ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826335 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

会津駒ヶ岳(スノートレッキング)

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー skrgitav
天候雪(一瞬の青空でした)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
塩原温泉を越えて桧枝岐まで距離は長いですが、ここ最近は年に2、3度通っているルートなので慣れてきました。行きは降雪もあり路面はウェット、橋の上は少し滑りました。まだまだ冬タイヤが必要です。
駐車はいつものテニスコート脇だけど、入り口に路線バスが駐車してあったので暗い時間では分かりにくかった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間27分
休憩
34分
合計
7時間1分
S駒ヶ岳登山口バス停06:0506:05会津駒ヶ岳登山口06:0608:06水場08:1110:11会津駒ヶ岳10:2810:45駒の小屋10:5011:49水場11:5012:41会津駒ヶ岳滝沢登山口12:4613:02会津駒ヶ岳登山口13:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登りは沢筋の冬道を直登。森林限界先から駒の小屋を経由せずに山頂に向かって雪原を一直線。下りは小屋を経由、ヘリポート跡からは滝沢登山口まで夏道。
コース状況/
危険箇所等
◆登山口〜ヘリポート跡
沢筋の冬道を直登。滑らないように注意しながらツボ足で進みました。
◆ヘリポート跡から森林限界
スノーシューを準備、木々の赤テープを目印に樹林帯な中を進みます。薄いトレースもあるし先行者もいたので道迷いはありません。標高差ある山なのでかなりゆっくり時間をかけて登っていきます。
◆森林限界から山頂往復
森林限界を抜けたあと一瞬の青空で山頂が望めました。駒の小屋を経由するのが夏道だけど、登りは雪原を一直線に山頂を目指しました。
◆下り
ヘリポート跡までスノーシューで通しました。そのあとはツボ足で急坂を下るのが怖いので夏道を進みましたが、たまに股まで踏み抜きました。
◆登山者
この時期この山はほとんどがBCです。登山者は2割くらいでしょうか。BCの下りは快適そうだもね。
その他周辺情報下山後はもちろん駒の湯へ。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

テニスコート脇のP,入り口に路線バスがいたので暗い時間は場所がわからず何回も通り過ぎてしまった。道路はうっすら積雪。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テニスコート脇のP,入り口に路線バスがいたので暗い時間は場所がわからず何回も通り過ぎてしまった。道路はうっすら積雪。
登山口から雪あります。先に見えている小屋で登山届を提出。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から雪あります。先に見えている小屋で登山届を提出。
冬道の沢筋から振り返ると少しだけ展望あり。雪降ってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬道の沢筋から振り返ると少しだけ展望あり。雪降ってます。
ヘリポート跡まで登り詰めた。うっすら太陽が出てきた。雲は厚くないので晴れるのを期待。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリポート跡まで登り詰めた。うっすら太陽が出てきた。雲は厚くないので晴れるのを期待。
1
赤テープを目印に樹林帯を登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープを目印に樹林帯を登っていく。
西のほうに少し青空が出てきた。晴れろ!晴れろ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西のほうに少し青空が出てきた。晴れろ!晴れろ!
1
例年より少ないけど、それでもまだたっぷり雪あり。スノーシュートレッキングを楽しみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例年より少ないけど、それでもまだたっぷり雪あり。スノーシュートレッキングを楽しみます。
1
木々が低くなって森林限界。だいぶ雪が降っているけど空が青くなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々が低くなって森林限界。だいぶ雪が降っているけど空が青くなってきた。
前が開けて会津駒の山頂が見えた!やはり冬山の景色は良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前が開けて会津駒の山頂が見えた!やはり冬山の景色は良い。
5
この景色を見ながら、雪の中を歩き回るのは楽しー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この景色を見ながら、雪の中を歩き回るのは楽しー。
4
途中から山頂にむかって一直線。自分の踏みあとを振り返ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から山頂にむかって一直線。自分の踏みあとを振り返ります。
山頂までもう少し。青空に向かって行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までもう少し。青空に向かって行きます。
3
振り返ると駒の小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると駒の小屋。
2
会津駒ヶ岳山頂に到着。この山名表示は3mくらいあるんだよね。ここで残念ながら雲の中に突入。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会津駒ヶ岳山頂に到着。この山名表示は3mくらいあるんだよね。ここで残念ながら雲の中に突入。
5
中門岳方面を少しだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中門岳方面を少しだけ。
1
景色の回復も望み薄なので下山します。白い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色の回復も望み薄なので下山します。白い!
小屋方面に向かっていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋方面に向かっていきます。
1
帰りは駒の小屋を経由しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは駒の小屋を経由しました。
1
白アウト寸前。でもトレースばっちりなので大丈夫。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白アウト寸前。でもトレースばっちりなので大丈夫。
1
帰りに一瞬だけ雲が切れました。山頂を振り返ります。雪山で雲が流れてるとなんか神聖な感じしますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに一瞬だけ雲が切れました。山頂を振り返ります。雪山で雲が流れてるとなんか神聖な感じしますね。
2
また雲の中に戻っていく。天気は今一つだったけど、雪の会津駒が見れたからOKです。吹雪かなかったし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また雲の中に戻っていく。天気は今一つだったけど、雪の会津駒が見れたからOKです。吹雪かなかったし。
ミニ樹林帯に向かって下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミニ樹林帯に向かって下山。
下りは早い。このあたりはクリスマスツリー状態で雪たっぷり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは早い。このあたりはクリスマスツリー状態で雪たっぷり。
下っていくと向かい側の山が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下っていくと向かい側の山が見えてきた。
結構急な坂を下ります。スノーシューの取り回しが難しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構急な坂を下ります。スノーシューの取り回しが難しい。
麓近くなると見通しが良くなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓近くなると見通しが良くなってきた。
1
ヘリポート跡に帰還。スノーシュー装備を解除。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリポート跡に帰還。スノーシュー装備を解除。
この先は夏道を下ります。ツボ足なので大きく踏み抜く。冬道は急坂だし気温上がると雪崩れるのが怖い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は夏道を下ります。ツボ足なので大きく踏み抜く。冬道は急坂だし気温上がると雪崩れるのが怖い。
滝沢登山口の階段まで降りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝沢登山口の階段まで降りてきました。
正面の沢は冬道。もう少し気温が緩んでくると雪崩危険なので注意が必要。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面の沢は冬道。もう少し気温が緩んでくると雪崩危険なので注意が必要。
登山口まで戻ってきた。「お疲れさまでした」。道路の雪は乾いたようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきた。「お疲れさまでした」。道路の雪は乾いたようです。
1
下山後はもちろん「駒の湯」へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後はもちろん「駒の湯」へ。
1

感想/記録

先日の西吾妻に続き、今週もスノーシューで遊べる山に登りたいよね。ということでまだまだ雪がありそうな会津駒へ。天気予報は微妙で午前中晴れを信じて登りましたが、ずーっと雪がちらついてました(ウェザーニュースは曇りのち雪の予報だったので正解)。でも森林限界上で一瞬の青空と山岳展望が望めたのでOKとします。今年は少ないとはいえ、まだまだたっぷりある雪の中のトレッキングを楽しめました。
訪問者数:457人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/11
投稿数: 1460
2016/3/13 15:27
 お疲れ様でした♪
こんにちは。
駐車場を前後して出発して、山頂も、駐車場到着もほとんど同じでした。
この日の登りはきつかったですね。
午前中は晴れると思ったのですが、曇りで、燧も見えず、お互い残念でした
以前、那須の清水平付近でニアミスして、やっとお会いできました
山頂で写真を撮っていただきまして、ありがとうございました。
また、歩いたあと暫くは滑舌が悪い私のお話におつき合いいただきましてありがとうございました
登録日: 2011/10/14
投稿数: 169
2016/3/13 15:34
 Re: お疲れ様でした♪
こんにちは、URUさんだったのですね。以前、奥久慈男体山の山頂で行違ったこともありますね。こちらも写真を撮って頂き、ありがとうございました。燧を見たかったのですが、少しの青空があっただけでも良しとしましょう。
BCいいですね。下りで一気に駆け抜けていくのはうらやましかったです。手を出したいのだけど、なかなか敷居が高くて・・・。では、家も近いので、またどこかで!
登録日: 2013/11/29
投稿数: 7
2016/3/13 20:17
 天候が今一つで残念でした
 n7548kwさん、こんんばんは。
 駐車場、登山口で一緒だった者です。
 スノーシュー組としては、中々ハードなトレッキングでしたね。(途中でチョコを食べたりして補給が必要でした)
 天候が晴れていたら、もっと素晴らしい展望を見る事が出来ただけに残念です。
一度3年前の秋に会津駒ヶ岳を登っているのですが、中門岳の手前の木道で足を捻挫した苦い記憶が有るので、リベンジを含めてのトレッキングでもありました。
 私と入れ違いに『駒の湯』ですれ違ったので、声をかけ損ねてしまいました。また、何処かの山でお会いしましたら声をかけて下さい。
登録日: 2011/10/14
投稿数: 169
2016/3/13 20:49
 Re: 天候が今一つで残念でした
microdietさん、トレースありがとうございました。
いやー、早い。ヘリポート跡からアッという間に先に行かれてしまいました。アッチコッチでショートカットしたのに全然追いつかないんだもの。
この日は展望は今一つでしたが、雪を踏みしめる感覚を味わいながらの登山を楽しめたのでよかったです。少しの青空もあったしね。当方、北関東から福島方面の山を登ることが多いので、またどこかで!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ