ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828404 全員に公開 山滑走妙高・戸隠・雨飾

神道山スキーツアー(遭難の記憶を辿って)

日程 2016年03月22日(火) [日帰り]
メンバー smiya
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

大橋からの林道は少雪だけど、雪は繋がっていた。
2016年03月22日 04:54撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大橋からの林道は少雪だけど、雪は繋がっていた。
佐渡山への分岐
2016年03月22日 05:39撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐渡山への分岐
佐渡山の沢は割れていたけど飛び石で渡れた。尾根に取付くと笹がうるさくて頂上は諦め戻る。
2016年03月22日 05:55撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐渡山の沢は割れていたけど飛び石で渡れた。尾根に取付くと笹がうるさくて頂上は諦め戻る。
大ダルミから妙高山。
2016年03月22日 07:59撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダルミから妙高山。
大ダルミから火打山。
2016年03月22日 08:09撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダルミから火打山。
佐渡山の北尾根の向こうに目指す神道山。
2016年03月22日 08:47撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐渡山の北尾根の向こうに目指す神道山。
焼山の噴煙。
2016年03月22日 08:49撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山の噴煙。
林道に出た
2016年03月22日 09:33撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出た
神道山東尾根の向こうに火打山と焼山
2016年03月22日 09:42撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神道山東尾根の向こうに火打山と焼山
1
乙妻山
2016年03月22日 09:54撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙妻山
1
氷沢橋に到着。この尾根を詰めれば神道山だが雪がだいぶ融けていて止めにした。
2016年03月22日 09:56撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷沢橋に到着。この尾根を詰めれば神道山だが雪がだいぶ融けていて止めにした。
氷沢川上流、奥に見えるのは五地蔵山だろうか。
2016年03月22日 09:58撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷沢川上流、奥に見えるのは五地蔵山だろうか。
今日初めて会った人。
2016年03月22日 11:35撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日初めて会った人。
痛いと思ったら、やっぱり。
今度はかかとにテーピングして来よう。
2016年03月22日 11:41撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痛いと思ったら、やっぱり。
今度はかかとにテーピングして来よう。
佐渡山の北側、右が佐渡山北尾根、奥に見える正面の稜線が東尾根、左のピークが1738m峰
2016年03月22日 13:40撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐渡山の北側、右が佐渡山北尾根、奥に見える正面の稜線が東尾根、左のピークが1738m峰
1580mで夏道に合流、大ダルミへトラバースする。
2016年03月22日 13:59撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1580mで夏道に合流、大ダルミへトラバースする。
1
帰りの大ダルミ
2016年03月22日 14:38撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの大ダルミ
いやはやこの藪。
2016年03月22日 15:09撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやはやこの藪。
1
大橋に無事帰還、久しぶりによく歩いたなぁ。
2016年03月22日 15:25撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大橋に無事帰還、久しぶりによく歩いたなぁ。

感想/記録
by smiya

山に行く時間は自分で作るもの。行けない時期があるとしても!人それぞれ山へ行く目的は違いますが、やっぱり冬が来て雪が積もればワクワクするのは変わりません。(もう春ですが…)で、満を持して本当に久しぶりに出動しました。この山塊は大好き!僕のベースです。過去何十回と出かけました。いろいろな思い出もあります。今回のルートは過去に遭難騒ぎがあり、翌日捜索したルートの検証です。あの時の記憶を辿りながら…

まずは佐渡山を目指すが雪が少ない。沢を飛び石で渡り尾根に取り付く。
今朝は気温が低くガチガチに凍っているので、ツボ足でも何とか行けそうだったけど、取りつきの尾根は雪解けが激しく笹がうるさくて登る気力も失せてしまった。
ルートを大ダルミ経由に変更して黒姫山登山道に戻る。
やはりここも笹がうるさいが斜度も無いから問題はなかった。
大ダルミを過ぎて適当な斜面を滑るがガチガチで気が抜けない。
大小の沢を渡りやっと林道に出る。脇に大きな看板があったので帰りの目印にする。所々林道をショートカットし氷沢橋へ。ここは神道山の東尾根末端。
地図と稜線を見ながら、暫く氷沢橋の袂であの時の思いを巡らせた。

確かあの時は…
日帰りお気軽佐渡山往復スキーのつもりだったが、復路稜線でガス、視界不良。こうゆう時はトレースを辿り潔く往路を戻るのが鉄則。しかし、通い慣れた場所なので、同行者は西側の斜面へ姿を消していった。暫く追いかけるが見失う。大分下まで下ってしまい、視界の効かないなか、目測で佐渡山の鞍部を目指すが迷う。結局諦め視界不良の中トレースを辿り稜線へ登り返す。同行者が車に戻ってきている事を願いつつ18:00頃大橋に戻るがいない。車で暫く待機するが音沙汰無し。20:00頃彼の所属山岳会へ連絡。今しばらく待って戻って来ないようなら家族へ連絡し、21:00頃捜索願いを警察へ届出してもらった。22:00頃僕の所属山岳会から差し入れがあり、大橋で僕は車中泊。その後警察と戸隠捜対策協の人と事情聴取。翌朝5:00だったか捜索開始。おまけにテレビ信州のカメラまで来た。佐渡山の稜線まで猛スピードで駆け上がった。昨晩は降雪が無かったので当事者のトレースを追って佐渡山の西面を氷沢川まで下降、氷沢川添いに乙妻山の台地でリングワンデリング。沢を降りたり登ったり神道山の南東台地へ、神道山を途中まで登ってビバーク跡を発見。
その後、神道山の東尾根を下って氷沢橋から林道を黒姫スキー場まで約40kmの距離を捜索した。途中、同行した戸隠捜対協の人に無線が入り、無事発見されてヘリコプターで保護されたとの一報。原因は身勝手な行動と視界不良で計画も無く地図も持ってなかった。腕時計のコンパスも180°見間違えていた事が原因だった。

さて、神道山の尾根を見るが土が出ていて、頂上は諦めこのまま戻ることにした。
目印の看板から林道を外れ往路を戻るが、降りてきた斜面は斜度もきつく、
登る元気も無し。結局林道に戻り夏道の登り口を探るが大分行き過ぎてしまう。
登山道をGPSで確認しながら戻ろうとショートカットをしようとするがなんか変?
迷ってしまった。(ちょっと焦る)登山道に近ずこうとするが、離れていく。
GPSはノースアップになっていて、北と南間違えていた。
結局方向と地図を見ていない。カーナビと一緒。何も進歩のない自分に苦笑した。
現在位置を確認して修正しながら帰路に付く。
登山道のひとつ北側の尾根を登っていた。
1580mまで登れば後は大ダルミへ夏道沿いにトラバースするだけ。
間違えたおかげで、良い斜面に出会った。
登って来た尾根はメロウな斜面でテレマークスキーには最高だ。
白樺やブナも素敵だった。林道まで斜面も長く滑り甲斐があると思う。
機会があればまた来たいと思った。
後はシールを外して大橋まで滑って帰った。
それにしてもよく歩いた一日だった。



訪問者数:360人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ