ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827084 全員に公開 ハイキング大峰山脈

下辻山 大峯奥駈道を並走してみた

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー chotobimechabi
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
篠原集会所前の篠原小学校(旧・大塔村)の跡地に駐車しました。

道中は積雪と凍結箇所は全くありませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間3分
休憩
59分
合計
7時間2分
Sスタート地点08:2211:56下辻山12:5515:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
篠原小学校(旧・大塔村)の跡地から赤い橋を渡って右折、100mほどで登山口があり、最初の20分ぐらいは急登です。

急登の後はトラバースで、鉄塔下の尾根に出ます。

尾根に出てしばらく歩くとまた急登が始まり、1100ピークまで続きます。
少なめですが赤・青テープがあり、尾根を外さなければ大丈夫だと思いますが、ここが一番の難所です。

ここを乗り越えれば、山頂までは標高差200mの緩やかな登りです。

出会った人は0人。
出会った猪2頭、鹿2頭。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

高野辻ヘリポートから、朝の大峯。残念ながら八経ヶ岳は雲の中
2016年03月13日 07:30撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高野辻ヘリポートから、朝の大峯。残念ながら八経ヶ岳は雲の中
11
車で移動中、落石箇所に遭遇。ここまで来たのに引き返さないといけないのかと思ったが、何とか右側をすり抜けた。帰りには車一台分が通れる分の石が除去されていた
2016年03月13日 07:40撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車で移動中、落石箇所に遭遇。ここまで来たのに引き返さないといけないのかと思ったが、何とか右側をすり抜けた。帰りには車一台分が通れる分の石が除去されていた
7
篠原小学校の跡地に駐車させて頂いた。歴史のある学校だったようだが、10年以上前に廃校になったようだ
2016年03月13日 08:21撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
篠原小学校の跡地に駐車させて頂いた。歴史のある学校だったようだが、10年以上前に廃校になったようだ
3
校舎はまだ残っている。
準備をしてここから出発。1℃
2016年03月13日 08:22撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
校舎はまだ残っている。
準備をしてここから出発。1℃
2
すぐ横を流れる舟ノ川。
水がとても綺麗だ
2016年03月13日 08:22撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ横を流れる舟ノ川。
水がとても綺麗だ
8
あの赤い橋を渡っていく
2016年03月13日 08:23撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの赤い橋を渡っていく
2
橋を渡って右折して登山口に向かう
2016年03月13日 08:23撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡って右折して登山口に向かう
3
ちなみに左折すると七面山登山口。ただし登山口まで約10.6km。ん?この先通行止とある
2016年03月13日 08:24撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに左折すると七面山登山口。ただし登山口まで約10.6km。ん?この先通行止とある
4
100mほど車道を歩いて、ここから取り付く
2016年03月13日 08:26撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
100mほど車道を歩いて、ここから取り付く
4
ちゃんと「下辻山登山口」とある
2016年03月13日 08:26撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちゃんと「下辻山登山口」とある
2
いきなりの急登だ。
九十九折で登っていく
2016年03月13日 08:32撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりの急登だ。
九十九折で登っていく
9
もう暑い!と言って、相方はすぐにソフトシェルを脱いだ
2016年03月13日 08:44撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう暑い!と言って、相方はすぐにソフトシェルを脱いだ
4
急登をやり過ごすとトラバース道にでた。ふう、ちょっと一息
2016年03月13日 08:46撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登をやり過ごすとトラバース道にでた。ふう、ちょっと一息
4
しばらく歩くと尾根に出た。左へ進む
2016年03月13日 08:56撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと尾根に出た。左へ進む
3
右は鉄塔が建っている
2016年03月13日 08:56撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は鉄塔が建っている
3
立入禁止!
2016年03月13日 09:00撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立入禁止!
2
入るな!
ロープを張り巡らして入ってはいけないと。松茸でも採れるんだろうか?
2016年03月13日 09:02撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入るな!
ロープを張り巡らして入ってはいけないと。松茸でも採れるんだろうか?
3
東側の山。
地図を見ると名前な無いようだ
2016年03月13日 09:04撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の山。
地図を見ると名前な無いようだ
2
快調に少しづつ標高を上げていく
2016年03月13日 09:13撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快調に少しづつ標高を上げていく
5
苔ゾーン。良い雰囲気だ
2016年03月13日 09:20撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔ゾーン。良い雰囲気だ
3
この辺りは尾根歩きが気持ち良いなあと思っていたが…
2016年03月13日 09:30撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは尾根歩きが気持ち良いなあと思っていたが…
2
植林帯の中、急登が始まった
2016年03月13日 09:39撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯の中、急登が始まった
2
必死で登っていると、んん?何か…聞こえる…。低いうめき声と走り去る音が聞こえた
2016年03月13日 09:46撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
必死で登っていると、んん?何か…聞こえる…。低いうめき声と走り去る音が聞こえた
5
熊か?猪か?判らないがとりあえず熊鈴を装着した
2016年03月13日 09:58撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊か?猪か?判らないがとりあえず熊鈴を装着した
5
戦々恐々と歩いていると、今度は尾根のすぐ下を走り去っていく2頭の後ろ姿が見えた。猪だった。ビックリして写真を撮る時間はなかった
2016年03月13日 10:00撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戦々恐々と歩いていると、今度は尾根のすぐ下を走り去っていく2頭の後ろ姿が見えた。猪だった。ビックリして写真を撮る時間はなかった
4
脱力感たっぷりの相方。
この後はもう一つ熊鈴を相方に付けて、さらに携帯ラジオを鳴らし、さらに”森のクマさん”を輪唱しながら歩いた
2016年03月13日 10:01撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
脱力感たっぷりの相方。
この後はもう一つ熊鈴を相方に付けて、さらに携帯ラジオを鳴らし、さらに”森のクマさん”を輪唱しながら歩いた
9
よく見ればこの辺りは獣道のようだ。動物の歩いた跡があちこちにあった。鹿も見たし…
2016年03月13日 10:25撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見ればこの辺りは獣道のようだ。動物の歩いた跡があちこちにあった。鹿も見たし…
2
ようやく展望が開けた場所に出た。1100ピークだ
2016年03月13日 10:30撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく展望が開けた場所に出た。1100ピークだ
4
南に反射板がある山頂が見えた。あれが目指す下辻山だ
2016年03月13日 10:30撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南に反射板がある山頂が見えた。あれが目指す下辻山だ
3
ここで一息ついた。
西側の谷の下に集落が見える。すごく奥深い所だ
2016年03月13日 10:31撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで一息ついた。
西側の谷の下に集落が見える。すごく奥深い所だ
7
林業用のモノレール?がある。ここから山頂まで標高差200mだ。もう急登は無い
2016年03月13日 10:41撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林業用のモノレール?がある。ここから山頂まで標高差200mだ。もう急登は無い
2
尾根を境に植林と自然林が綺麗に分かれている
2016年03月13日 10:53撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を境に植林と自然林が綺麗に分かれている
2
東側にチラチラと大峯の山並みが見える。あれは七面山かな
2016年03月13日 11:10撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側にチラチラと大峯の山並みが見える。あれは七面山かな
4
これは明星ヶ岳かな
2016年03月13日 11:16撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは明星ヶ岳かな
4
1230mのピークに到着
2016年03月13日 11:32撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1230mのピークに到着
4
”火の用心”の標識を見て何故かホッとする
2016年03月13日 11:35撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
”火の用心”の標識を見て何故かホッとする
2
おっ、氷柱だ。
こんな所で見られるなんて
2016年03月13日 11:37撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、氷柱だ。
こんな所で見られるなんて
2
ここから山頂までの尾根歩きはとても気持ちよかった
2016年03月13日 11:42撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから山頂までの尾根歩きはとても気持ちよかった
7
今日初めて見る雪だ
2016年03月13日 11:43撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日初めて見る雪だ
3
分岐に到着。
左に行けば七面山に通じている。下辻山の山頂へは右に進む
2016年03月13日 11:44撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に到着。
左に行けば七面山に通じている。下辻山の山頂へは右に進む
3
ここの尾根は良いなあ
2016年03月13日 11:46撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの尾根は良いなあ
3
ヘリポートに到着。
相方は山頂には行かないと言うので、ここでザックを降ろして一人で山頂に向かう
2016年03月13日 11:49撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリポートに到着。
相方は山頂には行かないと言うので、ここでザックを降ろして一人で山頂に向かう
6
1分で山頂に到着。
反射板が向き合っている
2016年03月13日 11:56撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1分で山頂に到着。
反射板が向き合っている
9
下辻山、1306.1m。
二等三角点もある
2016年03月13日 11:57撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下辻山、1306.1m。
二等三角点もある
9
山頂からの景色はそれほど良くない
2016年03月13日 11:57撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの景色はそれほど良くない
3
相方が待つヘリポートまで戻ってきた。8.9℃
2016年03月13日 12:01撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相方が待つヘリポートまで戻ってきた。8.9℃
8
奥に釈迦ヶ岳。
山頂は雲の中だ
2016年03月13日 12:01撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に釈迦ヶ岳。
山頂は雲の中だ
3
明星ヶ岳方面は木が邪魔で見えなかったので、さらに北東方面を写してみたが、正面は天和山かな
2016年03月13日 12:02撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明星ヶ岳方面は木が邪魔で見えなかったので、さらに北東方面を写してみたが、正面は天和山かな
3
北側の奥には金剛・葛城山が見えた
2016年03月13日 12:02撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の奥には金剛・葛城山が見えた
5
これは南側の景色。
山頂付近でこれだけ平らな所は他にないだろう。ここでゆっくり昼食タイム
2016年03月13日 12:07撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは南側の景色。
山頂付近でこれだけ平らな所は他にないだろう。ここでゆっくり昼食タイム
4
左の釈迦ヶ岳も雲が取れてきた
2016年03月13日 12:37撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の釈迦ヶ岳も雲が取れてきた
6
これは稲村ヶ岳。
大日山の尖りが特徴的だ
2016年03月13日 12:39撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは稲村ヶ岳。
大日山の尖りが特徴的だ
6
しっかりと展望を目に焼き付けた
2016年03月13日 12:40撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりと展望を目に焼き付けた
6
こんな高所に池がある。
地図を見ると瀬戸貯水池だそうだ。エメラルドグリーンが綺麗だ
2016年03月13日 12:42撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな高所に池がある。
地図を見ると瀬戸貯水池だそうだ。エメラルドグリーンが綺麗だ
10
たっぷり1時間ほど休憩した。そろそろ下山開始
2016年03月13日 12:55撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たっぷり1時間ほど休憩した。そろそろ下山開始
4
葉が落ちた木々の間から景色を垣間見て、その落葉の絨毯の上を歩く。雪のない冬道も楽しい
2016年03月13日 13:00撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉が落ちた木々の間から景色を垣間見て、その落葉の絨毯の上を歩く。雪のない冬道も楽しい
1
その木々の間から七面山と槍ノ尾ノ頭
2016年03月13日 13:05撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その木々の間から七面山と槍ノ尾ノ頭
4
明星ヶ岳も
2016年03月13日 13:05撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明星ヶ岳も
2
シキミかな?
2016年03月13日 13:10撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シキミかな?
3
1100ピークまで戻ってきた
2016年03月13日 13:49撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1100ピークまで戻ってきた
2
下辻山を振り返る
2016年03月13日 13:50撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下辻山を振り返る
2
さあ、ここからは急坂だ。上からだと斜度が分かりにくいので、
2016年03月13日 14:15撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、ここからは急坂だ。上からだと斜度が分かりにくいので、
2
横からも撮ってみた。
こんな角度だ
2016年03月13日 14:15撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横からも撮ってみた。
こんな角度だ
7
滑らないよう慎重に歩く相方
2016年03月13日 14:19撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑らないよう慎重に歩く相方
2
鉄塔まで戻ってきた。
右に進んでトラバースする
2016年03月13日 14:52撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔まで戻ってきた。
右に進んでトラバースする
1
下に車道が見えてきた
2016年03月13日 15:02撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に車道が見えてきた
2
これは何の蕾だろう?
これもシキミかな
2016年03月13日 15:04撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは何の蕾だろう?
これもシキミかな
1
あれ?また登っている。
実はテープを頼って下っていたが、往路とは違う道で、どう見ても斜面が急で車道に下りられそうもなかった
2016年03月13日 15:10撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?また登っている。
実はテープを頼って下っていたが、往路とは違う道で、どう見ても斜面が急で車道に下りられそうもなかった
3
最後の最後で迷ってしまった。往路に歩いた道に戻って車道へ
2016年03月13日 15:18撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の最後で迷ってしまった。往路に歩いた道に戻って車道へ
4
駐車地まで戻ってきた。
お疲れ様でした
2016年03月13日 15:22撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地まで戻ってきた。
お疲れ様でした
6
オマケ。
帰路、偵察で七面山登山口に向かったが、この看板が…諦めてここで引き返した
2016年03月13日 15:46撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オマケ。
帰路、偵察で七面山登山口に向かったが、この看板が…諦めてここで引き返した
6

感想/記録

グウウウ〜、・・・、ウウ〜、・・・、ドドドドドッ。

初めは何の音か分かりませんでしたが、近くから低い音がしてそれから走り去っていく足音が聞こえました。おおっ、何だあれは、真っ先に思いついたのが熊、いや猪かもしれない、鹿ではなかったのは確か。とりあえず二人共その場で凍りついていました。

向こうが警戒して逃げ去ったのだから、襲っては来ないだろうと先に進みました。相方は相当ビビってもう帰ろうと言い張りましたが、そのまま強行突破しました。実は私もビビってましたが。。。
その後、走り去っていく2頭の猪を見ましたが、そのまま歩き続けた判断はどうだったんだろうと今も自問自答しています。
また出くわして今度は襲ってくるかもしれませんし。。。
とりあえずどんな山も熊鈴は必需品ですね。

初めて歩く山はワクワクしますね(思いっきりドキドキもしましたが)。
山頂に続く尾根とヘリポートからの眺めは良かったです。
釈迦ヶ岳や七面山も近くで見ることが出来ましたし。

そうそう、七面山ですが、林道篠原線の状況がどんなものかと偵察してきましたが通行止となっていました。昨年の夏頃に土砂崩れがあったようですが、秋のnaoandmiさんのレコでは仮設道ができ通行可能だった模様。
看板も「この先、崩土発生の(黒塗り部分は”恐れがある”)為、通行止」となっていました。
看板の位置が微妙で車がギリギリ通れそうだったんですが、手前にUターンが出来るスペースがあったので、ここで引き返せという意味だろうとこれ以上進むのは断念しました。篠原小学校跡地から約3kmの辺りです。
春には通行出来るようになっていますかね。
訪問者数:350人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/16
投稿数: 262
2016/3/15 22:51
 行きましたね!
chotobiさん、mechabi靴海鵑个鵑蓮

なかなかレコないと思っていたら下辻山!!
本当に驚きましたよ、よく行こうと思いましたねが正直な感想。
最近になって再度上がりたいななんて思ってもいましたが、なかなか手強く感じた山でした。
だって山歩きして間もないころに、他の方の記事を参考にソロでだが上がってみようと向かいました。
写真68・69同様、下山時には違う処へ命懸けに近いような下り方をした記憶が在ります。
なので「行きたい感」が低いのです orz
でも魅力は在ったと思うし、この瀬戸ダム湖は下方の旭ダム(釈迦ヶ岳へのアプローチ途中の)との二階建て発電ダム湖なので、瀬戸ダム湖畔まで行きたかったのですが、時間的に諦めた経緯がありました。
このダム巡りは、下方の旭ダムからマイクロバスにてこの瀬戸ダム湖まで案内してくれていた期間もあったのだそうです。
今は中止していると聞いていますが定かではありません。
こういうR168絡みにも素敵な処はたくさんありますね!
R169と共に、温かくなれば毎週のように走り抜けることでしょうね〜
七面山行きのすれ違いから始まった御二方との繋がり。
桃俣への歩きが思い出深く残っています。
またどこかで近々お遭いすることでしょうね。

下方の「この記録で登った山/行った場所」では私しか掲載していません。
あんな辺鄙な処、皆が皆行きたがらないのでしょうね。
そして、「よくぞ行きましたな!」のコトバを贈りたいと思います。
        ↑なにをエラそうに!!!
登録日: 2015/1/9
投稿数: 819
2016/3/15 22:58
 猪突猛進!
mechabiさん、chotobiさん、こんばんは。
まさかの猪との遭遇!そしてそれでも先に突き進むとは…猪突猛進ですね よく猪は向かってくると言うので、ある意味熊より怖いイメージがありますが

私は山では猪と出会ったことは無いですね〜。池原ダムをボートで走っているときに泳いでいるウリ坊を見つけ、ボートに轢かれないように伴走したことはありますが

今年こそはアケボノ平に行きたいのですが、やはり七面山登山口はまだ行けないみたいですねぇ…また釈迦ヶ岳から向かうのか!?
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2016/3/16 0:33
 Re: 行きましたね!
ta_chanm産、こんばんは。

よくぞ行ってきましたよ(笑)。
本当は高野辻から天和山に行こうと思って地図を見ていると、すぐ近くの下辻山が目に入りました。天和山は1度歩いているし、って滝山までですが、未踏の下辻山に興味がわきました。尾根まで上がってしまえば何とかなるだろうと。

車は通れないみたいですが、旭ダムから登れたら面白そうです。
瀬戸ダム湖は二階建て発電ダム湖なんですね。さすがお詳しい!
この辺りはtaさんの庭みたいなもんですからね。

大峯周辺はメジャーな山も、マイナーな山もたくさんあってどこに登ろうか
迷ってしまいます。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2026
2016/3/16 0:35
 熊じゃなくて良かったですね
mechabiさん、chotobiさん、こんばんは。

山の中で姿の見えない獣に唸られると震え上がりますよね〜
クマ鈴をつけてないと獣たちからすると、この人間たちは自分を狩る為に忍び寄って来てるのか、ただ山の中を歩いて楽しんでる人間たちなのか判断がつかなくなって、向こうも身構えてしまうんだと思います。

私は天保山にもクマ鈴を持って行ってました(笑)
次の山に行く時にザックにつけ忘れてしまうと大変ですからね
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2016/3/16 0:50
 Re: 猪突猛進!
Hacchyさん、こんばんは。

猪突猛進! この言葉、感想文に入れとくべきでした。
そうすれば爆笑間違いなしだったのに、、、んな訳ないですよね。

我ながらよく進んだなあと。相方が家に帰って調べると猪は段差に弱いらしいです。猪は丁度、尾根の下にいたので上がってこなかったと思われます。
命拾いしました。その代わり、相方からは非難轟々でしたが。。。

Hacchyさんなら、下辻山を経由してアケボノ平まで行けるのでは。
昔、ってそんな昔ではないですが、日帰りで神仙平〜七面山〜下辻山を周回したツワモノがいらっしゃいましたが。。。
登録日: 2012/11/11
投稿数: 296
2016/3/16 9:19
 凄い
面白い所を歩かれましたね、一度行ってみようと思います。
多分イノシシのねや(イノシシは昼間は動き回らず、シダ等の薄暗い中で寝ております、その為昼間遭遇することは稀ですね)の近くを通ったのでしょうかと思います。僕も何回か経験ありますが、ほんまにびっくりしますね。熊鈴や話声で早く知らしてやると彼らは一目散に逃げ向かってくることは無いと思いますよ。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1757
2016/3/16 18:03
 七面調査、
chotobiさん、mechabiさん、こんにちは。
下辻山・・、前回の台高に続き、ちょいマイナー路線ですか?静かに歩くには良いお山で、興味は持ちつつそのままです。次は、もう少し南下して、中八人山あたり?
あっ、七面調査、ご苦労さまです。期待しないほうが良いでしょうねぇ?そもそも、林業の現況から、急いで道路整備するほど五條市としての予算順位は低いでしょうね。晴れたアケボノ平から釈迦ヶ岳の眺望を期待しておりますが・・。
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2016/3/16 19:27
 Re: 行きましたね!
たーさん、こんばんは。

天和山を考えていましたが、まるっきり初めての下辻山に
決まりました。
天和山も滝山で撤退してるので未登頂なんですが
高野辻ヘリポートはとても景色のいいところですね。
たーさんの高野辻から見た雲海の写真を思い出します

下山時、到着目前でmechabiがルートミスに気づき
間違った地点まで戻りました。
(分かれ道で「こっちや!」と言ったのは私です)
あのまま行くと命懸けになっていたとは。良かった〜

先週に続き誰にも会わない山でしたがそれもちょっと淋しい
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2016/3/16 19:33
 Re: 猪突猛進!
Hacchyさん、こんばんは。

体重150キロ、超肥満の夫婦のイノシシが
私達のほんの数メートル脇を爆走してました。
うり坊なら可愛いのでしょうが・・・
mechabiはお尻しか見ていないようですが
あの巨体を見たら「撤退!」と叫んでたと思います。
体当たりされたらどれだけぶっ飛ぶかしら?

彼らの縄張りにお邪魔してるのは私達ですが
お願いだから近くに来ないでと祈りながら歩きました
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2016/3/16 19:38
 Re: 熊じゃなくて良かったですね
yamaotocoさん、こんばんは。

七面山にも熊は出没するようなので
もしやと思いましたが。
イノシシでもあれだけ大きいと熊と同じですね。
気持ちが一気に萎えてその後の足取りの重いこと
mechabiに置き去りにされそうでした
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2016/3/16 19:40
 Re: 熊じゃなくて良かったですね
yamaotocoさん、こんばんは。

ええ、そりゃあもう、震え上がりましたね〜。
相方の手前、平静を装っていましたが、ジワジワと恐怖感が。。。

猪にとっては、何勝手に縄張りに入り込んどるんじゃ〜、ボケ〜ってなもんで
しょうから。こっちがちゃんとお邪魔してますよ〜と気配を出しとかないと
いけませんね。
山では熊や鹿は意識してましたが、猪は正直な所、頭にありませんでした。

天保山にも(笑)? どこの山でも熊鈴は必需品ですね。
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2016/3/16 19:42
 Re: 凄い
sskamosikaさん、こんばんは。

睡眠中のイノシシを起こしてしまったのですね。
向こうもビックリで慌てて飛び起きて走り去ったのでしょうか。

熊鈴は【熊出没注意】の看板で思い出しますが
これからはしっかり鳴らして歩きます。
あんなにびっくりするのはもうゴメンです
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2016/3/16 19:48
 Re: 七面調査、
DCTさん、こんばんは。

そうですね。
「なんかめっちゃ地味やなー」と言いながら歩いてました。
この静かな山でドタドタと巨体が駆けて行くのでびっくり

でもDさんのほうがびっくりですよね
消火器持ったDさん、めっちゃかっこいいですやん
(写真はなかったけろ)

あ、通行止めのところ、バイクなら通れますので
偵察、よろしくです
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2016/3/16 20:01
 Re: 凄い
sskamosikaさん、こんばんは。

地味〜な感じでしたが、静かで山頂手前はとても良い雰囲気でした。

ねや! 確かに草木の茂ったところでした。昼間は動き回らないんですね。
今まで遭遇したことがなかったものですから、猪に対しての警戒心が全く
ありませんでした。

熊が出没しそうとは思えないところでも、熊鈴を付けた登山者を見かけますが
猪対策でもあったわけですね。勉強になります。
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2016/3/16 20:45
 Re: 七面調査、
DCTさん、こんばんは。

花のシーズン前に(ってもう福寿草とか咲いてるけろ)、仰る通りちょいマイナー路線に走っております。

期待しないほうが・・・、いやいや期待しましょう。
Dさんが神仙平に行った時に下ったあの急斜面、ピッケルを使えば何とかなるかもと、いろいろ妄想しております。真っ青の空の下でアケボノ平から釈迦ヶ岳を眺めたいですよね〜。去年は曇ってましたから。

そうそう、カメラで釈迦ヶ岳をズームした時、お釈迦さんが「ヤツはまだ来んのか、けろ」と言っていたので、「もうすぐ来る頃けろっ」と言っといたけろ。
登録日: 2013/12/2
投稿数: 455
2016/3/16 21:55
 静かな山歩
雰囲気のいい山を歩いてこられたんですね!
ひっそりとしていて誰にも出会わないって、ある意味最高の贅沢かも?
私も行きたいマイナー路線の山がたくさんあるのですよ
お次はどこに行かれるのか、楽しみでございます♪
もちろんメジャーな山にも…!
(ストーカーしてたらスミマセン
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2016/3/16 23:24
 Re: 静かな山歩
sunaonaonaoさん、こんばんは。

ひっそりとしていて誰にも出会わず、最高の贅沢を味わいました。
が、、、猪と出会ってしまいましたよ〜。
でも本当に良い山でしたよ。またいつか登ってみたいです。

レコが少ないとどんなルートか分かりづらいですが、逆にどんな景色が
見られるかとマイナーな山は魅力がありますよね。

あっ、ここのヘリポートは思いっきりプルプルできますよっ
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2016/3/16 23:24
 Re: 静かな山歩
sunaonaonaoさん、こんばんは。

こっそり後をつけながら
あまりのヘタレ歩きに後ろから蹴りを入れたくなりますよ
け、喧嘩の仲裁に入ってくれてもいいです

行きたい山はいっぱいあるのですが行けそうな山が・・・。
皆さんのレコを参考にしていますが
『下りはかなり危険』
『崩落箇所あり』
とかあると私が行くにはまだまだと、腰が引けちゃいます
次は連休なのでmechabiのシゴキがありそう
登録日: 2014/9/12
投稿数: 1532
2016/3/17 16:08
 ポセイドンは山をゆけ
ごきげんよう(」・ω・)オッス
(タイトルこれといって意味なし)

森の熊さん輪唱・・・
それって一部だけ輪唱でしょ?(*`^´)
頂上付近で別行動・・・
敵は二手に分かれたゾ!イノシシ、奇襲チャーンス!⊂('ω'⊂ )))Σ≡ドゥーン
ヘリポートランチ・・・
ヘリコプター、今来〜い!(屮°□°)屮カモーン
・・・・きっとみんなそう思ってる、願ってるはず・・・d(-∀-。)ネッ

私の方も ”あみん” してて、その間ずーっと
「これはちょとびの悪影響だ。いかん、これではいかん」
と、哲学チックになっておりました。
でも他のかたのレコみても
ちょいちょい奥方様は置き去りにされとるようです(*≧m≦*)
私たちだけではありませんわよヾ(  ̄▽)ゞオホホホ

前回、冗談でロッキーNZのことゆったけど
返信あったとゆうことは・・・
まじ?
それならそれでお土産を考えてたんだけど
マカダミアンとかキーホルダーとかより
やっぱ ”ここだけの土産話” がイチバンかとd(-∀-。)ネッ
船で行くんなら
ぜひ、テープのあれ、させてね!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
(テープは切れないものを用意しときます( ̄ー ̄)ニヤリ)
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2016/3/17 21:11
 ロデムが好き
ちゃめさん、こんばんは。

イノシシに遭遇して帰ろう帰ろうと懇願しましたが
聞き入れてもらえず
「ひとりで戻れや

その後、急登でもないのにスピードをあげない私にイラツキ
「ここで飯先食うとけ

ヘリポートでランチ中。今ヘリが来たら大慌てやな
と言えば
「アホか、来るか

はぁ〜、この人とはもう山に行けない・・・
と、本気に考えましたよ

スイスやオーストリア、私は真剣に考えてますが
(荷物が大変だ)
mechabiは全くなびかず。
車で行けないからか。

んで、ちょとびの悪影響?
そんな、人のせいにして
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2016/3/17 21:33
 Re: ポセイドンは山をゆけ
姐ごん、こんばんは。

輪唱は2番まで歌いましたよ♪
奇襲チャーンス?
ヘリコプターはね、ちょっとビクビクしてました。
「そんなトコでカップ麺すするんじゃないっ!」とか大音量の拡声器とかで
怒鳴られたらカッコ悪いでしょ。
って、誰も思ってないわ〜、願ってもいないわ〜、お前もじゃ〜

で、姐ごんへの帽子のコメントですが、もしや、姐ごん、吉野でのコメで
”帽子買ったからほめてね〜”っていう自分のコメをお忘れではないですよね。
そんな口ぶりでしたが。清水の舞台から飛び降りるつもりで褒めたのに

それに心優しくアドバイスしたのに、回り回って私が有罪になるなんて
世の中間違ってる!イヤアネゴンガマチガッテイル!ドンドン

テープのあれ、切れなかったら綱引き状態になってどっちかが海にドボン
ですね〜、負けませんよ!
それよりナラかスズカに行くのに船は乗りませんけど

あっ、ちょとびの返信は2割増しで事実を捏造しております。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ