ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827681 全員に公開 ゲレンデ滑走白馬・鹿島槍・五竜

バックカントリースキーの試乗会 白馬47スキー場

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー echigonogaku
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道148号線から5分程度
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
白馬五竜と一体型のスキー場
リフト券は共通
詳しくはホームページで

装備

個人装備 ハードシェル 靴下 グローブ 毛帽子 ブーツ サブザック サングラス スキー板

写真

国道148号線に案内看板がある。
これに従えば5分程度で着く。
奥には白馬岳と小蓮華山(新潟県最高峰)が見える。
あの向こうは新潟県か。
2016年03月13日 12:52撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道148号線に案内看板がある。
これに従えば5分程度で着く。
奥には白馬岳と小蓮華山(新潟県最高峰)が見える。
あの向こうは新潟県か。
1
白馬47スキー場着
スキー場は左手の五竜遠見尾根
正面に見えるのは八方尾根
2016年03月13日 13:08撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬47スキー場着
スキー場は左手の五竜遠見尾根
正面に見えるのは八方尾根
ゲレンデからは、常に隣に八方尾根が望める。
2016年03月13日 13:57撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデからは、常に隣に八方尾根が望める。
3
ずらりと並んだバックカントリースキー
選り取り見取りだ。
2016年03月13日 14:59撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずらりと並んだバックカントリースキー
選り取り見取りだ。
3
ゲレンデ正面には、新潟県の山々が望める。左から雨飾山(百名山)、新潟焼山(活火山)、火打山(百名山)妙高山(百名山)、高妻山(百名山)、さらに戸隠山、飯縄山等だ。ローケーションが最高なのがこのスキー場の魅力の一つだ。
2016年03月13日 15:43撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデ正面には、新潟県の山々が望める。左から雨飾山(百名山)、新潟焼山(活火山)、火打山(百名山)妙高山(百名山)、高妻山(百名山)、さらに戸隠山、飯縄山等だ。ローケーションが最高なのがこのスキー場の魅力の一つだ。
2
ロッカーにあった英語での注意書き。
ロッカーの使い方が英語で手書きで書いてある。
スキー場内には、あちらこちらに英語の案内を見かける。
最近はスキー場でインバウンド(来日外国人観光客)の方を頻繁に見かける様になった。国内レジャーもいよいよ国際化か。
2016年03月13日 16:57撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロッカーにあった英語での注意書き。
ロッカーの使い方が英語で手書きで書いてある。
スキー場内には、あちらこちらに英語の案内を見かける。
最近はスキー場でインバウンド(来日外国人観光客)の方を頻繁に見かける様になった。国内レジャーもいよいよ国際化か。
撮影機材:

感想/記録

バックカントリースキーの試乗会に申し込み参加してきた。
スキーばかりは、いくら店頭に並んでいる実物を見ても、実際に滑って見ないと分からないからだ。
何本か試乗をしてみた。
感想は、「圧雪の経験はできたが、実際に非圧雪のオフピステで滑ったり、シールを履いてハイクしてみないと、良さは分からない。」というところだろうか。
特に、ツアー重視の板の場合はそうだ。
滑り重視の板は、アルペンスキーの板までには及ばないが、スキー場のゲレンデでも不満なく滑れたというところか。
ハイクも体験するならばスキーガイドのツアー等で、あえて板を借りて滑ってみるのもいいかもしれない。
ちなみに、筆者は前日、久々に水泳でトレーニングをしたお陰で、当日は寝坊してしまった
昼からの滑走だったので、もう何本か他の板を滑ってみたかった。自己自得だけどね。
それにしても、外国人のスキーヤーの人が増えたなあ。
聞けば、ニュージーランドやオーストラリアの人が多いのは、向こうは今夏だからだが、最近は北欧等のヨーロッパの人も多いらしい。
日本は、実は北欧に比べても、降雪が多い国のだとか。
さらに北欧は、意外にも湿雪なので日本にパウダーを求めて来るのだとか。
う〜ん、最近は日本は暖冬なので、湿雪なのだけどね。
訪問者数:397人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

リフト 活火山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ