級コースへ
でも、初級という感じでもない道でした
下り終わって鞍部に到着
さあ、登り返し!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、初級という感じでもない道でした
下り終わって鞍部に到着
さあ、登り返し!
情け容赦ない急登の登り返し
ここもドS
でも、アルプス風の迫力ある岩場が壮観です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
情け容赦ない急登の登り返し
ここもドS
でも、アルプス風の迫力ある岩場が壮観です
2
芥見権現山山頂に到着
賑わうというか混雑している頂上です
人気あるコースなんですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芥見権現山山頂に到着
賑わうというか混雑している頂上です
人気あるコースなんですね
1
先程までいた各務原権現山
2人の権現さん
お隣さん同士、仲良く並んでいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先程までいた各務原権現山
2人の権現さん
お隣さん同士、仲良く並んでいます
毎度毎度、進んできた方向を振り返る
岐阜のポコポコ山たち
この西方の眺めは、ここで見納めかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎度毎度、進んできた方向を振り返る
岐阜のポコポコ山たち
この西方の眺めは、ここで見納めかな
2
この先進む方向の眺め
まだまだ長いね
ゾッとするね(笑)
でもこれを楽しめるようになったら本物だね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先進む方向の眺め
まだまだ長いね
ゾッとするね(笑)
でもこれを楽しめるようになったら本物だね
桐谷坂へ
私のようなおっちょこちょいが、急いでいると見落としそうな足元の標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桐谷坂へ
私のようなおっちょこちょいが、急いでいると見落としそうな足元の標識
下り続けると舗装林道に
左に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り続けると舗装林道に
左に入ります
しばらくで桐谷坂
往来の激しい幹線(県道)を渡る
車がビュンビュンやってきて、カーブで見通しが悪い
ある意味ここも難所です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくで桐谷坂
往来の激しい幹線(県道)を渡る
車がビュンビュンやってきて、カーブで見通しが悪い
ある意味ここも難所です
1
渡り終わったら、すぐに反対側の山へ
ここに水場がありました
ここまで快調に来ています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡り終わったら、すぐに反対側の山へ
ここに水場がありました
ここまで快調に来ています
この辺りからはこのタイプの標識が充実
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからはこのタイプの標識が充実
須衛というピークも通過
32〜33km程度の全行程のうち、距離的には全体の3分の2は過ぎています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須衛というピークも通過
32〜33km程度の全行程のうち、距離的には全体の3分の2は過ぎています
ここで異常事態!
急に脚に来ました
両足太腿の筋肉がピリピリと・・・
まずいね、今にも爆発しそうです
ガンバレ、我が脚よ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで異常事態!
急に脚に来ました
両足太腿の筋肉がピリピリと・・・
まずいね、今にも爆発しそうです
ガンバレ、我が脚よ!
岩坂峠
先程までの余裕がどこへやら・・・
厳しい展開です
登りも下りも、
動いても止まっても、
立っても座っても、痙攣しそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩坂峠
先程までの余裕がどこへやら・・・
厳しい展開です
登りも下りも、
動いても止まっても、
立っても座っても、痙攣しそう
減速し、何度もストレッチしながら、様子を見ます
騙し騙し進みながら、なんとか大岩見晴台
乗鞍と御嶽山が並んで見えますが、
この頃まったく余裕なし
あまり記憶がありません(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
減速し、何度もストレッチしながら、様子を見ます
騙し騙し進みながら、なんとか大岩見晴台
乗鞍と御嶽山が並んで見えますが、
この頃まったく余裕なし
あまり記憶がありません(笑)
それでもやがて、KAの東端辺り、明王山が見えてきました
さらに、一度追い抜いたおじいちゃん・おばあちゃんハイカーさんたちに追いつかれ、デッドヒート(笑)
でも、雑談したことで気が紛れ、元気が復活
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでもやがて、KAの東端辺り、明王山が見えてきました
さらに、一度追い抜いたおじいちゃん・おばあちゃんハイカーさんたちに追いつかれ、デッドヒート(笑)
でも、雑談したことで気が紛れ、元気が復活
再び脚が動くようになりました
無理せず、冷静に様子を見ながら・・・
そして分岐は見間違えないように
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び脚が動くようになりました
無理せず、冷静に様子を見ながら・・・
そして分岐は見間違えないように
後半の後半、南北2コースに別れ、明王山で合流します
昨年は南に行ったので、今回は北コースへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半の後半、南北2コースに別れ、明王山で合流します
昨年は南に行ったので、今回は北コースへ
次の目安、明王山までは、後わずか
俄然、足取りも軽くなります
気持ちと身体は本当に繋がっているようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の目安、明王山までは、後わずか
俄然、足取りも軽くなります
気持ちと身体は本当に繋がっているようです
迫間不動尊奥の院
この下にある本院で休憩したかったのですが、時間的に不安だったので稜線を進みました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫間不動尊奥の院
この下にある本院で休憩したかったのですが、時間的に不安だったので稜線を進みました
道が舗装になると明王山は近い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が舗装になると明王山は近い
明王山直下の標識
KAは関市にもかかっているので、これは関南アルプスとなっています
そして、ついに本日最後のピーク「猿啄城」の文字が!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王山直下の標識
KAは関市にもかかっているので、これは関南アルプスとなっています
そして、ついに本日最後のピーク「猿啄城」の文字が!
進むと明王山山頂を経由しない巻き道でした
しばらくで山頂からの道と合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進むと明王山山頂を経由しない巻き道でした
しばらくで山頂からの道と合流
鵜沼方面の下山路を分け、左に道をとります
さらに3つほどピークを越えて行きます
脚が復活し、アップダウンもなんのその
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鵜沼方面の下山路を分け、左に道をとります
さらに3つほどピークを越えて行きます
脚が復活し、アップダウンもなんのその
そして、いよいよ見えました!
猿啄城です
目処が立ち、一時は深刻な状態だった太腿が、軽快に動きます
ホント、身体は気持ちに正直です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、いよいよ見えました!
猿啄城です
目処が立ち、一時は深刻な状態だった太腿が、軽快に動きます
ホント、身体は気持ちに正直です
1
ヤッター!
到着
ワーイ!ワーイ!
いいおっさんが喜ぶ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤッター!
到着
ワーイ!ワーイ!
いいおっさんが喜ぶ・・・
3
明王山を振り返る
こんな稜線を来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王山を振り返る
こんな稜線を来ました
1
猿啄城からの眺めも秀逸です
日本ラインと坂祝〜美濃加茂の町
木曽川対岸は鳩吹山の山塊ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿啄城からの眺めも秀逸です
日本ラインと坂祝〜美濃加茂の町
木曽川対岸は鳩吹山の山塊ですね
2
日本ライン西側
犬山の継鹿尾山の方向ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本ライン西側
犬山の継鹿尾山の方向ですね
1
乗鞍と御嶽山
最後に見られて良かったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍と御嶽山
最後に見られて良かったです
そして、孤高の恵那山
渋すぎる存在感
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、孤高の恵那山
渋すぎる存在感
3
名古屋の町
ドームも見えた気がします
明日は名古屋ウィメンズですね
ランナーのみなさん、それぞれのドラマを!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名古屋の町
ドームも見えた気がします
明日は名古屋ウィメンズですね
ランナーのみなさん、それぞれのドラマを!
1
本日のゴール地点、坂祝の町が眼下に
さあ、下りましょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のゴール地点、坂祝の町が眼下に
さあ、下りましょう
1
階段中心の下りをガンガンと行きます
もう壊れてもいい(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段中心の下りをガンガンと行きます
もう壊れてもいい(笑)
1
御嶽教の建物が見えると下山です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽教の建物が見えると下山です
最後のロードも力を振り絞って走ります
スピードは歩きと変わらん!?
ボロボロヨレヨレドタドタ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のロードも力を振り絞って走ります
スピードは歩きと変わらん!?
ボロボロヨレヨレドタドタ
1
ついにゴールのJR坂祝駅へ
昭和の雰囲気漂う無人駅
今日も優しく迎えてくれました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついにゴールのJR坂祝駅へ
昭和の雰囲気漂う無人駅
今日も優しく迎えてくれました
3
駅のホームから
猿啄城を臨む
身体はボロボロですが・・・
何という達成感
ロングコース、終了!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅のホームから
猿啄城を臨む
身体はボロボロですが・・・
何という達成感
ロングコース、終了!
3
帰りは岐阜駅で途中下車し、近くの銭湯に立ち寄り
風呂場でマッサージやストレッチでほぐしていたら、身体に模様入ったオジサンが興味深そうにこちらを・・・
「ごんばんは」と言ったら、笑って「オー!、こんばんは」だって(^^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは岐阜駅で途中下車し、近くの銭湯に立ち寄り
風呂場でマッサージやストレッチでほぐしていたら、身体に模様入ったオジサンが興味深そうにこちらを・・・
「ごんばんは」と言ったら、笑って「オー!、こんばんは」だって(^^;)
2
すっかり日が暮れた岐阜駅前
それでは電車で帰りましょう
びっこひいて・・・
キツかったけど良い一日でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり日が暮れた岐阜駅前
それでは電車で帰りましょう
びっこひいて・・・
キツかったけど良い一日でした
5

感想/記録
by 3120m

いやー、今回はなかなかタフな行程でした。

岐阜の金華山と各務原アルプス(KA)を結ぶこのコース、
ルート取りにもよりますが、
岐阜駅〜坂祝駅で、距離にして概ね32〜33kmになるかと思います。

昨年1月、2回に分けてのセクションハイクで、赤線は繋がっていますが、
次は1日でスルーハイクをやってみたいと思っていました。
最近は、ヤマレコでも挑戦された方のレコを見かけるようになりましたね。

アップダウンが続くこのコース、一度でスルーハイクするには敷居が高そう!
行けるかどうか、不安半分でしたが、
この先数週間、春のバタバタで、なかなか山に行けないかもしれない・・・
「やるなら、今しかない!」ということで実行してみました。

最高の晴天に恵まれ、暑くもなく寒くもない絶好のコンディション。
一部南北にルートが分かれる場所もあるので、未踏部分を絡めてルート決め。
長時間の行動が予想されたので、
ロードや山の中の安全な場所は、スロージョグで進んで時間を稼ぎ、
実際、20km過ぎまでは快調でした。

しかし、繰り返されるアップダウンをこなすうちに、
脚部は徐々にやられていたようです。

24〜25km辺り、
両脚太腿の筋肉に何やら急に“ピリッ”と走り、
続いて両ふくらはぎも同様に・・・
突然、痙攣のような症状です。
動いても止まっても、立ってもすわっても、
脚部全体がつりそうで・・・
先ほどまでの軽快さはどこへやら。
山の中で、苦痛に顔を歪め、悶え苦しむ・・・(*_*)

こうなったらペースを落とすしかない・・・
牛歩になって、何回も立ち止まってストレッチ。
筋肉をほぐしながら、騙し騙し進みます。

それまで追い抜く一方だった、おじいちゃん・おばあちゃんハイカーさんたち。
やがて追いつかれ、抜きつ抜かれつのデッドヒートになりました(笑)。
皆さんのんびりと楽しそうで、私にも気さくにお喋り。
そのうち、なんだか気が紛れ、回復基調に。
これには本当に助けられたと思います。

やがて、後半の後半に通過する山々が近くに見えるようになり、
ゴールの目処が立つと、テンションアップ。
ホント、身体は気持ちに正直なようです。

俄然、脚も動くようになり、再び走れるほどに回復。
無事(でもないが)ゴールし、9時間40分(休憩込)の長丁場が終わりました。
それぞれ味のある岐阜のポコポコ山たちを巡る、楽しいハイクでした。

今現在、フルマラソンの比ではないほどの、ものすごい筋肉痛が発生中。
しばらくお付き合いすることになりそうですが、
今回のハイクもとても良い経験になったと思います。
回復したら、この先も夏山にシーズンに向けて、
楽に遠くまで行けるよう、
ロングハイク用の脚づくりに励んでいきたいです。


《悪かった点》
◆脚部のアクシデント
 上記のように、後半、脚部全体が痙攣しそうになりました。
 原因は、脚力不足、疲労、ペース配分、ミネラル不足等、様々だと思います。
 繰り返されるアップダウンはもちろん頭にありましたが、
 人里近い低山だからと油断し、ちょっと舐めていたかもしれません。
 今回は事なきを得ましたが、道中、何が起こるか分からないし、
 何かあってからでは遅いです。
 再発防止に努めるとともに、
 脚つり対策には、ツムラの芍薬甘草湯も検討しようと思います。
◆ストックを忘れる
 ストックはいつも常備しているものの、苦手でほとんど使いませんが、
 今回のように脚部のアクシデントが発生した場合、
 とても有効な補助道具になります。
 パッキングの際、ザックに取り付けるのをうっかり忘れていました。
 気をつけねば!
訪問者数:371人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/23
投稿数: 59
2016/3/14 20:24
 驚異の回復力ですね
3120mさん、こんばんは。
岐阜駅から坂祝駅までのロングトレイルさすがです。
途中、脚部全部がつりそうになっても
その後走れるほどに回復というのが驚異的ですね。
私はキネシオテープで保護しておいたのに
ふくらはぎ、すね、大腿部の内側の筋肉まで痙攣して
何度ボルタレンを塗りこんだことか…
レコの通過時刻からすると、
六所神社から各務原権現までの間ですれ違っているはずですが
私は11時ごろから20分間ほどは北山展望台で昼食休憩しておりました。
また、ロングトレイルを楽しみにしております。
登録日: 2014/7/8
投稿数: 1343
2016/3/14 21:06
 思い描いてたルート
3120mさんこんばんは。

正にわたしが思い描いていたルートですよ(逆からですが )。
来月か再来月、時間が割けたら狙っていただけに とっても参考になります。ミニストップとセブンイレブンはとっても良い補給地点ですよね

足を痛められたとの事ですが、その後は大丈夫ですか?
痛みが急に来たってのは恐ろしいですね、ホント大事に至らない事をお祈りしています。ここが叩き台としたら...その先はもっと恐ろしい事をお考えだったりして? 。これからも3120mさんを応援させて頂きます。
登録日: 2013/8/18
投稿数: 218
2016/3/15 18:16
 お疲れ様です(^o^)
3120mさん、こんばんは(^o^)shin0609です。はじめまして^_^
レコみて、自分の歩いた時を思い出しました。僕も、須衛山あたりで失速しました(^^;;あのアップダウン、ボディブローのように聞いてくるんですよねぇ。
でも、3120mさん、あの状態からよく持ち直しましたね(^o^)僕だったら撤退かなぁ(^^;;
お疲れ様でした*\(^o^)/*
登録日: 2013/8/17
投稿数: 390
2016/3/15 20:41
 Re: 驚異の回復力ですね
missy1960jpさん、こんばんは
ありがとうございます。

同日に私とは逆向きコース、お疲れ様でした。
坂祝〜岐阜、タフなルートですよね。
岐阜をゴールにした方が、アフターが何かと便がいいかもしれませんね。
岩田山〜春日神社は、昨年下ったことはあるのですが、
あそこもなかなかの難所の急坂ですよね。

当日、各務原権現に向かう途中で何人ものハイカーさんとすれ違いましたので、
そのうちのお一人がmissy1960jpさんだったのかと思います。

今回味わった脚部のアクシデントは何かと良い経験になりました。
心地良い疲労感で進んでいたところ、突然ピリッときましたからね。

冷静に対処できたのかなとは思いますが、
それでも、これくらいの距離を余裕もってこなせるように、
もっと強化したいですね。

減速して様子を見ながら、なんとか一時的に回復できましたが、
これは他のハイカーさんたちに話しかけられて、
お喋りしているうちに気が紛れたり、
ゴールが近づいて来たことによる、
メンタル面の良い方への変化によるところが大きいと思います。
天気に例えて言えば、疑似好天といったところですね。

実際は、もうかなり筋肉組織が破壊されているようで、
3日たった今現在でも、ジョギングでさえままならない状態ですよ(笑)。
登録日: 2013/8/17
投稿数: 390
2016/3/15 20:49
 Re: 思い描いてたルート
karuさん、こんばんは
ありがとうございます。

いやいやなかなかタフな1日でした。
もう少し段階的に距離を伸ばしていくべきでしたね。

山の中で脚部が今回のような事態になるのは初めてですが、
癖にならないようにしたいものです。
今現在、ジョギングもままならないほどの太腿前頭部の筋肉痛ですが、
今回は、下り筋をかなりやられている気がします。
とりあえずは、自分の自然治癒力を信じて、
コンディションを整えていきたいです。

途中、下界に2回降り、ルート上でコンビニで補給できるのはありがたいですね。
食料や水分も減らせますからね。
私はミニストップで補給しましたが、
店内にイートインコーナーもあって、使い勝手が良かったです。

魅力あふれるコースです。
これから、日も長くなってきますし、
karuさんも行かれるときは、頑張って下さい!
登録日: 2013/8/17
投稿数: 390
2016/3/15 20:57
 Re: お疲れ様です(^o^)
shin0609さん、こんばんは
ありがとうございます。
こちらこそ、はじめまして。

いやいや、shin0609さんもロングコースお強いようですねえ。
私も、この夏山は、自分の限界値を少し上げたいと思い、取り組んでいるのですが、
今回は、仰るように見事にあの辺りで脚に来てしまいました。

エスケープも頭をよぎりましたが、
名鉄新鵜沼に逃げるにしても、まだ距離がありそうだったので、続行を決意。
なんとか運良く回復することができました。

金華山〜各務原アルプス(KA)、
素晴らしいコースですね。
すっかりお気に入りになりました。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ