ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826940 全員に公開 ハイキング大峰山脈

賀名生梅林から竜王山・銀峯山

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
賀名生梅林駐車場を利用(300円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間8分
休憩
23分
合計
5時間31分
S賀名生10:4712:07賀名生皇居跡12:1312:17北畠親房墓12:1812:55湯塩13:33竜王山13:3413:59銀峯山14:1414:31八ツ川14:47十日市15:29城戸16:18賀名生G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全行程とも舗装道路
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

まずは賀名生梅林での観梅です。
2016年03月13日 10:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは賀名生梅林での観梅です。
2
坂道を登り始めると、宮川の谷間を梅の花が埋め尽くす口の千本に出迎えられます。
2016年03月13日 10:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂道を登り始めると、宮川の谷間を梅の花が埋め尽くす口の千本に出迎えられます。
2
見返り千本に差し掛かると、山肌を覆う梅の花越しに金剛山系の山並みが見えてきます。
2016年03月13日 11:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見返り千本に差し掛かると、山肌を覆う梅の花越しに金剛山系の山並みが見えてきます。
2
さらに東雲千本へ。こちらはまさに満開といったところで、
2016年03月13日 11:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに東雲千本へ。こちらはまさに満開といったところで、
2
日差しを浴びると梅の花が輝いて見えます。
2016年03月13日 11:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しを浴びると梅の花が輝いて見えます。
1
鈴なりの一重の純白の花があれば、
2016年03月13日 11:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴なりの一重の純白の花があれば、
5
八重咲きの淡紅色の花もあり、甘酸っぱい芳香を楽しみながら先に進むと、
2016年03月13日 11:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八重咲きの淡紅色の花もあり、甘酸っぱい芳香を楽しみながら先に進むと、
2
奥の千本に差し掛かります。
2016年03月13日 11:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の千本に差し掛かります。
1
梅の花に覆われた急斜面の中に民家が点在する牧歌的な風景。
2016年03月13日 11:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅の花に覆われた急斜面の中に民家が点在する牧歌的な風景。
1
民家の庭先で枝垂れの紅梅と白梅が咲き競います。
2016年03月13日 11:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民家の庭先で枝垂れの紅梅と白梅が咲き競います。
2
西の千本は、すり鉢状の急斜面が梅の花の絨毯で敷き詰められたかのようで、壮観です。
2016年03月13日 11:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の千本は、すり鉢状の急斜面が梅の花の絨毯で敷き詰められたかのようで、壮観です。
2
見晴らしもよく、のどかな梅林の風景の彼方に見えてくるのは大峰の山々。
2016年03月13日 11:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしもよく、のどかな梅林の風景の彼方に見えてくるのは大峰の山々。
2
目を凝らすと、山上ヶ岳や峻厳な大普賢岳の稜線が見通せます。
2016年03月13日 11:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目を凝らすと、山上ヶ岳や峻厳な大普賢岳の稜線が見通せます。
4
梅林の彼方に峰の山々を眺めながら、徐々に下っていきます。
2016年03月13日 11:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅林の彼方に峰の山々を眺めながら、徐々に下っていきます。
1
国道168号を横切り、賀名生皇居跡に向かいます。天誅組吉村寅太郎の手になる「皇居」の扁額が掲げられた茅葺き門を護るのは、
2016年03月13日 12:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道168号を横切り、賀名生皇居跡に向かいます。天誅組吉村寅太郎の手になる「皇居」の扁額が掲げられた茅葺き門を護るのは、
2
凛々しいしばわんこ。今にも「ハイ、図書カードですね。」と喋りだしそうです。
2016年03月13日 12:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凛々しいしばわんこ。今にも「ハイ、図書カードですね。」と喋りだしそうです。
2
高台には、後醍醐天皇の信任篤く、南朝の支柱であった北畠親房が眠っています。
2016年03月13日 12:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高台には、後醍醐天皇の信任篤く、南朝の支柱であった北畠親房が眠っています。
2
賀名生梅林を後にして、丹生川の対岸にそびえる竜王山と銀峯山を目指します。ほどなく見えてくるフルーツロードの賀名生大橋に進み、
2016年03月13日 12:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賀名生梅林を後にして、丹生川の対岸にそびえる竜王山と銀峯山を目指します。ほどなく見えてくるフルーツロードの賀名生大橋に進み、
1
丹生川と五新線跡を転用した旧路線バス専用道を跨ぎます。南朝トンネルの手前を右に折れ、
2016年03月13日 12:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹生川と五新線跡を転用した旧路線バス専用道を跨ぎます。南朝トンネルの手前を右に折れ、
1
高度を上げていくと、丹生川の対岸に賀名生梅林の全容が見渡せます。西吉野小中学校を通過し、
2016年03月13日 12:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げていくと、丹生川の対岸に賀名生梅林の全容が見渡せます。西吉野小中学校を通過し、
1
湯塩の集落の中に進みます。
2016年03月13日 12:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯塩の集落の中に進みます。
1
家並みを抜けると、梅畑の中を伸びる道は、
2016年03月13日 13:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
家並みを抜けると、梅畑の中を伸びる道は、
1
見晴らしが良く、梅の花の先には金剛山系の展望が開けます。
2016年03月13日 13:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしが良く、梅の花の先には金剛山系の展望が開けます。
1
やがて杉林の中に吸い込まれると、しばらくは薄暗い道が続きます。
2016年03月13日 13:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて杉林の中に吸い込まれると、しばらくは薄暗い道が続きます。
海津神社の脇を通過すると、
2016年03月13日 13:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海津神社の脇を通過すると、
1
再び視界が開け、夜中の集落の先に金剛山が横たわります。ここから梅畑の脇をひと登りで、
2016年03月13日 13:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び視界が開け、夜中の集落の先に金剛山が横たわります。ここから梅畑の脇をひと登りで、
1
竜王山の頂上に到着します。
2016年03月13日 13:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王山の頂上に到着します。
1
続いて尾根続きの銀峯山に向かいます。銀峯山の頂上が見通せる梅畑の斜面に差し掛かると、
2016年03月13日 13:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて尾根続きの銀峯山に向かいます。銀峯山の頂上が見通せる梅畑の斜面に差し掛かると、
1
彼方には台高、大峰の山々。夜中集落最奥の民家の軒先をかすめて先に進み、
2016年03月13日 13:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
彼方には台高、大峰の山々。夜中集落最奥の民家の軒先をかすめて先に進み、
1
波宝神社の朱塗りの鳥居の前に達します。
2016年03月13日 13:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
波宝神社の朱塗りの鳥居の前に達します。
1
参道を登って、銀峯山の頂上に鎮座する波宝神社へ。住吉大神と神宮皇后を祀り、古くから信仰を集めてきたお社で、
2016年03月13日 13:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参道を登って、銀峯山の頂上に鎮座する波宝神社へ。住吉大神と神宮皇后を祀り、古くから信仰を集めてきたお社で、
2
江戸時代前期の寛文年間に建立された一間社春日造檜皮葺きの社殿を二棟連ねた連棟形式の本殿が印象的です。ひと息ついたら銀峯山を後にして、
2016年03月13日 14:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江戸時代前期の寛文年間に建立された一間社春日造檜皮葺きの社殿を二棟連ねた連棟形式の本殿が印象的です。ひと息ついたら銀峯山を後にして、
2
鳥居のところから、十日市に下る道に進みます。落ち葉に覆われた急傾斜の道を下ると、やがて八ツ川の集落に飛び出し、
2016年03月13日 14:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居のところから、十日市に下る道に進みます。落ち葉に覆われた急傾斜の道を下ると、やがて八ツ川の集落に飛び出し、
1
県道赤滝五條線を横切り先に進みます。一本の木の白梅と紅梅が同居する源平仕立ての梅を横目にすると、
2016年03月13日 14:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道赤滝五條線を横切り先に進みます。一本の木の白梅と紅梅が同居する源平仕立ての梅を横目にすると、
1
眼下に流れる丹生川が見えてきます。
2016年03月13日 14:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に流れる丹生川が見えてきます。
1
急降下して、十日市に下り立ちます。
2016年03月13日 14:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急降下して、十日市に下り立ちます。
1
この先は丹生川に沿って県道下市宗桧線を進みます。サンシュユの淡い黄色が山肌を彩る川岸の集落を通り抜け、
2016年03月13日 15:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は丹生川に沿って県道下市宗桧線を進みます。サンシュユの淡い黄色が山肌を彩る川岸の集落を通り抜け、
1
丹生川と宗川が落ち合う、旧西吉野村の中心部、城戸に達します。ついに列車が来ることがなかった幻の五新線の城戸駅に立ち寄り、
2016年03月13日 15:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹生川と宗川が落ち合う、旧西吉野村の中心部、城戸に達します。ついに列車が来ることがなかった幻の五新線の城戸駅に立ち寄り、
2
城戸の街並みを見渡します。この先は国道168号に進み、
2016年03月13日 15:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城戸の街並みを見渡します。この先は国道168号に進み、
1
やがて西吉野トンネルの中へ。轟音がこだまする交通量の多いトンネルの中を歩くのは、あまり気持ちの良いものではありません。
2016年03月13日 15:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて西吉野トンネルの中へ。轟音がこだまする交通量の多いトンネルの中を歩くのは、あまり気持ちの良いものではありません。
2
五新線の橋梁の下をくぐって北上を続けると、やがて賀名生に帰り着きます。
2016年03月13日 16:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五新線の橋梁の下をくぐって北上を続けると、やがて賀名生に帰り着きます。
2
撮影機材:

感想/記録

天気予報は曇り空を告げていましたが、前半は思いのほか良い天気で、観梅日和となりました。
訪問者数:211人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

一本立てる
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ