ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826337 全員に公開 雪山ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

安達太良山で,ほんとうの空をみた

日程 2016年03月11日(金) 〜 2016年03月12日(土)
メンバー evclimMoutn(CL)
天候1日目は曇りで2日目は快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
新幹線で郡山駅まで行って,そこから,あだたら高原スキー場へのバスにのりました。片道1200円です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間50分
休憩
0分
合計
3時間50分
S奥岳登山口11:1714:37勢至平分岐14:55金明水15:07くろがね小屋
2日目
山行
4時間54分
休憩
47分
合計
5時間41分
宿泊地07:4108:14峰の辻08:1508:31峰ノ辻分岐08:3209:01鉄山09:0609:44鉄山避難小屋09:4710:03鉄山10:0410:23矢筈森10:28沼尻分岐10:2910:52安達太良山11:1511:46仙女平分岐11:4712:09薬師岳12:1312:19五葉松平12:2012:50奥岳登山口12:5613:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
勢至平からくろがね小屋に向かうところの斜面が少々急なのでアイゼンかチェーンスパイクはあったほうが良いと思います。安達太良から鉄山に向かうルートはアイゼン必要です。スノーシューも持参しましたが,使うことはありませんでした。
その他周辺情報下山後にスキー場脇にある「あだたら山 奥岳の湯」を楽しみました。日帰り温泉で600円也。あと,郡山直通バスが1700しかないので,スキー場併設のレストハウスで,まったりしていました。帰りは郡山駅1Fのおみやげ屋さんで,スパークリング酒を買いました。とても美味しかったです。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 登山靴 バルトロ75 サコッシュ ストック+スノーバスケット予備 MSR revo+フローター アイゼン iPhone・ケーブル コンパス ANKER バッテリーパック 地図(1/25000) 腕時計 ピコシェルター ショベル ナイフ プラティパス 2.0 L キャンドル・コルク板 魔法瓶 ヘッドライト (予備電池) 救急用具 筆記用具 タオル トイレットペーパー ウエットティッシュ 行動食 ビニール袋・ジップロック 補修テープ ガイロープ コンタクトレンズ 歯磨きセット 財布 ラジオ ドライナミックメッシュ ドライレイヤー 靴下 x 2 メリノウール長袖 x 2 アルファフーディ モンベル ベスト パタゴニア ナノエア ネックゲイター ハードシェル Roc SPIRIT ゴアテックスパンツ 手袋 帽子 目出帽 ゴーグル ガスストーブ ライター コッヘル・ボウル スプーン 食料 予備(ガス) ツエルト ガイライン インナーシュラフ(コクーン) エマージェンシーブランケット

写真

勢至平をスノーシューハイクするために,スノーシューを持参したのですが,雪面はしっかりしていて,使うことはありませんでした。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勢至平をスノーシューハイクするために,スノーシューを持参したのですが,雪面はしっかりしていて,使うことはありませんでした。。。
3
風がつよいので,ツエルトを張って一休み。ファイントラックのツエルトは透湿性がよくて愛用しています。タープにも使えるようにと開くことが可能ですが,これが今ひとつ。なので,ダクトテープでシールしました。へんな隙間から雪が入ってこないので,個人的には大正解だと思っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風がつよいので,ツエルトを張って一休み。ファイントラックのツエルトは透湿性がよくて愛用しています。タープにも使えるようにと開くことが可能ですが,これが今ひとつ。なので,ダクトテープでシールしました。へんな隙間から雪が入ってこないので,個人的には大正解だと思っています。
2
本来のトレースから外れていますが,冬山の醍醐味であったりします。このへんはシャクナゲの群生地で,ふだんははいることができません。GPSの恩恵ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来のトレースから外れていますが,冬山の醍醐味であったりします。このへんはシャクナゲの群生地で,ふだんははいることができません。GPSの恩恵ですね。
昔からほとんどかわらない「くろがね小屋」。この小屋の管理人さんは押し付けがましくなく,おおらかで感じがいいです。それに,源泉掛け流しの温泉がついているので,もう最強です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔からほとんどかわらない「くろがね小屋」。この小屋の管理人さんは押し付けがましくなく,おおらかで感じがいいです。それに,源泉掛け流しの温泉がついているので,もう最強です。
1
くろがね小屋の全貌
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋の全貌
くろがね小屋から「牛の背」を望む。昔は,山小屋から牛の背まで直登できたのですが,有毒ガスが噴出しているので,禁止区域となりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋から「牛の背」を望む。昔は,山小屋から牛の背まで直登できたのですが,有毒ガスが噴出しているので,禁止区域となりました。
1
だるまストーブ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だるまストーブ
1
エド・はるみさんに似た女性クライマーが黙々と登っています。空と雪のコントラストが最高です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エド・はるみさんに似た女性クライマーが黙々と登っています。空と雪のコントラストが最高です。
6
眩しくて,ゴーグルもってないと大変なことになりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眩しくて,ゴーグルもってないと大変なことになりました。
5
安達太良山頂の乳首。ちなみに横から見ると,まったく違う感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安達太良山頂の乳首。ちなみに横から見ると,まったく違う感じです。
4
安達太良山の稜線上は,半端ない風で有名です。この日は静かでラッキーでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安達太良山の稜線上は,半端ない風で有名です。この日は静かでラッキーでした。
4
牛の背から鉄山に登る途中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛の背から鉄山に登る途中。
しだいに雲が多くなっていきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しだいに雲が多くなっていきました。
2
鉄山山頂付近での幻想的な風景。個人的には鉄山へ至るルートも楽しいと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄山山頂付近での幻想的な風景。個人的には鉄山へ至るルートも楽しいと思います。
12
とても綺麗な鉄山避難小屋。しかーし,冬期はドアがあかなくて,この窓から入ります。アイゼン外すのも大変なので,窓下にて休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても綺麗な鉄山避難小屋。しかーし,冬期はドアがあかなくて,この窓から入ります。アイゼン外すのも大変なので,窓下にて休憩。
午後になるにつれて,雲が多くなっていきました。風も強いのでフル装備が必要です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後になるにつれて,雲が多くなっていきました。風も強いのでフル装備が必要です。
6
安達太良山山頂。この頃にはどんよりとした空になりました。僕はとてもツイていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安達太良山山頂。この頃にはどんよりとした空になりました。僕はとてもツイていました。
3
帰りの新幹線は,末廣酒造がだしている各種スパークリング酒を楽しみました。郡山駅構内にあるおみやげ屋はオススメです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの新幹線は,末廣酒造がだしている各種スパークリング酒を楽しみました。郡山駅構内にあるおみやげ屋はオススメです。
1

感想/記録

西吾妻のスノーモンスターが溶けかかっているので,急遽,安達太良山に変更しました。また,テント泊ではないのですが,前回の雲取山で,雪面でのペグがまったく役に立たなかったので,新規購入したイーストン社の29 cm ジュラルミンペグ 8 本と MSR のブリザードステーク4本を持参し,ツエルト設置を試してみました。
結果的に大正解でした。勢至平でしばらくスノーハイクしたあと,くろがね小屋に向かいました。金曜なので登山客はまばらだと思ったのですが,2つの大型パーティーと遭遇して,賑やかで楽しい小屋泊まりとなりました。なんとここまでケーキ持参で,お誕生日会とか,皆で登る山も楽しいなーと思いました。山小屋で迎える誕生日も素敵です。
さて,くろがね小屋の晩ごはんは,カレーのみという潔さですが,おかわり自由というおおらかさもあります。それに僕は,ここの管理人さんが好きなんです。晩ごはんのように,おおらかで押し付けがましくなくて,のびのびした雰囲気が気に入ってます。だいたい,いい歳した大人が,これまた大人を叱る風景は,見ていてすきじゃないです。まっとうな会話で,注意することも可能ですからね。山小屋は嫌いだ!という方がいらしたら,是非,くろがね小屋にいらしてください。
翌日はウソみたいな晴天でラッキーでした。さっそく,12本爪のアイゼンをつけて登りはじめました。稜線上に向かうルートは,紺碧の空と雪世界で,iPhoneでバシバシ写真を撮りました。iPhoneのカバーには,貼り付けられるタイプのホッカイロをつけているので,バッテリー低下を防ぐことができます。これにアンカーの大容量バッテリーとケブラー製ライトニングケーブルを使用しています。写真はともかく,フィールドアクセスでGPSのログ採りしているので,ホワイトアウトでも確実に GPS アプリが動作するようにしています。
今回は,鉄山避難小屋まで足を運びました。特に,牛の背からの鉄山へ至るルートも美しいです。いつか,野地温泉からくろがね小屋に行きたいと思います。野地温泉は福島駅からの送迎もあるので,秘湯を巡り歩いてから,安達太良山に向かうコースもオススメです。

訪問者数:444人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/18
投稿数: 227
2016/3/13 18:46
 こんにちは
行きのバスと小屋で一緒だった者です。ヤマレコユーザーだったんですね。

鉄山まで行けて良かったですね。私はバスに間に合わせるためにパスしましたが、あっち側も良さそうですね。
次回、雪のない時期に、鬼面山〜箕輪山経由で鉄山に行ってみたいと思います。
登録日: 2014/8/14
投稿数: 32
2016/3/13 19:54
 Re: こんにちは
それにしても奇遇ですね。お互いに晴れの安達太良山を満喫できて良かったですね。僕も長距離の山行を考えていて,いつか,磐梯山,吾妻連峰,箕輪山経由で,安達太良山にいく計画を立てています。そのためには避難小屋泊まりが必要です。テントよりも避難小屋のほうが怖いというお話,ツボでした(笑)
登録日: 2013/3/5
投稿数: 194
2016/3/15 17:17
 本当にきれい☆
私がスキー場のレストハウスから羨ましく見上げていた山の上では、
やっぱりこんな素敵な青い空が広がっていたんですね!
すごく深い青。お写真ぜんぶ素敵。

野地温泉から安達太良山に行くこともできるんですね♪
私は頂上から見た和尚山の稜線も歩いてみたいです。もちろん鉄山も!
歩きたいルートがたくさんありますね
登録日: 2014/8/14
投稿数: 32
2016/3/19 0:16
 Re: 本当にきれい☆
peachyさん,コメントありがとうございます☆ 野地温泉からのアプローチはちょっと長いですが,楽しいと思いますよ。和尚山のほうは行ったことがないのです。。。
次回はくろがね小屋をベースにして,鉄山あたりまで散策されるのは如何でしょうか。安達太良山は季節によって雰囲気が随分変わりますから,また,いらしてくださいね〜。
福島の最奥部には,尾瀬の燧ヶ岳,会津駒ヶ岳,飯豊山などがひかえています。浅草からの電車で,これらの山々はアプローチすることも可能です。
飯豊山も良いですよね。僕もまたチャレンジしてみたいです

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ