ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826979 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走磐梯・吾妻・安達太良

【登山で応援!】トレース辿って道迷い…「磐梯山」

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー iamclimber(CL), その他メンバー1人
天候天候:曇り
気温:-4℃(登山口)-4℃(山頂)
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
▼裏磐梯スキー場駐車場
登山口までリフト2本乗り継ぎますす。
≪カーナビで設定するなら以下参照≫
【名称】裏磐梯スキー場
【住所】福島県耶麻郡北塩原村桧原字湯平山1171
【電話】0241-32-2177
【駐車】無料
【URL】http://urabandai-kougen.com/ski/
【運行】8:30〜
【料金】1回券350円×2
【お得】下山もリフトを利用するのであれば、山頂往復券(リフト4回)が1200円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間22分
休憩
1時間18分
合計
7時間40分
Sスタート地点09:3209:48銅沼09:4910:28イエローフォール10:3411:30川上ルート指標11:3111:533合目分岐指道標11:56三合目天狗岩12:05黄金清水12:0612:11お花畑分岐指道標12:1312:19弘法清水12:2012:47磐梯山13:4914:01弘法清水14:06分岐指道標 (お花畑分岐)14:0715:44八方台ルート展望台15:4616:00分岐指道標16:42銅沼16:4317:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
▼火山情報
【警戒】レベル1
【URL】http://www.tenki.jp/bousai/volcano/detail-34.html

▼道路状況
スキー場まで雪はありませんでした。

▼登山ポスト
スキー場入口にあるようですが未確認です。

▼電波
接続率ドコモ 99.4%

▼コース状況
分岐指道標〜八方台ルート展望台間でトレースを追ってしまい、
道迷いをしてしまいました。全般的に登山者も少なく、
テープなどの目印も少ないので地形図で確認するようにしてください。

▼参考ルート
【銅沼周辺ガイド】http://urabandai-kougen.com/ski/pdf/snowshoe_2015.pdf
その他周辺情報▼温泉
スキー場から近い「休暇村 裏磐梯」を利用。
【名称】裏磐梯レイクリゾート
【住所】福島県耶麻郡北塩原村桧原
【電話】0241-32-2421
【料金】800円
【時間】12:30〜16:00(受付終了)
【URL】http://www.qkamura.or.jp/bandai/
【備考】スキー場から20分
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

前夜に出発し、車中泊。
2016年03月12日 03:49撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前夜に出発し、車中泊。
4
裏磐梯スキー場のリフトは
8:30分より運行開始です。
2016年03月12日 09:13撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏磐梯スキー場のリフトは
8:30分より運行開始です。
2
リフトを2本乗り継ぎます。
2016年03月12日 09:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトを2本乗り継ぎます。
一番奥の山が磐梯山か…。
遠いぞ…。
2016年03月12日 09:38撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番奥の山が磐梯山か…。
遠いぞ…。
リフト最上部より。
左奥に見えるのは桧原湖
2016年03月12日 09:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト最上部より。
左奥に見えるのは桧原湖
3
雪もしまっており歩きやすい
2016年03月12日 09:44撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪もしまっており歩きやすい
2
ウサギの足跡があちこちに。
アニマルトラックを探すのも
冬ならではの楽しみ!
2016年03月12日 09:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウサギの足跡があちこちに。
アニマルトラックを探すのも
冬ならではの楽しみ!
この時期のみ凍結し渡れるようになる銅沼。
まるでRPGのようだ。
2016年03月12日 09:49撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期のみ凍結し渡れるようになる銅沼。
まるでRPGのようだ。
1
イエローフォールは予想通り
小さいです。
2016年03月12日 10:32撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イエローフォールは予想通り
小さいです。
3
ブルーホール
2016年03月12日 10:36撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブルーホール
ここから急登が始まります。
スノーシュを装備!
2016年03月12日 10:41撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから急登が始まります。
スノーシュを装備!
2
スノーシューのリフトアップは毎度助かります^^
2016年03月12日 10:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーシューのリフトアップは毎度助かります^^
2
急登で振り返る。
桧原湖では、氷上でワカサギ釣りが楽しめるようで、
色とりどりのテントで真っ白い湖が賑わいます。
2016年03月12日 11:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登で振り返る。
桧原湖では、氷上でワカサギ釣りが楽しめるようで、
色とりどりのテントで真っ白い湖が賑わいます。
1
表磐梯から見る山体は整った形をしているように見えますが、
2016年03月12日 11:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表磐梯から見る山体は整った形をしているように見えますが、
1
裏磐梯から見ると、一変して山体崩壊の跡の荒々しい姿を見せます。
2016年03月12日 11:30撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏磐梯から見ると、一変して山体崩壊の跡の荒々しい姿を見せます。
7
ピッケルを使うと絵が書きやすいことを発見。
2016年03月12日 11:55撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピッケルを使うと絵が書きやすいことを発見。
3
岩肌が出てきたのでアイゼンに装備を変更。
2016年03月12日 11:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩肌が出てきたのでアイゼンに装備を変更。
アイゼンと岩の擦れる音がどうにも馴れません!
2016年03月12日 12:04撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンと岩の擦れる音がどうにも馴れません!
1
霧氷も出てきました!
2016年03月12日 12:06撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷も出てきました!
でもガスってるなぁ。
2016年03月12日 12:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもガスってるなぁ。
主峰磐梯山のほか、赤埴山、櫛ヶ峰を含めて「磐梯山」ともしているようです。
2016年03月12日 12:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主峰磐梯山のほか、赤埴山、櫛ヶ峰を含めて「磐梯山」ともしているようです。
2
弘法清水小屋の営業はGWから
11月中旬のようです。
2016年03月12日 12:19撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘法清水小屋の営業はGWから
11月中旬のようです。
2
最後の直登!
2016年03月12日 12:26撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の直登!
1
霧氷をかきわけ進みます。
2016年03月12日 12:36撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷をかきわけ進みます。
1
まるでどこか別の世界のよう
2016年03月12日 12:38撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるでどこか別の世界のよう
山頂直前で急にガスが
晴れてきた!
2016年03月12日 12:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直前で急にガスが
晴れてきた!
1
山頂までほんのあとわずか。
なのに急登のため休憩。
2016年03月12日 12:41撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までほんのあとわずか。
なのに急登のため休憩。
ついに到着!
2016年03月12日 12:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに到着!
4
晴れ間も見え、山の神様…
グッジョブ!
2016年03月12日 12:52撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れ間も見え、山の神様…
グッジョブ!
1
風も弱いためここでお昼に。
2016年03月12日 12:53撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風も弱いためここでお昼に。
4
リフト最終時間16時のため、
下山開始です。
2016年03月12日 13:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト最終時間16時のため、
下山開始です。
中の湯方面から周回して
下山することに。
2016年03月12日 13:53撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の湯方面から周回して
下山することに。
2
霧氷がみな同じ方向にうなだれてます。
2016年03月12日 14:03撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷がみな同じ方向にうなだれてます。
3
風が強いんでしょうね。
2016年03月12日 14:04撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強いんでしょうね。
1
最後にもう1度、磐梯山。
2016年03月12日 14:20撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にもう1度、磐梯山。
3
え?だいぶ切り立った尾根ですが…こっち?と一瞬とまどう。
2016年03月12日 14:13撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
え?だいぶ切り立った尾根ですが…こっち?と一瞬とまどう。
5
トレースもほとんどなく、
2016年03月12日 14:19撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースもほとんどなく、
4
斜度もきつく意外に大変!
2016年03月12日 14:30撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度もきつく意外に大変!
2
トレースをついつい追ってしまった結果、ルートから外れてしまいました。
2016年03月12日 14:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースをついつい追ってしまった結果、ルートから外れてしまいました。
2
この後は当分道迷い中…。
2016年03月12日 15:29撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後は当分道迷い中…。
5
1時間ほど彷徨い、やっと戻ってこれました。
2016年03月12日 15:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほど彷徨い、やっと戻ってこれました。
4
八方台ルートでは唯一?の
展望エリアとなります。
2016年03月12日 15:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方台ルートでは唯一?の
展望エリアとなります。
2
雪庇が崩れ始めてるっ!
2016年03月12日 15:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇が崩れ始めてるっ!
5
高所恐怖症の僕としては本当に怖かった…orz
2016年03月12日 15:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高所恐怖症の僕としては本当に怖かった…orz
5
銅沼に戻って来ましたが、
もちろん誰もいません。
2016年03月12日 16:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅沼に戻って来ましたが、
もちろん誰もいません。
2
水面だった所であろう部分を境に、岩の色が綺麗に変わってます。
2016年03月12日 16:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水面だった所であろう部分を境に、岩の色が綺麗に変わってます。
1
今にも割れそうな所もあり、
踏み抜くと必要以上に驚いてしまいます。
2016年03月12日 16:44撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今にも割れそうな所もあり、
踏み抜くと必要以上に驚いてしまいます。
スキー場はもちろん誰もいません。貸し切ってやったぜぃ!
2016年03月12日 16:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場はもちろん誰もいません。貸し切ってやったぜぃ!
山頂往復券(リフト4回分)購入してたので、損したー!
2016年03月12日 17:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂往復券(リフト4回分)購入してたので、損したー!
1
登山口から近くの休暇村磐梯高原で急遽1泊することに。
部屋から磐梯山が望め、ホテルも良かったです。
2016年03月13日 07:37撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から近くの休暇村磐梯高原で急遽1泊することに。
部屋から磐梯山が望め、ホテルも良かったです。
5
撮影機材:

感想/記録

「旅して応援」とまで立派な考えでもないが、今週末は福島の磐梯山へ。
この時期のみ凍結し、渡れるようになる銅沼を抜け山頂を目指す。
まるでRPGのようだ。

山頂で昼食をとっていると、耳が聞こえないと思われる登山者に出会った。
挨拶程度の手話は覚えていたが、相手が手話をできるのかも不明だったし、
身振り手振りで十分に会話を楽しむことができるんだという発見があった。

冬の磐梯山は登山者がとても少ないようで、下山時に通ったルートは
1人か2人分のトレースしかなかった。
そのトレースをついつい追ってしまった結果、ルートから外れてしまった。
さまざまな遭難系の本に「道に迷ったら、分かる所まで登り返す」と書いてあったが、
疲れからか「いや、このままこのトレースを追ったらいいんじゃないか?」と
根拠のない自信が生まれてくる。本に書いてある通りだ。怖い怖い。
そんな中、相方が滑落停止訓練をしたことがなかったので万が一に備え急遽訓練を始める。
道を間違えた挙句「え、今?」という視線が痛い…。
来た道を戻るも、自分が滑落しかけ、帰りのリフトに間に合わなくなり…
そんな中、唯一良かったことは誰もいないスキー場を貸切で下山できたことだろうか…。

馴れてきた時が危険と再確認。
色々と反省し、学んだ山行でした。
訪問者数:642人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/30
投稿数: 3
2016/3/14 18:41
 トレースを残し滑落したものです。
Iamclimberさんのコメントに返信しましたが、投稿を観させてもらいはっきりとしました。私が登頂したのはお二人が耳が聴こえないと思われるかたとの会話を楽しんでいた時でした。水色のソフトシェルにオレンジのザックです。「こんにちは」と挨拶だけして早々に下山開始し、尾根辺りでIamclimberさん達が下山しているのを確認していました。
変なトレース残してしまったと思いながらこっちは来ないだろうと考えてましたが・・ ピストンはあまり面白くないですからね。妙なご縁でした。
登録日: 2013/12/11
投稿数: 130
2016/3/15 6:11
 無事下山できてよかったですね。
山頂で耳が聞こえないと思われる登山者の方と、山頂表示の所で写真を撮ったり、撮って頂いた者です。
無事下山できて何よりです。
登録日: 2014/4/21
投稿数: 23
2016/3/15 13:19
 Re: 無事下山できてよかったですね。
コメントありがとうございます。
自分の不注意からですが、良い戒めになりました!
また気を引き締めて雪山を楽しむとします^^

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ