ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828124 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走アフリカ

キリマンジャロ

日程 2016年02月28日(日) 〜 2016年03月04日(金)
メンバー k-ishikawa, その他メンバー1人
天候キリマンジャロ周辺は3月中旬から雨季となります。直前のシーズンでしたので、ホロンボハットまでは短い時間ですが雨が降ることもありました。ホロンボハットより上は雲より高いため気持ち良い快晴でした。気温は山頂明け方でマイナス10度…風が強かったので体感温度は更に低かったと思います。十分すぎる防寒対策をしてください。
アクセス
利用交通機関
バス、 飛行機
関空からカタール航空でドーハ経由キリマンジャロ空港へ。モシに1泊して翌日から登山開始となりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間0分
休憩
0分
合計
4時間0分
Sマラング・ゲート11:0015:00マンダラハット
2日目
山行
6時間0分
休憩
0分
合計
6時間0分
マンダラハット08:3014:30ホロンボハット
3日目
山行
2時間30分
休憩
30分
合計
3時間0分
ホロンボハット09:0010:30ゼブラロック11:0012:00ホロンボハット
4日目
山行
5時間30分
休憩
0分
合計
5時間30分
ホロンボハット08:3014:00キボハット
5日目
山行
11時間10分
休憩
3時間10分
合計
14時間20分
キボハット00:1005:00ギルマンズポイント05:50ウフルピーク06:0008:30キボハット11:3014:30ホロンボハット
6日目
山行
6時間40分
休憩
0分
合計
6時間40分
ホロンボハット06:2013:00マラングゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ざっくり言えばスタート地点は1800メートル、4日かけて毎日1000メートルずつ登ります。そして登頂日も含めて2日間で2000メートルずつ下山するイメージです。なので登頂日だけは超ハードです。
コース状況/
危険箇所等
危険個所はありません。キボハットからギルマンズポイント以外はとても緩やかな登山道です。キボハットからギルマンズポイント間も富士山程度の斜面です。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]
2016年03月の天気図 [pdf]

装備

備考 とにかく頻繁に水を飲むように指示があるので、ハイドレーションシステムはあるととても便利です。だたし、アタックの日はチューブの中で凍結しますので、水筒との併用をお勧めします。

私はダイアモックスを利用しました。ダイアモックスは高山病の治療というよりは予防として利用する方が良いと思います。血液中に酸素を取り込みやすくする作用があるので高山病の発症を遅らせることができたと思います。毎日2回半錠ずつを服用。手足にしびれを感じる副作用はありましたが、高山病にはかからず登頂できました。

写真

ゼブラロック周辺にて。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す ゼブラロック周辺にて。
4
麓の街モシより眺めるキリマンジャロ。5000メートルの標高差をもって眺めるその高さ、裾野の広さはただただ圧巻です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 麓の街モシより眺めるキリマンジャロ。5000メートルの標高差をもって眺めるその高さ、裾野の広さはただただ圧巻です。
2
マラングゲートの事務所。ここで入山手続き。手続きには結構時間がかかります。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す マラングゲートの事務所。ここで入山手続き。手続きには結構時間がかかります。
1
このゲートをくぐるといよいよ登山スタートです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す このゲートをくぐるといよいよ登山スタートです。
2
1日目は熱帯樹林の中を歩きます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 1日目は熱帯樹林の中を歩きます。
1
1日目の宿泊指定地マンダラハット。登山者は4人部屋の小コテージに相部屋で泊まることになります。ソーラー電燈があり清潔で快適なコテージです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 1日目の宿泊指定地マンダラハット。登山者は4人部屋の小コテージに相部屋で泊まることになります。ソーラー電燈があり清潔で快適なコテージです。
1
マンダラハットから30分ほど登ると視界が開け、マウェンジ峰と主峰キボ峰が見えるようになります…しかし、まだまだ遠い。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す マンダラハットから30分ほど登ると視界が開け、マウェンジ峰と主峰キボ峰が見えるようになります…しかし、まだまだ遠い。
3
進行左手にすり鉢状の小火口が見えます。ここで標高は3300メートルくらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進行左手にすり鉢状の小火口が見えます。ここで標高は3300メートルくらい。
1
ジャイアントロベリアという花です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャイアントロベリアという花です。
2
ジャイアントセネシオというキク科の花です。木ではありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャイアントセネシオというキク科の花です。木ではありません。
2
ホロンボハット周辺はジャイアントセネシオが群生しています。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す ホロンボハット周辺はジャイアントセネシオが群生しています。
2
2・3日目の宿泊地ホロンボハット。設備はマンダラハットとほぼ同じ。ここで高所順応で連泊したことが登頂に繋がったと感じています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2・3日目の宿泊地ホロンボハット。設備はマンダラハットとほぼ同じ。ここで高所順応で連泊したことが登頂に繋がったと感じています。
2
ゼブラロックまで小ハイキング。ここで標高はだいたい4000メートル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゼブラロックまで小ハイキング。ここで標高はだいたい4000メートル。
4
ゼブラロックの裏手まで登るとキボ峰がその雄姿を見せてくれました。登頂意欲が高まりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゼブラロックの裏手まで登るとキボ峰がその雄姿を見せてくれました。登頂意欲が高まりました。
10
エバーラスティングフラワーが群生しています。この群生を過ぎるとこれより先は植物はありません。高所砂漠です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エバーラスティングフラワーが群生しています。この群生を過ぎるとこれより先は植物はありません。高所砂漠です。
4
路肩にストレッチャーがありました。急病または動けなくなるとこれに乗せられてマラングまで運ばれるのです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 路肩にストレッチャーがありました。急病または動けなくなるとこれに乗せられてマラングまで運ばれるのです。
1
サドルと呼ばれる高所砂漠を歩きます。道中は簡易トイレが何か所がありますが、ここだけは隠れるところがありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サドルと呼ばれる高所砂漠を歩きます。道中は簡易トイレが何か所がありますが、ここだけは隠れるところがありません。
3
最高所の宿泊指定地キボハットです。10名程度の大部屋となります。出発の深夜まで仮眠をとるのですが、アタックを前にして皆が緊張感を漂わせています。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 最高所の宿泊指定地キボハットです。10名程度の大部屋となります。出発の深夜まで仮眠をとるのですが、アタックを前にして皆が緊張感を漂わせています。
1
日の出前にウフルピークに登頂しました。あまりに寒く、また空気が薄いことで苦しい。ここで日の出を待つ元気は無く、下山しながら楽しむこととしました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 日の出前にウフルピークに登頂しました。あまりに寒く、また空気が薄いことで苦しい。ここで日の出を待つ元気は無く、下山しながら楽しむこととしました。
8
下山途中、日の出前にギルマンズポイント方面を撮影。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 下山途中、日の出前にギルマンズポイント方面を撮影。
5
頂上直下に氷河が残っています。温暖化の影響で近い将来溶けて無くなってしまうそうです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 頂上直下に氷河が残っています。温暖化の影響で近い将来溶けて無くなってしまうそうです。
9
ギルマンズポイントまで戻り、ウフルピークを撮影しました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す ギルマンズポイントまで戻り、ウフルピークを撮影しました。
5
ギルマンズポイントより眼下にキボハットとマウェンジ峰を鳥瞰しています。ここからの急な下りで足を痛めないように気をつけて下さい…残りの長い下りが思いやられますから。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す ギルマンズポイントより眼下にキボハットとマウェンジ峰を鳥瞰しています。ここからの急な下りで足を痛めないように気をつけて下さい…残りの長い下りが思いやられますから。
4
キボハットまで下りてきました。疲れた〜。でも小休止後にこの日はホロンボハットまで下りなければなりません。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す キボハットまで下りてきました。疲れた〜。でも小休止後にこの日はホロンボハットまで下りなければなりません。
1
キボハットよりギルマンズポイントを振り返ります。中央の砂礫帯をジグザグに登降しました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す キボハットよりギルマンズポイントを振り返ります。中央の砂礫帯をジグザグに登降しました。
5
マンダラハットへ向かう低木帯の中でカメレオンを見つけました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す マンダラハットへ向かう低木帯の中でカメレオンを見つけました。
4
下山後、マラングにてガイドが登頂証明書にサインをしてくれます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 下山後、マラングにてガイドが登頂証明書にサインをしてくれます。
3

感想/記録

 キリマンジャロは誰でも挑戦できる山。気力と体力があり、高山病対策ができれば登頂できます。高所順応日を外して5日間にすることもできますが、順応日があったことで体力と気持ちの余裕を持てました。
 キリマンジャロは個人で勝手に登ることはできません。日本か現地で旅行会社に依頼する必要があります。私は西遊旅行に個人旅行としてアレンジしてもらいました。私たち夫婦に2名のガイド、1名のコック、6名のポーターが同行してくれました。屈強で、心優しい方々でした。彼らのサポート、彼らとの信頼関係も登頂に不可欠なものでした。
訪問者数:301人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/16
投稿数: 8
2016/3/16 0:28
 登頂おめでとうございます
キリマンジャロ登頂おめでとうございます。
セブンサミッツの1峰ですね★
私もいつか行ってみたい・・・。
ガイド同行が義務づけられているのですね。高度順応はいかがでしたか?

お疲れさまでした。
登録日: 2014/5/31
投稿数: 1
2016/3/16 0:48
 Re: 登頂おめでとうございます
ありがとうございます。
ガイドだけでなくコックとポーターも同行するんです。
何から何まで荷揚げするのでびっくりするぐらいの人数になります。2人為に9人同行ですよ。でもこれが標準です。
高所順応はうまくゆきました。薬の効果もあったと思いますし、とにかくポレポレ(ゆっくり)登りますので。
いつか行けたらいいですね。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ストレッチ 高山病 氷河
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ