ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828347 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

鍋割山(↑VRコシバ沢・↓VR後沢左岸尾根)

日程 2016年03月16日(水) [日帰り]
メンバー kaz01, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
寄大橋前駐車スペースより
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間42分
休憩
1時間7分
合計
6時間49分
S寄大橋(水源林管理棟前ゲート)07:1007:23後沢出合08:48釜場ノ平09:03寄コシバ沢09:0510:06鍋割峠10:0810:39オガラ沢分岐10:50鍋割山11:4712:38後沢乗越12:39後沢分岐12:4412:53後沢左岸尾根12:5413:50後沢出合13:59水源の森・公衆トイレ13:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
VRコシバ沢:前半は、水量の少ない河原の中を登って行きます。
 後半は、河原を離れて登って行きますが、狭いトラバース箇所は注意。
 長めのロープ場有り。

VR後沢左岸尾根:前半は、沢までジグザグに降って行きます。途中、鹿柵をくぐる箇所有り。
 後半は、沢沿いを歩いて行きます。
 一般登山道のような感じで歩きやすい感じでしたが、道標等は無かったと思います。
 テープ等多数有り。

写真

大橋前の駐車スペースより出発です。今日は、私の車だけでした。
2016年03月16日 07:08撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大橋前の駐車スペースより出発です。今日は、私の車だけでした。
2
管理棟に登山届けのポストが有りますが、今回は初めてネットのコンパスで登山届けを出しました。
2016年03月16日 07:10撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
管理棟に登山届けのポストが有りますが、今回は初めてネットのコンパスで登山届けを出しました。
4
管理棟から少し進んだ所。帰りは、ココから出てくる予定です。
2016年03月16日 07:23撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
管理棟から少し進んだ所。帰りは、ココから出てくる予定です。
林道の終点から登山道に入ります。クマの看板が飛ばされていたので立て掛けて置きました。
2016年03月16日 07:27撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の終点から登山道に入ります。クマの看板が飛ばされていたので立て掛けて置きました。
3
前に来た時よりも水量が多い気がする。
2016年03月16日 07:43撮影 by DMC-LZ5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前に来た時よりも水量が多い気がする。
5
ハイッ、花粉症が通りまーす。
2016年03月16日 07:41撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイッ、花粉症が通りまーす。
3
広い河原を渡る。喉が渇くので花粉症の薬は避けていましたが、ガマンできずに服用しました。
2016年03月16日 07:44撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い河原を渡る。喉が渇くので花粉症の薬は避けていましたが、ガマンできずに服用しました。
2
渡渉箇所付近に、倒木が有ったのでワザワザ渡ってみた。(妻は普通に渡りました。)
2016年03月16日 07:56撮影 by DMC-LZ5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉箇所付近に、倒木が有ったのでワザワザ渡ってみた。(妻は普通に渡りました。)
2
次の広い河原。
2016年03月16日 07:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の広い河原。
1
印が有ります。
2016年03月16日 08:00撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
印が有ります。
2
広い河原には案内が有るので分かりやすいです。
2016年03月16日 08:09撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い河原には案内が有るので分かりやすいです。
1
秘かにドボン!チャンスを狙っていたが・・・。
2016年03月16日 08:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秘かにドボン!チャンスを狙っていたが・・・。
11
ココから先は、河原を直進しないように、バッテン棒が有ったが、倒れていました。
2016年03月16日 08:14撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココから先は、河原を直進しないように、バッテン棒が有ったが、倒れていました。
2
アッ!
2016年03月16日 08:28撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アッ!
16
シダンコ山とダルマ沢ノ頭が見えます。んー今日も怪しい空ダ。
2016年03月16日 08:36撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シダンコ山とダルマ沢ノ頭が見えます。んー今日も怪しい空ダ。
3
遠くから見たら綿の様に見えました。コレは飛んで行くのでしょうか?
2016年03月16日 08:38撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くから見たら綿の様に見えました。コレは飛んで行くのでしょうか?
5
改めて見ると、この辺りのルートは、注意マークが多いですね。もう少し進んだら点線のVRルートで登ります。
2016年03月16日 08:40撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて見ると、この辺りのルートは、注意マークが多いですね。もう少し進んだら点線のVRルートで登ります。
2
ハシゴを登ります。
2016年03月16日 08:44撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴを登ります。
5
以前よりも崩落が進んでいる様な気がします。
2016年03月16日 08:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前よりも崩落が進んでいる様な気がします。
4
コシバ沢の分岐に出ました。今日はココを右に上がって行きます。
2016年03月16日 09:07撮影 by DMC-LZ5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コシバ沢の分岐に出ました。今日はココを右に上がって行きます。
3
大丈夫・・・かな?。ココからバリルート開始です。
2016年03月16日 09:02撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大丈夫・・・かな?。ココからバリルート開始です。
1
ああ〜、イキナリ歩きずらい。
2016年03月16日 09:06撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ〜、イキナリ歩きずらい。
5
長い河原をヒタスラ登って来ました。
2016年03月16日 09:22撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い河原をヒタスラ登って来ました。
1
ココの大きな倒木が出て来たら、左側を進みます。
2016年03月16日 09:30撮影 by DMC-LZ5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココの大きな倒木が出て来たら、左側を進みます。
4
フッフッフッフッ。(左手で投げたらハズレタ・・・。)
2016年03月16日 09:28撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フッフッフッフッ。(左手で投げたらハズレタ・・・。)
11
ココから左に上がって行きます。右側に河原の分岐や尾根が有りますが、そっちへ行くと遭難しちゃいますよ・・・たぶん。
2016年03月16日 09:29撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココから左に上がって行きます。右側に河原の分岐や尾根が有りますが、そっちへ行くと遭難しちゃいますよ・・・たぶん。
4
へーそうなん(遭難)ですかー。気を付けねば!。
2016年03月16日 09:34撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へーそうなん(遭難)ですかー。気を付けねば!。
4
今回一番危険と思った所でしたが、写真で見ると全然伝わりませんねー。
2016年03月16日 09:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回一番危険と思った所でしたが、写真で見ると全然伝わりませんねー。
3
長いロープ場です。
(登りにくいのは最初だけ。)
2016年03月16日 09:55撮影 by DMC-LZ5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長いロープ場です。
(登りにくいのは最初だけ。)
3
後半は広くなって来ました。
2016年03月16日 10:02撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半は広くなって来ました。
1
稜線に近付くにつれ、積雪が増して来ました。
2016年03月16日 10:11撮影 by DMC-LZ5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に近付くにつれ、積雪が増して来ました。
4
鍋割り峠に出ました。VRコシバ沢無事クリアー。
(ヤッター!)
2016年03月16日 10:08撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割り峠に出ました。VRコシバ沢無事クリアー。
(ヤッター!)
10
安心したのも束の間。積雪が多く、VRよりも一般登山道の方が大変でした!。(登ろうとして、コケてる妻。)
2016年03月16日 10:17撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安心したのも束の間。積雪が多く、VRよりも一般登山道の方が大変でした!。(登ろうとして、コケてる妻。)
11
タダでさえ急なのに、積雪のせいで更に疲れます。もう汗ダクです。
2016年03月16日 10:20撮影 by DMC-LZ5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タダでさえ急なのに、積雪のせいで更に疲れます。もう汗ダクです。
4
檜洞丸も蛭ヶ岳も雲の中で見えません。(あー残念。)
2016年03月16日 10:19撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞丸も蛭ヶ岳も雲の中で見えません。(あー残念。)
3
吹き溜まりの雪が結構深いです。(ズボンのベンチレーション全開だったのを忘れて、雪が大量に入りました。)
2016年03月16日 10:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹き溜まりの雪が結構深いです。(ズボンのベンチレーション全開だったのを忘れて、雪が大量に入りました。)
5
マサカこんなに積雪があるなんて思わなかった!。(でも楽しいー!・・・疲れるけど。)
2016年03月16日 10:35撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マサカこんなに積雪があるなんて思わなかった!。(でも楽しいー!・・・疲れるけど。)
7
雪が有る所と、無い所が極端です。(ココは、鍋割北尾根へ降りるポイント、いつかココから登って来る予定です。)
2016年03月16日 10:39撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が有る所と、無い所が極端です。(ココは、鍋割北尾根へ降りるポイント、いつかココから登って来る予定です。)
1
鍋割山山頂手前の開けた所。登山道は右側で、ラッセルが必要。雪の少ない左を歩きます。
2016年03月16日 10:41撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山山頂手前の開けた所。登山道は右側で、ラッセルが必要。雪の少ない左を歩きます。
1
山頂が見えました。
(ガスっています。)
2016年03月16日 10:54撮影 by DMC-LZ5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えました。
(ガスっています。)
1
鍋割山山頂に到着!。(前回との違いは足元の雪だけ、私の場合鍋割山の晴天率25%です。)
2016年03月16日 10:52撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山山頂に到着!。(前回との違いは足元の雪だけ、私の場合鍋割山の晴天率25%です。)
31
今回も名物うどんを頂ました。(ヤッパリ旨い!)
2016年03月16日 11:16撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回も名物うどんを頂ました。(ヤッパリ旨い!)
11
平日のこんな天候でしたが、山小屋は多くの登山者で賑わっていました。
2016年03月16日 11:43撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日のこんな天候でしたが、山小屋は多くの登山者で賑わっていました。
1
ああー今回も富士山が見えなかった。
2016年03月16日 11:44撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああー今回も富士山が見えなかった。
2
下山道は、泥濘が多くコケないように注意です。
2016年03月16日 11:49撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道は、泥濘が多くコケないように注意です。
1
檜岳方面はまずまずの眺め。下の方に歩いて来た河原が見えます。
2016年03月16日 11:56撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜岳方面はまずまずの眺め。下の方に歩いて来た河原が見えます。
3
前回登ったマルガヤ尾根。あちらも雪が多そうです。
2016年03月16日 12:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回登ったマルガヤ尾根。あちらも雪が多そうです。
2
登山道脇に道が有ります。下山予定のルートと同じ所に出れるようです。
(注:未確認です。)
2016年03月16日 12:24撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇に道が有ります。下山予定のルートと同じ所に出れるようです。
(注:未確認です。)
後沢乗越を通過。少し進んで写真右奥から降ります。
2016年03月16日 12:38撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越を通過。少し進んで写真右奥から降ります。
2
前回、栗ノ木洞へ向かう時、登山道から見えて気になっていた所。今日はココからVR後沢左岸尾根で下山します。
2016年03月16日 12:39撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回、栗ノ木洞へ向かう時、登山道から見えて気になっていた所。今日はココからVR後沢左岸尾根で下山します。
2
柵から入った所。
(有刺鉄線に注意!)
2016年03月16日 12:45撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柵から入った所。
(有刺鉄線に注意!)
1
柵沿いに歩きます。VRなのに普通の登山道みたい。
2016年03月16日 12:52撮影 by DMC-LZ5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柵沿いに歩きます。VRなのに普通の登山道みたい。
2
扉の無い柵。針金の間をくぐります。
2016年03月16日 12:53撮影 by DMC-LZ5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扉の無い柵。針金の間をくぐります。
3
この斜面をジグザグに降りて来ました。
2016年03月16日 13:06撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この斜面をジグザグに降りて来ました。
1
足を乗せたら、突然この木が折れてコケました。
2016年03月16日 13:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足を乗せたら、突然この木が折れてコケました。
1
ココは直進しないで柵をくぐり沢に降ります。
2016年03月16日 13:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココは直進しないで柵をくぐり沢に降ります。
1
沢に降りて、渡渉します。反対から登って来ると、少し分かりにくいかも?。
2016年03月16日 13:14撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に降りて、渡渉します。反対から登って来ると、少し分かりにくいかも?。
2
沢沿いに歩きます。
(なかなかイイ所ですねー。)
2016年03月16日 13:16撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに歩きます。
(なかなかイイ所ですねー。)
この橋は沢側に傾いているので、注意です。
2016年03月16日 13:21撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋は沢側に傾いているので、注意です。
2
なだらかで、トテモ歩きやすいです。
2016年03月16日 13:23撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかで、トテモ歩きやすいです。
1
三段繋がっている長い橋がありました。
2016年03月16日 13:25撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三段繋がっている長い橋がありました。
9
ナンダカこのルート、凄くイイ所なんですけどー!。(この橋、気に入りました!。)
2016年03月16日 13:26撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナンダカこのルート、凄くイイ所なんですけどー!。(この橋、気に入りました!。)
5
沢はキレイだし、小さな滝が幾つも有って飽きません。
2016年03月16日 13:34撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢はキレイだし、小さな滝が幾つも有って飽きません。
3
ナゼか、凄く密集している。
2016年03月16日 13:36撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナゼか、凄く密集している。
1
イヤ〜本当にイイ所で、癒されます。
2016年03月16日 13:41撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イヤ〜本当にイイ所で、癒されます。
6
でも、ホースをくぐる所も有り。
2016年03月16日 13:43撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、ホースをくぐる所も有り。
3
このルートは、全体的に整備されて、まるで一般登山道を歩いているようでした。
2016年03月16日 13:44撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートは、全体的に整備されて、まるで一般登山道を歩いているようでした。
2
ココに出ました。道標には、「作業経路行き止まり」と、書いて有ります。逆ルートだと、入るのをタメライそうです。
2016年03月16日 13:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココに出ました。道標には、「作業経路行き止まり」と、書いて有ります。逆ルートだと、入るのをタメライそうです。
2
私は、堰堤の左側から降りて来ました。
2016年03月16日 13:50撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私は、堰堤の左側から降りて来ました。
1
予定通りの所に出られました。(妻は、奥の水場から出て来ました。)
2016年03月16日 13:50撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定通りの所に出られました。(妻は、奥の水場から出て来ました。)
2
今日は、バリルートを歩いたり、予想以上の積雪に驚きましたが、大変楽しい登山でした!。(そうだ忘れないウチに、スマホで下山届けを出さねば。)
2016年03月16日 14:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、バリルートを歩いたり、予想以上の積雪に驚きましたが、大変楽しい登山でした!。(そうだ忘れないウチに、スマホで下山届けを出さねば。)
3
おまけ1:寄のバス停に向かう途中の長い道。満開は、過ぎていましたが、大変キレイでした。
2016年03月16日 14:23撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ1:寄のバス停に向かう途中の長い道。満開は、過ぎていましたが、大変キレイでした。
8
おまけ2:帰りの246から見えた表丹沢。(今度は晴れてね。)
2016年03月16日 14:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ2:帰りの246から見えた表丹沢。(今度は晴れてね。)
4

感想/記録
by kaz01

前回に続き、また鍋割山へ行って来ました。
登りは、コシバ沢。下りは、後沢左岸尾根。
今回は、どちらもバリエーションルートになっています。
そこで、いつもお世話になっているryo555さんのレポや、ヤマレコユーザーの方々のレポを参考にさせて頂きました。

寄大橋前から出発して、雨山峠方面へ向かいます。3月14日に降った雨は丹沢 では雪だった様で、翌日自宅の近くから見えた時は、白くなっていました。
このルートは、渡渉が多いので雪溶けによる増水が少し心配でしたが 、問題はありませんでした。
コシバ沢の分岐の沢も水量が少なく沢の中を歩けました。
分岐からは、沢をヒタスラ登って行きます。
大きい石や残雪等で少し歩きにくい感じでした。目印の倒木から、沢を離れ鍋割峠の間はテープや踏み跡がありましたが、やはり事前に調べていたお陰で、不安無く歩く事が出来ました。

鍋割峠の手前から、積雪の量が一気に増えてきました。稜線からは、一般登山道ですが、積雪が予想以上に多く大変な登りでした。しかし、近場の丹沢で貴重な雪山体験が出来て良かったです。
鍋割山山頂に到着しましたが、前回と同じようにほとんど展望はありませんでした。
昼食は持参していましたが、外は寒いし、せっかくなので名物の鍋焼うどんを頂く事にしました。
山小屋の中は、平日なのに多くの登山者で賑やかでした。頂いたうどんは、今日も絶品の旨さでした。

下山は、後沢乗越に向かいますが、登山道の雪は直ぐに無くなり、泥濘の箇所が多数ありました。
後沢乗越からは、バリルートの後沢左岸尾根を降って行きます。このルートは、丹沢詳細地図にも載っていません。
当初は、ルートの名前が分からなかったのですが、ログのGPXファイルをヤマレコにアップしたら名前が出て来て、後から分かりました。
ルートの前半は、急登をジグザグに降りて行きますが、作業道の様でしっかりと整備されていて、歩きやすい道でした。
後半は、沢沿いの道を歩いて行きますが、こちらも整備されていました。この沢沿いのルートは、とても素晴らしい所で、大変気に入りました。またいつか訪れてみたいと思いました。

今回の登山は、変化に富んだ素晴らしいバリエーションルートでした。予想以上の積雪も有り楽しい1日でした。

*今回も参考にさせて頂いたryo555さん、ありがとうございました!。(お陰様で、迷う事無く、無事に帰って来れました。)
訪問者数:626人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/4/27
投稿数: 298
2016/3/18 1:30
 お疲れさまでした!
大変恐縮です 今回もご無事に、そして楽しく登られたようで何よりです。コシバ沢はやはり倒木を越えて沢を離れてから長ロープのあたりまでが初めての場合は道迷いの要注意箇所ですよね。私が行った際に写真28の辺りを登っていた時、右手の下の沢を鍋割峠からそのまま降りてきている人が見えて、思わず「どうやってそっちへ降りられるんですか〜!?」って(離れてたので)少し大きな声で聞いてしまいました。沢の直登も行こうと思えば道はあるらしいです。私は嫌ですが(笑)。

それにしても鍋割も山頂直下からはまだこんなに積雪があるんですね!実は20日に焼山登山口の方から大倉まで丹沢主脈を縦走しようと計画しているのですが、これじゃあ蛭も丹沢も多分えらいことになってますよね・・・どうしよう。アイゼン履いて歩きやすい雪ならいいのですが、今回は下山時間が私の足だと普通でも予想で19時近くになる計算なんですね。他の方のレポも参考にして計画練り直すか検討したいと思います。このタイミングでkazさんのレポートを拝見できて本当に良かったです。ありがとうございます。後半の後沢左岸尾根も逆にまだ私の行ったことがないルートなので丁寧なレポで大変ありがたいです。確かにここはとても良いVRのようですねー。またいつかの候補に入れておきたいと思います!
登録日: 2014/8/9
投稿数: 142
2016/3/18 21:05
 Re: お疲れさまでした!
こんばんは!。私達もコシバ沢ルートを無事登る事が出来ました。本当ならこのルートは、初めてだと分かりずらい箇所が、幾つか有ると思うのですが、迷う事無く通過出来ました。これもryoさんのレポを参考にさせて頂いたお陰です。本当にありがとうございました!。

あと下山で使ったルートですが、前回コメントを頂いた時、後沢乗越と寄に通じるルートが有るらしいとの事を、教えて頂いたので、調べて行ってみました。コチラのルートは、ryoさんのレポのように、余り詳細な情報が無かったので、コシバ沢を登る時よりも不安でした。
でも歩いてみたら、バリルートのはずなのに、とても整備されていて、まるで一般登山道のようでした。特に沢沿いのルートは、写真よりもイイ所ですよ!。

ryoさんは今度、丹沢を北から南へ縦走を計画されているとの事ですが、本当にスゴイ!ですね。距離も時間も体力も大変な事だと思います。でもやはり残雪が心配ですよね。私達が鍋割山で体験した積雪も多くてビックリポンでしたが、主脈の方には危険箇所が有るので、さらに心配ですね。当日は、無事に計画が実行出来るとイイですね。
安全で楽しい登山が出来ます様、応援しています!。

☆また、レポを楽しみにしています!☆

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ