ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826832 全員に公開 ハイキング東海

兎走山

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー syousan
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登り口となる春日神社より少し離れた路肩に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
58分
休憩
1分
合計
59分
Sスタート地点16:0416:29兎走山16:3017:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標識はところどころにあります
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

右側が兎走山
左側が岩田山
2016年03月13日 15:57撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側が兎走山
左側が岩田山
春日神社が登り口となります
最初岩田山を登ろうかと思い写真奥を鉄塔目指して正面突破します(地図にはルート線があるが実際に道はなし)
2016年03月13日 16:05撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春日神社が登り口となります
最初岩田山を登ろうかと思い写真奥を鉄塔目指して正面突破します(地図にはルート線があるが実際に道はなし)
鉄塔に抜けたら右手に道があったので辿った結果、わかりやすいところに出ました。
右側からの道が一般的な入り口だったようです
2016年03月13日 16:15撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔に抜けたら右手に道があったので辿った結果、わかりやすいところに出ました。
右側からの道が一般的な入り口だったようです
すぐに兎走山との分岐
岩田山も捨てがたいですが、「Xデー」のためにとっておいて、兎走山に登ることにしました
2016年03月13日 16:17撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに兎走山との分岐
岩田山も捨てがたいですが、「Xデー」のためにとっておいて、兎走山に登ることにしました
時折岩田山を眺めながら、九十九折れに斜面を登ってゆきます
2016年03月13日 16:18撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折岩田山を眺めながら、九十九折れに斜面を登ってゆきます
少し眺望もよくなり各務原アルプス・権現山が見えました
2016年03月13日 16:21撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し眺望もよくなり各務原アルプス・権現山が見えました
低山には珍しい「5合目」標識
2016年03月13日 16:22撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
低山には珍しい「5合目」標識
鉄塔に出ます
ここで実質上り坂は終わり
2016年03月13日 16:26撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔に出ます
ここで実質上り坂は終わり
長良川と奥のほうに天王山、高賀山三山
2016年03月13日 16:28撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長良川と奥のほうに天王山、高賀山三山
1
兎走山山頂
2016年03月13日 16:30撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎走山山頂
お茶目
そのまま来た道を引き返そうかと思いましたが歩き足りないので反対側に降りることにしました
2016年03月13日 16:30撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お茶目
そのまま来た道を引き返そうかと思いましたが歩き足りないので反対側に降りることにしました
1
実際には川が曲がっているのですが、川の真上にいる感じが爽快な気分にさせてくれます
2016年03月13日 16:35撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実際には川が曲がっているのですが、川の真上にいる感じが爽快な気分にさせてくれます
鉄塔まで降りてきました
眼下に長良川、その背後には百々ヶ峰がそびえています
2016年03月13日 16:38撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔まで降りてきました
眼下に長良川、その背後には百々ヶ峰がそびえています
ここでいったん山を出ます
2016年03月13日 16:41撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでいったん山を出ます
千鳥橋も昔を思うと交通量が少なくなりました
2016年03月13日 16:42撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千鳥橋も昔を思うと交通量が少なくなりました
県道287号をくぐり抜けて登り口方向に戻ります
ピンクの梅の花が色鮮やかで印象的でした
2016年03月13日 16:44撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道287号をくぐり抜けて登り口方向に戻ります
ピンクの梅の花が色鮮やかで印象的でした
山中に入ってゆく細い道を進むと黄色い看板の左側に入れる道がありました
2016年03月13日 16:47撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中に入ってゆく細い道を進むと黄色い看板の左側に入れる道がありました
竹藪の中を進みますが、薄暗いこの時間帯に歩くのもあまり気分のいいものではありません
2016年03月13日 16:48撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹藪の中を進みますが、薄暗いこの時間帯に歩くのもあまり気分のいいものではありません
タケノコみーっけ
2016年03月13日 16:48撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タケノコみーっけ
1
しかし立派な太さですね
2016年03月13日 16:50撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし立派な太さですね
あら、藪っぽくなってきた
右手の谷を挟んだ反対側に渡ることにします
2016年03月13日 16:53撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あら、藪っぽくなってきた
右手の谷を挟んだ反対側に渡ることにします
谷沿いにはショウジョバカマがあちらこちらに咲いてます
2016年03月13日 16:54撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷沿いにはショウジョバカマがあちらこちらに咲いてます
2
若干色も違ってたりします
2016年03月13日 16:54撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干色も違ってたりします
4
歩きやすい道に軌道修正しました
2016年03月13日 16:55撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道に軌道修正しました
「鍋坂峠」と名の付くところに出ました
岩田山はここで分岐となります
2016年03月13日 16:57撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鍋坂峠」と名の付くところに出ました
岩田山はここで分岐となります
神社の境内の横が登り口だったのね
2016年03月13日 17:01撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の境内の横が登り口だったのね

感想/記録

昨日の快晴は勿体ないなーと思いつつも、家の事や、自治会の役員として溜まりに溜まった残作業の最終の追い込みがあったのでそれを片付けて、今日総会をもってやっと1年間の役員勤めを終わらすことができました。
花粉症で外出を躊躇するも、一山登ってみたくなり夕暮れ時にはなってしまいましたが、まだ登ったことのない岩田山を登ろうと動きましたが、結果的には、兎走山の周回コースとなりました。実は目的は偵察で、いつか猿啄〜金華山を縦走してみたくの下見がメインでした。
標高200m足らずを登るのはあっという間でしたが、少しでも体を動かしておいて次の登山に備えておきたかった、今日のちょい登りです。
訪問者数:122人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/23
投稿数: 60
2016/3/13 20:07
 お疲れ様です
昨日はコメントをありがとうございました。
早速、縦走の下見ですね。
私の家内が金華山から舟伏山、そして岩田山へ歩いていたところ
どこでどう間違ったか、巻き道を歩いたら岩田山へ行けずに
千鳥橋のあたりに降りてしまったようです。
そのあたりをうろうろして、結局トンネルを通って
岩小方面に行きました。
春日神社から岩田山への登りが後半の核心部でしょうか。
樹々につかまらないと登れません。
何度立ち止まって休んだことか…
是非ともやっつけてください。
それでは、また。
登録日: 2014/3/8
投稿数: 227
2016/3/14 20:44
 Re: お疲れ様です
こんばんわ
コメントありがとうございます
なるほど・・・奥様は峠の分岐を降りてしまわれたのですね。。。
岩田山へは兎走山から見てもかなり急斜面の印象を受けました。
手強そうですが、楽しみにしております

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ