ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828406 全員に公開 ハイキング四国

裏山〈台ノ山〉・反射板【徳島・牟岐】& おまけ

日程 2016年03月16日(水) [日帰り]
メンバー aogame, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
自宅から徒歩スタート
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間8分
休憩
16分
合計
3時間24分
Sスタート地点10:5511:03JRの下をくぐる11:57目的の反射板に到着12:0812:13反射板の裏のピーク?12:21路をまちがい、引き返す。12:28百々路山方面への路を発見12:45百々路山観音堂12:5013:13れんげ、たんぽぽー春が来ていた。13:29ゴール地点14:19おまけの滝14:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前から気になっていた裏山の反射板。標高300mほど。今まで聞いたことがなかったが、〈台ノ山〉と言うらしい。
以前登った百々路山からもアクセス出来そうだが、ゼンリンの住宅地図に路らしき記載を発見したので、尾根に取り付けば、なんとかなるだろうと、今回のルートを計画。反射板に到着後、引き返すつもりだったが、いっそのこと百々路山への合流へ挑戦してみた。思ったより早く帰ってこれたので、気になる滝を探しに行って見た。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ サブザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス カメラ スマホ
共同装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ サブザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス カメラ スマホ

写真

目指す、反射板。山の名はない。
後日知った。〈台ノ山〉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す、反射板。山の名はない。
後日知った。〈台ノ山〉
1
木の隙間から少し展望が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の隙間から少し展望が。
ここだけ、いっぱいの鹿の糞が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここだけ、いっぱいの鹿の糞が
反射板に登る石段
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反射板に登る石段
残念ながら、きちんとした展望は開けなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら、きちんとした展望は開けなかった。
ついでなので、百々路観音に参拝。祠の後ろの木が立派だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでなので、百々路観音に参拝。祠の後ろの木が立派だ。
1
春が来ていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春が来ていた。
海岸への降り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海岸への降り口
1
ここが開けているので車が置ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが開けているので車が置ける。
降り口から下へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降り口から下へ
海岸に下りて少し左の小さな滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海岸に下りて少し左の小さな滝。
このアングルからの牟岐大島ははじめてで、新鮮だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このアングルからの牟岐大島ははじめてで、新鮮だった。
1
小さな滝から30〜40m進むとこの滝がある。
『水神の滝』と言うらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな滝から30〜40m進むとこの滝がある。
『水神の滝』と言うらしい。
1
落差は、3〜4mほどだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落差は、3〜4mほどだろうか。
2
海に落ちる滝。パノラマでないと撮影できない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海に落ちる滝。パノラマでないと撮影できない。
1

感想/記録
by aogame

前から気になっていた裏山〈台ノ山〉の反射板を目指す。標高300mほどで、距離も短いので開拓するつもりでチャレンジ。登山口に入ると、やはりあまり人は入っていない感じ。それでも、杉の手入れに来た跡がある。事前に調べた、尾根に進む方向に路はなく、違う方向に伸びる路から右上に見える尾根を目指し、少し急だが上っていく。尾根に着くと、なんとか路らしく踏み跡が続く。林業の人が使っているんだろう。
 木の隙間から町が見下ろせるが、展望は良くない。反射板に着けば、見晴らしがいいに違いないと期待していたが、見事に裏切られた。予定では、反射板から引き返すすもりだったが、冒険心が芽生え、百々路山方面への合流を目指してみた。
 反射板の裏のピークから右に行くようだが、少し下ってから、右に巻いていこうと考え進むが、鹿除けネットがあり右に進めなくなってしまった。ネット沿いにしばらく下るが、どんどん外れていくので引き返した。ピークまで戻ると、ピンクテープを発見。そちらに下っていくと、ピンクテープが道案内をしてくれ、百々路山方面への林道に合流できた。しばらくすると、見覚えのある路になり一安心。下まで降りると、田んぼにれんげとたんぽぽが咲いていた。ここ何日かは寒かったが、春は来てたんだと実感させてくれた。
 思ったより早く帰ってきたので、車で海岸に落ちる滝を探しに行った。わりと簡単に見つけられた。地元にいながら、こんな所があったことを知らず、登れそうな近場の山をネットで探していて、滝のサイトからこの滝の事を知った。




『水神の滝』と言うらしい。自然の豊富な所に住んでる事をあらためてうれしく思えた。
追加情報!まだ奥にもっと大きな『白滝』というのがあった。落差10m ほど。
訪問者数:85人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ