ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826270 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川岳冬の西黒尾根から

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー yumesouf
天候晴れの予報だったが薄曇りから頂上付近ホワイトアウト
アクセス
利用交通機関
車・バイク
いつもように慰霊塔脇に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間13分
休憩
1時間3分
合計
7時間16分
Sスタート地点07:0009:58ラクダの背(ラクダのコブ)09:5910:02ラクダのコル11:08ザンゲ岩11:1511:47谷川岳(トマノ耳)11:5311:59谷川岳・肩の小屋12:3913:01天狗の留まり場13:0213:20熊穴沢避難小屋13:2814:16天神平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
かなりの急登だが今の時期降雪後でも無い限りトレースがあり、雪も締まって歩きやすい、上の道標を過ぎて岩に雪が付いている所があり、埋まってしまって出るのに少し難儀した。ガスもありラクダの背もコルも分からなかった。

装備

個人装備 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール

写真

湯檜曽の先に雪のモニュメントがありました。
2016年03月12日 06:16撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯檜曽の先に雪のモニュメントがありました。
2
7時に指導センターに届を出し緊張のスタートです
2016年03月12日 07:14撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時に指導センターに届を出し緊張のスタートです
1
白毛門が薄く見えました、これから晴れの予報で見えると思いますが撮っておいたら、この後は見る事が出来ませんでした。
2016年03月12日 07:41撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門が薄く見えました、これから晴れの予報で見えると思いますが撮っておいたら、この後は見る事が出来ませんでした。
夏道を鉄塔先まで登りますが、途中から尾根沿いの冬道になります
2016年03月12日 08:10撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道を鉄塔先まで登りますが、途中から尾根沿いの冬道になります
2
雪庇が見えます、トレースがあり、アイゼンで踏みぬくことは有りません。
2016年03月12日 08:17撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇が見えます、トレースがあり、アイゼンで踏みぬくことは有りません。
2
雪庇と空の境がわからない位です
2016年03月12日 09:01撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇と空の境がわからない位です
稜線の前で山岳会の団体は重装備、にびっくり
2016年03月12日 09:20撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の前で山岳会の団体は重装備、にびっくり
2
ANさんはここではじめてアイゼンを付けます、
2016年03月12日 09:20撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ANさんはここではじめてアイゼンを付けます、
この山岳会の後ろを付いていけば安全に行けそう(内心)
2016年03月12日 09:21撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山岳会の後ろを付いていけば安全に行けそう(内心)
1
天神の山頂駅が見えました
2016年03月12日 09:28撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神の山頂駅が見えました
山岳会の他のメンバーは東尾根を登っているそうです、僅かに見える様な
2016年03月12日 09:34撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山岳会の他のメンバーは東尾根を登っているそうです、僅かに見える様な
1
シンセンのコルと岩峰
2016年03月12日 09:34撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シンセンのコルと岩峰
先行の3人パーティー
2016年03月12日 09:37撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行の3人パーティー
1
鎖はこの2本しか
2016年03月12日 09:49撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖はこの2本しか
この後急に降るところでザイルを出していた
2016年03月12日 09:51撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後急に降るところでザイルを出していた
登って来た道を振り返ると続々登ってくる人がいる
2016年03月12日 10:04撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って来た道を振り返ると続々登ってくる人がいる
天神尾根
2016年03月12日 10:04撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根
急坂に写真を撮るが
2016年03月12日 10:12撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂に写真を撮るが
かろうじて写っている雪庇
2016年03月12日 10:31撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かろうじて写っている雪庇
写ってない???
2016年03月12日 10:46撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写ってない???
1
ゴリラの岩が見えた もう少しだ
2016年03月12日 11:11撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴリラの岩が見えた もう少しだ
2
かすむ先行者
2016年03月12日 11:13撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かすむ先行者
1
すごい急坂に緊張する
2016年03月12日 11:18撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごい急坂に緊張する
見えている
2016年03月12日 11:18撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えている
1
見えた風見鶏
2016年03月12日 11:42撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えた風見鶏
人が多くなった
2016年03月12日 11:48撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が多くなった
やっと到着です、5時間弱
2016年03月12日 11:50撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと到着です、5時間弱
5
肩の小屋前の道標、万太郎まで6、5キロか〜
2016年03月12日 12:01撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋前の道標、万太郎まで6、5キロか〜
ロープウェーは4時半終了だそうです
2016年03月12日 12:36撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェーは4時半終了だそうです
1
スノボーを用意する人
2016年03月12日 12:36撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノボーを用意する人
1
尾根沿いを滑るそうです
2016年03月12日 12:59撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根沿いを滑るそうです
天狗の止まり場
2016年03月12日 13:02撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の止まり場
山岳会の人が赤いサオを指してくれています、それでも見えない位でした
2016年03月12日 13:07撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山岳会の人が赤いサオを指してくれています、それでも見えない位でした
林道と空気穴が見えます
2016年03月12日 13:12撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道と空気穴が見えます
西黒尾根
2016年03月12日 13:17撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根
熊穴沢の避難小屋が見えました
2016年03月12日 13:17撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊穴沢の避難小屋が見えました
1
これは埋まってしまって入れません、屋根で休む人
2016年03月12日 13:21撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは埋まってしまって入れません、屋根で休む人
2
こちらにも雪庇やすごい坂もありました
2016年03月12日 13:34撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらにも雪庇やすごい坂もありました
1
最後まで晴れませんでした
2016年03月12日 13:35撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後まで晴れませんでした
無垢の斜面
2016年03月12日 13:38撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無垢の斜面
林道と空気穴が見えます
2016年03月12日 13:39撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道と空気穴が見えます
枝に乗った雪 踏みぬくと大変
2016年03月12日 13:43撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝に乗った雪 踏みぬくと大変
先が見えてきました
2016年03月12日 13:45撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先が見えてきました
あれ事は旗は?
2016年03月12日 13:48撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ事は旗は?
二俣とヒツゴー沢?
2016年03月12日 13:52撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣とヒツゴー沢?
この下で雪洞
2016年03月12日 13:57撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この下で雪洞
テントを設営しています、うらやましい
2016年03月12日 13:57撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを設営しています、うらやましい
谷川方面を振り返る
2016年03月12日 14:00撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川方面を振り返る
先まで登らず左に降りるようです
2016年03月12日 14:04撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先まで登らず左に降りるようです
山頂駅が見えました
2016年03月12日 14:09撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂駅が見えました
スキーヤーはまばらです
2016年03月12日 14:13撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーヤーはまばらです
高倉山にはブッシュも見えます、雪が少ないです
2016年03月12日 14:18撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高倉山にはブッシュも見えます、雪が少ないです
下山スキーコースは上級コースのようです
2016年03月12日 14:19撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山スキーコースは上級コースのようです
最後にNAさんと撮りましたがボケていました。
2016年03月12日 15:21撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にNAさんと撮りましたがボケていました。
3

感想/記録




谷川岳晴れのAマーク予報にピーカンで周囲の山々を展望しようと出掛けました、朝家を出る時は小雨だったがみなかみ方面は晴れ予報。ロープウェーでスキーを持って天神尾根を登るつもりだった、地図にロープウェーは土日は7時から営業とあったのでそれを参考にしたら夏用だったようでドアが締まっており8時半から営業しますと書いてあります。仕方なくスキーと句とをデポして登山指導センターで西黒尾根の危険性を確かめてから、安全だったら西黒尾根を登ってみようと行きました、途中先の人が谷川の案内を読んでいました、指導センターは先日開設されたのをテレビで見て知ってました。センターの人に雪の危険性を確かめたらアイゼン、ピッケルだ大丈夫と言ってもらい、ワカンは必要なしと聞きセンターにデポしました。

年代物のピッケルを持った人が登山届を書いてました、すごいピッケルですねーと声を掛けたらさっき案内を読んでいた人で何と3年前に毎日顔を合わせていた課長さんのNAさんでした、お互いアレーとびっくりです。
何十年も山をやっているそうで、今日は白毛門の隣の赤沢山の藪山に登ろうと来たのですが雪が少なくて登れず、西黒を30年ぶりに登ってみようと来たそうです。と言う事でNAさんと一緒に歩きましたので心強く行くことが出来ました、指導センター前に10人の団体さんがいて、こんなに大勢の人が登っているんだと思いましたら沼田山岳会の人に都内からの人が4人ほど混ざった人がいたようです。鉄塔のお所でその団体さんが休んでいました、私らももそこで小休止してアイゼンを付けたのですがNAさんはまだ付けません、

夏道から冬道にかわったようなトレースで雪庇の尾根の脇を登って行きます、尾根から向こう側が見える手前で団体さんはハーネス、ピッケル、ザイル、ヘルメットを装着しています。すごい装備にびっくり、私もそこでストックをしまってピッケルに変えました、NAさんんもここでアイゼンを装着して、急角度のトレース跡を団体に付いていくと(この団体さんに付いて行けば安心だろうと、万一の時も助けてもらえそうと内心思ってました)女の人も4人ほどおり、立ち止まる事があり休憩している脇を通って先に行く事にしました。鎖場は2本位見えましたが、ほとんど雪に隠れて見えませんでした。風がなくて寒く無いのが救いですがだんだんガスって来て、近くも見えなくなってきました。何処がラクダの背かコルが分からないまま通過していたようで、一緒に歩いた若い人に厳剛新道の分岐を教えようと思ったのですが・・・その人はストックのみでピッケルも持ってませんでした、先に行ってもらったらすぐに見えなくなってしまいました、トレースも風の吹く所は消えてしまい、夏道ならトラバースしながら登る道も全部直登なので、そうとう急坂も有り、ピッケルの尖った方を突き刺して登る場面も何度も有りました。

やっとゴリラの顔岩では無いだろうか思われる岩の所まで登り、高度を確かめると1800m、残り僅かだと分かりました、サンゲ岩は判別できませんでした、若いカップルが追い抜いて行き道標が見えた後、男性が大きく踏みぬき中々出られません、私はもう少し楽かと思う所を通過しようとしましたがやはり腰まで埋まり少し難儀して通過しました。道標から平なはずの夏道と違いトレースは真直ぐ山頂へ向かっているようで急登なので、真っ白で見えないがこんな右側を歩いていいのかと思ってしまいました、すぐに風見鶏の
シンボルマークが見え、山頂がすぐなのが分かりました、山頂へも真直ぐ登っていたようで、大勢の人がいる事でそこがトマの耳で有る事が分かりました。

写真を撮っているとNAさんが上がって来て、肩の小屋で昼食を食べましょうとすぐに降ります、道を知らなければ分からないほどのホワイトアウト状態、10m位前に肩の小屋が見えました、小屋の前で私はNAさんは小屋の中で昼食タイム、30分ほど休み下山します、私は天神尾根を降りますがNAさんは西黒尾根を降ると挨拶して別れました、天神尾根にはまだたくさんの人が登って来ます、こちらはボコボコに空いた足跡が絶えなく有り前が見えなくても迷う事は有りませんが、穴が深く不規則で足を取られて歩きにくいです、しばらく降る頃ようやく少しづつ視界が開けてきてガレ沢のコルが見えあの急坂を登ったんだと、びっくりする位です、下の方に林道や高速道路の空気穴が見えます、スキーやスノボーで降る人もいます、右側を降りて行ったスキーの人がスキーの板を1本だけ持って登って来ます、どうしたのかなーと1本はすれてしまったようです、探さした方がいいよとアドバイスしたら僅かに降って見つかったようで、人ごとながら良かったと安堵、そこから下の方に熊穴沢の避難小屋が見え、ロープも雪の下で真直ぐ降りて行きます。

先日yamayuriさんとiiyuさんが小屋の中で休んだレコがありましたが、もう深く埋まって1m以上掘り下げないと入れないようです、屋根の上で休んでいる人もいました、夏道にはトレースも有りません、尾根を登って一昨年hagureさんと断念した所はどの辺だったろうと確認しながら歩きましたら、この日も雪道を掘って止まると言う団体が嬉しそうに土木工事をしていました。贅沢な経験を私もしてみたいものです、少し上には大きなテントが2つ有り、こちらはテント泊のようです、来週はテン泊に挑戦してみたいと思ったりしました。僅かに左に巻いてスキー場が見え、ロープウェー山頂駅もみえますが、ここも急坂でこちらから登るのにはひと汗かきそうです。ロープウェーで降るかスキーの道を歩くか見に行きますが、歩いて降るのはスノボー、スキーヤーのじゃまになり危険と思いました、大きなザックを背負っては少し危険かなーと思いました。駅に戻って券を買おうとしていたら何とNAさんが西黒尾根はトレースがなくホワイトアウトで危険と天神尾根を降って来たようで又再会出来て良かったです。指導センターに下山報告を出してデポしたワカンやスキーを回収して山行終了です。

天神尾根でも危険と思い避けて来ましたが、西黒尾根を登る事も出来て今の時期で降雪後でなければ安全に登れると分かりました、只初経験と急登で途中で足首ふくらはぎが悲鳴をあげていました、鎖場は2か所ほど鎖が見える程度でほとんど雪の下です、ガレ沢のコルから上(多分)はピッケルの長い方を指して四つん這いで登る所も何度も有りました。良い経験が出来ました、今までで最難関の冬山だった気がしました、この日西黒尾根を登った人は20数人と思います、天神尾根からは数え切れない程の人が登っていました、私が怖くて避けていた所にこれ程の人が登っているとは信じられない程でした。偶然会ったNAさんは大ベテランでいろんな山の話を聞き尊敬しました。
訪問者数:382人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/30
投稿数: 852
2016/3/13 13:42
 夢さん やりましたね
さすが夢さん 頑張りましたね。
こういう貴重な経験が自信につながります。
ドンドン力がついている感じなので楽しみでしょう。
気をつけて取り組んでください。
登録日: 2012/2/14
投稿数: 1284
2016/3/13 19:12
 Re: 夢さん やりましたね
iiyuさん こんばんは。
いつも有難うございます。動画も少し載せてみました。
冬の谷川は怖いと思って、八ヶ岳の赤岳(まだ未経験)もですが好天気の天神尾根からと思ってました。あんなガスの中すごく大勢の人が登っているのにびっくりしました。ピーカンの時にぐるっと山座同定してみたいです。
登録日: 2011/1/25
投稿数: 1355
2016/3/15 0:30
 やはり行ったんだ
ご苦労様でした。
確定申告出すまで落ち着かないからね。いかれちゃ、しょうがないな。あいにくの天気でしたね。
ま、無事でなによりでした。
登録日: 2012/2/14
投稿数: 1284
2016/3/15 17:49
 Re: やはり行ったんだ
天気が悪く未消化ですのでリベンジしたいです、でももう九州にいっちゃうのかなー?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ