ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826771 全員に公開 雪山ハイキング北陸

塔倉山(富山百山 62座目)

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー fiddlerzen
天候薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上市村役場前の交差点から県道をひたすら南に道なりに行きます。
白岩川ダムを通過し目桑公民館建物を過ぎたら300mほど先に「白炭窯の里」という青い小さな案内看板がありますので鋭角に左折して林道に入ります。
迷う分岐がありますが「本道へ行く」という感じで選択すれば(具体的には右です)登山口まで行けると思います(自分は間違って左に行って引き返しました)。
山行当日は雪道部分が通過できるかどうか心配だったので登山口から400mほど手前の路肩に車を停めました。登山口に1台、先行者のものと思われる車があったので目桑コースは登山口まで車でアクセスできると考えてよいと思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間53分
休憩
15分
合計
2時間8分
Sスタート地点09:4009:49塔倉山目桑コース登山口10:38塔倉山10:47東峰10:5911:07塔倉山11:1011:42塔倉山目桑コース登山口11:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
基本的に登山道は遊歩道のような広さです。
最初は沢筋に道がつけられていて沢を左に見ながら登って行きますが途中で右に鋭角に曲がってジグザグを一回ほどやって山腹をトラバース気味に登って尾根を目指します。尾根に出てしばらくしたら670m地点の展望の良いところに出ます。
その直後に尾根から右に外れて山腹を巻くように道がつけられており、長倉コースからの合流点から山頂を目指す形になっています。。
雪はまだあるのですが道標などは露出しているので迷うことはないかと思います。
その他周辺情報立ち寄り湯は「アルプスの湯」を利用しました。
ちょうど1年前に、1回の利用でスタンプを押してもらいそれが10個たまったら1回無料になるカードを取得して、前回山行で10個たまったので今回は無料となりました(1年間の期限あり。今回の期限は3月20日でギリギリ)。
上市界隈の山を1年に11回登るのは結構大変でした。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

備考 かんじき、アイゼンの類は持っていきませんでしたがそれで正解でした。

写真

登山口です。
2016年03月13日 09:49撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口です。
長倉コースとの合流点。長倉コース側から見ています。左手奥から登ってきて右手奥へ頂上を目指します。
2016年03月13日 10:29撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長倉コースとの合流点。長倉コース側から見ています。左手奥から登ってきて右手奥へ頂上を目指します。
山頂標のある頂上(726m)を通り越して最高点(730m)へ来ています。
左の尖がり頭が鍬崎山、雪が多い個所が立山山麓スキー場、その右手前が来拝山、来拝山の奥に鉢伏山です。
2016年03月13日 10:49撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標のある頂上(726m)を通り越して最高点(730m)へ来ています。
左の尖がり頭が鍬崎山、雪が多い個所が立山山麓スキー場、その右手前が来拝山、来拝山の奥に鉢伏山です。
1
左手前が高峰山、奥の2山は剱岳と大日岳、右の尖がり頭は大辻山です。
2016年03月13日 10:59撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手前が高峰山、奥の2山は剱岳と大日岳、右の尖がり頭は大辻山です。
1
山頂標のあるピークに戻ってきました。
2016年03月13日 11:07撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標のあるピークに戻ってきました。
1

感想/記録

林道から登山口までどのくらい歩くのかなと思っていましたが、雪がほとんどなくて登山口近くまで車で行けたのが嬉しい(体力づくりの観点からは残念な)誤算でした。先行者の方は足跡の大きさから男性一人かと思っていましたが男女の二人連れでした(女性の足跡は昨日のものかと判断していました)。
出会ったのはこの方々だけでした。
ハイキング程度の登りでそれなりの眺望なので面白い山だと思います。
前回も記載しましたが、ウィンターシーズンにぐうたらして体重が半端なく増えてしまったのでやはり体が重く感じました。そろそろ本格始動に入りたいと思います。
訪問者数:323人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ