ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828048 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

ハナネコノメを愛でに裏高尾 '16(残雪、富士山展望、日影沢より周回)

日程 2016年03月15日(火) [日帰り]
メンバー shibusan
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:中央道、圏央道高尾山IC、国道20号、都道516号経由
駐車:林道日影線 小仏川付近のスペースを利用
復路:寄り道した後、中央道八王子IC経由
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

09:20 日影沢入口駐車スペース
(林道日影線、逆沢作業道、もみじ台北巻き道、5号路北側)
10:15 高尾山頂 10:30
(1号路、5号路、3号路、富士道))
10:45 薬王院 10:55
(1号路、いろはの森、日影沢林道、林道日影線)
11:45 日影沢入口駐車スペース

GPSロガー:山と高原地図 on iPhone 6
写真のGPSは、「RICOH WG-5 GPS」で取得されたもので、iPhone 6と若干ズレが発生している
コース状況/
危険箇所等
逆沢作業道は、倒木があり、今はお奨めしない
全般的に、所々、雪が溶けて泥濘があり
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

備考 ドライレイヤー:finetrack スキンメッシュT
ベースレイヤー:mont-bell ジオラインL.W.ハイネックシャツ Men's
アウター:mont-bell ジオライン 3Dサーマル ジャケット Men's
ボトムス:Alpine DESIGN トレッキングパンツ(厚手)
ハット:mont-bell ワイドブリムハット
グローブ:mont-bell シャミース フィンガーレスグローブ Men's
フットウェア:mont-bell ラップランドブーツ Men's
バックパック:Coleman BREEZE30
チェストバッグ:PaagoWorks フォーカス L(カメラバッグ)
トレッキングポール:Black Diamond トレイルショックコンパクト

写真

旧甲州街道から林道日影線に入り、小仏川を渡ってすぐのスペースに駐車。到着は9時位になったが、思っていたより空いていた。
2016年03月15日 09:17撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧甲州街道から林道日影線に入り、小仏川を渡ってすぐのスペースに駐車。到着は9時位になったが、思っていたより空いていた。
1
林道日影線を歩くとウッディハウス愛林に到着。登山者は、奥にある簡易トイレを利用。狭い簡易トイレといえども有り難い。
2016年03月15日 09:26撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道日影線を歩くとウッディハウス愛林に到着。登山者は、奥にある簡易トイレを利用。狭い簡易トイレといえども有り難い。
ウッディハウス愛林は、いろはの森との分岐にある。今回は、そのまま林道日影線を進む。
2016年03月15日 09:27撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウッディハウス愛林は、いろはの森との分岐にある。今回は、そのまま林道日影線を進む。
日影沢沿いの林道日影線を歩く。
2016年03月15日 09:30撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日影沢沿いの林道日影線を歩く。
逆沢作業道(郵便道コース)の分岐に到着。まずは、木橋を渡る。
2016年03月15日 09:42撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆沢作業道(郵便道コース)の分岐に到着。まずは、木橋を渡る。
1
逆沢作業道の案内標識。
2016年03月15日 09:44撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆沢作業道の案内標識。
逆沢作業道の前半は倒木が多かった。ちょっと危険な箇所もあったので、この作業道は、今はお勧めできない。
2016年03月15日 09:49撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆沢作業道の前半は倒木が多かった。ちょっと危険な箇所もあったので、この作業道は、今はお勧めできない。
作業道の後半は残雪が現れる。凍結はなかったので、アイゼン等は不要。
2016年03月15日 10:04撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道の後半は残雪が現れる。凍結はなかったので、アイゼン等は不要。
左の逆沢作業道から奥高尾縦走路の巻き道に出合い、Uターンするような感じで巻き道を進む。巻き道は、雪解けの泥濘でぐちゃぐちゃ状態だった。
2016年03月15日 10:07撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の逆沢作業道から奥高尾縦走路の巻き道に出合い、Uターンするような感じで巻き道を進む。巻き道は、雪解けの泥濘でぐちゃぐちゃ状態だった。
ちょっと歩くと、奥高尾縦走路に合流し、高尾山頂ともみじ台の鞍部。左の5号路(北側)を進む。
2016年03月15日 10:09撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと歩くと、奥高尾縦走路に合流し、高尾山頂ともみじ台の鞍部。左の5号路(北側)を進む。
途中で5号路を右折し、階段を登る。
2016年03月15日 10:12撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で5号路を右折し、階段を登る。
残雪が結構残っている。
2016年03月15日 10:13撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪が結構残っている。
高尾山頂 大見晴園地に到着。
2016年03月15日 10:25撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾山頂 大見晴園地に到着。
2
富士山、丹沢の山々がよく見える。
2016年03月15日 10:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山、丹沢の山々がよく見える。
3
右から、富士山、加入道山、大室山。
2016年03月15日 10:20撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から、富士山、加入道山、大室山。
11
富士山をクローズアップ。
2016年03月15日 10:23撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山をクローズアップ。
4
富士山を更にズームアップ。
2016年03月15日 10:23撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山を更にズームアップ。
5
右端のピークが蛭ヶ岳。左から3番目のピークが丹沢山。
2016年03月15日 10:19撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右端のピークが蛭ヶ岳。左から3番目のピークが丹沢山。
2
大山をクローズアップ。
2016年03月15日 10:20撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山をクローズアップ。
2
まだまだ新しい高尾山頂碑。
2016年03月15日 10:29撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ新しい高尾山頂碑。
2
山頂碑周辺の様子。
2016年03月15日 10:29撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂碑周辺の様子。
山頂を後にし、1.5億円トイレの前を通り、5号路へ。
2016年03月15日 10:32撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を後にし、1.5億円トイレの前を通り、5号路へ。
その後、3号路、裏道(富士道)を経由して、薬王院へ。
2016年03月15日 10:46撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、3号路、裏道(富士道)を経由して、薬王院へ。
お守り授与所で、吸盤タイプの交通安全のお守りを購入。
2016年03月15日 10:51撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お守り授与所で、吸盤タイプの交通安全のお守りを購入。
その後、石段を登り、仁王門を潜る。
2016年03月15日 10:51撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、石段を登り、仁王門を潜る。
薬王院 御本堂でお参り。
2016年03月15日 10:52撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬王院 御本堂でお参り。
1
さらに上に鎮座する薬王院 御本社でもお参り。
2016年03月15日 10:55撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに上に鎮座する薬王院 御本社でもお参り。
1号路を山頂方面に進み、いろはの森コースへ入る。
2016年03月15日 11:04撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1号路を山頂方面に進み、いろはの森コースへ入る。
4号路との交差。いろはの森コースを日影沢方面へ下る。
2016年03月15日 11:10撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4号路との交差。いろはの森コースを日影沢方面へ下る。
日影沢林道との交差。いろはの森コースは、とんでもない人数の団体さんで埋まっていたので、日影沢林道を進むことに。
2016年03月15日 11:29撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日影沢林道との交差。いろはの森コースは、とんでもない人数の団体さんで埋まっていたので、日影沢林道を進むことに。
日影沢林道のゲートをすり抜ける。
2016年03月15日 11:33撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日影沢林道のゲートをすり抜ける。
林道日影線との出合い。キャンプ場方面へ進む。
2016年03月15日 11:36撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道日影線との出合い。キャンプ場方面へ進む。
1
ウッディハウス愛林まで戻ってきた。
2016年03月15日 11:39撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウッディハウス愛林まで戻ってきた。
駐車スペースまで戻り、マイカーにザックを置き、カメラを持ってユニバーサルデザイン歩道(右側)へ向かう。
2016年03月15日 11:49撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースまで戻り、マイカーにザックを置き、カメラを持ってユニバーサルデザイン歩道(右側)へ向かう。
今年も、小仏川に癒される。
2016年03月15日 12:09撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年も、小仏川に癒される。
3
小仏川。
2016年03月15日 12:09撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仏川。
1
ハナネコノメの群生地 
2016年03月15日 12:07撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナネコノメの群生地 
7
ハナネコノメの群生地◆
2016年03月15日 12:03撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナネコノメの群生地◆
9
ハナネコノメの群生地。
2016年03月15日 12:07撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナネコノメの群生地。
7
ハナネコノメの群生地ぁ
2016年03月15日 12:04撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナネコノメの群生地ぁ
5
ハナネコノメをクローズアップ 
2016年03月15日 12:03撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナネコノメをクローズアップ 
12
ハナネコノメをクローズアップ◆
2016年03月15日 12:05撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナネコノメをクローズアップ◆
7
駐車スペース前に、キクザキイチゲ。
2016年03月15日 12:18撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペース前に、キクザキイチゲ。
7
キクザキイチゲ 
2016年03月15日 12:16撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲ 
10
キクザキイチゲ◆
2016年03月15日 12:17撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲ◆
8
薬王院のお守り授与所で購入した、吸盤タイプの交通安全のお守り。
2016年03月19日 12:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬王院のお守り授与所で購入した、吸盤タイプの交通安全のお守り。

感想/記録

平日振休が取得できたので、今が旬のハナネコノメを愛でに、裏高尾 日影沢へ行ってきた。

インフルエンザA型に感染したり、寒いのが苦手だったりして、前回の山行から2か月以上も空いてしまった。

家を出るのが遅れて首都高速の渋滞に嵌ってしまったので、日影沢の駐車スペースには、9時過ぎの到着になったが、今回は思っていたより空いていた。

日影沢のハナネコノメが目的だが、折角ここまで来たので、ハナネコノメを拝む前に、高尾山だけ登ってみることにした。

アウターは着用せずにちょっと肌寒い位の装備で臨んだが、汗も控えめで、終始レイヤリング変更なしで、丁度よかった。ウッディハウス愛林では、登山者はキャンプ客用の綺麗なトイレではなく、奥にある簡易トイレを利用しなければいけないが、これはこれで有り難い。

登りは、日影沢林道、逆沢作業道(守屋益男氏作成の「高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図」の郵便道コース)を経由して、高尾山頂へ向かった。逆沢作業道は、前半、倒木で道を塞いでいる箇所が多数あり、中には危険な箇所もあったので今はお勧めできない。後半は、残雪があったが、凍結はしていなかったので、アイゼン等は不要だった。この後、奥高尾縦走路の巻き道に合流してからは、雪解けの泥濘でぐちゃぐちゃの登山道が続いた。

高尾山頂からの景観は素晴らしく、富士山や丹沢がはっきり見えた。行きの中央道からも富士山が見えたので、期待はしていた。

このまま4号路、いろはの森経由で下山してもよかったが、花を探したいと思い、5号路、3号路、富士道経由で、薬王院へ向かった。

薬王院では、吸盤タイプの交通安全のお守りを購入し、御本殿、御本社でそれぞれお参りをした。この後は、1号路を登り、いろはの森経由で車が置いてある日影沢へ戻った。その後は、ユニバーサルデザイン歩道を進み、今回の目的であるハナネコノメを鑑賞。

ハナネコノメの群生地は、人が絶えることはなかったが、少人数だったので、ハナネコノメはゆっくりと観察ができた。相変わらず、小さく可憐でキュートな花だ。





今回は折角なので、ハナネコノメ以外の花も見たいと思い、全般的に注意深く登山道を観察したが、まだ少し花の季節には早いみたいで、日影沢駐車スペースのキクザキイチゲしか拝めなかった。

今回は、短いながらも。目的のハナネコノメや高尾山頂からの景観を楽しむことができて、満足のいく山行となった。次回は、1か月後位に、いろいろな花が咲いている時期に、訪れたいと思う。
訪問者数:346人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ