ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827793 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大山・蒜山

蒜山(研究会参加の行きの駄賃)

日程 2016年03月11日(金) [日帰り]
メンバー usukin
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
10分
合計
3時間40分
S上蒜山スキー場駐車場07:2007:30上蒜山登山口09:00槍ヶ峰(八合目)09:50上蒜山10:0010:10槍ヶ峰(八合目)10:50上蒜山登山口11:00上蒜山スキー場駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
適切な標識で問題なし。新雪は10cmで踏み抜きなし。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

やっとついた蒜山最高地点
2016年03月11日 09:39撮影 by NIKON D50, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとついた蒜山最高地点
3
山頂の樹氷
2016年03月11日 09:50撮影 by NIKON D50, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の樹氷
2
八合目の剣ヶ峰
2016年03月11日 10:11撮影 by NIKON D50, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目の剣ヶ峰
1
降りてきた尾根
2016年03月11日 10:16撮影 by NIKON D50, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきた尾根
1
これから降りる尾根
2016年03月11日 10:26撮影 by NIKON D50, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから降りる尾根
1
折れたトレッキングポール
2016年03月12日 18:09撮影 by NIKON D50, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折れたトレッキングポール
撮影機材:

感想/記録
by usukin

米子で研究会があり待ち合わせが昼なので、行きがけの駄賃ではないが、冬も終わりとなり天候も安定しつつあるので、蒜山なら往復3時間もあれば下山できると考えた。夜の自宅を出て、途中のサービスで仮眠して上蒜山スキー場の駐車場に7時には到着した。しかしこの時間を狙ったごとく、襲ってきた寒波で一面は雪が積もっていた。スキー場入口の看板は「積雪不足のため閉鎖」とあったが・・・。
新雪はせいぜいくるぶしにかかる程度で、天候もさほど悪化することもない曇り空なので、行けるところまで行ってみて、ラッセルすることになったり、登山道が不明確になったりしたら即座に撤退として登りにかかった。駐車場から登山道までの標識がなくて迷うことが多々あるが、今回はそのようなことがない親切、かつ適切な標識があり、また雪もさほど深くはないので、それとなく登山道もわかった。でも天気は良くなることはなく、時々雪がちらつき視界が晴れることはない。五合目付近までは尾根の中央に登山道があったが、ここを過ぎると急斜面に面した尾根の笹が踏まれている登山道と思しきものとなった。しかし斜面には草が見え、雪庇が張り出していることもなかったので、慎重にルートを選びながら進み、八合目の剣ヶ峰まではややコースタイムをオーバーしながら着いた。ここからはコースタイムでは20分ほどである。その後も樹林帯の縁をすすみながら上蒜山の山頂を目指すが、ルートが不明確なうえに、雪もさらに振り出したので、判断に困ったものの時間にはまだ余裕があったので突き進んだ。新雪の下にはさらに雪があったが、ここ数日の天気で圧雪されているようで、くるぶし以上に足が取られることもなく、雪を踏み抜くこともなかった。これが急斜面なら表層雪崩の可能性もあるが、樹林帯のなかの緩斜面でもあり、そのような心配はないので、これ以上の天候の悪化がなければ問題はない。30分以上もかかって辿り着いた山頂には、山頂を示す標識はないが中蒜山への分岐を示す道標があり、ここが蒜山の最高点であることは間違いのないようである。山頂の標識は、おそらく三角点が設置された北へ伸びる尾根にあるものと考えられた。
今回は最高点に到達したことで、納得し樹氷の木々に囲まれた山頂の風景を撮影して下山する。登りで踏み抜きがほとんどなかったので、安心して足を運んで軽快に下山した。
しかしスピードを上げた途端にふらついてしまい、ストックにもたれたらストックが真っ二つに折れてしまった。昨年の夏に北アルプスの烏帽子小屋に忘れてきて、冬前に戻ってきたのに残念。
訪問者数:249人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ