ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828206 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

雪の御前山ー九鬼山

日程 2016年03月15日(火) [日帰り]
メンバー otetsu, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
スタート:中央本線「猿橋」駅
ゴール:富士急行「禾生」駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間33分
休憩
1時間31分
合計
7時間4分
S猿橋駅08:3609:36神楽山09:4010:03御前山(厄王山)10:1410:43沢井沢ノ頭11:11馬立山11:53礼金峠12:0113:09九鬼山13:1113:14富士見平13:1513:18九鬼山14:1314:16富士見平15:15愛宕神社15:2515:30落合水路橋15:40禾生駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
基本的にコース上雪が付いていました。
特に「馬立山から札金峠までの下り」、「富士見平からの下り」かなり滑りやすかったです。
その他周辺情報コース上トイレはありません。
コンビニは猿橋駅南口にはありません。ゴール手前「禾生」駅手前にローソンがありました。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

備考 念のためチェーンスパイクは持って行った方がいいと思います。ドロンコ登山道でしたので、スパッツは持って行った方がいいでしょう。

写真

猿橋駅から百蔵山、扇山を望む。うっすらと雪化粧。
2016年03月15日 08:34撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿橋駅から百蔵山、扇山を望む。うっすらと雪化粧。
2
猿橋駅南口をスタート。
2016年03月15日 08:36撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿橋駅南口をスタート。
1
分譲地へのロードからいよいよ登山道。
2016年03月15日 08:47撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分譲地へのロードからいよいよ登山道。
1
うっすらと雪が積もっている。
2016年03月15日 09:06撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすらと雪が積もっている。
1
神楽山山頂。
2016年03月15日 09:36撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神楽山山頂。
2
御前山山頂。ここでチェーンスパイク装着。
2016年03月15日 10:04撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山山頂。ここでチェーンスパイク装着。
5
御前山山頂から富士山、これから向かう九鬼山までのルートが一望。
2016年03月15日 10:14撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山山頂から富士山、これから向かう九鬼山までのルートが一望。
6
トラロープが張られている登山道。
2016年03月15日 11:05撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープが張られている登山道。
1
馬立山山頂。
2016年03月15日 11:11撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬立山山頂。
2
札金峠。
2016年03月15日 11:53撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
札金峠。
1
九鬼山山頂直下。とにかくキツい。
2016年03月15日 12:58撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九鬼山山頂直下。とにかくキツい。
4
九鬼山山頂。くるぶしまで雪に埋まる。
2016年03月15日 13:09撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九鬼山山頂。くるぶしまで雪に埋まる。
6
富士見平まで即下山。雪深い登山道。
2016年03月15日 13:11撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平まで即下山。雪深い登山道。
1
富士見平から富士山を望む。
2016年03月15日 13:14撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平から富士山を望む。
2
富士見平で食事を摂るスペースがなかったので、また山頂に戻る。
2016年03月15日 13:18撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平で食事を摂るスペースがなかったので、また山頂に戻る。
1
この日の昼食。樹木からの落雪にあいながらの昼食。
2016年03月15日 13:27撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日の昼食。樹木からの落雪にあいながらの昼食。
5
九鬼山からの下りドロドロで滑りやすく、写真を撮る余裕がありませんでした。下山口の愛宕神社。
2016年03月15日 15:15撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九鬼山からの下りドロドロで滑りやすく、写真を撮る余裕がありませんでした。下山口の愛宕神社。
1
愛宕神社からリニア実験線。
2016年03月15日 15:16撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕神社からリニア実験線。
1
水道橋
2016年03月15日 15:30撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水道橋
1
禾生駅。ゴール。
2016年03月15日 15:40撮影 by T-02D, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
禾生駅。ゴール。
1
撮影機材:

感想/記録
by otetsu

雪は九鬼山山頂付近は残っているが、その他はほとんど雪は付いていないとの情報でした。
しかし、前日(3月14日)の関東の雨は現地では雪のようでした。
猿橋駅を降りたらあたりは、うっすらと雪が残っている。
この日、猿橋駅から山に入ったのは我々は一組目のようで、登山道には雪が積もっている。
九鬼山山頂付近はくるぶしより上まで雪が積もっていました。

御前山からチェーンスパイクを装着。
気温が上がってきてチェーンスパイクに雪がまとわりつき、かなり歩きにくかったです。
馬立山から札金峠までの下りはかなりの急下降で滑りやすかったです。雪が足にまとわりつきスパイクがきかない。まさに我慢の下り。そして、札金峠からまた上り。特に、九鬼山山頂直下がかなりキツイ。

昼食は、富士見平でとろうと思いましたが、先客がおり、九鬼山山頂に戻り、山頂で。
気温が上がってきたせいか、樹木に積もった雪が頭に、そしてザックにどんどん落ちてきて、身体もザックもビッショリになりました。

身体がかなり冷えてきたので、大急ぎで下山。しかし、富士見平からの下りがまたキツく滑りやすい。我慢の下山でした。
これから数日はドロンコ登山道になるでしょう。

撮影することができませんでしたが、下山途中「生リニア」を見ることができました。本当に一瞬でした。

訪問者数:442人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/4
投稿数: 9
2016/3/16 12:57
 お疲れ様でした。
装備の面では色々勉強になる山でした。もっと詳細に天気のわかるコンテンツはないものか…。相方より。
登録日: 2013/6/12
投稿数: 15
2016/3/16 16:49
 Re: お疲れ様でした。
平野が雨なら山は雪だと思った方がいい、あらためて感じた山でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ザック トラロープ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ