ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826629 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

笹子雁ガ腹摺山 *霧氷たちの歓迎*A,M*

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー kimichin2, その他メンバー1人
天候雪のち曇り
アクセス
利用交通機関
電車
八王子駅発 6:35 - 笹子駅着 7:33
笹子駅発 14:23 - 石和温泉駅着 14:53
石和温泉駅発 16:54 (ビューやまなし、グリーンA室、1,670円) 新宿駅着 18:55
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間17分
休憩
1時間24分
合計
6時間41分
S笹子駅07:4308:03追分バス停08:10新中橋バス停09:30笹子隧道坑口09:5610:04笹子峠10:1510:23撤退地点11:50笹子雁ヶ腹摺山12:2812:49標高1188m地点13:47新中橋バス停13:55追分バス停13:5614:15笹子駅14:2314:24(列車内)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※途中いつのまにかGPSログがOFFになって、未記録区間が生じている。また、駅で終了し忘れ、車中で切ったためゴール地点がずれている。
コース状況/
危険箇所等
笹子隧道坑口にてアイゼン、スパッツを装着。
笹子峠より達沢山方面へ破線ルートを進むものの、粗氷により木々の枝が撓り、振り払い進むため、時間的・精神的損失が大きく、また、前夜の降雪により踏み跡が隠されていたため、同行者と相談し撤退した。
コース変更を行い笹子雁ガ腹摺山へ向かったが、笹子峠からの急登は、道が明瞭であるがゆえ安心して登ることができた。
その他周辺情報石和温泉「慶山」の日帰り温泉。当初の予定どおり向った。入浴料1,000円。ロビーに琴の音色響く由緒あるホテル、下山した登山者でも当然のように歓迎してくれる「本物の」ホテルだった。大浴場は露天風呂、サウナ付、とにかく広い。
笹子駅から甲府方面に逆行してまでも来た甲斐があった。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

笹子駅を出立。ここに戻ることになろうとは、よもや思うまい。
2016年03月12日 07:40撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹子駅を出立。ここに戻ることになろうとは、よもや思うまい。
2
車道を歩くこと1時間、水墨画の世界へと誘(な)われる。
2016年03月12日 08:38撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を歩くこと1時間、水墨画の世界へと誘(な)われる。
3
霧氷たちの冷ややかな歓迎に笑顔で返す。
2016年03月12日 08:39撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷たちの冷ややかな歓迎に笑顔で返す。
5
足取り軽く。
2016年03月12日 08:39撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足取り軽く。
1
旧国道も趣深し。
2016年03月12日 08:41撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧国道も趣深し。
2
車道を離れ登山道へ。このあたり、まだ積雪浅く。
2016年03月12日 08:43撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を離れ登山道へ。このあたり、まだ積雪浅く。
2
笹子隧道へ。いえ、そちらではありませぬ。
2016年03月12日 09:31撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹子隧道へ。いえ、そちらではありませぬ。
2
坑口にてアイゼンを装着。不覚にも手間取っていると、甲州市側から自転車が近づく。その度胸に感じ入る。
2016年03月12日 09:56撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坑口にてアイゼンを装着。不覚にも手間取っていると、甲州市側から自転車が近づく。その度胸に感じ入る。
6
笹子峠。行く手の達沢山方面の標識は右側に。暗雲漂うかのごとく雪で隠れていた。
2016年03月12日 10:04撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹子峠。行く手の達沢山方面の標識は右側に。暗雲漂うかのごとく雪で隠れていた。
2
すでに撤退後。コース変更後。峠からの急登後。
2016年03月12日 10:31撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すでに撤退後。コース変更後。峠からの急登後。
5
粗氷よ、ため息が出るほど美しい。
2016年03月12日 10:43撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粗氷よ、ため息が出るほど美しい。
4
粗氷のトンネルを進む。最早、道を失う心配は無い。
2016年03月12日 11:16撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粗氷のトンネルを進む。最早、道を失う心配は無い。
5
エレベーター付の大鉄塔。大音響と共に落雪していた。
2016年03月12日 11:26撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エレベーター付の大鉄塔。大音響と共に落雪していた。
4
ツリーを見上げ何思う。
2016年03月12日 11:27撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツリーを見上げ何思う。
1
山梨百名山の表記に従い、笹子雁ガ腹摺山山頂。二人とも二度目の到達。静寂に包まれた空間にて、「コーヒーと番茶」を味わう。
2016年03月12日 11:56撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨百名山の表記に従い、笹子雁ガ腹摺山山頂。二人とも二度目の到達。静寂に包まれた空間にて、「コーヒーと番茶」を味わう。
12
12時半、さて、下ろう、あの笹子駅へ。そして今日はゆっくり浸り、ゆったり帰る。撤退も良きかな。
2016年03月12日 12:28撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時半、さて、下ろう、あの笹子駅へ。そして今日はゆっくり浸り、ゆったり帰る。撤退も良きかな。
4

感想/記録

またも前夜の降雪。わかっていたが、コース変更を余儀なくされるまでとは思いもよらなかった。達沢山まで破線ルートを通らずを得ないコースだが、踏み跡は明瞭、ひたすら尾根道を行けばよい、「先輩」はそう目論んでいた。結局、「引き返しましょう」のひとことに助けていただいた。単独であったら引返さず、道を失い途方に暮れていたかもしれないから。

水墨画の世界、粗氷たちの世界、音のない世界。メジャーなコースでもこの満ち足りた時間を過ごせる。撤退を嫌い、二度目の登頂を嫌う愚かさを実感させられた。コーヒーよりも番茶と和菓子の方が似合う。固まった頭の中が緩やかに融けてゆく。教えられているのは私の方だった。次回、面目躍如の機会を与えていただくことにする。
訪問者数:242人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 急登 スパッツ 撤退 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ