ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828019 全員に公開 雪山ハイキング六甲・摩耶・有馬

雪山六甲へ2016/03/15快晴時々曇 単独

日程 2016年03月15日(火) [日帰り]
メンバー jj3bhn
天候快晴時々雲
アクセス
利用交通機関
電車
往:JR住吉駅
  住吉道→西おたふく山→六甲最高峰→全縦路西向け→
  穂高湖・シェール槍→20渉・布引の滝
復:JR三ノ宮駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間56分
休憩
1時間4分
合計
9時間0分
Sスタート地点06:2006:39白鶴美術館07:24五助ダム07:33打越峠分岐08:59西お多福山09:0009:29六甲山09:3509:57カーブ9710:20極楽茶屋跡10:2110:25極楽渓の岩場10:2710:37六甲石ころ亭フードテラス10:4210:43六甲枝垂れ10:48みよし観音10:4911:06記念碑台11:0911:17六ヶ辻11:22丁字ヶ辻11:31三国岩11:36三国池11:58穂高湖12:1512:20シェール槍12:2713:14桜谷出合13:1513:23黄連谷13:33森林植物園 東門13:3814:04立岩(三笠岩)14:15天狗道分岐点14:1614:20桜茶屋(市が原)14:2414:40布引貯水池14:4114:46布引の滝(雄滝)14:5114:51見晴らし台14:5414:57布引の滝(雄滝)15:04JR新幹線新神戸駅15:0515:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
昨晩のニュースで近畿の山でも積雪、六甲は20cmと言っていたので、急遽出かけることにしました。それも融ける前にと。
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありません
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

雪が融ける前に楽しむために、久しぶりに05:31の初発に乗り、定点観測@白鶴美術館手前。凌雲台は真っ白です。
2016年03月15日 18:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が融ける前に楽しむために、久しぶりに05:31の初発に乗り、定点観測@白鶴美術館手前。凌雲台は真っ白です。
3
凌雲台をアップで。
2016年03月15日 18:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凌雲台をアップで。
4
五助堰堤手前のサクラが咲いていました。
2016年03月15日 18:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五助堰堤手前のサクラが咲いていました。
2
五助堰堤の上では、ネコヤナギが出迎えてくれます。
2016年03月15日 18:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五助堰堤の上では、ネコヤナギが出迎えてくれます。
今日は霧氷を見るために西おたふく山に向かいます。急登が終わり、ホットして一枚、市街地を見下ろします。
2016年03月15日 18:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は霧氷を見るために西おたふく山に向かいます。急登が終わり、ホットして一枚、市街地を見下ろします。
5
何の足あとでしょうか、イノシシ?
2016年03月15日 18:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の足あとでしょうか、イノシシ?
6
作業林道に入って、最高峰を眺めます。下から見たのと同じように真っ白。
2016年03月15日 18:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業林道に入って、最高峰を眺めます。下から見たのと同じように真っ白。
1
黄色のヤブツバキ
2016年03月15日 18:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色のヤブツバキ
1
最高峰横の雪。びっしりと雪が着いています。
2016年03月15日 18:23撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰横の雪。びっしりと雪が着いています。
7
広角だとこんな感じになります。
2016年03月15日 18:23撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広角だとこんな感じになります。
3
ここからは霧氷の展覧会です。
2016年03月15日 18:23撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは霧氷の展覧会です。
5
全縦路に入ると、雪の重みで垂れ下がった枝が通せんぼをしています。身体が触れそうな所の雪を原って慎重に進みます。
2016年03月15日 18:23撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全縦路に入ると、雪の重みで垂れ下がった枝が通せんぼをしています。身体が触れそうな所の雪を原って慎重に進みます。
7
六甲最高峰
2016年03月15日 18:24撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲最高峰
9
凌雲台を展望。
2016年03月15日 18:24撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凌雲台を展望。
5
西方向を展望。左:雄岡山、右:雌岡山、遠くの煙突は高砂附近の発電所でしょうか。
2016年03月15日 18:24撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西方向を展望。左:雄岡山、右:雌岡山、遠くの煙突は高砂附近の発電所でしょうか。
4
これから下山、先ほど通ってきたはずなのに、また通せんぼされているようです。
2016年03月15日 18:24撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから下山、先ほど通ってきたはずなのに、また通せんぼされているようです。
9
凌雲台、六甲シダレ
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凌雲台、六甲シダレ
1
展望台側に出ると、MBSが取材したデータを送っているところでした。夜、voiceの前のニュースで流していました。最高峰を望む。
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台側に出ると、MBSが取材したデータを送っているところでした。夜、voiceの前のニュースで流していました。最高峰を望む。
2
同じく、アップで。
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく、アップで。
3
静寂の三国池
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静寂の三国池
3
静寂の穂高湖
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静寂の穂高湖
4
久しぶりにシェール槍に登りました。
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりにシェール槍に登りました。
5
穂高湖を見下ろしています。
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高湖を見下ろしています。
4
マンサク、まだまだ楽しめそうです。
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マンサク、まだまだ楽しめそうです。
1
ネコヤナギも。
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネコヤナギも。
3
こちらも久しぶりに、河童橋も健在でした。
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも久しぶりに、河童橋も健在でした。
3
ヤブツバキが落下して真っ赤な絨毯を敷いたようです。
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブツバキが落下して真っ赤な絨毯を敷いたようです。
1
布引湖に出てきました。
葛城・金剛の山並みも見えるようになっていました。
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布引湖に出てきました。
葛城・金剛の山並みも見えるようになっていました。
2
隠れ滝。今日は水量が多く、豪快に流れ落ちていました。
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隠れ滝。今日は水量が多く、豪快に流れ落ちていました。
2
見晴台。海の青さが素晴らしい。
2016年03月15日 18:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台。海の青さが素晴らしい。
5
御滝。
2016年03月15日 18:26撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御滝。
3
雌滝。
2016年03月15日 18:26撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌滝。
4

感想/記録
by jj3bhn

少雪の今シーズン、雪のある山はすっかり諦めていたら、昨晩のニュースで「六甲にも20cm積雪があった」とのこと。
これは融ける前に行くしかありません。
期待以上の積雪と「霧氷」にちょっと興奮気味でした。
訪問者数:453人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/3/16
投稿数: 1
2016/3/16 0:16
 六甲山今週登ります。
アイゼンは必要ですよね?
登録日: 2014/8/22
投稿数: 74
2016/3/16 10:27
 Re: 六甲山今週登ります。
tom46さん、日にちとルートが分からないので何とも言いがたいですが、表だけなら要らないと思いますが、裏に下るのなら念のためにお守り代わりに持って行かれても良いと思います。御安全に。
登録日: 2011/10/8
投稿数: 118
2016/3/16 20:03
 なんと羨ましい〜
これが週末であれば良かったのですが。
武奈ヶ岳ならカンジキでガシガシ歩けたのでしょうね。
登録日: 2014/8/22
投稿数: 74
2016/3/16 21:55
 Re: なんと羨ましい〜
Yuki1020さん、申し訳ありませんが、久しぶりに雪の六甲でした。テレビでニュースを見ていて、無職の強みでその場で行くことを宣言しました。おかげさまでとても良い思いをしました。
武奈も行っていないし、金剛山も行っていないし、と鬱々としていたのが一気に晴れました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 イノシシ 堰堤 ツバキ 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ