ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828037 全員に公開 山滑走甲信越

鍋倉山BC【記録的な少雪でも楽しめた美しいブナ林の滑走】

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー peak315
天候曇り時々小雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
55分
合計
4時間25分
S温井集落08:0508:35山小屋08:50台地09:05尾根取付き09:1010:40鍋倉山11:2511:40トラバース開始地点12:00台地12:0512:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■12日 曇り
未明0時半過ぎに道の駅「花の駅/千曲川」に到着し車中仮眠。
起点となる温井の集落に着いてみると、予想はしていたものの積雪は70〜100cmと、4月中旬と比べても約半分程度の積雪量でしかない。田圃を一段上がった雪面からシール登高となるが、旧道から県道までの登りも雪が少ないため灌木を避けながらのアルバイトとなる。田茂木池を右に見て例年ならわずかに下って山小屋の脇を通過するのだが、ここも少雪で沢が露出して山小屋には近づけず関田峠へ向かう県道をショートカットしながら台地(約750m)へと上がることになった。
しばらく台地上を進み、山頂から東に張り出した尾根の山腹に取付く。最初は急登が続き我慢の時間だが、尾根に出てしまえばブナ林の快適な登りとなり、標高1000mを超える辺りからは、新雪と霧氷の幻想的な美しさを楽しみながらの登行となった。山頂直下の窪地状の地形のところも明らかに雪が少ないことがわかる。山頂もいつもの大雪原とはいかず周辺の灌木がかなり露出していてまたまた雪の少なさを実感してしまう。小休止の後に、シールを外してヘルメットをかぶり滑走を開始。今回は初めて東南の斜面へドロップイン。美しいブナ林の斜面に、新雪が5〜10cmほど積もっていて快適なツリーランを楽しめたが、それもつかの間で、後は長いトラバース斜面と単調な林道滑りが待っていた。
コース状況/
危険箇所等
■少雪のため田茂木池南側の山小屋付近は県道側を迂回必要、また山小屋付近は水源のため立ち入り禁止の表示有り
その他周辺情報■登山届 提出ボックス等なし ※車内フロントガラスに置く
■温泉 戸狩温泉 望の湯  ※冬期のみ営業 (スキー場営業期間中)
営業時間:10:00〜21:00 (入場20:30まで)※火曜12:00〜
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 マフラー バラクラバ 着替え ブーツ ザック ビーコン 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 針金 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

3月12日の天気図
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3月12日の天気図
温井集落、いつもは4月でも雪の壁なのに・・・
2016年03月12日 07:51撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温井集落、いつもは4月でも雪の壁なのに・・・
この先の30m先からシール登行
2016年03月12日 07:51撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先の30m先からシール登行
山小屋が見えて来た
2016年03月12日 08:27撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋が見えて来た
振り返れば青空も
2016年03月12日 08:28撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば青空も
小屋前の沢は埋まっていないため対岸へは行けない
2016年03月12日 08:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前の沢は埋まっていないため対岸へは行けない
1
山頂から東へ張り出す尾根に取付く
2016年03月12日 09:01撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から東へ張り出す尾根に取付く
新芽にも霧氷が・・・
2016年03月12日 09:28撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新芽にも霧氷が・・・
1
このまま晴れると思っていたが
2016年03月12日 09:32撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このまま晴れると思っていたが
鍋倉山と言えばブナ
2016年03月12日 09:35撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋倉山と言えばブナ
3
1000mを超えると霧氷が綺麗
2016年03月12日 10:02撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1000mを超えると霧氷が綺麗
モノトーンの美しさ1
2016年03月12日 10:03撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノトーンの美しさ1
3
モノトーンの美しさ2
2016年03月12日 10:04撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノトーンの美しさ2
2
モノトーンの美しさ3
2016年03月12日 10:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノトーンの美しさ3
2
モノトーン静寂の山頂
2016年03月12日 10:38撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノトーン静寂の山頂
山頂の気温はマイナス1℃
2016年03月12日 11:00撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の気温はマイナス1℃
滑走開始の準備OK
2016年03月12日 11:27撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑走開始の準備OK
1
見づらいですがシュプール
2016年03月12日 11:41撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見づらいですがシュプール
1
あっという間に温井集落へ到着
2016年03月12日 12:37撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に温井集落へ到着
訪問者数:391人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ブナ 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ