ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826354 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

御在所岳 中道

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー meucoracao
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間7分
休憩
1時間2分
合計
4時間9分
Sホテル湯の本10:0310:13蒼滝不動10:1410:23蔵之助10:27三峯園10:37長石谷登山口10:3910:45中登山道口10:4710:52中道登山口10:5411:19おばれ石11:4411:49地蔵岩11:5412:01キレット12:0813:27富士見岩13:2913:32第一ケルン13:36レストランアゼリア13:54御在所山 一等三角点14:1014:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
10:03 ホテル湯の本
10:13 蒼滝不動
10:14 御在所岳裏登山道1合目
10:14 寿亭
10:23 蔵之助
10:25 三峯園
10:37 長石谷登山口
10:39 御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)
10:45 中道登山口
10:47 中登山道口
11:33 おばれ石
11:54 地蔵岩
12:02 キレット
13:29 富士見岩
13:32 第一ケルン
13:34 御在所山上公園駅
13:35 レストランアゼリア
14:01 御在所山 一等三角点
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 非常用水 飲料水 非常食1日分 ファーストエイドキット エマージェンシーシート ツェルト 非常用ホイッスル 細引き ペグ スパッツ ヘッドランプ 予備電池 レインウェア上下 ダウンジャケット バンダナ タオル 携帯トイレ ライター コンパス 地図 携帯電話 カメラ お昼ごはん 行動食 コッフェル ガスバーナー ガス 6本爪軽アイゼン トレッキングポール(ダブル)

写真

ロープウェイ駅をスタートします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ駅をスタートします
1
温泉街のアスファルトを通って中道登山口に来ました
2016年03月12日 10:49撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉街のアスファルトを通って中道登山口に来ました
3
おばれ石に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おばれ石に到着
3
地蔵岩を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岩を見下ろす
6
キレットを上から見る
ここを下りる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットを上から見る
ここを下りる
3
キレットを下りて来ました
2016年03月12日 12:07撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットを下りて来ました
2
8合目の眺望になります
青空が綺麗です。 
初春なのか霞がかってるのでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目の眺望になります
青空が綺麗です。 
初春なのか霞がかってるのでしょうか?
3
崖をトラバースしてきました
ここから頂上までは地面が凍っていて滑りまくり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖をトラバースしてきました
ここから頂上までは地面が凍っていて滑りまくり
3
山上公園に着きました
樹氷がありました
2016年03月12日 13:34撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山上公園に着きました
樹氷がありました
3
頂上に到着しました
お疲れさまでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に到着しました
お疲れさまでした。
4

感想/記録

 最近体調が悪くてぜんぜん山から遠ざかっていたのですが、体力がどんどん落ちて行くので、ロープウェイで下山できる御在所岳に行くことにしました。
当日は快晴で最初から下山はロープウェイを利用するつもりでいたので、スタート時間はAM10時頃と遅めです。
体力づくりのため少し荷物を重めにして登りましたが、中道登山道は結構な急登なので、みるみるうちに辛くなってきました。
それでもまた夏には、アルプス系の山をテントを担いで登りたいという思いから、頑張ってみました。
頂上にはコースタイム的にも、大幅遅れで到着しましたが充実感がありました。
登山道は凍ってるところもあり、軽アイゼンが役に立ちましたが、以前山小屋の方が仰っていた、持って行かなくて後悔するのと、持って行って後悔するのとではどちらがいい?という言葉があったのを思い出し、備えあれば患いなしだと思いました。
登山道は細く狭い道で、歩行スピードが劇的に遅い自分は後続の方に迷惑かけてばかりいて大変申し訳ないことをしてしまいました 許してくださいませ。
また体力づくりに鈴鹿の山を登りに行きたいと思います。



訪問者数:383人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ