ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826687 全員に公開 ハイキング赤目・倶留尊高原

局ヶ岳でバテる

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー leon
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間33分
休憩
2分
合計
3時間35分
Sスタート地点12:4715:15局ヶ岳15:1716:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登山口を出てしばらくはGPS拾えず。
さらに、分岐までまちがった道をふらふらしてるので、あてにしないで下さい。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

登山口。
登りは健脚コースと決めて進んだが、分岐を間違えて変な方向へ
2016年03月12日 12:38撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。
登りは健脚コースと決めて進んだが、分岐を間違えて変な方向へ
1
健脚コースの林道終点。
この右の斜面を登る。
2016年03月12日 13:16撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
健脚コースの林道終点。
この右の斜面を登る。
1
海軍輸送機墜落地点。手を合わせてから後にする。
2016年03月12日 13:49撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海軍輸送機墜落地点。手を合わせてから後にする。
1
ひたすら続く急斜面。
2016年03月12日 14:04撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら続く急斜面。
1
木の根だらけの細尾根。
健脚コースというより、上級者コースに変えたほうがよいのでは?そのうちけが人が出るかも。
2016年03月12日 14:15撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根だらけの細尾根。
健脚コースというより、上級者コースに変えたほうがよいのでは?そのうちけが人が出るかも。
1
栗ノ木岳との分岐
この時点で、完全にバテバテ。しかし、追い打ちをかけるように何度も急斜面が・・・。
2016年03月12日 14:25撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗ノ木岳との分岐
この時点で、完全にバテバテ。しかし、追い打ちをかけるように何度も急斜面が・・・。
1
やっと頂上に到着。
もう景色を楽しむ気力もない。とにかく水分補給と栄養補給で体力の回復を行う。
2016年03月12日 15:14撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと頂上に到着。
もう景色を楽しむ気力もない。とにかく水分補給と栄養補給で体力の回復を行う。
4
健脚コースも本コースも、登山道うえに杉の木を邪魔するように置いてあった。道を見失わないように、注意が必要かと思う。
2016年03月12日 16:04撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
健脚コースも本コースも、登山道うえに杉の木を邪魔するように置いてあった。道を見失わないように、注意が必要かと思う。
1
登山口に帰ってきた。
行きに登山口の地図を見て、渡渉して分岐を右と覚えてたので、ここを間違えて右に行ったが、正解は左側。
看板が倒れてたので、立てておいた。
2016年03月12日 16:21撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に帰ってきた。
行きに登山口の地図を見て、渡渉して分岐を右と覚えてたので、ここを間違えて右に行ったが、正解は左側。
看板が倒れてたので、立てておいた。
2

感想/記録
by leon

朝に大洞山と尼ヶ岳を上り、ついでに局ヶ岳にチャレンジ。
記録を見ていたらそんなに時間を要さない山だと思ったので、舐めていた。
大洞山と尼ヶ岳に行って余裕だったと自分では思っていたが、結構ダメージがあったもよう。健脚コースで登ったが、めちゃくちゃ余裕で登っていたのに途中でいきなりバテはじめた。この辺で、疲れかからか判断力が鈍っていたもよう。すぐに着くと思ってたので、休憩も取らず、水分補給もせず、ただひたすら先に進んでいた。昼ごはんもまともに食べてなかったので、この時点でシャリバテや脱水症状に陥ってたのだと思われる。今考えると、まあまあ危ない状況だった。
そんな状態で、ひたすら登って頂上へ。時計を見ると、予想だにしない時間になっていた。こんな時間だと認識すらしていなかった。ここで、自分がおかしな状態だと認識。とにかく栄養補給と水分補給をして休憩を取ることとする。
局ヶ岳頂上は、反射板を除くと360度素晴らしい景色で、落ち着いてしばらく見ていたい気分になった。しかし、時間が遅くなっているのでしばらくして出発。
帰りは本コースから下る。膝ががくがくしてつらかったが、道はまだおりやすくて助かった。ただ、健脚コースも本コースも、道をふさぐように大量の杉の木が倒してあって閉口した。嫌がらせかと思うぐらいだった。しかし、あまり遅くならずになんとか登山口へ到着できた。
今回の反省点としては、山行きはあまり欲張らず、のんびりできる予定にすべきだということだった。余裕なくただピークを踏むだけは全然楽しくないし、ミスを招きかねない。また、ただ前に進むだけでなく、状況をよく把握し、正確な判断をその場その場で行うべきと再認識した。
今回は体調が良くなかったようなので、機会があればまた来たいと思う。
訪問者数:273人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 シャリバテ 渡渉 高原 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ