ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827255 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

新大平下駅〜馬不入山〜大明神山〜諏訪岳〜唐沢山〜佐野駅

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー GreenDay
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
【往路】
09:18 新大平下駅

【復路】
    佐野駅 (18:24発東武佐野線)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

    新大平下駅 (09:24発)
10:07 馬不入山登山口
10:38 馬不入山
10:52 長坂峠
11:04 大明神山
11:20 大明神山登山口
12:05 みすぎ庵 (昼食休憩 13:05発)
13:10 村檜神社・大慈寺 (散策 13:18発)
13:48 諏訪岳
14:06 京路戸峠
14:12 京路戸山
14:28 貝吹山
14:54 高鳥屋山
15:15 唐沢山城 (散策 16:00発)
16:44 唐沢山城登山口
17:00 堀米駅
17:15 佐野駅‣佐野城址 (散策 17:30発)
17:37 野村屋本店 (夕食休憩 18:11発)
18:19 佐野駅
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

馬不入山付近より大明神山方面
2016年03月13日 10:39撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬不入山付近より大明神山方面
1
大明神山
2016年03月13日 11:04撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大明神山
三谷の集落にも春が近づいてきました。
2016年03月13日 11:27撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三谷の集落にも春が近づいてきました。
4
みすぎ庵
「みすぎセット+いもフライ」
2016年03月13日 12:28撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みすぎ庵
「みすぎセット+いもフライ」
6
諏訪岳付近から田沼方面
2016年03月13日 13:58撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
諏訪岳付近から田沼方面
1
唐沢山の猫
他にもたくさんいました。
2016年03月13日 15:28撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢山の猫
他にもたくさんいました。
6
本丸へ向かって
2016年03月13日 15:30撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本丸へ向かって
3
二の丸から本丸
2016年03月13日 15:32撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の丸から本丸
2
堀切
四ツ目堀と神橋
2016年03月13日 15:38撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堀切
四ツ目堀と神橋
大炊の井戸
一度も枯れたことが無いそうです。
2016年03月13日 15:44撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大炊の井戸
一度も枯れたことが無いそうです。
1
天狗岩からの眺望
2016年03月13日 15:51撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩からの眺望
1
鏡岩からの眺望
2016年03月13日 16:01撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡岩からの眺望
4
佐野城址
発掘された石
2016年03月13日 17:20撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐野城址
発掘された石
佐野駅付近の「くいどーらく」というお店の前にいました。
2016年03月13日 17:31撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐野駅付近の「くいどーらく」というお店の前にいました。
3
野村屋本店
佐野「名物セット」
大根蕎麦と耳うどん
2016年03月13日 17:45撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野村屋本店
佐野「名物セット」
大根蕎麦と耳うどん
6
今日のむさし号
2016年03月13日 21:14撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のむさし号
7
撮影機材:

感想/記録

 土曜日仕事後、実家へ農産物等の運搬がてら移動。天気予報は微妙なのでエスケープが容易な栃木の低山へ。立花沢コース経由で馬不入山を目指すが、途中道を間違えたのか、昨年の大雨の影響か荒れている。尾根コースに変更しちょっと戻る。本来もっと戻るべきなのだろうが、横着して途中から薄い踏み跡を辿り右岸尾根にとりつくが、急斜面で苦闘する。なんとか尾根上に出て馬不入山へ。

 大明神山を目指し北尾根に進路をとると、直ぐ西面の展望が開けている場所があった。道は明瞭で長坂峠経由で大明神山へ。展望も悪くない。その後三谷方面に南側に下る。道標もあり迷うことは無いが、割と急な上前夜の雨の影響で滑る。登山口から下るが、私道が入り組みちょっと迷った。その後小野寺へ進み、人気の蕎麦屋「みすぎ庵」へ。

 昼時ということもあり、既に並んで待っている人もいた。暫く待って座敷に案内され、「みすぎセット」と冬季限定「いもフライ」を頂いた。お腹いっぱいになったので、ゆっくり歩く。佐野ラーメンのお店の脇を通り、村檜神社・大慈寺へ。どちらも由緒ある寺社で、見どころも沢山あるらしい。神社の脇から諏訪岳を目指す。熊注意の看板があった他獣臭の強い場所もあった。途中から直登コース経由で南面が開けた山頂へ。

 その後京路戸峠経由で唐沢山を目指す。途中、3つのピークを登り、農工大の演習林の脇をぬけ唐沢山へ。石垣や堀切など非常に険しく関東の名城の一つにあげられるのも納得だ。多くの遺構が残っているのも感心した。猫が10匹以上いたのもビックリした。頂上部は一通り見学して権現堂経由で佐野市街を目指す。途中から車道となる。浅間山も登るつもりだったが、入口がモーテルの廃墟で私有地の可能性もあるので諦めた。

 登山口からは車道を南下し、佐野駅へ。時間があるので佐野城址を見学。公園になっており遺構は少ない。佐野厄除け大師を立ち退かせて城を作ったらしい。途中小動物を見かけた。城を通り過ぎ、野村屋本店で、「名物セット」を食べて帰宅した。

 この山域は低山だが、美味しい食事、歴史ある神社仏閣、城跡、果樹園等魅力たっぷりだと思う。いづるそばや大根そば等蕎麦も美味しいし、耳うどんやラーメン等他の麺類も美味しいお店が沢山ある。秋はマツタケが楽しめる。今回いった神社仏閣の他、岩舟の高勝寺も歴史があるし、城も唐沢山は勿論、付近には皆川城という城跡もある。渡良瀬遊水地や岩舟にも近代の歴史が残っている。太平のブドウやブルーベリーも魅力的だ(イチゴは蔬菜)。また桜峠の山桜、三毳山のカタクリ、大平山のアジサイ等花も楽しめる。日光や、那須等に隠れて目立たないが、栃木県の県南も非常に魅力的な地域だと思う。今回で三回目だが探索の旅は続きそうだ。
1回目
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-799288.html
2回目
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-818643.html
訪問者数:319人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

カタクリ 右岸 直登 道標 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ