ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826943 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

天城山(シャクナゲコース周回)

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー h-asao
天候小雪→曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往)東京駅(6:33 こだま631号)→ 伊東駅(7:55 天城東急リゾートシャトルバス)
復)天城高原ゴルフ場(15:15 天城東急リゾートシャトルバス)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間44分
休憩
56分
合計
5時間40分
S天城高原ハイカー専用駐車場08:5909:17四辻10:19万二郎岳10:42馬の背10:4611:07石楠立11:48万三郎岳12:4013:15涸沢分岐点13:57101ポスト14:22四辻14:39天城高原ハイカー専用駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログは一部飛んでおり手修正しています。
コース状況/
危険箇所等
涸沢分岐からナローな個所もありますが注意すれば特に問題はありません。
今の時期でも雪が残っていましたが軽アイゼンの使用はなしで大丈夫でした。
その他周辺情報ハイカー用駐車場のトイレは3月中旬まで閉鎖中でした。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

今日は東京駅よりこれで向かいます。(6:33 こだま631号)
2016年03月12日 06:26撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は東京駅よりこれで向かいます。(6:33 こだま631号)
2
熱海でJR伊東線に乗り換えて7:45に伊東駅に到着。7:55発のシャトルバスに乗ります。(伊東駅3番バス乗り場)
2016年03月12日 07:49撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熱海でJR伊東線に乗り換えて7:45に伊東駅に到着。7:55発のシャトルバスに乗ります。(伊東駅3番バス乗り場)
シャトルバスを下車するとすぐ右に登山口がありました。
2016年03月12日 08:48撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャトルバスを下車するとすぐ右に登山口がありました。
「ひとり一石運動」の看板がありましたが今日は勘弁してもらいました。転がっていますのは持ち上げるのも大変な石ばかりでした(^_^;;
2016年03月12日 09:17撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ひとり一石運動」の看板がありましたが今日は勘弁してもらいました。転がっていますのは持ち上げるのも大変な石ばかりでした(^_^;;
1
四辻。周回してここに戻る予定です。時計回りにきめました。
2016年03月12日 09:17撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四辻。周回してここに戻る予定です。時計回りにきめました。
1
アセビ。雪でかわいそう。
2016年03月12日 09:46撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビ。雪でかわいそう。
1
小枝は海老の尻尾状態でした。
2016年03月12日 10:04撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小枝は海老の尻尾状態でした。
2
箒木山方面のルートはロープで行けなくなっていました。
2016年03月12日 10:18撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箒木山方面のルートはロープで行けなくなっていました。
山名標柱。(万二郎岳1,299m)
万が劣化してきており「カニ郎岳」になりそうです(^_^;;。以前は「天城万二郎岳」となっていたようですが、既に天城は消えていいます。
2016年03月12日 10:19撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名標柱。(万二郎岳1,299m)
万が劣化してきており「カニ郎岳」になりそうです(^_^;;。以前は「天城万二郎岳」となっていたようですが、既に天城は消えていいます。
3
御料局測点がありました。
2016年03月12日 10:20撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御料局測点がありました。
1
タッチです。
2016年03月12日 10:21撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タッチです。
1
馬の背と万三郎岳方面が見渡せるビュースポットです。けど何も見えず残念でした。
2016年03月12日 10:27撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背と万三郎岳方面が見渡せるビュースポットです。けど何も見えず残念でした。
2
アップダウンの後にはこのような気持ちの良い尾根が続きます。
2016年03月12日 10:33撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンの後にはこのような気持ちの良い尾根が続きます。
赤い花のアセビ。雪で海老の尻尾状態でかわいそう。
2016年03月12日 10:36撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い花のアセビ。雪で海老の尻尾状態でかわいそう。
2
馬の背の標柱ですが枝で隠れてしまっています。
2016年03月12日 10:43撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背の標柱ですが枝で隠れてしまっています。
見える側から。
2016年03月12日 10:42撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見える側から。
馬の背の全貌です。通り過ぎてから振り返って。
2016年03月12日 10:44撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背の全貌です。通り過ぎてから振り返って。
1
ここからアセビのトンネルの始まり。
2016年03月12日 10:51撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからアセビのトンネルの始まり。
1
アセビのトンネル。
2016年03月12日 10:54撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビのトンネル。
1
はなだて。漢字は読めませんでした。
2016年03月12日 11:07撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はなだて。漢字は読めませんでした。
この時期なのでツツジなど一切咲いていません。
2016年03月12日 11:08撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期なのでツツジなど一切咲いていません。
また気持ちの良い尾根。
2016年03月12日 11:17撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また気持ちの良い尾根。
2
またまた気持ちの良い尾根。気持ちの良い尾根はつい写真を撮りたくなります(^_^;;。
2016年03月12日 11:37撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた気持ちの良い尾根。気持ちの良い尾根はつい写真を撮りたくなります(^_^;;。
2
万三郎岳到着。
2016年03月12日 12:39撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎岳到着。
山名標柱。
(天城万三郎岳1,405m)
2016年03月12日 12:39撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名標柱。
(天城万三郎岳1,405m)
3
一等三角点がありました。すぐ横に標杭も立っています。
2016年03月12日 11:48撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一等三角点がありました。すぐ横に標杭も立っています。
タッチ。ICタグ付きでした。基準点名は、「万城岳」と言うようです。
2016年03月12日 11:48撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タッチ。ICタグ付きでした。基準点名は、「万城岳」と言うようです。
2
お昼にします。今日は鹿児島ラーメン。
2016年03月12日 12:00撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼にします。今日は鹿児島ラーメン。
2
弥栄の神の石柱。万三郎岳の山頂にありました。
2016年03月12日 12:40撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥栄の神の石柱。万三郎岳の山頂にありました。
万三郎岳下分岐点。分岐にはルートマップがあり非常に助かります。ここから天城高原ゴルフ場に向かいます。
2016年03月12日 12:45撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎岳下分岐点。分岐にはルートマップがあり非常に助かります。ここから天城高原ゴルフ場に向かいます。
涸沢分岐。虎ロープが張ってあり天城高原ゴルフ場方面にしか行けません。
2016年03月12日 13:15撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢分岐。虎ロープが張ってあり天城高原ゴルフ場方面にしか行けません。
石柱101地点。謎の地点。
2016年03月12日 13:57撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石柱101地点。謎の地点。
四辻に戻ってきました。涸沢分岐からアップダウンはあまりありませんが非常に疲れました。
2016年03月12日 14:22撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四辻に戻ってきました。涸沢分岐からアップダウンはあまりありませんが非常に疲れました。
無事下山しました。
2016年03月12日 14:38撮影 by DSC-T50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山しました。
2

感想/記録
by h-asao

会社の同期と伊東温泉に行くことになりましたので折角なので天城山を周回しました。

万二郎岳側から登りましたが起点の高度が高いからか意外とすぐに到着しました。万二郎岳から万三郎岳までは適度にアップダウンもあり、アップダウンの間には気持ちよい尾根もあり非常に楽しめました。ガスが多く眺望が望めなかったのが少し残念です。

下りは万三郎岳からシャクナゲコースを降りましたが、涸沢分岐から四辻まではガレとかゴーロとか、またナローな個所もあり非常に疲れました。こちら側から周回した方が最後まで疲れず楽しめるかも知れません。

次回は天城トンネル側に取りつき縦走したいと思います。

今日の三角点
一等三角点 万城岳 1405.63メートル ・・・万三郎岳山頂
(国土地理院 基準点成果等閲覧サービスより引用)
訪問者数:356人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ