ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827314 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

ダイトレ(紀見峠〜施福寺)ついでに三国山〜和泉葛城〜犬鳴山

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー oto750
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
紀見峠駅   南海電鉄高野線
犬鳴山バス停 南海バス 犬鳴線 
       和歌山バス那賀株式会社 粉河熊取線
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間26分
休憩
42分
合計
11時間8分
S紀見峠駅07:4608:15紀見峠08:44ボ谷ノ池08:52ダイトレ砥石谷道分岐09:14岩湧山三合目09:25根古峰09:49五ツ辻10:14岩湧山東峰10:1710:18岩湧山10:2711:15岩湧山登山口11:1611:53ボテ峠12:04番屋峠12:27槙尾山施福寺12:4413:54千本杉峠14:27三国山14:34七越峠15:14鍋谷峠16:41和泉葛城山16:4917:26ハイランドパーク粉河17:3018:26行者の滝18:54犬鳴山バス停18:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険なところは無い。
その他周辺情報温泉 犬鳴山温泉に数件あり 日帰り入浴あり
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

紀見峠駅を出発。天気は良い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀見峠駅を出発。天気は良い!
1
紀見峠。ここからダイトレをつなげていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀見峠。ここからダイトレをつなげていく。
1
車道から岩湧山方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道から岩湧山方面へ
1
ダイトレ名物の階段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレ名物の階段。
1
ボ谷の池。ほとんど乾いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボ谷の池。ほとんど乾いている。
古びた建物が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古びた建物が。
このあたりが一番の急斜面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりが一番の急斜面。
登りきると三合目。霜柱が立っていた。冷え込みがきつかったのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきると三合目。霜柱が立っていた。冷え込みがきつかったのだろう。
4月3日は山焼きだそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4月3日は山焼きだそうです。
南葛城山分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南葛城山分岐。
河内長野、富田林が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河内長野、富田林が見える。
まったく見えない展望台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まったく見えない展望台。
岩湧寺へ降りる急坂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩湧寺へ降りる急坂。
トイレがあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレがあり。
階段を登って岩湧山頂へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を登って岩湧山頂へ。
5
岩湧山。展望が素晴らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩湧山。展望が素晴らしい。
5
見えている一番向こうの山に向かうのだ。遠い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えている一番向こうの山に向かうのだ。遠い!
3
滝畑の駐車場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝畑の駐車場。
この階段を登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この階段を登り。
この木が目印。この道を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この木が目印。この道を行く。
小さな札で施福寺と書いてある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな札で施福寺と書いてある。
追分分岐から施福寺へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
追分分岐から施福寺へ。
古の栄華か?見事な石垣が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古の栄華か?見事な石垣が続く。
施福寺から岩湧山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
施福寺から岩湧山方面。
3
ダイトレ起点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレ起点。
十五丁石地蔵。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十五丁石地蔵。
三国山頂周辺のレーダー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国山頂周辺のレーダー。
1
車道下のゴミの山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道下のゴミの山。
木漏れ日の中歩いていく。北風が冷たく、日蔭は結構冷える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日の中歩いていく。北風が冷たく、日蔭は結構冷える。
無線中継所が見えてくると、和泉葛城山はもう少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無線中継所が見えてくると、和泉葛城山はもう少し。
和泉葛城山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和泉葛城山。
1
ハイランドパーク粉河。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイランドパーク粉河。
1
車道から犬鳴山への分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道から犬鳴山への分岐。
日が傾いてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が傾いてきた。
写真では明るいが、結構暗くなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では明るいが、結構暗くなってきた。
トイレの明かり。ここから先は人工物があるから、ほっとする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレの明かり。ここから先は人工物があるから、ほっとする。
温泉街を抜け。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉街を抜け。
犬鳴山バス停。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬鳴山バス停。
2

感想/記録
by oto750

3年前、ダイトレのどんづる峯から紀見峠を歩いているので、今回は残りの部分を歩こうと思った。ただ施福寺までだと短いかなと思い、そこから犬鳴山まで、和泉山脈を歩こうと思った。犬鳴山まで行けばバスがあるからだが。

ただ、昨年肋骨を折って、仕事も休まず無理したためか、腰を傷めたりして体調はもう一つ。あんまり乗り気ではないトレッキングだ。

乗り気のなさなのか、出発から勘違いで、電車に遅れてしまう。
予定より40分遅れで、紀見峠駅を歩き始める。前回、ここにたどり着いたとき、桜の花が満開だったことを思い出す。

前に、岩湧山に登った時は、高野山から歩いてきたときで、すでに日が暮れていて、闇の中だった。今回は天気も良く大阪を一望できた。一息入れて滝畑へ下っていく。前から、二人組の女の子が歌を歌いながら登ってきた。楽しそうだった。

滝畑の集落は、立派な家が並んでいて、茅葺の家まであった。
ここから施福寺への登り口が、一瞬、人の家に入っていくような感じで戸惑ったが、
よく見ると小さな札に、施福寺と書かれていた。

ボテ峠までくると、3人の方が休んでおられた。おじさんに声をかけられる。
どこから来たのかと聞かれたので、紀見峠から岩湧越えてきました。と言うと、めっちゃ早いねと言われた。この後犬鳴山まで行くのでと言うと、後ろの女の人が、でっかい声で、エーとこちらを振り返ったので、こっちが驚いてしまった。

ここから何度か上り下りをくり返し、施福寺へ。見事な石垣が見えてくると寺までもう少しだ。施福寺は古いお寺で、今では小さな感じがするが、山門のある表側から登ってくると、両脇にどれだけ多くの伽藍があったのだろうと、想像するとその威容に驚くほどの寺だ。あの空海も高野山に入る前に、ここで滞在した。その後織田信長と対立し、一山焼き払われる。歴史ある寺なのだ。

のんびりしてから、三国山を目指して登っていく。
ここが一番辛かった。三国山のところまで来ると、車道を行く。
このあたり車道の下は、捨てられたゴミの山だった。ちょっと悲しい。
とりあえず鍋谷峠に着かないと、そして、和泉葛城へ。

ここまで来ると、あとは車道を歩いて、犬鳴山に降りて行くだけなので、バスの時間に合わせてのんびり降りていく。朝の遅れた分、日が沈んでしまって、犬鳴山は暗闇の中、懐電で歩いて行った。夜はこんなところを歩きたくないが仕方ない。

最後に人工の明かりが見えてきた。トイレだった。ここからは温泉宿が並ぶ中を歩くだけなので、もうゴールは目の前だ。バス停で、今回も缶コーヒーを飲み、ほっと一息。今回も無事に歩けたことを感謝した。
これでどんづる峯から、和泉山脈の半分までつなげることができた。
訪問者数:490人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/9
投稿数: 1158
2016/3/15 8:38
 帰ってきてましたか
オトさん おはようございます

里帰りですか。

やはり健脚ですね。
私もこのコース歩きましたが、紀見峠から施福寺・槇尾山まででした。
後日、槇尾山から犬鳴山までつなげました。

後で知ったのですが、犬鳴トンネルは心霊スポットとか。
薄暗い中をよく歩きましたね。

お疲れさまでした。
登録日: 2013/6/12
投稿数: 94
2016/3/15 18:22
 Re: 帰ってきてましたか
たのさん、コメントありがとうございます。

気分転換と、今年の身体の状態のチェックのために、歩いてみました。
ダイトレは、物差しにするにはちょうど良いですよね。
いつかは、どんづる峯から施福寺まで、日帰りで歩きたいものです。

犬鳴山は、正直心細かったですよ。
暗闇に浮かぶものに、なるべく気にしないように歩いてました。
まあ、霊とか見たことは無いですが

また、一緒に歩きましょう。
今年もよろしくお願いいたします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

霜柱 高原 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ