ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828183 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

冬の北八ヶ岳_2☆晴れの蓼科山(女ノ神茶屋よりピストン)

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー chasou
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
冬季は女ノ神茶屋までのバスはなし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間55分
休憩
29分
合計
3時間24分
S女ノ神茶屋・蓼科山登山口08:0008:53標高2110m標識08:5409:49蓼科山09:5309:54蓼科神社奥宮10:0310:04蓼科山10:0610:09蓼科山頂ヒュッテ10:2010:22蓼科山10:53標高2110m標識10:5511:24女ノ神茶屋・蓼科山登山口11:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■女ノ神茶屋→標高2110m標識→蓼科山山頂
・トレースがしっかりついていて歩きやすい。
 標高2110m標識近くまではアイゼンなしでも行けた。
 それ以降の急坂は12本アイゼンがないときつい。
・森林限界を超えると風が強くなるので、手前で風と防寒対策をしておいた方がいい。
 蓼科山頂ヒュッテは雪にだいぶ埋もれていて、建物の影などで風を遮ることはできなかった。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

宿から見える蓼科山。
快晴☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿から見える蓼科山。
快晴☆
雪はそこそこある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はそこそこある。
急登に入ると眺めも良くなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登に入ると眺めも良くなる。
1
森林限界を超える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を超える。
一気に広がる景色。
風も一気に強くなる。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に広がる景色。
風も一気に強くなる。。
頂上は風を遮るものがないので強風を受け続ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上は風を遮るものがないので強風を受け続ける。
2
神社もある。
この辺りは開けた頂上の真ん中あたりにあるので風がまし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社もある。
この辺りは開けた頂上の真ん中あたりにあるので風がまし。
4
八ヶ岳と南ア。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳と南ア。
小屋は雪の中。
ここでも風は遮れず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋は雪の中。
ここでも風は遮れず。
下りで見える八ヶ岳もきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りで見える八ヶ岳もきれい。
1
下山後は共同温泉。
12時前と時間が早かったので貸し切り状態。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は共同温泉。
12時前と時間が早かったので貸し切り状態。
2
共同温泉近くのバス停。
プール平から茅野へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
共同温泉近くのバス停。
プール平から茅野へ。

感想/記録
by chasou

北八ヶ岳2日目は蓼科山。
朝起きて外を見ると青空に蓼科山も頂上までくっきり。

朝ごはんを食べて、女ノ神茶屋の登山口へ。
駐車場には10台ぐらい止められていたけれど、まだ数台の余裕はある感じ。

登山口から雪がけっこうあるけれど、トレースはしっかりあり歩きやすい。
急坂が始まるまではアイゼン付けず、樹林帯の雪の登山道を楽しみながらてくてく歩く。

中間点を過ぎたぐらいから始まる急坂はけっこうな急坂。
アイゼンを付けて登っていく。
ところどころ視界が開ける。
八ヶ岳や南アルプス、中央アルプスなどがくっきり。
急登だけれど、振り返ると見える眺めはすばらしい。

森林限界を超え、岩場に入ると、樹林帯では感じなかった強風が吹きつける。
頂上付近は風でトレースは飛ばされてしまっている。
そのため、頂上までは適当に直登。
踏み抜くところもあって歩きにくい。

頂上は広々としていて、一番高いところからはぐるっと山々が見える。
浅間山もくっきり。
のんびりランチでもと思っていたけれど、強風とともに氷点下10度ぐらいの寒さ。
山頂をうろうろしつつパンを食べて、早々に下山開始。

下りは急坂だけれど雪なのですいすい降りる。
1時間もかからずあっという間に下山。

下山後は蓼科温泉の共同浴場で温泉に入り冷え切った体を温める。
その後、近くのお蕎麦屋さんでお昼を食べお腹も満たされた。

2日目の北八ヶ岳、晴れの蓼科山で眺めを楽み、下山後の温泉は気持ちよく、いい冬の山行となりました☆
訪問者数:341人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ