ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827297 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

茶野〜御池岳:鞍掛橋から周遊

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー sicher(CL), その他メンバー1人
天候曇時々晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鞍掛橋周辺の路肩に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間13分
休憩
28分
合計
6時間41分
S鞍掛橋08:1410:03桜峠10:16茶野10:1710:31桜峠11:03鈴ヶ岳11:1411:24ヒルコバ11:2511:48鈴北岳11:4912:26御池岳12:2712:38ボタンブチ12:3912:49御池岳13:20日本庭園13:26鈴北岳14:41鞍掛橋14:5314:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鞍掛橋から桜峠
この間は登山道ではなく鉄塔の巡視路のマイナールートで踏み跡もおぼつかないくらい少ない。ただし、甲5、乙6の鉄塔までは赤い立札通りでも進めるが、一部標布通りに行くと近道である。
桜峠にある甲6の鉄塔が見える辺りで踏み跡を見失い適当に鉄塔目指して登る。
桜峠からは微かな踏み跡を辿り茶野へ
桜峠から御池岳及び鈴北岳
霜柱が融けてドロドロの道になり滑りながら歩く。
踏み跡もあり道標もある。
鞍掛尾根から鞍掛橋
今日、鞍掛橋から登った人はほとんど鞍掛尾根の支尾根より鈴北岳方面に登り、
同ルートを下山していると思うが、そこを使わずもう少し鞍掛峠寄りに下りた所にある乙1鉄塔から巡回路を通り乙2そして甲の鉄塔の下をくぐり林道へと降りる。
ただし乙2からの下りが判り難く右寄りに下降路がある。


その他周辺情報下山後は彦根のかんぽの宿で入浴した。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

到着時には1台だけだったが、準備している間に2台3台と車が到着した。
2016年03月13日 08:17撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着時には1台だけだったが、準備している間に2台3台と車が到着した。
1
鞍掛橋の手前の小さな沢の右手から取り付く
2016年03月13日 08:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛橋の手前の小さな沢の右手から取り付く
2
赤い立札に書いてある近道。
2016年03月13日 08:29撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い立札に書いてある近道。
1
標布通りに進む
2016年03月13日 08:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標布通りに進む
1
甲5の鉄塔に着く
2016年03月13日 08:41撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲5の鉄塔に着く
1
乙6を目指す
2016年03月13日 08:42撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙6を目指す
1
乙6鉄塔からは標布を探しながら進む
2016年03月13日 08:50撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙6鉄塔からは標布を探しながら進む
1
途中、福寿草を見つける
2016年03月13日 09:19撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、福寿草を見つける
2
標布を探しながらトラバースする
2016年03月13日 09:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標布を探しながらトラバースする
1
道なき道をすすむ
2016年03月13日 09:58撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道なき道をすすむ
1
甲6鉄塔目指してすすむ
2016年03月13日 10:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲6鉄塔目指してすすむ
1
甲6鉄塔のある桜峠
2016年03月13日 09:59撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲6鉄塔のある桜峠
1
桜峠
2016年03月13日 10:00撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜峠
2
鈴ヶ岳をバックに茶野を目指す
2016年03月13日 10:11撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴ヶ岳をバックに茶野を目指す
2
茶野
2016年03月13日 10:16撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶野
3
手前に霊仙山、奥に伊吹山、その奥に荒島岳
2016年03月13日 10:18撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前に霊仙山、奥に伊吹山、その奥に荒島岳
2
鈴ヶ岳
2016年03月13日 11:01撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴ヶ岳
2
滑りながら鈴ヶ岳を降りる
2016年03月13日 11:22撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑りながら鈴ヶ岳を降りる
2
ヒルコバ
2016年03月13日 11:25撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒルコバ
1
鈴北岳
2016年03月13日 11:48撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳
3
今日は氷の上に乗る勇気はありません。
2016年03月13日 11:58撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は氷の上に乗る勇気はありません。
2
所々に残雪がある
2016年03月13日 12:05撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々に残雪がある
1
御池岳
2016年03月13日 12:22撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳
4
ボタンブチを目指す
2016年03月13日 12:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチを目指す
3
ボタンブチ
2016年03月13日 12:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチ
3
乙1鉄塔
2016年03月13日 13:55撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙1鉄塔
1
鞍掛橋が見える
2016年03月13日 14:08撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛橋が見える
2
林道に降り立つ
2016年03月13日 14:26撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に降り立つ
1
荒れた林道を進む
2016年03月13日 14:26撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れた林道を進む
2

感想/記録
by sicher

今回は福寿草を見るために計画した山行ではあるが、入山と下山がマイナールートを
使う事にした。
その為にルートロスをして、踏み跡や標布を探したり、地図を確認したりと何かと
忙しい山行だったが、終わってみればたいへん有意義であった。
訪問者数:484人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 霜柱 山行 近道 道標 支尾根
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ