ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827039 全員に公開 ハイキング関東

約2年半ぶりの大山

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー hosiyamakawa
天候曇り時々小雪
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
行き:秦野駅から蓑毛バス停
帰り:大山ケーブルバス停から伊勢原駅北口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間47分
休憩
1時間58分
合計
5時間45分
S蓑毛08:5309:15春岳林道横断09:1909:40蓑毛越09:4410:13阿夫利神社下社10:3311:14蓑毛分岐(16丁目)11:2011:33天狗沢展望台(22丁目)11:4111:52ヤビツ峠分岐(25丁目)12:03大山13:0013:13不動尻分岐13:55見晴台14:1314:30二重滝14:3114:38阿夫利神社下社14:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は無い。
その他周辺情報「まぐろ居酒屋 さかなや道場」で打ち上げ
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

本日はヤビツ峠行きは、凍結のため蓑毛バス止まり。ここは雪も凍結も一切ない。バス停を8時53分に出発。
2016年03月12日 08:51撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日はヤビツ峠行きは、凍結のため蓑毛バス止まり。ここは雪も凍結も一切ない。バス停を8時53分に出発。
9時。柏木林道(ヤビツ峠方面)と裏参道(蓑毛越方面)の分岐でみんなで悩み、蓑毛〜下社〜山頂に決定。短いけど、急坂はきつかった。
2016年03月12日 08:56撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時。柏木林道(ヤビツ峠方面)と裏参道(蓑毛越方面)の分岐でみんなで悩み、蓑毛〜下社〜山頂に決定。短いけど、急坂はきつかった。
もうすぐ蓑毛越え。
2016年03月12日 09:38撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ蓑毛越え。
蓑毛越から下社に向かう途中に、ささやかな鎖場があった。
2016年03月12日 10:00撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓑毛越から下社に向かう途中に、ささやかな鎖場があった。
下社から表参道に向かう最初の階段。これが意外ときつい。
2016年03月12日 10:13撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下社から表参道に向かう最初の階段。これが意外ときつい。
10時21分、下社から見る山肌は雪化粧。
2016年03月12日 10:21撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時21分、下社から見る山肌は雪化粧。
11時38分、天狗沢展望台。標高1,102mになると、木々には全面に氷雪が。
2016年03月12日 11:38撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時38分、天狗沢展望台。標高1,102mになると、木々には全面に氷雪が。
11時52分、ヤビツ峠分岐(25丁目)直前。軽アイゼン1人、アイスグリッパー3人。トレッキングシューズのまま1人。
2016年03月12日 11:52撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時52分、ヤビツ峠分岐(25丁目)直前。軽アイゼン1人、アイスグリッパー3人。トレッキングシューズのまま1人。
雪が降る中で。あと5〜6分で山頂。
2016年03月12日 11:57撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が降る中で。あと5〜6分で山頂。
山頂(28丁目)に12時3分到着。
2016年03月12日 12:09撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂(28丁目)に12時3分到着。
2
神奈川の景勝50選だが、眺望は山頂の木々のみ。
2016年03月12日 12:37撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神奈川の景勝50選だが、眺望は山頂の木々のみ。
2
3等三角点。
2016年03月12日 12:42撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3等三角点。
山頂の木々。晴れていれば最高だったはず。約摂氏零度。
2016年03月12日 12:45撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の木々。晴れていれば最高だったはず。約摂氏零度。
大山山頂荘で、カップ麺やとん汁などを食べる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山山頂荘で、カップ麺やとん汁などを食べる。
雪化粧のトンネル。天城山を思い出す。
2016年03月12日 13:08撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪化粧のトンネル。天城山を思い出す。
雷ノ尾根の後半は、ヌカルミがひどくなる。
2016年03月12日 13:38撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷ノ尾根の後半は、ヌカルミがひどくなる。
13時55分見晴台。
2016年03月12日 13:54撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時55分見晴台。
見晴台を過ぎたら、こんなヌカルミも。
2016年03月12日 14:20撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台を過ぎたら、こんなヌカルミも。
二重滝。
2016年03月12日 14:31撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二重滝。
階段を登り切った左角の店先で、汚れた靴などを洗い、ケーブルを2本乗り過ごして、「にごり酒 蔵出し限定品 阿夫利大山」などで乾杯。とにかく下山できた。
2016年03月12日 15:06撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を登り切った左角の店先で、汚れた靴などを洗い、ケーブルを2本乗り過ごして、「にごり酒 蔵出し限定品 阿夫利大山」などで乾杯。とにかく下山できた。
大山桜を見ながらバス停へ。
2016年03月12日 15:58撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山桜を見ながらバス停へ。
2
撮影機材:

感想/記録

メンバーと大山の雪景色を初めて見ながら、薄く積もった雪道を歩く経験となった。裏参道と表参道の一部は急登できつかった。9.6kmを休憩含めて5時間45分。歩数は約23,000歩でした。今度は、大山からの展望を見せたい。下社で1時間、伊勢原駅南口で2時間、2回の反省会も、あっという間に過ぎる。ややきつかったが、楽しい山行であった。
訪問者数:194人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ