ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827907 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳 行者小屋 テント泊

日程 2016年02月20日(土) 〜 2016年02月21日(日)
メンバー sosinyasu, その他メンバー1人
天候雪 のち 曇り のち 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘 駐車場 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間33分
休憩
2分
合計
3時間35分
S赤岳山荘09:5109:58美濃戸山荘11:38中ノ行者小屋跡11:4013:26行者小屋
2日目
山行
5時間9分
休憩
2時間0分
合計
7時間9分
行者小屋07:2108:18文三郎尾根分岐08:2008:53赤岳08:5809:00竜頭峰09:06赤岳09:2609:35文三郎尾根分岐09:4010:22行者小屋11:5014:30赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山頂付近は突風でトレースも無く、かなり危険な状態でした。危険だと感じたら引き返す勇気が必要だと感じました。
その他周辺情報行者小屋の水場は、しっかりとした水量でした。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸口から赤岳山荘に向かう道に、雪はほとんど無し。日陰には若干雪が残っていましたが、スタッドレスなら問題ありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口から赤岳山荘に向かう道に、雪はほとんど無し。日陰には若干雪が残っていましたが、スタッドレスなら問題ありませんでした。
無事、赤岳山荘の駐車場に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、赤岳山荘の駐車場に到着。
看板前で、お決まりの記念撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板前で、お決まりの記念撮影。
南沢ルートで行きます。
歩き始めるとすぐ、雪が降り出しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢ルートで行きます。
歩き始めるとすぐ、雪が降り出しました。
ときどき凍った川の上を渡渉。ここから雪と風がひどくなってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ときどき凍った川の上を渡渉。ここから雪と風がひどくなってきます。
風にやられながらも、どうにか行者小屋に到着。
小屋も、この日は営業をしていました。
こちらでテン場代をお支払い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風にやられながらも、どうにか行者小屋に到着。
小屋も、この日は営業をしていました。
こちらでテン場代をお支払い。
WILD-1のトレックドーム2です。1万円ちょっとで買えるお安いテントですがなかなか使えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
WILD-1のトレックドーム2です。1万円ちょっとで買えるお安いテントですがなかなか使えます。
ちょっと早いんですが、テントの中で宴会。まあこれが楽しみで山やっているようなものですから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと早いんですが、テントの中で宴会。まあこれが楽しみで山やっているようなものですから。
この日は、他にテントが3.4張り。暗闇に浮かび上がるテントの明かりがきれいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は、他にテントが3.4張り。暗闇に浮かび上がるテントの明かりがきれいでした。
雪は夜中中降っていたようです。テントも雪に埋もれてこの通り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は夜中中降っていたようです。テントも雪に埋もれてこの通り。
鍋の残りに俸ラーメンをぶち込んで朝食。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋の残りに俸ラーメンをぶち込んで朝食。
本来なら、この方向に赤岳の雄姿が見えるはず。残念ながらガスがかかって全く見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来なら、この方向に赤岳の雄姿が見えるはず。残念ながらガスがかかって全く見えません。
文三郎尾根から山頂を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根から山頂を目指します。
階段はほとんど雪に埋まっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段はほとんど雪に埋まっていました。
尾根が近付くにつれ、風が強くなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が近付くにつれ、風が強くなってきました。
尾根に出ると目も開けられないくらいの突風です。時折ガスの間から山頂が見えます。もうすぐそこなのに遠く感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ると目も開けられないくらいの突風です。時折ガスの間から山頂が見えます。もうすぐそこなのに遠く感じます。
突風の間は耐風姿勢でやり過ごします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突風の間は耐風姿勢でやり過ごします。
途中で、男性3名が引き返していきました。一緒に歩いてきた方々も引き換えしたみたいです。われわれも躊躇しましたが、行けると判断。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で、男性3名が引き返していきました。一緒に歩いてきた方々も引き換えしたみたいです。われわれも躊躇しましたが、行けると判断。
どうにか山頂まで登れました。眺望もまったくないのでとっとと引き返します。下りは地蔵からとも思いましたが、地蔵方面から登ってくる人が全くいないので、文三郎のピストンに変更。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうにか山頂まで登れました。眺望もまったくないのでとっとと引き返します。下りは地蔵からとも思いましたが、地蔵方面から登ってくる人が全くいないので、文三郎のピストンに変更。
帰りの方が事故が多いといいますからね。慎重に降りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの方が事故が多いといいますからね。慎重に降りてきました。
文三郎から下っていると、急に視界が開けて晴れてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎から下っていると、急に視界が開けて晴れてきました。
阿弥陀岳方面もくっきり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳方面もくっきり。
横岳も姿を現しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳も姿を現しました。
行者小屋までくると、風も収まりさっきまでの天気がうそのよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋までくると、風も収まりさっきまでの天気がうそのよう。
激しかった天候を物語るように、眉毛につららができていました(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激しかった天候を物語るように、眉毛につららができていました(笑)
テントを撤収しての下り。本当に気持ちの良い晴天になっちゃいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを撤収しての下り。本当に気持ちの良い晴天になっちゃいました。
南沢ルート、晴れていれば気持ちの良いお散歩コースなんですよね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢ルート、晴れていれば気持ちの良いお散歩コースなんですよね。
無事下山しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山しました。

感想/記録

山頂付近は目も開けられないくらいの風が吹いていました。踏み跡も風で飛ばされて、一瞬ルートも見失いました。あの時、勇気ある撤退をすべきだったのかもしれません。結果としては無事下山できましたが、反省の残る山行でした。

詳しくはブログをご覧管さい。
http://sosin.naturum.ne.jp/e2666031.html
訪問者数:64人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ