ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827539 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

雪の北八ヶ岳の山頂に!(スノーシューで北横岳)

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー rieselyokokeyMBJ47, その他メンバー3人
天候曇り時々薄日
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
道路は駐車場まで除雪済。
スキーシーズン中の日曜なので、ロープウェイは10分間隔で運行
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間46分
休憩
42分
合計
3時間28分
S北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅09:5710:00坪庭10:1010:36坪庭・北横岳分岐11:12三ツ岳分岐11:19北横岳ヒュッテ11:3511:45北横岳(南峰)11:4911:53北横岳12:0012:10北横岳(南峰)12:25北横岳ヒュッテ12:3012:35三ツ岳分岐12:58坪庭・北横岳分岐13:10坪庭南口(雨池分岐)13:20坪庭13:25北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録
by riesel

Tさんの厚意でふもとのホテル宿泊が可能ということで、雪山に行こう!
とはいえ本格雪山登山はできないので、
ロープウェイとレンタルスノーシューを利用しての雪上ハイキング
当初は、坪庭1周程度を予定していたが、ガイドマップやヤマレコ情報を調べると、
天気が良ければ私たちでも北横岳なら可能かも、
と(私に)欲が出て、スノーシュー登山に変更
集合してから企画をバージョンアップさせてしまったので、
行動食は特に用意していなかったが、前夜の宴会お菓子で充分まにあった

ロープウェイはスキー・スノボ客もあって満員輸送
正面しか見えない
ロープウェイを下りると、広大な雪原。後ろには山並み。いいねぇ
坪庭前の大キツツキの前に。有名なキツツキは思ったより大きかった(笑)
スノーシューを装着して、ハイキング開始
早速の登り。スノーシューのべた足では難しいよ。つま先蹴りこんで!
爪先立ちみたいになるので、ふくらはぎにクる

歩いて少々でスノーシューが緩む〜と女性陣
Hさんがしっかり締め直してくれて、おー、お父さんっぽい、との声があがる
いつもは汗だくタオル交換して〜のお子様なのに

坪庭探勝路第二休憩所を過ぎて、北横岳登山道に分岐
登山開始にわくわくしてきた
積雪は50cm〜1mくらいと例年より少ないらしく、登山道が明白で歩きやすい
踏み跡はしっかりあるが、雪はサラサラ
けっこうな登りでスノーシューの調整したり、Hさんのタオル交換したりしながら、
頑張って登ると三ツ岳分岐に

それから間もなく北横岳ヒュッテ到着
思った以上に人が多く休憩していてびっくり(@_@。
冬山でも水分発散しているので、ちゃんと水分補給しましょう。ということで、
おやつ1(うまい棒プレミアム)配給
ヒュッテ玄関の気温計は氷点下5度

ヒュッテから最後の急登。
レンタル時にここはちょっと大変かも、と言われたスノーシュー難所
確かにちょっと急。なのに、直登の踏み跡が!
いや、私たちは九十九折で行きますから
急登を過ぎると、稜線に出たので、左手から風がびゅーっと
今までコメツガ林の恩恵に与っていたのだ
しかし、その分、すばらしい展望が開けた
雄大な山並みが延々と続く
ここは南稜。最高点は北稜なのであと少し、とわかっているが、
この展望をまずは楽しむ
登ってきた方角を望むとその先に、南八ヶ岳の山並み。
八ヶ岳にいながら、八ヶ岳を望めるとは!
八ヶ岳自体の大きさに感動

それから北稜に到達
360℃のパノラマ
南アルプス、中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、北アルプス、立山、浅間山、
東は大菩薩嶺かな、そして南八ヶ岳
余りにも山脈が多すぎて、どの山か分からなくなってしまう
星座早見盤みたいのが欲しくなった

水筒のお湯でレモンティー作ってみんなで回し飲み
Y君は、人生で一番おいしいレモンティーを飲んだ!
清冽な空気と広大な展望で、精神は高揚するも、体は冷えているので、暖かい飲物は幸せを運びますよね
粉をお湯で溶いただけですが、そこまで喜ばれれば作った私も本望です

登るときはいっぱいいっぱいだったが、風景も楽しみながらの下山
とはいえ、南陵とヒュッテの間の急登は、スノーシューでは、滑る!
ヒュッテの前に「故意に滑らないでください」と看板があったが、
故意ではないんです、滑るんです、という状況に
スキー板ではないので、滑りきらずに引っかかるし、
危ないので滑りたくはないんですが・・・
登り時に作られたステップは私たちが全部ならしてしまったようです

ヒュッテから坪庭まではスムーズに下る
眼下にみえる一面の雪原
10万坪の庭って、坪庭なのか??
夏景色はどのように見えるか想像できない(パンフレットでは見たけど・・・)
昼食時間は過ぎたけど、平気というので、
坪庭の残り半周をして、あっちに行くと縞枯山だね、と言って
ロープウェイ山頂駅に戻る
山麓駅でレンタルを返し、昼食。
帰宅

今回、メインがホテル宿泊の旅行で、おまけにハイキングということだが、
<これはヤマレコなので、おまけの感想>
八ヶ岳登山自体は日帰りでも、往復の移動時間がかかるため、
どうしても宿泊を伴う旅行になる
観光として、スパティオ小淵沢でそば打ち体験をした
打ったそばをその場で食せるので、昼食兼ですが(笑)
3人ずつに分かれて、体験
H女史以外そば打ち初の私たちは、六四蕎麦でもなかなか難しい
なんとか、蕎麦にはなったが、やっぱり長さは半分くらいになってた
追加で頼んだ二八そばは香りが全然ちがう
普段何気なく食べている蕎麦に、プロの技を実感しました
訪問者数:493人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ