ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828203 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

胸まで雪にハマり焦る〜大室山・加入道山(西丹沢自然教室より周回)

日程 2016年03月15日(火) [日帰り]
メンバー Gonpapa
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西丹沢自然教室駐車場(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:13神奈川県立西丹沢自然教室
05:40-44用木沢出合
07:42-59犬越路
11:18大室山・犬越路分岐
11:34-40大室山
11:54-12:12大室山・犬越路分岐
13:16破風口
13:48前大室
14:19加入道山
14:37道志村への分岐点
14:45白石峠
15:28白石滝
16:20用木沢出合
16:37ツツジ新道入口
16:43神奈川県立西丹沢自然教室
コース状況/
危険箇所等
●積雪が予想外で、膝まで埋もれることたびたび。股下までのことも、たまに。埋もれた木道を外したとき、胸まで埋まってしまい、少々焦る。

・用木沢出合〜犬越路
  ・最初は、何度か沢を渡りながら、沢沿いを緩やかに登る。
  ・用木沢を離れると、やや急登で犬越路へ。

・犬越路〜大室山
  ・やや急登の後、痩せ尾根を緩やかにアップダン(一部は短い急登・急登)しながら
   進んだ後、やや急登して大室山分岐に至る。
  ・大室山分岐からは、ほぼ平坦に進み大室山へ。

・大室山分岐〜白石峠
  ・緩やかに下った後、急降して破風口へ。
  ・その後、急登し、緩やかに進んで前大室へ。
  ・急降・急登後、緩やかに加入道山へ
  ・やや急降して、白石峠へ。

・白石峠〜用木沢出合
  ・急降した後、緩やかに下って白石の滝へ。
  ・白石の滝から緩やかにトラバース路を進み、再び急降して沢に下る。
  ・その後は沢沿いを何度か渡渉しながら概ね平坦に下り、用木沢出合に至る。
その他周辺情報ぶなの湯 700円 PM6:00まで。水曜定休。
http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/contents_detail.php?frmId=241
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

05:44用木沢出合。犬越路まで2.5キロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
05:44用木沢出合。犬越路まで2.5キロ。
1
用木沢出合から直ぐに現れる鉄橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
用木沢出合から直ぐに現れる鉄橋。
1
何度か、渡渉しながら沢沿いを進む。橋は雪/氷でコーティングされており、要注意でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か、渡渉しながら沢沿いを進む。橋は雪/氷でコーティングされており、要注意でした。
3
広い河原に出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い河原に出る。
2
犬越路まで0.9キロ地点から、用木沢を離れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬越路まで0.9キロ地点から、用木沢を離れる。
2
用木沢への支流の沢に沿って登る。雪が深くなる。この先大丈夫かな〜?当初、畦ヶ丸まで回るつもりだったが、無理かな?途中で敗退かな?などと考えながら進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
用木沢への支流の沢に沿って登る。雪が深くなる。この先大丈夫かな〜?当初、畦ヶ丸まで回るつもりだったが、無理かな?途中で敗退かな?などと考えながら進む。
2
犬越路まで0.5キロ地点で右折し、沢を渡る。トウセンボ紐がなかったら、そのまま直登してしまいそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬越路まで0.5キロ地点で右折し、沢を渡る。トウセンボ紐がなかったら、そのまま直登してしまいそう。
2
まるで雪国。沢を渡り、右側を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるで雪国。沢を渡り、右側を登る。
4
トンネルの先が、犬越路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルの先が、犬越路。
9
07:42-59犬越路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:42-59犬越路。
12
07:42-59犬越路。檜洞丸と、それに至る稜線。犬越路から大室山まで2.6キロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:42-59犬越路。檜洞丸と、それに至る稜線。犬越路から大室山まで2.6キロ。
10
遠くに、箱根山、金時山を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに、箱根山、金時山を望む。
14
(拡大)箱根山、金時山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)箱根山、金時山
2
犬越路避難小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬越路避難小屋。
5
犬越路避難小屋内部(右側)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬越路避難小屋内部(右側)
3
犬越路避難小屋内部(左側)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬越路避難小屋内部(左側)
畦ヶ丸〜甲相国境尾根〜富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸〜甲相国境尾根〜富士山。
8
急登の後、痩せ尾根を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登の後、痩せ尾根を進む。
5
遠くに、箱根山、金時山、愛鷹山、富士山。中央の山影が、畦ヶ丸かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに、箱根山、金時山、愛鷹山、富士山。中央の山影が、畦ヶ丸かな。
3
蛭ヶ岳、檜洞丸。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳、檜洞丸。
2
大室山まで1.8キロ地点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大室山まで1.8キロ地点。
5
(振り返って)膝上まで埋まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)膝上まで埋まる。
5
(拡大)大涌谷の噴煙が良く分かる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)大涌谷の噴煙が良く分かる。
3
(振り返って)左:蛭ヶ岳、右:檜洞丸
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)左:蛭ヶ岳、右:檜洞丸
2
御正体山、その右奥に南アルプス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御正体山、その右奥に南アルプス。
3
愛鷹山、富士山、御正体山、(ちょこっと)南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛鷹山、富士山、御正体山、(ちょこっと)南アルプス
7
東丹沢の山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東丹沢の山々。
4
(拡大)蛭ヶ岳、不動の峰、丹沢、塔ノ岳かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)蛭ヶ岳、不動の峰、丹沢、塔ノ岳かな
3
木道が雪の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道が雪の中。
1
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
1
間もなく、大室山・犬越路分岐 。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく、大室山・犬越路分岐 。
1
11:18大室山・犬越路分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:18大室山・犬越路分岐
1
分岐を右折した後、平坦に進むと、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を右折した後、平坦に進むと、
1
11:54-12:12大室山・犬越路分岐へ戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:54-12:12大室山・犬越路分岐へ戻る。
1
(分岐を振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(分岐を振り返って)
2
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
1
富士山、御正体山、三ッ峠山、大菩薩嶺。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山、御正体山、三ッ峠山、大菩薩嶺。
3
(拡大)奥のアンテナ塔がある山影が三ッ峠山かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)奥のアンテナ塔がある山影が三ッ峠山かな。
3
急降し、破風口へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急降し、破風口へ。
1
大菩薩嶺、飛龍山、雲取山、鷹巣山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺、飛龍山、雲取山、鷹巣山。
3
富士山、御正体山、前大室。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山、御正体山、前大室。
4
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
2
(分かり難いですが、黒い三角形は私の足です)股下まで埋まりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(分かり難いですが、黒い三角形は私の足です)股下まで埋まりました。
3
痩せ尾根を緩やかに進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根を緩やかに進む。
1
この尾根筋に3カ所ほど、同様の「熊よけ」がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根筋に3カ所ほど、同様の「熊よけ」がありました。
1
このコルが破風口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコルが破風口。
2
あれ?トレースが途切れた!!前に進もうとしが、この急坂、滑って登れない。振り返ってよく見たら、雪の少ない急斜面をトラバースするトレースがあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?トレースが途切れた!!前に進もうとしが、この急坂、滑って登れない。振り返ってよく見たら、雪の少ない急斜面をトラバースするトレースがあった。
2
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
2
(振り返って)雪が多く登山道を見失い(振り返ってみたら登山道は左の斜面にあった)、尾根をキープして進む。手前の痩せ尾根はヤバかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)雪が多く登山道を見失い(振り返ってみたら登山道は左の斜面にあった)、尾根をキープして進む。手前の痩せ尾根はヤバかった。
3
大室山を振り返って。右肩は、鍋割山?雨山?檜岳?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大室山を振り返って。右肩は、鍋割山?雨山?檜岳?
2
氷の花があまりに見事だったので、ズーム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷の花があまりに見事だったので、ズーム。
5
緩やかに登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかに登る。
1
間もなく、前大室。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく、前大室。
2
(前大室頂上を振り返って)下山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(前大室頂上を振り返って)下山開始。
この山影の奥に加入道山。コルが、馬場峠。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山影の奥に加入道山。コルが、馬場峠。
3
ここから短くやや急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから短くやや急登。
1
緩やかに登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかに登る。
2
飛龍山、雲取山、芋ノ木ドッケor長沢山、鷹巣山、三頭山、御前山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍山、雲取山、芋ノ木ドッケor長沢山、鷹巣山、三頭山、御前山。
2
(拡大)雲取山、芋ノ木ドッケor長沢山、高丸山、日蔭名栗山、鷹巣山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)雲取山、芋ノ木ドッケor長沢山、高丸山、日蔭名栗山、鷹巣山。
1
(拡大2)雲取山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大2)雲取山
1
(拡大2)鷹巣山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大2)鷹巣山
1
(振り返って)背後の建物は、加入道山避難小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)背後の建物は、加入道山避難小屋。
1
道志村への分岐点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道志村への分岐点。
1
14:37道志村への分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:37道志村への分岐点
2
今回は、ここからエスケープ。続きは、またの機会に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は、ここからエスケープ。続きは、またの機会に。
(振り返って)急降
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)急降
用木沢出合3・1キロ地点で一旦急降を終え、緩やかに下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
用木沢出合3・1キロ地点で一旦急降を終え、緩やかに下る。
2
えぐられた、ゴロ岩の登山道を雪が覆っており、滑って、しこたま打った。歩き難い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えぐられた、ゴロ岩の登山道を雪が覆っており、滑って、しこたま打った。歩き難い。
2
渡渉すると、休憩ポイント。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉すると、休憩ポイント。
2
15:28白石の滝。近づくことができるのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:28白石の滝。近づくことができるのかな?
1
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
(振り返って)砂防ダムをいくつか超えていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)砂防ダムをいくつか超えていく。
1
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
何度か、渡渉を繰り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か、渡渉を繰り返す。
1
この橋を渡ると広い道に変わる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋を渡ると広い道に変わる。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
広い道に変わる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い道に変わる。
(林道終点から振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(林道終点から振り返って)
1
このゲートの先が、用木沢出合。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このゲートの先が、用木沢出合。
1
16:20用木沢出合。ここまで車は、大丈夫。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:20用木沢出合。ここまで車は、大丈夫。
1
ウェルキャンプ場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウェルキャンプ場
ミツマタの花が満開でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツマタの花が満開でした。
5
(振り返って)16:37ツツジ新道入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)16:37ツツジ新道入口
16:43神奈川県立西丹沢自然教室(緑の屋根)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:43神奈川県立西丹沢自然教室(緑の屋根)
今日は駐車場は余裕でした。お疲れさま!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は駐車場は余裕でした。お疲れさま!!
1
ぶなの湯。西丹沢自然教室から帰る場合、入口を見つけ難いので、行きの時に、入口をよく確認しておくとよい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぶなの湯。西丹沢自然教室から帰る場合、入口を見つけ難いので、行きの時に、入口をよく確認しておくとよい。
1

感想/記録

・当初は、大室山から畦ヶ丸まで回る計画だったが、ノートレースの雪道で時間がかかっており、大室山ピストンに切り替えるつもりだった。が、大室山・犬越路分岐から大室山へ往復して戻ると、加入道山方向に1名のトレースがあった。

・このため、このトレースを辿り、白石峠からエスケープすることにして、日暮前に無事下山でき、ホッとしました。

・西丹沢自然教室の方によると檜洞丸から蛭ヶ岳に向かった方は、途中で、引き返してきたそうです。

追記)
 後日、リベンジで白石峠から畦ヶ丸へ歩きました(下記参照)。

 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-849215.html
訪問者数:725人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/19
投稿数: 1026
2016/3/17 3:24
 お疲れ様です!
初めまして。このコンディションの中、この周回ルートとは素晴らしいです。私が行った標高1200の畦ヶ丸でさえ吹き溜まりでは腰あたりまで埋まり難儀しましたから、犬越路経由での大室山はさぞかし大変だったでしょうね!

また写真には丁寧な説明が有り興味深く拝見しました。
特に大室山方面から東丹沢の絵(No32)は、地図片手に見入ってしまいました。雲取方面も行った事はあれど外からは全く同定出来ずなので、このレコを参考にもう少し勉強しようと思います
登録日: 2011/11/2
投稿数: 71
2016/3/17 13:54
 Re: お疲れ様です!
初めまして。コメントありがとうございます。
犬越路から先の、股下まで埋まった痩せ尾根では、敗退か?と思いつつ、今日は天気が安定しているので、もう少し頑張ってみるかと進んで、何とか大室山までたどり着くことができました。
犬越路の分岐まで引き返したら、トレースがついており、これに元気を貰って、白石峠を経由して、戻ることができました。
秋冬は空気が澄んでいて、遠くまではっきりと見え、山の同定がやり易いですね。いつもは奥多摩の方から丹沢を眺めており、逆は新鮮でした。
いつも山レコには助けられており、出来るだけ、ご覧になった方のお役に立てればと思いながら、投稿してます。何か、お役にたったなら、嬉しい限りです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ