ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827926 全員に公開 雪山ハイキング中央アルプス

日帰百名山 木曽駒ヶ岳(木曽福島B裏駒〜ラッセル7合目敗退)

日程 2016年03月15日(火) [日帰り]
メンバー karasawa246
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間52分
休憩
54分
合計
7時間46分
Sスタート地点06:2908:304.5合目08:3109:005合目09:0109:386合目09:3910:42見晴台 10:5011:247合目避難小屋11:5012:032415m付近12:2014:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

旧木曽駒高原スキー場メインゲレンデからのスタートです。
木曽駒ヶ岳は長野県上松町・木曽町・宮田村の境界にそびえる標高2,956mの山で、木曽山脈の最高峰。日本百名山、新日本百名山、花の百名山に選定されている。木曾駒ヶ岳とも表記され、また略して木曽駒と呼ばれる事もある。
2016年03月15日 06:31撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧木曽駒高原スキー場メインゲレンデからのスタートです。
木曽駒ヶ岳は長野県上松町・木曽町・宮田村の境界にそびえる標高2,956mの山で、木曽山脈の最高峰。日本百名山、新日本百名山、花の百名山に選定されている。木曾駒ヶ岳とも表記され、また略して木曽駒と呼ばれる事もある。
1
木曽福島Bコースへ向かいます。
雪解けの沢があり春が近いことを実感てもいい感じです。
2016年03月15日 06:36撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽福島Bコースへ向かいます。
雪解けの沢があり春が近いことを実感てもいい感じです。
2
ここから登山道のはじまりです。
「裏駒ヶ岳国有林」と書かれた看板があったので、こちら側は「裏」みたいですよ。 「表」はやはり千畳敷 ...
通称の裏駒ヶ岳ルートです。
2016年03月15日 07:32撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道のはじまりです。
「裏駒ヶ岳国有林」と書かれた看板があったので、こちら側は「裏」みたいですよ。 「表」はやはり千畳敷 ...
通称の裏駒ヶ岳ルートです。
3月15日なのに、このベタ雪の新雪半端ないです。
いよいよワカン装着でラッセル開始です!!
2016年03月15日 08:19撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3月15日なのに、このベタ雪の新雪半端ないです。
いよいよワカン装着でラッセル開始です!!
4
標高が上がってくるにつれ、思っていたよりパウダーに雪が軽くなった分、積雪も上がってきます。
2016年03月15日 08:21撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が上がってくるにつれ、思っていたよりパウダーに雪が軽くなった分、積雪も上がってきます。
いい感じの朝日で元気が出ます。
気持ちがいいです。
2016年03月15日 08:40撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じの朝日で元気が出ます。
気持ちがいいです。
1
2時間半もかかって、ようやく5合目です。
こんなところでめげません。
2016年03月15日 09:01撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間半もかかって、ようやく5合目です。
こんなところでめげません。
マーキング隠れそうですがなにか?
まだまだちからが、気力があります。
2016年03月15日 09:42撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マーキング隠れそうですがなにか?
まだまだちからが、気力があります。
でも今シーズン最深半端ない(*_*)
気持ちばかり先に進むのに、からだは苦戦中です。
2016年03月15日 09:47撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも今シーズン最深半端ない(*_*)
気持ちばかり先に進むのに、からだは苦戦中です。
4
麦草岳が見えてきました。
2016年03月15日 10:02撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麦草岳が見えてきました。
1
玉ノ窪カールです。神秘的です。
日光が当たっていないととても寒そうです。
2016年03月15日 10:37撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉ノ窪カールです。神秘的です。
日光が当たっていないととても寒そうです。
2
見晴台を越えたので、あと少しで避難小屋もう一息がんばります。
2016年03月15日 10:51撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台を越えたので、あと少しで避難小屋もう一息がんばります。
1
きました7合目避難小屋到着\(^o^)/
2016年03月15日 11:24撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きました7合目避難小屋到着\(^o^)/
吹きだまりで掘り起こしが必要です。
これでは中に入れません(笑)
2016年03月15日 11:27撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹きだまりで掘り起こしが必要です。
これでは中に入れません(笑)
2
仕方ないのでお外で、体力回復のランチタイム!!
至福の時間です。あったかいんだから〜♪
2016年03月15日 11:36撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仕方ないのでお外で、体力回復のランチタイム!!
至福の時間です。あったかいんだから〜♪
気合入れないして再スタートです。
でもここからさらに、雪の量が増えてキツイフルラッセルです。
2016年03月15日 11:48撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気合入れないして再スタートです。
でもここからさらに、雪の量が増えてキツイフルラッセルです。
2
木曽駒ケ岳のピーク見えたぞ!!
でもこの積雪でこの時間、雪崩も怖いので心が揺れます。
2016年03月15日 12:03撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ケ岳のピーク見えたぞ!!
でもこの積雪でこの時間、雪崩も怖いので心が揺れます。
4
よ〜しここで胸一杯になり。
満足しました本日ここまでとします。
これだけの景色が見れただけでも儲けものです。
大変雪崩の起きやすい状態でしたので、森林限界前の標高2415m付近で引き返し決定しました。
2016年03月15日 12:10撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よ〜しここで胸一杯になり。
満足しました本日ここまでとします。
これだけの景色が見れただけでも儲けものです。
大変雪崩の起きやすい状態でしたので、森林限界前の標高2415m付近で引き返し決定しました。
3
それにしてもとても立派な避難小屋です。
去年お世話になった7合目避難小屋はソーラーパネル、ストーブ、ロフト、トイレ完備で、自分が今まで訪れた中で一番立派です。(南アルの有料避難小屋は別)
2016年03月15日 12:20撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしてもとても立派な避難小屋です。
去年お世話になった7合目避難小屋はソーラーパネル、ストーブ、ロフト、トイレ完備で、自分が今まで訪れた中で一番立派です。(南アルの有料避難小屋は別)
2
朝は見えなかった乗鞍岳がやっとみえました。
2016年03月15日 12:30撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝は見えなかった乗鞍岳がやっとみえました。
1
木曽駒ケ岳の見収めです。
ぜひまた今度登ります。
2016年03月15日 12:40撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ケ岳の見収めです。
ぜひまた今度登ります。
1
北アルプスがいい感じに見えました。
2016年03月15日 13:41撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスがいい感じに見えました。
1
穂高連峰に槍ヶ岳も見えて気分爽快です。
2016年03月15日 14:05撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰に槍ヶ岳も見えて気分爽快です。
下山完了しました。
それにしても朝あれだけ積っていたのに雪解け早いです。
やっぱり春がすぐそこまでやってきています。
帰りの車のラジオで、本日八ヶ岳連峰の阿弥陀岳で、3人が雪崩に巻き込まれ、女性1人が死亡の訃報を知り恐ろしくなりました。
最後まで御覧頂きありがとうございました。
2016年03月15日 14:16撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山完了しました。
それにしても朝あれだけ積っていたのに雪解け早いです。
やっぱり春がすぐそこまでやってきています。
帰りの車のラジオで、本日八ヶ岳連峰の阿弥陀岳で、3人が雪崩に巻き込まれ、女性1人が死亡の訃報を知り恐ろしくなりました。
最後まで御覧頂きありがとうございました。
2
撮影機材:

感想/記録

今シーズン最後かもしれない、パウダーフルラッセルの裏駒ヶ岳です。
旧木曽駒高原スキー場メインゲレンデからのスタートです。
木曽駒ヶ岳は長野県上松町・木曽町・宮田村の境界にそびえる標高2,956mの山で、木曽山脈の最高峰。日本百名山、新日本百名山、花の百名山に選定されている。木曾駒ヶ岳とも表記され、また略して木曽駒と呼ばれる事もある。
木曽福島Bコースへ向かいます。
雪解けの沢があり春が近いことを実感てもいい感じです。
ここから登山道のはじまりです。
「裏駒ヶ岳国有林」と書かれた看板があったので、こちら側は「裏」みたいですよ。 「表」はやはり千畳敷 ...
通称の裏駒ヶ岳ルートです。
3月15日なのに、このベタ雪の新雪半端ないです。
いよいよワカン装着でラッセル開始です!!
標高が上がってくるにつれ、思っていたよりパウダーに雪が軽くなった分、積雪も上がってきます。
いい感じの朝日で元気が出ます。
気持ちがいいです。
2時間半もかかって、ようやく5合目です。
こんなところでめげません。
マーキング隠れそうですがなにか?
まだまだちからが、気力があります。
でも今シーズン最深半端ない(*_*)
気持ちばかり先に進むのに、からだは苦戦中です。
麦草岳が見えてきました。
玉ノ窪カールです。神秘的です。
日光が当たっていないととても寒そうです。
見晴台を越えたので、あと少しで避難小屋もう一息がんばります。
きました7合目避難小屋到着\(^o^)/
吹きだまりで掘り起こしが必要です。
これでは中に入れません(笑)
仕方ないのでお外で、体力回復の為のランチタイム!!
至福の時間です。あったかいんだから〜♪
おなかも満たされて、気合入れないして再スタートです。
でもここからさらに、雪の量が増えてキツイフルラッセルです。
やっと木曽駒ケ岳のピーク見えたぞ!!
でもこの積雪でこの時間、雪崩も怖いので心が揺れます。
よ〜しここでもう胸一杯になりました。
満足しました本日ここまでとします。
これだけの景色が見れただけでも儲けものです。
大変雪崩の起きやすい状態でしたので、森林限界前の標高2415m付近で引き返し決定しました。
それにしてもとても立派な避難小屋です。
去年お世話になった7合目避難小屋はソーラーパネル、ストーブ、ロフト、トイレ完備で、自分が今まで訪れた中で一番立派です。(南アルの有料避難小屋は別)
朝は見えなかった乗鞍岳がやっとみえました。
木曽駒ケ岳の見収めです。
ぜひまた今度登ります。
北アルプスがいい感じに見えました。
穂高連峰に槍ヶ岳も見えて気分爽快です。
下山完了しました。
それにしても朝あれだけ積っていたのに雪解け早いです。
やっぱり春がすぐそこまでやってきています。
帰りの車のラジオで、本日八ヶ岳連峰の阿弥陀岳で、3人が雪崩に巻き込まれ、女性1人が死亡の訃報を知り恐ろしくなりました。
最後まで御覧頂きありがとうございました。
前回の槍ヶ岳山行も御覧ください。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-822974.html
訪問者数:357人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ