ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827792 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

脊振山系

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー kai-, その他メンバー1人
天候雨 のち 雪 のち 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
45分
合計
4時間50分
S車谷登山口11:2013:25(昼食)14:1014:20矢筈峠15:20椎原峠16:05椎原登山口16:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

登山口では小雨でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口では小雨でした
やがて一面の雪景色に。
そして雨はいつの間にか雪に変わっていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて一面の雪景色に。
そして雨はいつの間にか雪に変わっていました
1
まさかの雪山ハイク♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさかの雪山ハイク♪
なので、こ〜んなことしたり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なので、こ〜んなことしたり
こ〜んなことして遊んじゃいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こ〜んなことして遊んじゃいました
キツネさんも寒そうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キツネさんも寒そうです
雪をかぶったマンサクがあちこちに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪をかぶったマンサクがあちこちに
冷凍錦糸玉子(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷凍錦糸玉子(笑)
2
矢筈峠も真っ白!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢筈峠も真っ白!
縦走路の樹氷
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路の樹氷
1
樹氷のトンネル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷のトンネル
1
エビノシッポ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビノシッポ
1
わずか20分前まで雪の中にいたなんて信じられない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わずか20分前まで雪の中にいたなんて信じられない
サツマイナモリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サツマイナモリ
ホソバナコバイモ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソバナコバイモ
3
ホソバナコバイモ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソバナコバイモ

感想/記録
by kai-

「春になったので、そろそろ山に行きたい。今頃はどの山がいい?」
という初心者の友人の要望に応え、脊振山系のマンサクを見に行くことになりました。
が、あいにくの雨。

朝の電話で、
私:「雨、降ってるねぇ」
友:「うん、でも予報ではすぐに止むらしいよ」
私:「そう? じゃあ、とりあえず行こっか」

都市高速(外回り)で、
私:「雨、降ってるねぇ」
友:「うん、でも登山口までには止むんじゃない?」
私:「そう? じゃあ、とりあえず野芥ICで降りるね」

登山口で、
私:「雨、降ってるねぇ」
友:「うん…、小雨にはなったけど…、3ヶ月ぶりの山なんだけど…。
 ……しょうがないね…、帰ろうか…」
私:「…………………。
 登山道は樹林だから小雨程度なら平気なんじゃない?
 マンサクだけ見に行ってピストンで戻る?」
友:「うんっ! そうしよう!」

ということで、久々にカッパを着込んで、ザックカバーを装着して、登山開始です。
友人にとっては初めてのマンサクに期待ルンルン♪
わたしは一週間前にマンサクを堪能したばかりなので、今日は、昨年見つけたホソバナコバイモの群落に興味津々。

昨年のちょうど今頃は蕾ばかりだったし、まだちょっと早いだろうなぁ、と思っていたホソバナコバイモは、殆ど全て開花していました。これは嬉しい誤算です。
そして、もうひとつの嬉しい誤算は、脊振山系は信じられないほどの雪山だったこと。
高度を上げるにつれ、雨はいつの間にかフワフワの雪に変わっていました。

あちこちで満開のマンサクは殆どが雪をかぶった状態でしたが、これはこれで滅多に見られない光景です。
ピストンではもったいないので、結局、予定通りの周回ルートを歩きました。
縦走路の樹氷のトンネルは綺麗の一言に尽き、そして今まで見たことのないほど薄く繊細なエビノシッポは、まるで見事な氷細工のようでした。

もちろん、雪山は初めての友人は大感激でした。
登山口で諦めなくて、ホント良かったね♪
訪問者数:178人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ